航空マイルを貯めながらETCマイレージも貯めてみよう

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


車所有者には今や『必需品』となっているETCカードは、 ETC車載器と組み合わせることで時間帯割引が適応され、 ノンストップの快適なカーライフを過ごすことができます。 ETCカードのことを学んだあとは、親となるクレジットカードを見つけていきましょう。

ETCマイレージを貯めながら航空系マイルも貯めてみよう

ETCマイレージサービスとはETCカード番号を登録し利用すると、通行料金50円~(利用する高速道路により異なる)1Pが付与され、1000Pが貯まった時点で500円から最大8000円分の通行料として使うことができるサービスです。

高速各社 ポイントの自動交換単位 還元額(無料通行分)
東/中/西日本高速道路株式会社 1,000ポイント 8,000円分
本州四国連絡
高速道路株式会社
1,000ポイント 8,000円分
阪神高速道路株式会社 1,000ポイント 8,000円分
名古屋高速道路公社 1,000ポイント 8,000円分
福岡北九州高速道路公社 1,000ポイント 8,000円分
愛知県道路公社 1,000ポイント 8,000円分
宮城県道路公社 1,000ポイント 8,000円分
神戸市道路公社 1,000ポイント 8,000円分
広島高速道路公社 1,000ポイント 8,000円分

※東/中/西日本高速道路株式会社と宮城県道路公社のポイントは合算されます。
※ポイントの自動還元は毎月20日に実施されます。

ETCカードの魅力と言えば、このETCマイレージのほかにも入口で通行券を取らず、出口の料金所もノンストップで通過できる、通行料金が時間帯により割引になるといったところで、ETCシステムを使っていない方と比べてもメリットの大きさは歴然としてます。

でももうひとつだけ、ETCカードのメリットをあげるなら、ETCカードはクレジットカードを親として発行することで、クレジットカードのポイントも貯められるという点です。

そこでそのメリットを利用して、ETCマイレージと航空系マイルの両方を貯めてみませんか。ETC基礎知識が分かれば、貯め方はとても簡単です。

マイル+ETCマイレージが付与されるカード

まずETCマイレージのほかに航空系マイルを貯める場合、
貯めたい航空系のクレジットカードに申込、ETCカードを追加発行してもらいましょう。

航空系カードはクレジットカードの利用によりポイントが付与され、
貯まった1Pは5マイル~10マイルに移行することができるものや、カードそのものにマイルが貯まるタイプのものもあります。

なので航空系のクレジットカードでETCカードを作っておくと、
ETC利用料金の分の航空マイルとETCマイレージの両方が貯まることなり、
10マイルコースを選択している方は、片道1000円の高速道路を利用したときは、そこで10マイル(クレジットカードポイント1000円=1P)にプラス、ETCマイレージを貯めることができます。

ETCマイレージは登録先のサイトでいつでも照会できますが、
クレジットカードの明細書などには載っていませんで、注意してください。
ETCマイレージはあくまで登録者のみに付与されるサービスなので、
お得を取りこぼさないためにも忘れずに登録をしておきましょう。



  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj