スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

  • 旅全体の質をワンランク上へ
  • 上位会員ならではの特典を簡単にゲット
  • マイルをほとんどの航空会社に割り当てられる

SPG AMEXとはSPG(Starwood Preferred Gust)とAMEX(American Express Card)が一体となったハイエンドなクレジットカードです。 AMEXの会員特典はもちろん、Marriott Bonvoyのゴールドエリート会員特典も利用することができるため、享受できるサービスの質は非常に高いものが期待できます。

年会費が発生するタイプのクレジットカードですが、年会費分以上の価値があるサービスを利用できるため、 「お得にポイントを貯めたい・質のいいサービスを受けたい」という悩みはこのカード1枚で済んでしまうでしょう。

お申込みはこちら

SPGアメックスを利用することでホテルのサービスがもっと充実!

SPGアメックスはMarriott Bonvoyのゴールドエリート会員の権利が自動で付与されます。
上級会員の資格を得ることであっという間に年会費以上のサービスを利用することができるので、旅行好きは必見のクレジットカードです。
クレカLabのスタッフが実際にウェスティンホテル東京に行ってSPGアメックスの魅力を聞いてきました!

SPGアメックスの入会キャンペーン

2019年7月現在、新規でSPGアメックスのカード会員になった方を対象に、最大30,000ポイントがもらえるキャンペーンがあります。年会費をすぐに取り返せるチャンスなので、ディズニーランドに行く予定があり、パークで遊ぶ前後もお得に楽しみたいという方にもおすすめです。

最大30,000ポイントをもらえる入会キャンペーン
・カード会員資格取得後、3か月以内に10万円以上のカード利用で30,000ポイント

3ヶ月で10万円の利用となると1ヶ月33,000円〜34,000円平均で利用すれば達成できるので、そこまで高いハードルではありません。

携帯電話や定額で毎月支払いをしている料金をSPGアメックスでの支払いに変えるだけで難なく3ヶ月10万円は達成できるでしょう。

SPGアメックスキャンペーンバナー


お申込みはこちら

SPG AMEXの特徴

年会費

・基本カード

31,000円+消費税

・家族カード

15,500円+消費税

申し込み資格

年齢20歳以上、定職・定収入のある方

発行までの期間

・約3週間

補償サービス

不正プロテクション

不正使用を探知するシステムにより警告があった場合、新しいカード番号を再発行の対応。

不正使用と判明した取引は、原則として損害が補償される。

カード紛失・盗難の場合の緊急再発行

カードの紛失・盗難にあった際は、新しいカードを再発行。

緊急仮カードなどで至急再発行することも可能。

オンラインプロテクション

第三者によるインターネット上での不正使用と判明した取引は、原則として補償

ショッピングプロテクション

破損・盗難などの損害を購入日から90日間、年間最高500万円まで補償

国内旅行傷害保険

最高5,000万円

海外旅行傷害保険

最高1億円

リターンプロテクション

購入した商品の返品を、購入店が受け付けない場合はアメリカンエキスプレスが購入金額を会員口座に払い戻す。

キャンセルプロテクション

突然の病気やケガ、入院などで予約していた旅行やコンサートをキャンセルした際に、キャンセル費用の損害補償が最高で10万円


Marriott Bonvoyの「ゴールドエリート」を自動で付与

SPG AMEXに入会することによって、自動的にMarriott Bonvoyの「ゴールドエリート」資格が付与されます。

スターウッドであれば本来年間10回の滞在と25泊以上非常の実績が、マリオットリワードの場合は対象宿泊施設で50泊必要になります。

スターウッドゴールド会員の特典

対象の宿泊先での支払いが1米ドルあたり3ポイントに変換

午後4時までのチェックアウト延期

チェックイン時に、空室状況によっては部屋のアップグレードが可能

宿泊先到着時にウェルカムギフトあり

マリオットリワードゴールド会員の特典

予約完全補償

午後4時までのチェックアウト延期

滞在中に獲得したマリオットリワードポイントの25%を加算

マリオット直営またはフランチャイズの参加ホテルで、カードを提示するとショッピング10%割引

無料の高速インターネットアクセス

部屋のアップグレード

アメックス会員特典

空港カートラウンジの利用

国内29空港39ヶ所の空港ラウンジを無料で利用可能

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、出発時の自宅から空港まで、帰宅時の空港から自宅まで、荷物の配送が無料

エアポートミール

空港の対象レストランで使用できる1,000円分のクーポンが利用可能

航空便遅延費用補償

航空便の遅延により、臨時に出費した宿泊料金や食事代の補償

継続利用時の特典

無料宿泊券

2年目以降、カードの継続利用をすることによって、1泊1室(2名まで)無料宿泊券がもらえる。

宿泊できるホテルはSPG/マリオット リワード参加ホテル交換レート1泊50,000ポイントまでのホテル。

ただカテゴリー1〜6だけで全世界1542件のホテルが対象となる。

日本でカテゴリー7の宿泊先は2つしかないため、ほとんどのホテルで無料宿泊券が使用可能。

祝日や大規模イベント開催中であっても、スタンダードルームに空室があれば無料宿泊券は使用可能


カテゴリー6
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • セントレジスホテル大阪
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ウェスティンホテル東京
  • ウェスティン ルスツリゾート

宿泊実績の付与

カード継続をする際に、5宿泊分の実績をプレゼント

実績付与によりゴールド会員以上のプラチナ会員を目指す方にとってメリットあり。

ポイント有効期限

1年以上ホテル・リゾートでの滞在がない。または、ポイントの獲得・購入交換または移行がない場合は失効する。

しかし、コンスタントにカードを利用している場合は、上記の条件に当てはまらないため、実質無期限となる。

マイル還元率

100円=1マイル(=3ポイント)

ただし、ポイントをマイルに移行する際に、60,000ポイント毎に15,000ポイント(=5,000マイル)加算される。

マイル交換先の航空会社

40社以上もの航空会社とマイル交換が可能であり、ほとんどの企業で3ポイント=1マイルで対応可能。

スターマイルの移行手数料は無料

サポート体制

24時間365日無料で電話相談可能

SPG AMEXのおすすめポイント

旅全体を快適にしたい方

SPG AMEXはマイルと貯めて交通費をお得にできるだけではなく、旅行期間中に様々なサービスを受けることができます。

スターウッド・マリオットリワード・アメックスのゴールド会員特典を使用することができるので、部屋のグレードアップ・レイトチェックアウト・ウェルカムギフトをはじめとしたサービスが無料になります。

年会費以上の価値がある特典

SPG AMEXの年会費は31,000円と決して安い金額ではありません。

しかし、カードに付随する特典全体を考慮すると、逆に激安と感じてしまうことでしょう。

このカードは無条件でスターウッドのゴールド会員になれますが、本来ならば年間10回の滞在と25泊以上の実績が必要となります。

それだけでも、すでに年会費以上の価値がこのカードにあることがわかると思います。

また、2年目以降も継続してカードを利用する場合は、SPGホテルおよびリゾートの無料宿泊券がもらえるため、さらにお得感が増します。

実質無期限で安心

SPG AMEXのポイントはアカウントが有効である限り、ポイントに有効期限はありません。

しかし、1年間利用が全くないと、アカウントが非アクティブとみなされてしまうため、有効期限切れと判断され、ポイントを失効してしまいます。

最後にポイントを獲得してから1年間有効ということは、使い続ける限りアカウントが有効であり続けるので、実質無期限として、長期間ポイントを貯め続けることが可能となります。

マイル交換先の航空会社が豊富

このカードの特徴として、マイル交換が可能な航空会社の数が豊富とうことも挙げられます。

その数はなんと40社以上

ANAマイレージクラブ、日本航空(JAL)マイレージバンクをはじめとした、日本で人気のある航空会社だけではなく、全世界の様々な航空会社をマイル交換先として選択することができます。

複数の航空会社でマイルを貯めて運用したいと考えている方にとって、SPG AMEXは非常に便利なカードとなるでしょう。

SPG AMEXの気になるポイント

宿泊先にこだわりがない人はメリットが少ない

このカードはホテル優待に特化したカードということもあり、旅行が好きな方にとっては嬉しいメリットで埋め尽くされていると思います。

しかし、「交通費はお得にしたいけど、宿泊先にはあまりこだわりがない」という方にとっては魅力的な部分が少ないかもしれません。

お得になるのは宿泊費がメイン

SPG AMEXは無料宿泊券をもらえたり、ホテルに関してはかなり手厚いサービスが整っています。

しかし、食事に関しては少し別に考えないといけません。

このカードはSPG対象レストランで15%オフになるサービスが付与されていますが、対象のレストランの平均的な食事代が高額なため、しっかりとサービスを全て受けようとすると、食費を多めに考える必要があるかもしれません。

ポイント移行に関して

移行先マイレージ一覧と移行比率

(ポイントマイル)

