アメックスにもETCカードがある!?その作成方法とは

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj




ハイステータスブランドとして有名なアメリカン・エキスプレスでもETCカードの作成は可能です。

クレジットカードの年会費は12,000円 と高額ですが、ETCカードは年会費無料。ただし、クレジットカードのようにセンチュリオン(兵士の顔)は描かれているわけではなく、青地にETCと書かれたシンプルなデザインになっています。ここでは、アメックスのETCカードの作り方や特徴について詳しく紹介します

もしまだどのアメックスカードに申し込むか悩んでいる方は【これでアメックスカード13枚の全てがわかる!特徴・審査・入会キャンペーン・おすすめユーザーを徹底解説】の内容をチェックして自分の使い方に合っているアメックスカードを見つけましょう!

アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスETCカードに申し込める人

持っているだけで気分が上がりそうな、アメリカン・エキスプレスのETCカード(以下「アメックスETCカード」)。発行までにどのような手順を踏めばよいのでしょうか?

アメックスETCカードは「アメックス発行のクレジットカードに付随するETCカード」という扱いであるため、申し込むには対象のアメリカン・エキスプレスのカードを所有していなければなりません。対象のクレジットカードを持っていない場合はまずそちらへ入会して発行手続きを行い、その時にETCカードの申し込みをする必要があります。

アメックスのクレジットカードは対象が【20歳以上で定職についている人】(パート、アルバイト不可)で、審査はありますがオンラインか電話で申し込むことができます。
この場合の電話は必ず固定電話である必要はなく、連絡先が携帯電話のみの場合であっても問題ありません。
もし退会する際は、付随カードであるアメックスETCカードについても自動的に退会扱いとなるため、ETCカードのみ持ち続けることはできないので注意してください。

アメックスのクレジットカードを持っていない場合はまずそちらへ入会して発行手続きを行い、その後にETCカードの申し込みをする必要があります。
また、入会する前に アメックスカードの審査を通す5つの条件も抑えておくと安心かと思います。


アメックスETCカードを申し込む際の注意点3つ

1)対象はアメックスが発行しているカードのみ

上記で述べた通り、アメックスのクレジットカードを持っていればアメックスETCカードの発行申し込みを行うことができます。 ここで気をつけたいのが、アメリカン・エキスプレス(もしくはその関連会社)以外の会社が発行したアメックスカードに対してETCカードの申し込みをすると、アメックスETCではなく発行元となっている会社のETCカードとなる点です。 特典やマイレージ、年会費、支払いなどについても発行元会社のルールに準じたものとなります。

“あくまでアメックスETCカードが欲しい!”という場合にはアメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカードを作成してください。以下がアメックス発行カードです。

アメックスのETC対象カード


アメックスのETC対象 アメックスのETC対象ではない
アメックス・グリーン
アメックス・ゴールド・カード
アメックス・ビジネス・カード
アメックス・ビジネス・ゴールド・カード
アメックス・スカイ・トラベラー・カード
アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
ANAアメックス
ANAアメックスゴールド
デルタ スカイマイル アメックス・カード
デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド・カード
スターウッドプリファード・ゲストアメックス・カード
プラチナ・カード
セゾンアメックス(セゾン発行)
セゾンPARCOアメックス(セゾン発行)
MUFGアメックス(MUFG発行)
JALアメックス(JAL発行)

尚、アメックスとの提携カード(ANA、デルタ、ペルソナSTACIA、スターウッド、ペニンシュラなど)に対して追加発行されるETCカードはアメックスETCカードとなり、貯まったポイントは各提携先のマイルやポイントとして利用できるケースがほとんどです。しかし、サービス内容等については予告なしに変更される場合もあるため、不明点は問い合わせてみるのが確実と言えます。

