エポスVSイオンの年会費無料ゴールドカードはどっちがお得?

eyecatch

マルイの買い物が年に4回10%OFF!

マルイでの買い物でポイントが2倍!
実店舗での優待など多くの特典が付いてくる

年会費 無料
申込み資格 満18歳以上(高校生は除く)
ポイントプログラム エポスポイント
200円=1ポイント
付帯サービス 海外旅行保険:最高500万円
自動付帯

毎月20日、30日はお買い物代金5%OFF

お客様感謝デーでお買い物がお得になる!
イオングループ対象店舗でポイントがいつでも2倍

年会費 無料
申込み資格 18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方
ポイントプログラム ときめきポイント
200円=1ポイント
付帯サービス ショッピング保険:最高50万円

マルイ利用者に人気のエポスカード、イオン利用者に人気のイオンカードにはそれぞれゴールドカードがあることを知っていますか。

なかにはエポスゴールドカード・イオンカゴールドカードを検討した方もいることでしょう。

この2枚は数あるカードの中でも、本当に利用者側のことを考えられた使いやすいカードということで今注目を集めているのです。

では実際どのような機能が揃っていて人気があるのか、エポスゴールドカードとイオンゴールドカードを比較してよりいいカードを見極めていきましょう。

エポスゴールドカードの特長

エポスカードはマルイが発行しているVISAカードで、多くの方から使いやすいという声を集めている今注目のカードです。

実際どのようなところが人気の秘訣なのか、詳しく見て行きましょう。

<年会費>

エポスゴールドカードの年会費は年会費5,000円となっていますが、これはカードを使わなかった場合に発生すると言えるでしょう。

エポスゴールドカードはメインのクレジットカードとして使って行けるように作られたカードなので年間の利用が50万円以上であれば年会費は発生しません。

またエポスカード利用者でインビテーションを受けた方は年会費が永年無料となっています。

つまり実質年会費無料で持つことができるゴールドカードなのです。

<ポイント>

エポスゴールドカードには得なポイントシステムが満載です。

詳しく見て行きましょう。

〜ポイントシステム〜

エポスゴールドカードならポイントの有効期限がありませんのでたくさんのポイントを貯めて行けます。

ポイントシステムはマルイ・モディ―の利用時は、1回払い200円→2ポイント・リボ払い200円→3ポイントと換算率良くポイントが貯まって行くのでどんどん使って行きましょう。

VISA加盟店での利用時は、一回払い200円→1ポイント・リボ払い200円→2ポイントとなっています。

よりポイントを得に貯めるにはリボ払いにした方が良いでしょう。

〜ボーナスポイント〜

年間の利用が50万円以上だった場合は2,500円相当のボーナスポイントが進呈され、100万円以上だった場合は10,000万円相当ポイントが進呈されます。(相当額は全国共通商品券VJAギフトカードに交換した場合です)

またマンスリーボーナスキャンペーンなども行っていて、エポスゴールドカードを申し込んだ翌月から3ヵ月間で月10回以上カードの利用があれば毎月200ポイント獲得でき得です。