移行比率3:1
  • エーゲ航空
  • アエロフロート ボーナス
  • エアロメヒコ クラブプレミエ
  • エアカナダ アエロプラン
  • エアチャイナ フェニックスマイル
  • エールフランス/KLM フライングブルー
  • アラスカ航空 Mileage Plan®
  • アリタリア航空ミッレミリア
  • ANAマイレージクラブ
  • アメリカン航空
  • アシアナ航空アシアナクラブ
  • アビアンカ航空 LifeMiles
  • ブリティッシュ エアウェイズExecutive Club
  • アジアマイル
  • 中国東方航空イースタンマイルズ
  • 中国南方航空
  • コパ航空 ConnectMiles
  • デルタスカイマイル
  • エミレーツスカイワーズ
  • エティハド ゲスト
  • フロンティア航空EarlyReturns®
  • 海南航空
  • ハワイアン航空 HawaiianMiles®
  • Iberia Plus
  • InterMiles
  • 日本航空 (JAL) マイレージバンク
  • 大韓航空スカイパス
  • LATAM航空 LATAMPASS
  • ルフトハンザ Miles & More
  • Multiplus
  • カンタス フリークエントフライヤー
  • カタール航空プリビレッジクラブ
  • サウディア航空
  • シンガポール航空クリスフライヤー
  • 南アフリカ航空 Voyager
  • サウスウエスト航空 Rapid Rewards
  • TAPポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • ターキッシュエアラインズ Miles&Smiles
  • ヴァージンアトランティック航空Flying Club
  • ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer
  • 移行比率3:1.1  ユナイテッド航空マイレージプラス
    移行比率6:1  ジェットブルー航空TrueBlue™
    移行比率200:1  ニュージーランド航空Airpoints™

    ポイントの移行上限

    ポイントからマイルへの移行は24時間以内に、最大240,000ポイントまで移行可能です。

    この上限は毎日リセットされるので、翌日には再度240,000ポイント交換できます。

    ちなみに1日の上限である240,000ポイントを一気にマイルへ交換すると20,000マイルのボーナスが加算されるので、100,000マイルの移行が最大となります。

    ポイントの移行は60,000ポイントごとで分けて行うのがオススメ

    ポイントの移行上限は240,000ポイントです。

    これを一日でまとめて移行すると

    一日目 240,000ポイント
    右矢印
    80,000マイル
    (240,000ポイント÷3ポイント)
    ボーナスポイント
    右矢印
    20,000マイル
    (5,000マイル×(240,000ポイント÷60,000ポイント))
    合計 240,000ポイント
    右矢印
    100,000マイル

    このようになります。

    しかし、ポイント交換の分け方を考えずに2回にして、210,000ポイントと30,000ポイントという分け方で交換をすると下記のようになります。

    一日目 210,000ポイント
    右矢印
    85,000マイル
    (70,000マイル+ボーナス5,000マイル×3)
    二日目 30,000ポイント
    右矢印
    10,000マイル(10,000マイル+ボーナス0マイル)
    合計 240,000ポイント
    右矢印
    95,000マイル

    交換したポイントは同じですが、60,000ポイントごとを意識してお得な交換方法でマイル交換をすると、結果的に5,000マイルの差が生まれます。

    少ないポイントでもマイル交換は可能ですが、基本的には「60,000ポイント」という括りを一つのまとまりとして考えて交換をすることをオススメします。

    ホテルに関して

    会員資格に関して

    SPG・マリオットリワード・リッツカールトンはステータスマッチというシステムを使い、会員資格を共通にしています。

    例えば、SPGがプリファードだとしても、マリオットがプラチナだとしたら、ステータスマッチが働いてSPGもプラチナ会員として扱われるのです。

    SPG AMEXには自動的にSPGのゴールド会員資格が付与されます。

    つまり、マリオットとリッツカールトンも併せてゴールド会員になれるということです。

    SPGグループのホテルについて

    SPGブランドのホテルは全部で11あります。

    SPGブランドのホテル
    • シェラトン
    • ウェスティン
    • セントレジス
    • ザ・ラグジュアリー・コレクション
    • Wホテル
    • ル・メリディアン
    • デザインホテルズ
    • トリビュート・ポートフォリオ
    • エレメントホテル
    • アロフト
    • フォーポイント

    比較的高級なホテルが多いラインナップとなっています。

    国内のSPGホテル

    国内で展開しているSPG系列のホテル一覧は下記の通りです。

    ホテルは全部で22軒となります。

    カテゴリー2
    • フォーポイントバイシェラトン函館

    カテゴリー4
    • キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
    • シェラトン北海道キロロリゾート
    • ウェスティンナゴヤキャッスル
    • シェラトン都ホテル大阪
    • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
    • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

    カテゴリー5
    • ウェスティン都ホテル京都
    • ウェスティンホテル仙台
    • ウェスティンホテル大阪
    • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
    • シェラトングランドホテル広島
    • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
    • シェラトン都ホテル東京

    カテゴリー6
    • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
    • セントレジスホテル大阪
    • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
    • ウェスティンホテル東京
    • ウェスティン ルスツリゾート

    カテゴリー7
    • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
    • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテル


    SPG系列だが現在予約受付していないホテル

    フォーポイントバイシェラトン名古屋国際空港

    まとめポイント

    ホテルに特化したカード。

    このカードはとにかくホテル優待に特化しています!

