スーパーホワイトでクレヒスが無くても発行できる審査に通りやすいクレジットカード2枚を紹介


クレジットカードは後払い(掛け売りの後日払い)となるため、作る際には必然的に審査が必要になります。審査基準は、カード会社および申し込みをしているカードによって異なり、自身の属性によって、結果が変わってきます。

そもそも審査とは何をしているのか

審査といっても、カード会社および申し込みをするカードによって、審査の内容や基準は異なります。しかし一般的には、国籍や年齢、定期的な収入の有無、年収、職業、現職での就業年数、現在に至るまでの借り入れ状況や返済状況などです。

現在に至るまでの借り入れや返済の履歴は、CICなどの個人信用情報機関に一定期間残り、どのカード会社でも閲覧できるようになっています。この履歴を「クレジットヒストリー」といい、省略して「クレヒス」などとも言ったりします。

スーパーホワイトとは一体何を意味するのか

当然一度もクレジットカードを作ったことがない方は、クレヒスがなく「真っ白」であることから、スーパーホワイトと呼ばれています。厳密には、「スーパーホワイトとは、いわゆる現金主義の方で過去にローンなどの利用歴が全くない人のこと」を意味します。

ちなみにスーパーホワイトではなく、ただの「ホワイト」はどういう意味をもっているのかというと、金融事故を起こし、自己破産などの債務整理を行い信用情報機関に異動情報(事故情報)として記録され、その後終了状況として法定免責として5年間記録された後、情報が消えた人のことを指します。別名、「漂白ホワイト」などとも呼ばれることがあります。

スーパーホワイトは審査に影響を与えるのか

スーパーホワイトの方は、金融事故を起こしたといったことはありませんが、返済実績もない分、返済能力は未知数です。ですから、カード会社としては、その方の借り入れ情報がないため、年収や勤務年数などからしか判断することができません。そうなると必然的に、「返してくれる人なのかどうか」という点から、審査に通りにくくなる場合があります。

クレヒスを構築するメリットとデメリットとは

スーパーホワイト脱却のためには、クレジットヒストリーを構築すればよいわけですが、その際に注意することが必要です。クレジットヒストリーは、借り入れをして、それをきっちりと返済していれば、プラスの要素として今後の借り入れや、クレジットカード作成の際に役立ちます。

反対に返済を滞ってしまったり、といったことが続くと、それが履歴として残り、マイナスの要素になってしまうことがあります。最悪の場合、ブラックリストに載ってしまい、どこのカード会社からもクレジットカードを作れないという自体にもなりかねませんので、ご注意ください。

クレヒスを構築するにはどうすればよいのか

それでは、実際にクレヒスを構築するためにはどうすればよいのかというと、実際に借り入れをして、それを返済していくという地道な方法しかありません。身近なところでは、携帯電話を分割払い購入し、返済する方法があります。しかしこの方法では、時間がかかりますし、人によっては必要ないもの、欲しくないものを購入しなければなりません。

実はスーパーホワイトの方でも審査に比較的通りやすいクレジットカードが存在します。

おススメのカード3種類について見ていきましょう。

スーパーホワイトの方でも審査に通りやすいカードとは

<スーパーホワイトに選ばれている3種類のカード>

ACマスターカード
三菱UFJカード VIASOカード
dカード

それぞれのカードがなぜスーパーホワイトでも審査に通りやすいのか、またその特長について確認してみましょう。

審査と資格はどうなっているの

まず、ACマスターカードについてですが、三菱UFJ銀行グループのアコム株式会社が発行しているクレジットカードです。アコム株式会社は消費者金融系に属するので、審査ではカードローンを組んだことがないことが、むしろプラス要素として審査されます。ですからスーパーホワイトの方が審査に通りやすくなるのです。

申し込み資格は、「20歳以上で安定した収入のある方」となっています。契約社員や派遣社員、パート、アルバイトの方でも20歳以上であれば条件を満たしますし、学生や主婦でも、20歳以上で安定した収入があれば可能となっています。最短即日発行可能なのもメリットです。

次に、三菱UFJカード VIASOカードについてです。こちらも三菱UFJ銀行グループである企業が発行しているカードです。発行元は、三菱UFJニコスという企業です。クレジットカードでは、会員を増やすために、キャンペーンを張ることが多々あります。

