ACマスターカード


ACマスターカード
年会費 審査時間 発行期間
永年無料 発行
還元率 電子マネー ブランド
0.25% QUICPay Google Pay Mastercard

審査が不安な方に選ばれる一枚

年会費が永年無料で以内に審査が完了。
土日祝日でも発行ができて、欲しい時にすぐ手に入ります。
また、「3秒診断」で申し込みの前に審査の通過の可能性を調べたうえで申し込めます。

審査が不安な方や急ぎ欲しい方におすすめです。


ACマスターカードが選ばれる理由

年会費が永年無料
アコム独自の審査基準で審査が不安な方におすすめ
審査は受取が可能
上限額:800万円※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
利用金額の0.25%を自動キャッシュバック


ACマスターカードの特徴

年会費

永年無料

発行手数料や年会費などは全くかかりませんので、維持費は必要ありません。

申込み資格

安定した収入のある方で、アコム(株)の基準を満たす方

上記の内容を満たす方であれば誰でも申込をすることは可能なので、学生や主婦の方でアルバイト・パートで収入がある場合は申込可能です。

ただ、あくまでも本人に収入がある場合なので専業主婦の方が審査に通過するのは非常に厳しいです。

発行期間

最短20分審査で即日受け取り可能なスピード発行

土日祝日をふくめでカードを受け取れるので、急にクレジットカードを作らなくてないけなくかったという方からの支持も高いです。

また、どうしても審査が不安という方は3秒診断をしてみましょう。

年齢・年収・カードローン他社お借入状況の3項目を記入するだけで審査の通過可能性が分かります。

直下にある「お申し込み」ボタンをクリックして案内に従えばすぐに申し込みできます。


発行元



三菱UFJフィナンシャル・グループ一部上場企業・アコム発行のマスターカードです。

アコムの文字もロゴもなく、カード表面がMastercard®の文字のみなので、お財布から取出すときも気になりません。

通常のショッピングはもちろん、Mastercard®ブランドのため海外でも通常のクレジットカードとして利用可能です。

ACマスターカードの審査について

クレジットカードの発行元は大きく分けて銀行系、信販系、消費者金融系の3つがあり、発行元によって審査難易度が異なります

銀行系は銀行が母体となって発行しているクレジットカードで、ステータス性が全体的に高いのが特徴ですが、審査に関しては厳しく行われる傾向が強いです。

信販系は「信販業務」を中心として展開している企業が発行しているクレジットカードで、ポイント還元率が高く特典が豊富なものが多いのが特徴です。

審査難易度は銀行系クレジットカードと比較すると柔軟なため、審査に通過する可能性はあります。

消費者金融系のクレジットカードは一般的なクレジットカードの審査方法とは異なり、独自の審査基準で審査を行っているため、審査に不安を感じている方におすすめのカードです。

ACマスターカードは消費者金融系のクレジットカードで、アコム独自の審査基準を導入しています。

収入があればOK!アルバイト・パートも可

ACマスターカードの申し込み資格はとあるので、パートやアルバイトの方でも審査に通過する可能性はあります。

ただし、現時点で借入が多くある方は厳しいかもしれません。なぜなら、日本には総量規制という法律があるからです。

対して、総量規制の制限内での利用や借入が0の場合であれば、審査に通過する可能性は高いのでチャレンジする価値は十分にあります。

借り入れ状況が心配なら「3秒診断」

総量規制とは?(詳細はこちら)

総量規制は、貸金業者から借りられるお金の総額の上限を規制するための法律。

多重債務を防ぐために年収の3分の1以上の借入ができないようにするものです。

例えば、いまの年収が300万円の場合に借入できる金額はトータルで100万円までなので、すでに100万円の借入があるとしたら審査通過は難しいので注意が必要となってきます。

えっ?最短即日作れるの!?

またスピード発行も消費者金融系であるクレジットカードの特徴で、ACマスターカードではの審査発行が可能です。

他のクレジットカードよりも早く手元にカードが届くので、すぐにクレジットカードが必要な場合もACマスターカードであれば手に入れられます。

で発行するには?