    旅行先で少しでも良いホテルに泊まりたい

    ゴールド会員の特典を使って快適に泊まりたい

    このように考えている方にはうってつけのカードです。

    長期間使用をすればするほどお得になる。

    年会費が31,000+消費税かかるため、長期間維持するのをためらってしまう方もいるでしょう。

    しかし、2年目以降の継続時に無料宿泊券が付与されるため、毎年高級ホテルに泊まれることを考慮すると2年目以降の年会費は安く感じるでしょう。

    短期間でお得感を感じるカードではなく、長年使うことによって、生活の質全体を上げてくれるカードです。

    メインカードとして扱いやすいバランス。

    メインカード・サブカードなど、カードを複数使い分けている方は多くいらっしゃると思います。

    分け方は個々人によって違うと思いますが、多くは「メイン=ポイント還元・信頼性」「サブ=割引特典・優待目的」などでしょう。

    SPG AMEXはカードとしてのブランド・信頼性が高く、かつ、ポイント還元率も高いカードとなっているので、メインカードとして運用しやすい作りとなっています。

    どの航空会社でマイル交換しても損にならない。

    カードに貯めたポイントをマイルに交換する際に、還元率が低いカードもあります。

    しかし、SPG AMEXは対応している40社のほとんどが3ポイント=1マイル、1社と高い還元率となっています。

    そして、60,000ポイント変換する毎に5,000マイル加算されるので、60,000ポイントを基準として交換を意識すると、さらに高い還元率となります。


    お申込みはこちら

    クレジットカード基本スペック

    国際
    ブランド
    AMEX 電子
    マネー
    -
    入会
    資格
    年齢20歳以上、定職・定収入のある方 発行
    期間
    約一週間程度
    利用
    可能枠
    個別設定 支払
    方法
    1回/ボーナス1回(取扱加盟店限定)/分割払い(取扱加盟店限定)/リボ払い(ペイフレックス)
    年会費 初年度 31,000円+消費税 ポイント
    サービス
    サービス名称 ポイント
    2年目以降 31,000円+消費税 有効期限 最後のポイント獲得、ポイント交換から12ヶ月間(カードホルダーは実質的に無期限)
    ETCカード 年会費:無料
    新規発行手数料:1枚850円+消費税
    ポイント付与 100円 = 3ポイント
    家族
    カード
    初年度 15,500円+消費税 ポイントレート 3ポイント
    → 1円相当
    2年目以降 15,500円+消費税 還元率の目安 1%
    金利/
    手数料
    分割払い - 空港
    ラウンジ
    対応状況 国内:28空港39ヶ所の空港ラウンジを無料でご利用いただけます。
    しかも、アメリカン・エキスプレスのカードならば、カード会員ご本人さまだけでなく、ご同伴者も1名様まで無料でご利用いただけます。

    海外:ハワイ ホノルル国際空港、韓国 仁川国際空港
    リボルビング払い - プライオリティ・
    パス
    -
    キャッシング -

    海外・国内傷害保険、ショッピング保険

    海外旅行
    傷害保険
    付帯条件 自動付帯
    利用付帯
    国内旅行
    傷害保険
    付帯条件 利用付帯
    死亡・
    後遺障害保障
    最高1億円 死亡・
    後遺障害保障
    最高5,000万円
    傷害治療費用 【自動付帯】最高200万円
    【利用付帯】最高1億円
    入院費用(日額) -
    疾病治療費用 - 通院費用(日額) -
    賠償責任 【自動付帯】最高4000万円
    【利用付帯】最高4000万円
    手術費用 -
    携行品損害
    [自己負担額]
    最高50万円(免責3,000円、年間 最高100万円) 家族特約 あり
    家族特約の対象 配偶者、生計を共にする親族
    救援者費用 【自動付帯】最高300万円
    【利用付帯】最高400万円
    ショッピング保険 年間保証額
    [自己負担額]
    最高500万円(自己負担額10,000円)

    家族特約 あり 補償期間 90日間
    家族特約の対象 配偶者、生計を共にする親族 補償対象 カードで購入した商品
    お申込みはこちら

    このページを見た人はこんなページも見ています

    当サイト人気のカード

    HOMEへ戻る



    ページの先頭へ