三菱UFJカード VIASOカードでは、現在会員を増やすためにキャンペーンを行っていることが多く、スーパーホワイトの方でも十分審査に通る可能性があり、ねらい目ですのでこれを機に検討しましょう。

申し込み資格は、「18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く))」となっています。審査資格の条件からも、多くの方が申し込みしやすい条件と言えます。

3つ目にdカードです。こちらは、国内大手携帯電話会社であるドコモが発行しているクレジットカードです。

たとえカードローンの履歴がないスーパーホワイトの方でも、長年ドコモの携帯電話を利用しており、滞納や延滞料金がない方であれば、それが審査の段階でプラス要素として審査してもらえます。

スーパーホワイトの方でも十分に審査に通る可能性があるわけですので、特にドコモユーザーの方は検討すべき1枚です。

申し込み資格としては、
・個人名義であること(法人名義ではお申込みできません。)
・満18歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
・ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
・その他当社が定める条件を満たすこと
とされています。

こちらも多くの方が申し込みしやすい条件と言えます。

 

ACマスターカード

三菱UFJカード VIASOカード

dカード

申込資格

20歳以上で安定した収入のある方

18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)。
未成年の方は親権者の同意が必要。

1.個人名義であること(法人不可)
2.満18歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
3.本人名義の口座を支払い口座として設定すること
4.その他ドコモが定める条件を満たすこと

特徴

アコム株式会社は消費者金融系なので、審査ではカードローンを組んだことがないことが、むしろプラス要素として審査されまるので、スーパーホワイトの方でも審査に通りやすくなる。最短当日発行可能。

現在会員を増やすためにキャンペーン中なので、今がねらい目。

国内大手携帯電話会社であるドコモが発行しているクレジットカードなので、スーパーホワイトの方でも、長年ドコモの携帯電話を利用しており、滞納や延滞料金がない方であれば、それが審査の段階でプラス要素として審査してもらえる。

年会費はいくらかかるの

いくら審査に通ったとしても、毎年高額の年会費がかかるのは避けたいという方もいることでしょう。確かに、かかる経費がいくらになるのかは重要な点です。それでは実際に年会費がいくらかかるのか確認していきましょう。また併せて付属カードはどのようなものがあるのかもチェックしていきます。

まず、ACマスターカードと三菱UFJカード VIASOカード、dカード全て年会費が無料なので、非常にお得感があります。特に、三菱UFJカード VIASOカードについては、家族カードやETCカードといった付属カードも申し込めます。ETCカードの発行時に1,100円がかかりますが、付属カードも年会費無料なので、需要のある方には大きなメリットです。

 

ACマスターカード

三菱UFJカード VIASOカード

dカード

年会費

無料

無料

無料

付属カード

なし

家族カード(年会費無料)、ETCカード(新規発行手数料1,100円)

家族カード(年会費無料)、ETCカード(初年度無料、前年度ETCの利用が無かった場合、次年度年会費500円)

ポイントプログラムの有無と還元率はどうなのか

お得感という観点からクレジットカードを見ると、年会費以外にもチェックすべきポイントがあります。その一つがポイントプログラムやキャッシュバックシステムです。この3枚にはどのようなサービスがあるのか見ていきましょう。

 

ACマスターカード

三菱UFJカード VIASOカード

dカード

ポイントプログラム等

なし

VIASOポイントプログラム

dポイントプログラム

特長

 なし

三菱UFJカード VIASOカードでのショッピングご利用代金1,000円で5ポイントたまり、たまったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバック。 指定の店舗での利用で高還元率になる。

利用額100円につき1ポイント付与。提携店での利用により高還元率になる。ネットショッピングでは、dポイントUPモールを経由するだけで、1.5~10.5倍ポイントがたまりやすくなる。

還元率

 なし

0.5%~

1~10.5%

ポイントプログラムは上手に活用すれば非常にお得になります。自身の利用予定や頻度などを考慮し検討してみましょう。

スーパーホワイトの方であれば、まずはこの3枚から検討してみましょう

クレヒスの真っ新なスーパーホワイトの方が審査に通りやすいクレジットカード3枚を見てきました。どれがご自身にとってベストなカードなのかは、人それぞれと言えます。例えばドコモの携帯を長年使っているドコモユーザーの方であれば、dカードが必然的にお得に使えるカードになるでしょう。

自身にあったカードを選び、これを機会にまずは申し込みをしてみましょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club

監修ファイナンシャルプランナー紹介