オリコカードのキャッシングを利用するには審査が必要! キャッシングする際の利用方法や注意点も解説


「ご祝儀が重なった」こんな時キャッシングを利用できると便利ですが、今までクレジットカードはショッピング枠だけでキャッシング枠は使ったことがないと言った方もいることでしょう。

初めてのキャッシングになるとお金が借りられるまでの流れも気になりますし、年率なども知っておきたい点です。

クレジットカードを使っているならカード会社のキャッシングを利用するのも良いですがカード会社の年率は高いもので、利用するならSMBCモビット nextなどの年率が低いカードローンの方が良かったりもします。

そこで、オリコカードのキャッシングとSMBCモビット nextのカードローンでは何が違うのか? 差を見て行きましょう。

さらに、申込の流れや審査についての確認も行い実際にキャッシングをする際の注意点をチェックして行き、安心してキャッシングまたはカードローンが利用できるように要点を抑えて行きます。

クレジットカードのキャッシングとカードローンのことを詳しく知ればSMBCモビット nextが得であることも分かりますし返済をどのように行えばよいのかも把握でき、不安なく利用できるでしょう。

また、審査ではクレヒスも見られるので延滞をしたことがある方や他で借り入れのある方は審査に通らない可能性も否定できないので、どのラインまでが許されるのかなども審査前に見ておくのも良いと言えます。

審査前の準備は万全に整えていたほうが通過する確率は上がりますし、流れを知っていれば結果をまだかまだかと焦りながら待つ必要もなくなるでしょう。

キャッシングをしたいなら、下調べをしておくことは重要なポイントと言えます。

キャッシング・カードローンの審査においての注意点

キャッシング・カードローンの審査時に注意しないとならい点は、クレジットカード同様、延滞です。

延滞を1度でもしてしまうとその情報は個人信用情報機関に5年間は記録され、審査の障害となります。

しかし、延滞と言っても1日だけや「はがき」などで知らせが来たその時点というわけではなく、知らせが届いた後も1ヶ月以上に渡り支払っていないなど毎回延滞を繰り返すようなことがあると信用情報に傷が付いている可能性が高いので、該当する方はキャッシング・カードローンの審査は受けない方が良いでしょう。

カードローンの場合は後払いシステムのため信用情報をより大切にするクレジットカードのキャッシングよりも延滞に対する基準は優しいですが、回数があまりにも多かったりすると審査に通過しないこともあるので注意してください。

この他の注意点には、オリコカードのキャッシング審査では3~5営業日程度で審査結果が出るため、審査の結果が出るのには時間を要します。

また、審査で見られる項目には安定収入や他社への借入額などもチェックされるので、借り入れは少ない方が良いでしょう。

キャッシングの許可はこの審査を経て初めて利用できるようになるため、借り入れを行う際は審査が必ず入ると言う事を忘れないようにしてください。

では、キャッシングがどのようなものなのかの確認をしましたが、利用者が気にする点には「年率」もあるでしょう。

オリコカードのキャッシングには銀行に振り込んでくれるサービスなどもあり便利ではありますが、年率は高いです。

年率なんてどこも変わらないから比較してもしょうがないと考えている方もいますが、少しの差でも利息は年間でトータルすると結構取られているものなので、見過ごす点ではないと言えるでしょう。

続いて、キャッシング・カードローンの年率の問題について見て行きます。

キャッシング・カードローンの年率問題!

キャッシング・カードローンを利用する時、年率は付きものです。

キャッシングの年率は15%~18%の間のものが多く、対してカードローンなら3%~の年率で安い借り入れが可能な会社もたくさんさんあり、安い年率でサービスを利用できます。

年率は利息に直接的に関わってくるため、利息の計算はしっかりと行っていたほうが安心です。

例えば、年率18%のところで30万円を30日間借りた場合の利息をもとめる計算式は、以下のようになります。

30万円×18%(0.18)÷365×30日=4,438円(小数点以下切り捨て)

利息は30日間で、4,438円も取られていたのです。

このように実際に数字で見ると年率は馬鹿にならないことが分かりますし、金融会社はこの利息で利益を得ています。

しかし、18%ではなく年率3%で同じように計算してみると

30万円×3%(0.03)÷365×30日=740円(小数点以下切り捨て)