カードを発行するにはWebからの申し込みが必要です。

申し込みが完了すると審査が行われるので審査結果が届くのを待ちましょう。審査結果はで届きます。

本人確認書類を提出し、契約手続きを行うとACマスターカードを受け取れます。

カードの受け取りは最寄りの自動契約機(むじんくん)で可能です。



ACマスターカードの申し込み方法

申し込みの流れ

ACマスターカードの発行原則、電話による在籍確認なしでの申し込み方法を紹介します。

  • STEP1
    ACマスターカードをWebから申し込み
    ACマスターカードをWebから申し込むと、本人確認書類の送付についてのメールが届きます。
  • STEP2
    メールに記載のフリーダイヤルに電話する
    STEP1で届いたメールに記載してあるフリーダイヤルに連絡し、オペレーターに「在籍確認を書類で行いたい」と伝えましょう。
  • STEP3
    書類を送信する
    オペレーターの指示に従って本人確認書類や在籍を証明する書類を送信します。
  • STEP4
    審査結果を待つ
    で審査結果がメールにて届きます。
  • STEP5
    カードを受け取りに行く
    STEP4で審査に通過し、で受け取りたい方は、最寄りの自動契約機(むじんくん)へ発行しに行きましょう。

在籍確認について

クレジットカードは基本的にどのカードでも在籍確認をする可能性はあります。

ACマスターカード原則、電話による在籍確認なしです。


ACマスターカードの支払い・締日・ATMについて

支払い・締日について

ACマスターカードの締日は毎月20日となり、支払いのは35日ごとに行われます。

35日の期間ならいつでも支払いをして大丈夫なので、自分の好きなタイミングで支払いをするとよいでしょう。

毎月6日までに20日までの利用分を支払うと手数料0円

支払い方法は全部で4通りあります。

方法 対応時間 詳細
インターネット 24時間 いつでもスマホやパソコンから返済可能
ペイジーに対応している金融機関口座が対応
アコムのATM 24時間 自動契約機(むじんくん)などに併設されているATM端末からの支払い
提携ATM 24時間 全国の金融機関・ショッピングセンター・コンビニ設置してある提携ATMでのお支払い
自動引落 - 指定をした口座からの自動引落

ショッピングセンター・コンビニの提携ATMに関しての詳細

主な設置場所
セブンイレブン、イトーヨーカード

主な設置場所
ファミリーマート、ポプラ、デイリーヤマザキ、ライフ、ドン・キホーテ

主な設置場所
ローソン、ナチュラルローソン

主な設置場所
イオン、まいばすけっと、MAX Valu、ミニストップ

上の提携ATMのうち、アコムのステッカーが貼ってあるATMが対象です。

自分がよく使う施設のATMが対象か、どのATMにアコムのステッカーが貼ってあるのか確認をおすすめします。

その他サービスについて

電子マネーにも対応可能

ACマスターカードはPayPay、楽天Pay、Amazon Payに対応しています。

PayPay,楽天Pay,Amazon Pay

登録しておくと財布からカードを取り出す必要もなくなり、決済サービスの各ポイントを獲得できます。

利用明細が届かない安心

  • ご利用明細は原則自宅に届かないからプライバシーも安心(お支払い方法が「口座振替」のお客さまや送付希望のお客さまには郵送)。
  • ご利用明細はATMで受取可能。ネットで明細チェックも可能。

海外でもACマスターカードは活躍する

海外でのご利用ももちろん可能です。

海外でトラブルがあった場合は、ショッピングデスクに電話すると日本人スタッフがサポートします(カード紛失・盗難、カードに関する各種お問い合わせ、現地日本大使館のご案内)。


ショッピングとカードローンが利用可能!

