デビットカードでWiMAXやワイモバイルを契約したい方は注意!回線契約にはクレジットカードが一番おすすめの理由

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


まずはデビットカード、WiMAX、ワイモバイルについて把握しよう

デビットカードとは口座自動引き落としのカード

デビットカードはVISAのような国際ブランドに加盟しているお店で商品をカード払いで購入した際に、即座に銀行口座から代金が引き落としとなるカードのことです。

年齢制限も中学生以外の15歳以上であり、返済日を気にしないですむのがデビットカードの長所であると言えます。

WiMAXとは

WiMAXは持ち運びのできるルーターで移動体通信方式な世界規格の一種となっているものです。携帯電話の3GやLTEと違って電話に使うことはできず、あくまでインターネットを受信してWi-Fiにつなげる通信のみのものとなっています。

工事が不要で携帯性の高い、通信速度が速くて制限がとても緩いものとなっています。料金は月額1,980円と大変に安いものがあり、節約モードなら送受信最大300Kbpsでデータ消費量0、高速モードなら受信最大225MbpsとSNSの使用とネット通信の両方に使えます。

ワイモバイルとは

ソフトバンクが運営している格安スマホサービスがワイモバイルです。毎月の携帯電話の利用料金を安くしたい方に人気があり、スマフォなら月額1,980円で10分以内の電話なら無料利用が可能となっています。パケット使用量が基本使用料に含まれており、データ通信容量の1G、3G、7Gから選べて通信速度は128Kbpsで統一されています。

ワイモバイルは通信速度が速く、月額料金も家族割引きが適用されていることから全国で普及しており、故障や紛失、盗難のような緊急事態に関しての質問があった時はキャリアショップに行くのが簡単です。2,020年に商品化するとされる通信容量5Gという有力技術なMassive MIMOによって繁華街や駅前といった混雑した場所でも通信できるものとなっていたりと、先進的な技術もすぐに取り込んでいます。

WiMAXやワイモバイルの契約にはクレジットカードを選ぼう!

三菱UFJ-VISAデビットではWiMAXやワイモバイルの契約はできない

以前はデビットカードでも登録できるWiMAXのプロバイダーはあったのですが、現在はデビットカードでの支払いは不可となっています。

そのため支払い方法はクレジットカードか口座振替の2種類となり、口座振替に関しても全てのプロバイダが対応しているわけではありません。

いざ契約をするタイミングで契約不可となるのを避けるにはクレジットカードが必須ということになります。

WiMAXやワイモバイルの支払いにおすすめなクレジットカードはACマスターカード

WiMAXを契約したいけどクレジットカードを持っていないという方は、まずクレジットカードの契約をしないといけませんが「自分はクレジットカードの審査に通るだろうか」と不安に感じている方も多いでしょう。

そこでおすすめなクレジットカードが年会費無料で20歳以上でアルバイトやパートをやっている人なら発行の審査基準も満たせるACマスターカードです。

ACマスターカードはカード利用限度額がカードローン付きで最高800万円となっており、海外ATMの引き落としもできます。支払いも1回払いだけでなくリボ払いにも対応しており、使い勝手の良いカードと言えます。インターネット経由なら即日発行も可能で、欲しい時にはすぐ所持することも可能です。

ACマスターカードのまとめ

  • 入会費と年会費無料
  • ポイントプログラム無し
  • カードローンとクレジット利用限度額が合計で最高800万円
  • 年率10.0%~14.6%
  • キャッシュバック0.25%
  • カードローンの返済期日が35日後
  • クレジットの返済期日が20日締めの翌月6日返済
  • クレジットは返済期日を過ぎたり、全額を払えなければリボルビング残高が手数料に
  • ご利用明細の郵送が無い
  • 自動契約機のむじんくんを通せば即日発行可能


オススメは
コレ!







クレジットカードの選び方

関連サイト