2)ETCカードの作成時にも審査がある

元々アメックスETC対象クレジットカードを持っていて追加でETCカードを作りたい、という場合にも「ETCカードを発行するための審査」があります。内容は明らかになっていませんが、現状持っているクレジットカードに支払いの遅延や延滞が無いかチェックしておきましょう。ETCカードがすぐに欲しい、来週欲しいと思っても発行までには審査期間があるので、余裕を持って申し込みましょう。

また、クレジットカードとETCカードを別々に発行するよりもクレジットカード申込と同じタイミングでETCカードに申し込むのが一番最短で両方のカードを手にすることができます。 アメックスのETCは新規の発行手数料だけ払えば、年会費は無料なので発行した時にETCカードを使う機会が無かったとしても負担がありません。

3)ETCカードの作成時に免許証提出は不要

ETCカードを申し込む方法は電話とWEBの2通りあります。
電話での申し込みはカード毎に専用窓口があるため、自身のカードの問い合せ先を確認して電話しましょう。

WEBで申し込む際は申し込む前に以下2点準備しましょう。

  • ・現状持っているアメックスのクレジットカード(カード番号が必要です)
  • ・現状持っているアメックスの引き落とし口座が分かるもの

申し込み時に免許証の写しなどを提出する必要はありません。名前、カード番号、生年月日、引き落とし口座、Eメールアドレス、必要枚数などを入力すれば完了です。上記2点を用意した後に手続きを行えば、申し込み完了まで5分もかからないでしょう。

アメックスなら1枚のクレジットカードに対してETCカードを複数枚持つことができる

会員の方が車載器を2台以上所有していて、車載器ごとに別のETCカードを使用することが前提条件となりますが、アメックスETCカードは1人につき5枚まで申し込めます。車を2台持っているのであればETCカードも2枚作成して使い分けると便利です。

アメックスクレジットカードの家族カードを所有している場合であれば、家族カードのETCカードを作ることもできます。
ちなみにETCカードを複数枚申し込んだ場合、1枚ずつ別の封筒にて郵送されて来るので受け取り時には申し込みをした枚数と一致するか確認しましょう。


ETCカード比較

それでは他のステータスカードや異なる業種のETCカードにはどのような特長があるのでしょうか? 一覧にして比較すると以下のようになります。


カードフェイス
アメックス
ダイナース
レクサス
楽天カード
ENEOSカード
年会費 発行手数料 発行にかかる日数 申し込み方法 ポイント 発行枚数
無料
1枚850円+税
約2週間 電話もしくはWeb 100円につき1ポイントから 5枚まで
(家族カード1枚から)
無料
無料 約10日 電話もしくはWeb 100円につき1ポイント 5枚まで
無料
無料 約1週間~3週間
(申し込み方法による)
郵送もしくはWeb
1,000円につき20ポイント 1枚まで
540円+税
(会員ランクにより無料)
無料 約2週間 郵送もしくはWeb 100円につき1ポイント 1枚まで
1,250円初年度無料
(次年度以降も1回でも利用があれば無料)
無料 約2~4週間 電話もしくはWeb 1,000円につき6ポイント 1枚まで

ETCが複数枚一度に申し込めるクレジットカードはあまりありません。
ダイナーズカードもアメックス同様1枚のクレジットカードにつき5枚まで申し込みが可能ですが、一度の申し込みで1枚分のみ受付をします。例えばダイナーズカードを持っていて5枚ETCカードを発行したい場合は5回電話をする必要があり、WEBも同様に5回同じ内容で申し込みフォームの送信をしなければなりません。一度のWEB申し込みで5枚分申し込むことができるのはアメックスのメリットです。



アメックスETCカードの特徴

それではアメックスのクレジットカード自体はどのようなカードなのでしょうか。
アメックスのクレジットカードの特徴についてメリット・デメリットを簡単にご紹介します。

アメックスグリーンのメリット
・カード利用で貯めたポイントをマイルやホテルグループのポイントへ移行できるため、旅行の際に便利(提携カードについても同様)
・信頼度が高いカードであるため、持っていること自体がステータスとなる
・100円単位から付与されるため、ポイントが貯まりやすい
・空港ラウンジサービスや、国内レンタカーの優待など旅行や出張で使える

アメックスのスタンダードなカード「アメックスグリーン」の場合でも、100円で1ポイント貯まり還元率は1%と高めです。ETC利用に関してももちろん100円で1ポイント貯まるので、高速道路の利用が多い方は効率的にポイントが貯められるでしょう。

ETCマイレージサービスにも登録しておくとお得!

