答えて、応えて!FP

第071回 スマートにクレジットカードを使いこなすには?


クレジットカードをスマートに使いこなすには、それなりの金銭感覚を持つ必要があると感じます。
日本人はお金の話をすることはタブー視される傾向にあり、さらに清貧が良いという考え方が根付いているので、お金の知識を身に付ける機会がなかなかないのが現状です。
しかし、大人になりクレジットカードというスマートな物を使いこなすにには、やはりスマートな金銭感覚が必要なのです。
ではスマートな金銭感覚とは、現在の支出と収入がいくらあって どれくらい使っていいのかを把握できるひとのことを 金銭感覚があるといいます。

クレジットカードに対する金銭感覚をチェック !

以下の@〜Iのチェックリストに○か×で答えてください。

     
no.1支払いはいつもリボ払いだ
no.2欲しいモノがあるとついクレジットカードで買ってしまう
no.3クレジットカードを持ってないと不安だ
no.4クレジットカードの利用限度額が増えると嬉しい
no.5ポイントを貯める為に積極的にクレジットカードを利用している
no.6キャッシングをよく利用する
no.7毎月の利用明細書を細かく確認することはない
no.8返済に遅れる事が時々ある
no.9ゴールドやプラチナを持つ事はステータスだ
no.10クレジットカードで一括払いなら借金ではない

診断結果

no.6 ○の数が1個以下・・・
良い金銭感覚の持ち主です。クレジットカードと上手に付き合っていると思われます。
no.6 ○の数が2個以上5個以下・・・
金銭感覚がルーズになりがちです。クレジットカードにこれ以上頼りすぎると家計が破綻するリスクが高くなるので注意しましょう
no.6 ○の数が6個以上・・・
クレジットカード依存症です。金銭感覚が非常にルーズになり、すでに家計は破綻状況、もしくは破綻の一歩手前まで来ていると思われます。
ここでリセットしなければ、一生お金に困る人生を送ることになります。
まずは家計簿等で何にいくら使っているのか支出状況を確認し、収入の範囲内で生活する事を心掛けましょう。

クレジットカードを利用するという事は、信用の上で売買が成立しますので、しっかりと返済をする義務が生じます。
支払えるか不安を抱えたまま、ただ支払いの先送りの為にクレジットカードを利用するのではスマートな使い方とはいえません。
ポイント等のお得な面もたくさんありますが、カード会社からしてみれば、それらはひとつのマーケティングで、いかにクレジットカードを利用してくれるかの戦略に過ぎません。
それらに翻弄され、必要でないものも買わされていることはありませんか?

現金でも買える
気付けばポイントが貯まっていた
クレジットカードは決済方法のひとつである
カードの色より、資産額や預貯金額のほうが重要
返済に遅れることは信用を落とすこと
何に使ったか覚えていないような無駄なお金は使わない

このように、クレジットカードに依存しない生き方がスマートな使い方だと感じます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するコンテンツ

この記事担当のFP

二宮 清子 にのみや きよこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
家計の見直し・節約・貯蓄の重要さ、更に運用の必要性を伝え、
強い家計にできるようにサポート、また住宅ローンアドバイザーの資格も取得し、
住宅購入をきっかけにお客様のライフプランのアドバイスを行っている。

二宮 清子 人気記事

全記事一覧

Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