答えて、応えて!FP

第067回 20代の方には「ヤングゴールドカード」がお勧め


ヤングゴールドカード

ステータスを持て、付帯サービスやポイントの充実している「ゴールドカード」。
20代の方でも、年収条件をクリアしていればゴールドカードを保有したいとお考えの方も多いでしょう。
今は20代でも申し込み可能なゴールドカードが増えていますが、審査基準が厳しいのも事実。 20代の方には、「ヤングゴールドカード」をお勧めします。

ヤングゴールドカードの特長

「ヤングゴールドカード」とは、20代の方が保有できるゴールドカード。
一般カードより年会費は高いですが、ゴールドカードに次ぐサービスを受けることが出来ます。具体的には、以下のような特長を持っています。

no.1 ゴールドカードと比較
  ・20代向けなので、一般的なゴールドカードより審査が厳しくない。
・年会費は一般的に3,150円と、ゴールドカードよりも安い。

no.1 一般カードとの比較
  ・ショッピング枠は50万〜が基本。(一般カードは10〜50万)
・付帯保険が充実。
(海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険を自動付帯しているケースが多い。
金額も一般的に補償3000万円など高めに設定。他にもスポーツ賠償責任保険など、様々な種類の保険が付くカード有り。)
・一般カードよりワンランク上の各種サービス、ポイントプラグラムを受けられる。
(空港ラウンジ利用可など)
・30歳を過ぎたら、特に問題がなければ、ゴールドカードへ自動的にランクアップ。(一般カードからゴールドカードへのランクアップは、年収や勤務状況などの審査があります)
・デザインは一般的なゴールドカードと変わらないので、ステータスが保てる。
いかがでしょうか。ヤングゴールドカードは銀行系列が強く、
三井住友カード プライムゴールド」「シティエリート」などが代表的です。

いずれゴールドカードを持ちたいなら、ヤングゴールドカードからはじめよう

30歳を過ぎてゴールドカードを保有したいと思っても、上記にもあるように、その時の年収や勤務状況が審査に関わってきます。
その点ヤングゴールドカードの審査基準は、30歳以下で安定収入があること。延滞などせず問題なく使用していれば、自動的にゴールドカードに切り替わります。
将来ゴールドカードを保有したい方は、保有したい会社のヤングゴールドカードを持てば、審査不要で自動的にゴールドカードを保有することが出来ます。
年会費がかかる分、保険やサービスの質も高いので、20代の内からヤングゴールドカードの保有をお勧めします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連するコンテンツ

この記事担当のFP

宮野 茉莉子 みやの まりこ

証券会社にて、ライフプランの見直し、資産運用のアドバイスを経験。
在職中にAFP、証券外務員一種取得。個人向けにライフプランの見直しのアドバイスを行う。
株式、債券、投資信託、生命保険など、資産運用の提案に強い。

宮野 茉莉子 人気記事

執筆記事 10〜01 20〜11

全記事一覧

Pick Upコラム




クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