また、東、中、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社が行っている「ETCマイレージサービス」は、ETCカードの支払い額に応じてETCマイレージサービスのポイントが貯まり、そのポイントを無料通行分として還元してくれるサービスです。道路事業者によりポイントの付き方や還元額が異なります。

「ETCマイレージサービス」を利用するには事前の登録が必要で、WEBか郵送で申し込みができます。登録にはETCカードとセットアップされたETC車載器が必要なので、ETCカードを発行した後にこちらも登録しておくとお得です。

ETCマイレージサービス事務局
0570-010125 (月~金:9:00~21:00/土日祝:9:00~18:00)
携帯電話・PHSからは045-477-3793
ETCマイレージサービス ウェブサイト:www.smile-etc.jp

アメックスグリーンのデメリット
・年会費が高い
・ETCの新規発行手数料が1枚850円+税かかる

年会費が気になる方はキャンペーンを利用しよう

アメックスグリーンはカード本体の年会費が12,000円+税必要なので、その年会費が気になって申込みを躊躇してしまっている方も多いでしょう。
現在、入会後3ヶ月以内に50万円のカード利用で合計17,500ポイント獲得できるお得なキャンペーンを実施中です!
実際にカードを利用して17,500ポイント貯めるとなると175万円の利用が必要です。もらったポイントは加盟店なら1ポイント1円で利用できるため、このキャンペーンを利用すれば年会費以上にトクできます。今までアメックスのクレジットカードが気になっていて年会費がネックになっていた方は、まずはお試しのつもりでアメックスホルダーになってみませんか。

アメックスグリーンの入会特典

個人事業主・法人の方はアメックスビジネスでETCカードを発行しよう

アメックスは個人用のカードとは別に法人用のクレジットカードも発行しています。


アメックスビジネスカードはETCカードを5枚まで発行可能です。
ETCカードだけ社用車台数分欲しい、という人は社員用のビジネスカードを追加で作る必要はなく、ETCカードだけ発行して渡すことができます。

年会費・新規発行手数料は個人用のアメックスと異なり、アメックスビジネスカードは発行手数料がかからないものの年会費が500円+税必要です。

アメックスのETCカード発行時に必要な費用


ETC年会費 ETC発行手数料
個人カード 無料 850円+税
法人カード 500円+税 無料

アメックスビジネスも入会キャンペーン中

アメックスビジネスカードも現在、入会特典として初年度の年会費が無料になります。 もちろん審査はありますが、法人の方だけではなく個人事業主や活動を始めたばかりのフリーランスの方でも発行対象になるクレジットカードなので、審査が気になる方でも安心して申し込むことができます。


アメックスのETCは申し込み簡単で年会費も無料

アメックスは持っているだけでステータスがあるだけではなく、ポイントやマイルの貯まりやすさ、充実した空港サービスやレストランの優待など年会費以上のメリットが大変充実しているカードです。そんなアメックスのETCカードは発行手数料が最初にかかるだけで維持費は無料となっています。手順も難しく無く、WEBか電話で申し込みができます。

ステータスがある分審査が不安な方もいるかもしれませんが、アメックスグリーンの対象は「20歳以上の安定した収入がある方」としており、独自の審査基準で審査をしています。 ETCカードを作りたい、と思っている方にもクレジットカードを探している方にもアメックスグリーンはおすすめの一枚です。 アメックスの詳細を知りたい方はこちら
AMEXが年会費が高くても人気がある理由
アメックスカードの審査を通す5つの条件




  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj