答えて、応えて!FP

第040回 クレジットカード払いの支出を減らす方法

現金で買い物をする時と、クレジットカードで買い物をする時。どちらも同じ感覚で買い物できていますか?
実は現金よりも、クレジットカードで買い物をする時の方が、支出は多いのです。
クレジットカードの支出を増やさない方法を考えましょう。

<何故クレジットカードだと支出が増える?>
クレジットカードはカード一枚で支払いができ、決済も来月以降となるのでどうしても金銭感覚が緩くなります。現金払いの場合、本当に必要か吟味し、1万円札を財布から出す時も少々気が重く、その後の出費も抑えます。一方でカード払いなら、深く考えず、気軽に何度も使ってしまいます。この一連の流れから、合算するとクレジットカードの支出が増えるのは明らか。
さらに衝動買いをしがちだったり、めんどくさがり屋の人の場合、クレジットカードの支出は増えていく一方。「いつまで経っても毎月の支払いが減らない」という事態になるのです。

<クレジットカード払いの支出を減らす方法>
クレジットカード払いを現金払いの買い物と同じ感覚にする方法をご紹介します。

1、使用目的を決める
必要最低限以外、クレジットカードを使わないようにしましょう。例えば、使用は公共料金や海外旅行のみと決め、カードは持ち歩かないなど。買い物や飲食代にカードを使ってしまうと制限が効かなるので、なるべく使用しないようにしましょう。

2、現金を扱う意味を把握する
クレジットカードを使えば、現金を取り出す手間も省け、細かい小銭やお釣りを扱う必要もなく楽です。しかしこの楽さが、支出を増やす一因なのです。「現金を手に持ち、自らお金を支払う感覚」は、お金を使っていることを自覚するために重要。クレジットカードの支出が多い人ほど、あえて現金払いにしましょう。

3、「本当に必要か?」10秒考える癖をつける
クレジットカードを取り出す前に、「この買い物は本当に必要か?」と考える時間を10秒持つ癖をつけましょう。10秒なら苦にはならないはず。たった10秒が、支出の増加を食い止めます。

4、明細を確認する
クレジットカードの明細は確認していますか?キャッシュカードの残高だけで把握したりしていませんか?明細を確認しないと、クレジットカード払いの支出増に拍車がかかります。必ず毎月の明細は確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するコンテンツ

この記事担当のFP

宮野 茉莉子 みやの まりこ

証券会社にて、ライフプランの見直し、資産運用のアドバイスを経験。
在職中にAFP、証券外務員一種取得。個人向けにライフプランの見直しのアドバイスを行う。
株式、債券、投資信託、生命保険など、資産運用の提案に強い。

宮野 茉莉子 人気記事

執筆記事 10〜01 20〜11

全記事一覧

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