〜貯まるマーケット〜

貯まるマーケットとはネットショッピングサイトです。

貯まるマーケットでネットショッピングをすればポイントが2〜30倍アップして付いてきます。

出店している店は400店舗以上でアマゾン・楽天・Yahoo!ショッピングなどが揃っているのでどんどん利用してポイントを貯めましょう。

<特典>

エポスゴールドカードには利用価値のある様々な特典有ります。

〜空港ラウンジ〜

ゴールドカード会員ならではの特典で旅行時に日本のほとんどの空港・海外の空港ラウンジを無料で利用できます。

〜VISAゴールド国際線クローク〜

一時預かりとなりますが、国際線利用の際に通常料金より15%OFFで手荷物を預かってくれます。

〜VISAゴールド空港配達〜

空港から自宅までの荷物の配達を得な優待価格で利用できます。

〜VISAゴールド海外Wi-Fiレンタル〜

海外旅行などの際に海外モバイルWi-Fiルーターをモバイル通信料20%OFFで利用できます。

〜エポトクプラザ〜

食事・ホテル・美容などゴールド会員だけの優待で利用できます。

<海外旅行傷害保険>

エポスゴールドカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯されています。

傷害死亡・後遺障害→最高1,000万円

傷害治療費用(1事故の限度)→300万円

賠償責任(免責なしの1事故の限度額)→2,000万円

救援者費用(1旅行・保険期間中の限度額)100万円

携行品損害(免責3,000円・1旅行中・保険期間中の限度額)→20万円

と保険がしっかりと完備しているので安心です。

エポスカードについては以上となります。

続いてイオンゴールドカードについて見て行きましょう。

イオンゴールドカードの特長

イオンゴールドカードは「特別なお客様に特別な体験を」をコンセプトにカードを発行しています。

カード会社はVISA・マスター・JCBと選ぶことができ、通常のイオンカードよりも充実した特典などを売りにしています。

イオンゴールドカードは招待された方のみが入会できるので、所有を考えるならイオンカードを利用するしか入手方法がありません。

では実際どんな特典が通常のイオンカードと違うのか年会費なども踏まえイオンゴールドカードについて見て行きましょう。

<年会費>

イオンゴールドカードはインビテーションとなっており、年会費無料です。

<特典(通常のイオンカードと同じ個所)>

〜ときめきポイントいつでも2倍〜

全国のイオン・イオンモール・ダイエー・マックスバリュなどで対象商品を購入すると200円→2ポイント付きます。

対象にならない店舗で買い物をした場合も200円→1ポイントの換算でポイントが付きます。

〜20日・30日の「お客様感謝デー」〜

毎月20日・30日は「お客様感謝デーを」イオン系列店で開催していて買い物代金が5%OFFになります。

〜ときめきポイント2倍の日〜

毎月10日はイオン系列でなくてもカードを利用するだけでときめきポイントが200円→2ポイントになります。

一部対象外の店舗などもあるので利用の際は確認しましょう。

〜「G.G感謝デー」〜

55歳以上の会員限定でイオン系列の店なら毎月15日は5%OFFで買い物ができます。

<イオンゴールドカードだけの特典>

〜保険〜

イオンゴールドカードなら以下の保険が無料で付帯されます。

海外旅行傷害保険→最高3,000万円

国内旅行傷害保険→最高3,000万円

ショッピングセーフティー保険→年間300万円

〜空港ラウンジ〜・イオンラウンジ〜

イオンでは2つのラウンジサービスを提供していて、一つが羽田空港のラウンジ利用が可能なことで、もう一つはイオンでの買い物の間にゆっくりとくつろげるように提供されているイオンラウンジです。

イオンゴールドカードについては以上となります。

では2枚のカードの特長を確認したところで、エポスゴールドカード・イオンゴールドカードのそれぞれの特典などを比較しどちらのカードを使って行く方が得なのか見て行きましょう。

エポスカードゴールドVSイオンゴールドカード!どちらのカードを使って行くのが得なのか

エポスゴールドカードとイオンゴールドカードの年会費はどちらも無料と言っていいでしょう。

エポスゴールドカードは年間50万円利用しないと年会費が発生してしまいますが、メインカードとして使うのであれば年会費を気にする必要はありませんし、年会費無料を狙うのであればエポスカードを利用して招待を待ちましょう。

そして2枚のカードで大きく異なる点は特典とポイントシステムです。

エポスゴールドカードはイオンゴールドカードよりも空港ラウンジの使える場所の多さや手荷物配達サービスなどリッチな特典がイオンゴールドカードよりも多いと言えるでしょう。

一方イオンゴールドカードはラウンジを使える空港は羽田空港と限られています。

ポイントシステムについてはどちらのカードも貯まりやすいポイントシステムを提供していますが、大きいボーナスポイントなどがあるのはエポスゴールドカード日々の買い物強いポイントシステムが多いのはイオンゴールドカードでしょう。

どちらのカードが良いかは自分が利用したい特典やサービスが、どちらのものなのかを見極める必要があります。

リッチな特典や多くのボーナスポイントを求めるのならエポスゴールドカード、イオン系列での買い物が多いのならたくさんのポイントを獲得するためにもイオンゴールドカードの方が良いでしょう。

自分が利用したい機能を見極めよう!

数多くあるカードの中から自分が気に入る最高の1枚を見つけるのは大変なことです。

しかし安易に人気のカードだからと言って発行してしまうと使い始めてから不便を感じ始め結局手放してしまうこともあると思います。

大事なのは自分が必要としているカード機能が何なのかを見極めることです。

エポスゴールドカードとイオンゴールドカードを比較して行きましたが、発行元はそれぞれエポスゴールドカード→デパート(マルイ)、イオンカード→大型スーパーマーケット(イオン)事業そのものが異なります。

一見同じような機能に感じますが、発行元がデパートと大型スーパーマーケットではポイントの付き方や特典も変わってくるでしょう。

リッチな特典もついてポイントもたくさん貯めたいのならエポスゴールドカードイオン系列の利用が多いのならイオンでのたくさんのポイントシステムを用意しているイオンゴールドカードが向いていると言えます。

エポスゴールドカードとイオンゴールドカード、どちらも魅力的な内容のカードですが細かく見ていくと内容はそれぞれ違ってくるのでどちらが自分に合っているのかを見極めてからカードを発行しましょう。

どちらのゴールドカードを利用する場合も一般のエポスカード、イオンカードを利用しての招待をもらうのが良いのでまずは一般カードに申込、利用を続けていきましょう。

まずは
これ!


エポスカード

エポスカード
visa
  • 海外旅行保険自動付帯
  • 年4回10%OFF
  • レストラン、施設の会員優待あり

年会費無料で海外旅行保険つきのショッピングカード
マルイ利用者には嬉しい年4回の10%OFFのイベントやレストラン・施設での会員優待、ポイントアップの見込めるネットモールなどマルイでの特典が詰まった1枚。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
- 無料 無料 無料 約2週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% 最高500万円 - - 個別設定
カードの詳細はこちらカードの詳細はこちら

イオンカード

イオンカード
VISA JCB MasterCard
  • ETCも無料で、高速道路料金もお得
  • 会員割引イベントが豊富
  • ときめきポイントTOWN経由でのネットショッピングでポイント最大19倍

主婦の味方 イオンカード
ETCも無料で、高速道路料金もお得。

電子マネー 初年度年会費 年会費 ETC専用カード 発行期間
電子マネー電子マネー 無料 無料 無料 約3週間
還元率 海外旅行保険 国内旅行保険 ショッピング保険 利用可能枠
0.5% - - 年間最高50万円 10-50万円
カードの詳細はこちらカードのお申込はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