クレジットカードのリボ払い一括返済で総支払い額を減らす方法とは! 基本手順を知り余裕のある月は上手に返済しよう!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


簡単に早く借り入れするならSMBCモビット
最大800万円の借り入れができて大きな出費が出た時も安心!





毎月の返済額を一定に抑えられるのがリボ払いの特徴

よく聞くリボ払いとは

リボ払いとは高額な商品を購入する際に、一括で支払う余裕がない場に分割して支払うというものです。似たようなもので分割払いがありますが、分割払いの場合は支払い回数がカードによって決まっており、返済総額を支払い回数で割り、それによって割り出された金額を毎月返済することになります。しかし、リボ払いは毎月の支払額が一定を超えないように設定されている上に、返済が完了するのに明確な支払い回数は決まっていません。

つまり分割払いの場合は支払額÷支払い回数=毎月の返済額なところをリボ払いは支払額÷設定金額=毎月の返済額という計算によって返済額が決まるようになっているのです。

これによってその時は購入する余裕がない商品でもリボ払いで長期的な返済をすることで、手が届かない商品が買いやすくなります。

リボ払いは定額払いのメリットがある分、年率による支払い額の増加が心配される

リボ払いは月々の支払い額が一定を超えることがありませんが、年率が多くのクレジットカードにて15.0%と分割払いと比べると高く設定されているのがスタンダードとなっています。

この年率がリボ払いの返済額を想定以上に高くしてしまう主な原因となり、年率に応じた手数料は支払い残高によって変わっていきますが、基本は支払い残高が多ければ多いほど手数料は増えてしまいます。

また、リボ払いは返済期間中に新たにリボ払いで品物を購入すると、返済中の代金に上乗せされる仕組みとなっており、無計画に利用することで途方もない金額を返済しなければならず、おまけに年率によって手数料が雪だるま式に増えていってしまうという危険があります。これを防ぐためには自分が今、どれくらいの返済を抱えているか、利用明細票でしっかりと確認しておくことが必要となります。





リボ払いを一括返済すれば総支払額を減らせる

リボ払いの欠点は手数料がかかり、返済プランを把握しなければ返済完了が遠くなること

リボ払いは毎月、一定の金額を返済していくシステムで、支払い残高に応じた手数料が年率として上乗せされる仕組みとなっています。つまり、リボ払いの欠点は複数回に渡って返済することによって手数料が膨らんでいくことです。

ならば、リボ払いの欠点である手数料がかからないようにするにはどうするかというと、一括払いで返済額を一度に返してしまうのが有効です。リボ払いは一回目の返済は手数料が無料なことが多く、この一回目の返済にて全額を支払うようにすれば、手数料がかからず、総支払額を減額することができるのです。

リボ払いを一括で返済する手順

リボ払いを一括返済するには多くのクレジットカードではインターネットか電話経由で一括返済を選択して申請することで対応しています。

インターネット経由の場合は利用履歴などを確認できる公式サイトの個人ページにログインして、利用プランの変更をするという手順が必要なことがあるため、インターネットの公式サイトの個人ページのアカウント名やパスワードは忘れないように気をつけましょう。

また、リボ払いは残りの返済額が一括で完済できそうな場合に「あとからリボ」などのサービスでこれ以上の手数料をかけることなく、返済プランを変更して一括返済できるようにもなっています。おトクなリボ払いをするには、使っているクレジットカードにはどのようなリボ払いのコースがあるのか、しっかりチェックしましょう。





リボ払いを利用するよりも銀行カードローンで支払いをまとめよう

リボ払いは支払残高によって手数料が膨らみ、支払額を忘れていると膨大な返済額になってしまう欠点があります。

クレジットカード会社で設定された最小金額を支払っている場合、毎月返済しても借入残高はなかなか減りません。

借入残高が残り続ければ、金利手数料が発生し続けるので元金が減らないままいつまでも支払い続けることになってしまうのです。

また、複数のクレジットカードでリボ払いを利用している場合、それぞれに手数料がかかってしまい支払金額も増えていきます。

リボ払いを銀行カードローン1枚にまとめることで、支払う場所を一か所に絞ることができ、借入金額が大きいほど金利は低くなります。

クレジットカードのリボ払いよりも銀行カードローンは借りたお金に対する金利が低く設定されているので、金利を低いものに変えて負担を抑えることによって返済額が以前より低くなり、元金も減らしていくことができるのです。

