ニコスカードのETCカードよりもポイント還元率の高いクレジットカードでポイントを多く貯めよう

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj




三菱UFJニコスが発行しているETC PLUSは、クレジットカードとは別にETC専用のカードが発行され、車載器に挿入することで使えるETCカードです。年会費が有料のETCカードが多いなか、ETC PLUSの年会費が無料!

オススメETCカード一覧はこちら>>

高速道路や有料道路を利用するときに、ETCカードがあれば現金を出さずに通過できます。

従来の支払い方法では、有料道路の料金所で一旦停止して現金で料金を支払う必要がありましたが、その必要もありません。

ETCカードはクレジットカードに追加できる機能として使えるので、ETCカードの支払いはクレジットカードの支払いと一緒に請求されるため、手間がかからずETCカードの利用分もポイント付与の対象となるので、ポイントをためることができます。

また、ETCカードは親となるクレジットカードの選び方で機能やサービスが異なるので比較・検討することが大切です。

既にETCカードをお持ちの方も、利用しているETCカードを見直してみてはいかがでしょうか。


NICOSカードのETCカード「ETC PLUS」

三菱UFJニコスが発行しているETC PLUSは、クレジットカードとは別にETC専用のカードが発行され、車載器に挿入することで使えるETCカードです。

ETC PLUSでは、ETC機能とクレジット機能が一緒になった一体型ETCカードの発行はしていません。

利用代金は、登録してあるクレジットカードで請求されるので、利用ポイントやキャッシュバック特典の対象金額に算出されます。

年会費が有料のETCカードが多いなか、ETC PLUSの年会費が無料というのは魅力的な点です。※新規発行手数料として1,000円+税がかかります。

※一部カードの種類により、新規発行手数料が対象外となるカードあります。

ゴールドカード・プレミオ・JAカード・ロードネットカード会員の方は、新規発行手数料がかかりません。


「ETC PLUS」を発行するには


ETC PLUSの申し込みは、ETC利用料金を支払うためのNICOSカードを持っていることが条件です。

NICOSカードをまだ持っていない方は、NICOSカードとETC PLUSを同時に申し込むことができるので、早くETCカードが欲しいと思っていた方は同時申し込みをしましょう。

NICOSカードとETC PLUSを同時に申し込んでも、クレジットカードとETCカードの到着日が同じになるとは限りません。

同じタイミングで申し込みをしても、別々に到着することがあるため注意が必要です。

既にNICOSカードを持っている方は、web、電話、郵送で簡単にETC PLUSの申し込みが可能ですが、webで申し込む場合、web会員サービス「Net Brance」にログインする必要があるので注意しましょう。

申し込み完了後、web申し込みによるETC PLUSは、郵便により約1~2週間で受け取りが可能です。

もし郵送で申し込みをする場合は、電話で資料を請求してETCカード専用申込書を貰い、郵送するという流れになります。


NICOS一般カードについて

NICOS一般カードは、三菱YFJニコスが発行するNICOSカードブランドの最もスタンダードなプロパーカードです。


年会費


初年度は年会費が無料ですが、2年目以降は1,250円+税がかかります。

しかし、登録型リボ「楽Pay」に登録し、1ヵ月のショッピング利用額が「楽Pay」の指定金額を超過し、前年度年会費請求月から当年度年会費請求額の前月の間にリボ払い手数料を支払うことで、年会費優遇当店が適用され、年会費が半額になります。


ポイントプログラム


NICOS一般カードのポイントプログラムは、1,000円ごとに「わいわいプレゼント」が1ポイント貯まります。

年間の獲得ポイント数にかかわらず、ポイントの有効期限は2年間です。

貯まったポイントはクーポンや商品と交換でき、1ポイント=4円換算でNICOSカード利用金額と差し引くキャッシュバックに応募することができ、500ポイントから100ポイント単位で応募することが可能です。

例えば、3,000ポイントをキャッシュバックに応募すると1ポイント=4円なので、翌日請求額から12,000円差し引かれます。


付帯サービス


海外旅行代金等をNICOSカードで支払いすることで、海外旅行保険サービスを受けることが可能です。

また、国内外を問わずNICOSカードでご購入された品物の破損・盗難などの損害を購入日より90日間補償するショッピングパートナー保険サービスも受けることができます。


VIASOカードについて

VIASOカードも三菱UFJニコスが発行しているNICOSカードです。

高還元キャッシュバック型クレジットカードとして注目されています。


年会費


年会費は永年無料です。


ポイントプログラム


VIASOカードのポイントプログラムは、1,000円ごとに5ポイント貯まります。

個別明細ごとに100円につき0.5ポイントで計算されるので、端数の金額が大幅に切り捨てられて損をしてしまうことはありません。

携帯電話やインターネットプロバイダ料金、ETC利用料金等をVIASOカードで支払いをするとポイントが通常の2倍となり、獲得ポイント数が大きくなります。

年間の獲得ポイント数にかかわらず、ポイントの有効期限は1年間です。

また、貯まったポイントは1ポイント=1円でオートキャッシュバックされ、ポイントを自動でキャッシュバックしてくれるので交換手続きが不要です。

※ただし、累計ポイントが1,000ポイント以上の場合でないとキャッシュバックされないので注意してください。


付帯サービス


VIASOカードの付帯サービスは、NICOS一般カードと同じ条件で最高2,000万円の海外保障サービスと、年間限度額100万円のショッピングパートナー保険サービスを受けることが可能です。

「楽Pay」登録期間中は自動付帯でショッピングパートナー保険サービスを受けることができます。


「ETC PLUS」を作る際、どちらのカードで作る方がお得なのか

ここで、上記で紹介したNICOS一般カードとVIASOカードのどちらでETC PLUSを作る方がお得なのか比較していきます。

年会費で見ると、NICOS一般カードは年会費が無料ですが、2年目以降は1,250円+税がかかってしまうのに比べ、VIASOカードは永年無料です。

どちらもETC PLUSの発行手数料として1,000円+税が必要になりますが、年会費が無料なら使っていないのに年会費を引き落とされるということもなく、持っていても損することはありません。

ポイント還元率は、NICOS一般カードの0.5%に比べて、VIASOカードは1.0%とポイントがたまりやすくなっています。

さらに、VIASOカードはETCカードの利用料金の支払いでポイントが通常の2倍になるので、有料道路を走るぶんだけ多くのポイントを貯めることができるのです。

比較してみると、NICOS一般カードでETC PLUSを作るより、年会費無料でポイント高還元率のVIASOカードでETC PLUSを作る方がはるかにお得になります。


まとめ

ETCカードはどれも同じというわけではありません。

ETCカードを作りたいと思ったら、親となるクレジットカードをじっくりと比較・検討し、ご自分にぴったりのカードを選びましょう。

クレジットカードのポイントをよりシンプルに使いたいという方、メインカードとして携帯電話、ETCサービスなどのポイントもしっかりと貯めたいという方、年会費が無料でかつ海外旅行保険も付帯しているクレジットカードを持ちたいという方はVIASOカードの申し込みを検討してみましょう。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj



おすすめのクレジットカード