楽天カードの限度額は学生だと10万円!楽天カードの限度額上限・増減の方法について

キャッシュレス決済が一般的となってきた昨今、学生でクレジットカードを作りたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

クレジットカードは、現金のような金銭のやり取りがなくスピーディに決済ができるので、通学の際にも便利でしょう。

また、ほとんどのクレジットカードにポイント還元サービスが付帯しているので、ポイントを貯めて使えば現金よりも確実にお得になります。

このように、お得で便利なクレジットカードですが、実際に学生の方も作ることができるのでしょうか。

このコラムでは、学生の方が作りやすいカードである「楽天カード」をピックアップして、学生の方がクレジットカードに申し込む際のポイントや利用限度額などについて詳しく解説していきます。

楽天カードは学生でも申し込みしやすい

楽天カードは学生でも作りやすいカードのため、まずは楽天カードについて紹介していきます。

楽天カードとは

楽天カードは、楽天グループが発行するクレジットカードです。

楽天グループは、インターネットショップ「楽天市場」や「楽天トラベル」「楽天ブックス」などを運営していることから、楽天カードには楽天グループでお得に使える特典やサービスが多く付帯しています。

また、年会費は無料でポイント還元率は1%と高還元率、海外旅行傷害保険が付帯しているなど、コスパにおいても非常に優れているため、学生の方でも社会人の方でも使いやすいカードです。

楽天カードは学生が申し込みしやすいカード

楽天カードの申し込み資格は「高校生を除く18歳以上の方」となっており、収入に関する条件が提示されていないので、収入が少ない、またはない大学生や専門学生、短大生、大学院生の方なども申し込みが可能です。

また、楽天カードの会員サイトには「学生の方は本人収入0をご入力ください」と書かれており、学生が申し込むことを前提としているので、楽天カードは学生でも申し込みがしやすくなっています。

ただし、18歳〜19歳の未成年の方は、申し込みの際に「親権者の同意」が必要となっており、審査の際に自宅に電話連絡が入る場合があるので、必ず親権者の方に承諾を得てから申し込みをするようにしましょう。

クレジットカードの限度額とは?楽天カードの上限を解説

クレジットカードには「利用限度額」という項目があります。この利用限度額が高ければ高いほどカードで使える金額が大きくなりますが、学生の場合は、利用限度額はどれくらいなのでしょうか。

次は、クレジットカードの利用限度額の基本的な仕組みと楽天カードの限度額上限について解説していきます。

クレジットカードの限度額とは

クレジットカードの詳細をみると「利用可能枠」という項目があります。この利用可能枠は利用限度額と意味は同じで、「カードで最大いくら使えるのか」を表記したものです。

例えば、利用限度額が10万円〜80万円と表記されていた場合、そのカードで使える最大金額は80万円となり、その範囲内でショッピングやキャッシングを利用することができます。

ただし、利用限度額は、審査の際に「個々の支払い能力に見合った金額」に設定されるので、すべての人が80万円まで使えるわけではありません。

収入が少ない学生の方や主婦の方は、本人の収入が少ない分返済能力が低いと判断される傾向にあるため、最低ラインの10万円までが利用限度額になる場合もあります。

このように利用限度額はカードの申し込み者の返済能力から金額が設定されるようになっています。

楽天カードの限度額上限

では、楽天カードの利用限度額はどれくらいなのでしょうか。

楽天カードに数種類のクレジットカードがあるので、それぞれの利用限度額をまとめてみていきましょう。

各種カード 利用限度額
楽天カード 最高100万円
楽天ゴールドカード 最高200万円
楽天プレミアムカード 最高300万円

クレジットカードにはランクがあり、ランクが上がるほど、利用限度額も高くなっていきます。

楽天カードも、一般ランクの楽天カードの場合は最高100万円までが利用上限となっていますが、最高ランクの楽天プレミアムカードは最高300万円までと利用上限が高額に設定されています。

ただし、カードランクが上がる程、サービス内容が良くなるので、その分年会費が高くなり、審査も厳しくなるので、学生の方は一般カードを持つことをおすすめします。

楽天カードにおける学生の限度額上限は?