借りる金額が大きくなるほど金利は低くなるので、複数のクレジットカードでリボ払いを利用しているのであればカードローンにまとめて支払金額を減らしましょう。

 

100万円を返済期間2年で借り入れた場合

  年利率 支払総額 金利手数料
リボ払い 18.0% 1,355,068円 355,068円
銀行カードローン 14.6% 1,288,000円 288, 000円

100万円を返済期間2年で借り入れした場合、クレジットカードのリボ払いは金利年18.0%・利息355,068円ですが、銀行カードローンでは金利年14.6%・利息は288,000円です。

差額は67,068円とかなり大きな差が出てしまいます。

金利で選ぶなら、リボ払いよりも銀行カードローンで借り入れる方がおすすめです。

銀行カードローンで借入れ先を整理して支払金額や支払期間を減らしていくために、金利が低いおすすめのカードローンを見ていきましょう。





年2.0%~の低金利!みずほ銀行カードローン



みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは年金利2.0%~14.0%と銀行カードローンの中でもかなり低く設定しているので、利用しているクレジットカードよりも金利を低くして支払いをすることができます。

さらに、住宅ローンを利用していると金利は引き下げられます。
※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を※年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行は、ご契約時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方で、安定した収入があり、みずほ銀行指定の保証会社であるオリコの保証を受けることができる方であれば申し込みできますが、みずほ銀行に口座をお持ちでないと借り入れができないので、ローンの審査完了後に口座の開設を申し込みましょう。

既にみずほ銀行の口座とキャッシュカードをお持ちの方は、キャッシュカードにカードローンを付けることができるので、カードローン専用のカードを持つこともなく、審査後すぐにキャッシュカードからキャッシングが可能です。

みずほ銀行カードローンは口座引き落としに加え、ネットバンキング・ATM返済も可能なので基本返済とあわせて自分の都合で返していくことができます。





借入限度額最大800万円!SMBCモビット



SMBCモビット

SMBCモビットは年金利3.0~18.0%とクレジットカードのキャッシングとそこまでかわりはありませんが、複数から借り入れをしているものをSMBCモビットでまとめて一本化すると、支払金利が引き下げられ、返済総額が少なくなります。引き落とし日も統一されるので、お金の管理も簡単になります。

SMBCモビットは満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方が申し込み可能なので、パートやアルバイト、学生の方でも申込みが可能です。

申し込みから利用するまでの時間は最短即日で、「WEB完結申込」であれば審査後の入会手続きが完了次第利用できるので、すぐにでも融資を受け取りたい方におすすめです。

郵送や自宅の電話への連絡もないので、家族に知られずにお金を借りることができます。





カードローンを比較

100万円を返済期間3年で借り入れた場合

  年利率 支払総額 金利手数料
某クレジットカード 18.0% 1,532,603円 532,603円
楽天銀行カードローン
SMBC
モビット
18.0% 1,532,603円 532,603円
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行
カードローン
年12.0% 1,355,068円 355,068円

100万円を返済期間3年で借り入れた場合、クレジットカードのリボ払いとSMBCモビットは金利年18.0%・利息532,603円、みずほ銀行カードローンは年金利12.0%・利息は355,068円と大きな差があります。

クレジットカードのリボ払いやSMBCモビットとみずほ銀行カードローンを比較すると、その差は177,535円とかなり大きい金額になります。





自分に合ったカードローンを選ぼう!

みずほ銀行カードローンの金利は年2.0~14.0%とクレジットカードのリボ払いやほかの銀行カードローンよりも低く設定されており、返済総額を減らすことができます。住宅ローンを利用すると金利をさらに年0.5%引き下げることができるので、低金利で手数料を抑えられるカードローンを利用したいという方にはみずほ銀行カードローンがおすすめです。

また、すぐにでもお金が必要であったり、家族に知られずにお金を借りたい方にはSMBCモビットがおすすめです。SMBCモビットであれば、最短即日(※)で融資を受け取ることもできますし、郵送や自宅への電話連絡もなくWEB申込で完結してしまうので家族に知られる心配もありません。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

カードローンにもそれぞれメリット・デメリットがありますので自分に合ったカードローンを選んで利用していきましょう。



クレジットカードの選び方

関連サイト