利息はたったの740円で、4,438円と740円の差額を計算してみると3,698円にもなるのです。

年率は、低ければ低い方が断然得と言えます。

ですが、実際に3%の年率で借り入れサービスを行っているのはカードローンのみと言えるので、クレジットカードのキャッシングの利用では年率3%は難しいでしょう。

いつも使っているクレジットカードなら馴染みがあるので借り入れもしやすいと考えられがちですが、新たに審査を受けなくてはならないのはたとえクレジットカードを利用していたとしてもキャッシング・カードローン共に同じです。

また、キャッシングは返済できる額を想定して限度額を設けても安全パイでしか借り入れが許されないため、借り入れできる額が少なくなってしまいます。

この点カードローンなら、もちろん審査が入るので返せる範疇でしか借り入れをすることはできませんが、キャッシングよりは優しいと言えるのでより多くの限度額を望むのであればカードローンのほうがおすすめです。

そして、今カードローンで人気がある会社と言えばSMBCモビット nextで、このカードローンなら年率低く借り入れをすることができ、他社で借り入れを行うよりも負担が少ないと言えます。

SMBCモビット nextの魅力はどんなところなのか? 今好評のカードローンについても知っておきましょう。

SMBCモビット nextの年率は3.0%~18.0%

SMBCモビットにはSMBCモビット NEXTと言ったカードがあり、このカードにはカードローン機能・クレジット機能・Tポイントカードの3つの機能が搭載されています。

※モビットカード審査通過後に三井住友カードの審査があります。

カードローンの年率は3.0%~18.0%となるので利息も安いですし、公式ホームページのバーナーからサクッと申込むことが可能です。

三井住友銀行の口座を返済先の口座振替に設定するとさらに最大600ポイントを獲得できます。

これらのすべての条件をクリアすれば最大3,900ポイントのゲットが可能で、Tポイントは1ポイント→1円の価値にて飲食店やファミリーマートなどのコンビニと使える幅が広いポイントなるため、現金の代わりとして利用することができ魅力的でしょう。

※通常のポイントの付与は、クレジット利用額200円→1ポイントとなっています。

カードは国際ブランドのマスターカードなのでどこででも使えますし、カードローンを利用するならいっそのことクレジット機能やポイントも使えた方が便利と言うものです。

気になる年会費についても永年無料で、カードローンの利用限度額は最大800万円まで設けられているため便利に使って行けます。

返済日については月1で5日・15日・25日・末日のどれかを選ぶことができ、口座振替でなくても近くのコンビニATMからも返済可能です。

※クレジット分の引落は15日締めの翌月10日払となります。

最近ではカードローンもより利便性を高めようとクレジット機能と一緒になっているカードがあり、ACマスターカードもその一つです。

しかし、カードローンとの他の機能を合わせたカードでポイントが付与されるのではSMBCモビット nextならではと言えるので、利用するなら機能にも優れ年率も3.0%~18.0%最大18%と低いSMBCモビット nextを利用すると良いでしょう。

※利息は延滞をすると増えます。

年率の高いキャッシングよりもSMBCモビット nextの年率3.0%~18.0%を利用しよう

オリコカードなどのクレジットカードでもキャッシングを利用することはできるので借り入れを利用することはできますが、クレジットカードの年率はカードローンに比べると高いため借り入れをするならカードローンの審査を受けた方が良いでしょう。

クレジットカードはあくまででショッピング利用時に使うようにして、カードローンとクレジットカードで使い分けるのがおすすめです。

しかし、クレジットカードとカードローンのカードを別々に持つよりも、1枚にまとめたいと言った方もいることでしょう。

そのような方にはSMBCモビット nextが最適でこのカードならカードローン・クレジット機能・ポイントシステムが1枚のカードに集約されているので、カードを何枚も持たないで済みます。

カードローンの年率も3.0%~18.0%となっているため利息もあまりとられないで済みますし、月々の返済も三井住友銀行の口座から自動振替にすればキャンペーンでポイントも貯まり便利です。

貯まるポイントも使い勝手の良さから人気の高いTポイントが貯まるようになっていますし、この上でクレジット機能も使えるのなら文句のない1枚でしょう。

クレジットカードでキャッシングをしようとするとかえって利息を多く取られるので、 なのです。

今ちょうど「現金が足りない」と言ったことで悩んでいるなら、便利なSMBCモビット nextを発行するチャンスと言えます。

SMBCモビット nextを発行したら計画的にカードローンは利用して、便利な3つの(カードローン・クレジット機能・Tポイント)機能を使って行きましょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介