楽天カードの通常の利用限度額は最高100万円までですが、収入が少ない、またはない場合は、利用限度額が低くなる可能性が高くなります。

では、楽天カードにおける学生の限度額の上限がどれくらいなのか、詳しく解説していきます。

限度額の計算方法

クレジットカードの利用限度額を決める際には以下の計算式が使われます。

支払い可能見込み額=(年収−年間請求予定額−法律で定められた生活維持費)×0.9

通常は上記の計算式で利用限度額が算出されますが、学生の場合は年収が0となるので、上記の計算式では利用限度額が算出できません。

そのため、学生には「改正割賦販売法(かいせいかっぷはんばいほう)」とう法律が適応され利用限度額が決定されます。

改正割賦販売法は、悪質商法や支払い能力以上の借り入れを防ぐために定められた法律で、クレジットカード契約の際には申込者の支払い能力の評価が義務付けられています。

また、学生はこの改正割賦販売法によって、30万円以下の利用限度額であればカード契約が可能となっています。

パートやアルバイトで収入があったとしても、身分が学生であるので、限度額が30万円以上になることは基本的にはありません。

収入が0の学生が与えられる限度額

では、収入がない学生の限度額は30万円となるのでしょうか?

実際は、収入が全くないと限度額は最低ラインの10万円となることがほとんどです。

楽天カードでも学生の限度額は30万円までと定められていますが、収入が全くない学生の方の場合は、5万円〜10万円程度の利用限度額になる可能性が高いでしょう。

限度額を上げる方法

限度額が低いとクレジットカードで使える金額が少ないため、計画的に使うことが大切になります。

しかし、少しでも利用限度額を上げて、普段の買い物などもクレジットカード決済にしたい、という方もいることでしょう。

クレジットカードによっては、カード作成後に利用限度額を増額することができます。

次は、クレジットカードの利用限度額を上げる3つの方法について解説していきます。

カードの利用実績を作る

カード会社は定期的にカード会員の利用実績をチェックして利用限度額の見直しを行っています。

利用実績は、「カードでどれくらい決済したか」「滞りなく支払いがされているか」などから評価されるので、カードを定期的に利用することと、支払いをしっかりと行っていくことが利用限度額を上げるためにとても大切です。

増額審査を受ける

利用限度額を増額するには審査を受ける必要があるため、増額をしたいと思ったら、まずは各クレジットカードのサイト内にある増額申請のページから申し込みをしてください。

その後審査に通れば、利用限度額の増額ができます。

ただし、審査では主に「返済能力」を重要視されるため、収入が不安定であったり、返済の遅延や滞納などがあったりと、返済能力が低いと判断されて審査通過は非常に難しくなることは頭に入れておきましょう。

楽天e-NAVIから増枠の申し込みをする

クレジットカード会社によっては一時的に増額することができます。

例えば、引っ越し資金や入学資金など一時的にまとまったお金が必要となったときに、一時的に増額できるととても便利です。

通常の増額と同様で審査がありますが、増額期間が1〜3か月のみのため、通常よりは審査は甘い傾向にあります。

楽天カードでも一時的な増額が可能となっており、楽天e-NAVIから増額の申し込みができます。

ただし、学生の場合は短期間の一時増額は不可となっているので、学生の方は社会人になるまで良い利用実績を作っておくと、将来、一時的にお金が必要になったときに増額を受けやすくなるでしょう。