クレジットカードは利用可能枠内であれば、ショッピングとキャッシングの両方を利用できます。

キャッシング枠ではなく金利を抑えたカードローンがついているACマスターカードは、アコムだからこその強みでおすすめです。

利用限度額は最高800万円

ACマスターカードの限度額はショッピングだけであれば最高300万円ショッピングとカードローンを合わせると最高800万円となり、他のクレジットカードと比べても高い設定です。

誰もが限度額を800万円に設定されるわけではありませんが、最初の利用限度額は審査のときに記入した情報によって高額を狙える可能性は十分にあります。

上限額:800万円
※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。

限度額は人によって異なる

ショッピングとカードローンの限度額は個別に設定されている

ただし設定された利用可能枠に対し、すべてショッピングに使う、またはすべてカードローンに使えない点には注意しましょう。

ショッピングの限度額とカードローンの限度額はそれぞれ個別に設定されていますので、利用可能枠と個別の限度額内で利用していきます。

利用可能枠50万円のケース

他のクレジットカードと比較

消費者金融系のクレジットカードであるACマスターカードと一般的なクレジットカードを比較してみましょう。

  ACマスターカード
ACマスターカード
他社カード
他社カード
年会費 無料 無料
発行
期間
最短3営業日
還元率 0.25% 0.5%
利用
限度額
上限額:800万円
※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
最大200万円
ショッピングリボ金利
※ショッピング枠利用時
10.0~14.6% 15.0%
キャッシング金利
※キャッシング枠利用時
3.0~18.0% 5.0~18.0%

発行期間は?

で発行できるという発行スピードはやはりACマスターカードの強みです。

還元率は?

ACマスターカードの還元率は0.25%と低く見えますが、ショッピング利用額の0.25%が自動でキャッシュバックされる仕組みなので、有効期限による失効のリスクもポイント交換の手間も一切ないという大きな利点があります。

金利は?

ACマスターカードの利用限度額は上限額:800万円
※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
と高額も狙えます。

一方でショッピングリボ金利とキャッシング金利(カードローン)は一般的なクレジットカードよりも低く設定されているため、利息を抑えて合計支払金額を安くできるのは大きなメリットでしょう。

ACマスターカードに向いている人

クレジットカードがすぐにでも欲しい方
利息を抑えたい方
ポイント交換の手間が面倒な方


ACマスターカードのおすすめポイントまとめ

ACマスターカードは以下の3つの理由から、審査が不安な方に最適なクレジットカードです。

  • 発行元が消費者金融系で審査が独自基準
  • 審査時間がで短い
  • 3秒診断で審査通過の可能性を確認できる

年会費無料なので維持費もかからず、カード利用金額の0.25%が自動でキャッシュバックされることから、利便性を求める方にも向いています。

年会費 無料
申込み資格
パート・アルバイトOK
発行期間 で審査完了

3秒診断はこちら
利用可能枠 上限額:800万円
※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
ポイントプログラム 利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
その他 スマホですぐに申込み可能
利用明細の郵送なし

学生やフリーター、パートの方でも申し込めて、明細書も自宅に届かずWebで確認できるので家族や周囲の人にバレることなく安心して発行できるのも魅力です。

カード券面は消費者金融系のカードだとわかりにくい配慮されたデザインになっていて、アコムの表記は一切ありません。

他のクレジットカードを作りたい場合も、まずはACマスターカードを利用してよいクレヒスを積んでみると審査に通る可能性を上げられます。

初めてクレジットカードを作る方やさまざまな事情がある方に配慮されたクレジットカードなので、少しでも合いそうと思えばACマスターカードを申し込んでみましょう。


基本スペック


国際ブランド
電子マネー -
入会資格
利用可能枠 上限額:800万円
※800万円は、ショッピング枠とキャッシング枠合計の上限金額です。
発行期間
支払方法 リボ払い
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
家族カード 初年度 無料
2年目以降 無料
金利/手数料 分割払い -
リボルビング払い
※ショッピング枠利用時
10.0%~14.6%
キャッシング
※キャッシング枠利用時
3.0% ~18.00%
ポイント
サービス
サービス名称 -
有効期限 -
ポイント付与 -
ポイントレート -
還元率の目安 -
空港ラウンジ 対応状況 -
プライオリティ・パス -
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj





Pick Upコラム

shinsa_top
どうしても審査を
通過したい方に
shinsa_top
すぐにお金が
必要な方に
mobit_top
とにかく早く
カードが欲しい方に
shinsa_top
複数の支払いを
まとめたい方に

クレジットカードの選び方

当サイトでよく読まれているコラム

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介

クレジットカード研究Labでは、アフィリエイトプログラムを利用し、 アコム株式会社、株式会社JCBより委託を受け広告収益を得て運営しております。