学生におすすめのクレジットカード2選

学生の方が申し込めるクレジットカードは複数ありますが、学生専用のクレジットカードを発行しているカード会社もあります。

最後に、学生の方のみが申し込めるクレジットカード2選を紹介していきますので、内容を比較して自分に合ったカードをみつけてみましょう。

1.楽天カードアカデミー

楽天グループは学生限定のクレジットカード「楽天カードアカデミー」を発行しています。

楽天カードアカデミーの申し込み資格は、18歳以上28歳以下の学生(大学・短期大学・大学院・専門学校)となっているので、無収入の学生の方でも申し込みが可能です。

年会費は無料で、ポイント還元率は1%と高く、海外旅行傷害保険も付帯しているので、基本的なサービス内容は、通常のカードとほとんど変わりはありません。

また、利用限度額は30万円となっていますが、利用限度額が低い分使いすぎを防止できるので、はじめてクレジットカードを持つ方や収入がない学生の方に楽天カードアカデミーはおすすめです。

〈基本スペック〉

国際ブランド VISA・JCB
申し込み資格 満18歳以上28歳以下の学生(高校生を除く)
年会費 永年無料
利用可能枠 最大30万円
ポイント還元率 1.0%/100円につき1ポイント付与
ポイント利用 1ポイント=1円から
海外旅行傷害保険 最高2,000万円まで(利用付帯)
付帯機能 楽天ポイントカード・楽天学割
追加カード 楽天Edy・ETCカード
優待店舗 LAWSON・エディオン・DAIMARU・MATUZAKAYA・TOKYU HANDS・魚民など
ポイントアップ対象 楽天トラベル・楽天市場・楽天Rakoo・楽天ブックス・楽天銀行などの楽天グループサービスなど

2.三井住友カードデビュープラス(学生)

三井住友カードデビュープラス(学生)は、18歳〜25歳の学生限定のクレジットカードです。

年会費は通常1,250円かかりますが、初年度は無料、2年目以降は年に1回カードを使うと無料となります。

また、通常の三井住友カードよりもポイント還元率が高く、200円につき2ポイントが貯まります。

旅行保険は付帯していませんが、買い物安心保険やインターネットショッピングでポイントがUPする「ポイントUPモール」などのサービスが充実しているので、普段使いには十分のカード内容といえるでしょう。

さらに、学生の内から三井住友カードデビュープラスを使い、26歳以上になったときには、プライムゴールドというゴールドカードに切り替えることができるので、卒業した後に改めて審査を受けなくてもゴールドカードを手に入れることができるメリットがあります。

〈基本スペック〉

国際ブランド VISA
申し込み資格 18歳〜25歳までの方(高校生を除く)
年会費 通常1,250円(税込)/初年度無料/年1回の利用で翌年度無料
利用可能枠 10〜80万円(学生は10〜30万円)
ポイント還元率 Vポイント
ポイント利用 1.0%/200円につき2ポイント付与
ショッピング保険 年間100万円まで
海外旅行傷害保険 なし
付帯機能・カード ETCカード・iD専用カード・iD携帯型・家族カード・PiTaPa・WAON・Apple Pay・Google Pay
付帯サービス ・盗難・紛失・不正利用の補償サービスあり
・セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドでポイント2%UP

まとめ

キャッシュレス決済が一般的になってきた昨今、学生の方でもクレジットカードを持っていると、ポイント還元や特典を使ってお得に買い物などができるようになるので、1枚持っておくことをおすすめします。

ただし、クレジットカードを作るには審査があり「返済能力がどれくらいあるのか」「過去に返済トラブルを起こしていないか」などをチェックされます。

学生の方の中には収入がない方や、収入が低い方がいると思いますが、クレジットカードによっては、無収入または定収入の学生の方でも申し込めるカードがあるので、学生OKのカードに申し込んだ方が審査に通りやすいでしょう。

また、クレジットカードにはカードで利用ができる金額を表した「利用限度額」が設定されており、学生の場合は10万円〜30万円に設定されることが一般的となっているので、カードで使える金額はそこまで高額ではありません。

限度額が低いとカードで使える金額は限られますが、クレジットカードをはじめて使うと、計画的に使うことができずに使いすぎてしまう恐れがあるので、学生の方は利用限度額が低い方が安心してカードを利用することができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