審査基準が激変した信販系クレジットカード



クレジットカードのし審査が不安な方

審査が不安だけどクレジットカードを作りたいという方はACマスターカードがおすすめ!

年会費 無料
ショッピング年利 14.60%
即日発行 最短30分で発行可能
利用可能枠 10〜300万円
カードローン枠と合わせると最大800万円まで利用可能

元々信販系だったライフカードの売りはポイントプログラム

クレジットカードの中でも、そのポイントプログラムが公共料金の支払い可能な事より、より多くのポイント付与を受けられるライフカードですが、このカードは元々信販系企業の株式会社ライフの発行するクレジットカードでした。


ライフカード

ライフカードポイントプログラムの概要

ステージ制プログラム   お誕生月ポイント
プログラムの期間のご利用金額に応じて、どんどんポイントがたまるステージプログラム!ポイントは最大2倍!

お誕生月のご利用は基本ポイント5倍!
※お誕生月ポイントは一律5倍となります。ステージのポイント、新規入会キャンペーンポイントとの重複付与はございません。

新入生入会キャンペーンポイント   スペシャルボーナス
入会後1年間はポイント1.5倍!
プログラム期間(1年間)のご利用金額が50万円以上でどーんと300ポイント!!

※Edyバリューチャージおよびライフカード販売のJCBギフトカードご利用分は「お誕生月ポイント」「ステージポイント」「新規入会キャンペーンポイント」の対象外となります。

ポイントがおトクにたまる、L-Mallとは?

L-Mallとはライフカードが運営する「LIFE-Web Desk」会員限定のショッピングモールです。
L-Mallで紹介するショッピングサイトでショッピングすると、LIFEサンクスプレゼントのポイントが最大25倍たまります。

水道料金 携帯電話・通信料 国民年金保険料 NHK受信料・放送料金
水道料金 携帯電話・通信料 国民年金保険料 NHK受信料・放送料金
電気料金 新聞購読料金 ETC料金 ガス料金
電気料金 新聞購読料金 ETC料金 ガス料金

この様に、使えば使う程、ボーナスが増えるというポイントプログラムを持っているのもライフカードが長年利用できるところでもあります。

また、ネットショッピングのL-MALLでのカード利用では、ポイントが最大25倍もらえるボーナス特典がついてくるので、ネットショッピングを頻繁に行う方にも大きなメリットがあります。



運営会社は信販系から消費者金融系に



旅行保険こそ付帯ではありませんが、本体カードも追加カードも年会費も永年無料な上に、カード発行も最短4日で短いというメリットがあるライフカード。

しかし、発行スピードが早くても、カードの入会審査は他の信販系カードと比較しても、標準的なカードであった事も事実です。サービスが良くても審査の難易度が普通であった事が、ネックになっていた一面もあります。

ところが2011年7月にこのライフカードは事業権利が株式会社ライフから、株式会社アイフルに買収され、譲渡されました。これによって、入会審査を行う保証会社が、アイフル株式会社に変更となりました。

アイフルといえば、消費者金融の会社としては全国的に名の知れた会社であり、キャッシングについてもCMで「アイフルでホッ!」のフレーズでも有名な会社です。基本的にキャッシングを行う消費者金融系のカードは審査が優しくなりますので、事業運営元が変更になった事でライフカードは、審査の難易度が大きく変化したのです。

以下にライフカードの事業譲渡に関する公式ページを掲載していますので、確認してみましょう。

ライフカード事業元の変更について


グループ再編のお知らせ

「株式会社ライフ」の信販事業、保証事業および保険事業等を、平成23年7月1日より「ライフカード株式会社(新会社)」に事業承継し、「株式会社ライフ(旧会社)」は親会社へ吸収合併することといたしました。 当グループは、今後もより一層の発展を図ってまいりますので、引き続きご愛願賜りますようお願い申しあげます。

株式会社ライフ(旧会社)からの各種ご案内について

株式会社ライフ(旧会社)の会員さまにおかれましては、平成23年7月1日より、「アイフル株式会社(業務代行会社:ライフカード株式会社)」から各種ご案内をお届けさせていただきます。

口座振替は「ライフカード」名でお引き落としさせていただきます。
※変更手続きは必要ございません。
※一部引き落とし名が異なる金融機関がございます。
なお、アイフルATMおよび金融機関からのお振込みによるご入金に関しましては、従来通りご利用いただけます。


会員専用Webサービス「LIFE-Web Desk」のご利用を終了させていただきます。
「ご利用代金E-mail送付サービス」をご利用されている場合は7月より郵送でご利用明細書をお届けいたします。

各種公共料金決済、ETCカードご利用を継続されている会員さまにおかれましては、お支払方法を変更くださいますようお願いいたします。

既存のライフカード会員は新会社ライフカード株式会社へその事業が引き継がれ、今から入会をする方は株式会社アイフルがその事業を引き継ぐ事がわかります。つかり、新しくカードを申し込む方の審査を行うのはアイフルとなる訳です。

審査基準が大幅に変わりキャッシングも強化されたライフカード

この事業譲渡により、入会しやすくなっているライフカードですが、ここで、具体的にカードの入会審査について、アイフルがその審査を行う上で、どの様な審査基準を持っているかをご紹介しましょう。

基本的にクレジットカード発行基準と、キャッシングカードの発行基準はその内容から見て、同等と見なす事が出来ます。

従って、アイフルのキャッシングの申し込み条件は、ライフカードの申し込み条件の大きな参考基準になりますが、その条件を参考にしてみましょう。

アイフルの申込み審査について


Q:誰でも申し込みは可能ですか?

満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する「給与所得者、自営業者、パート・アルバイト、派遣・出向・嘱託社員、主婦(専業主婦除く)、学生」の方で、当社基準を満たす方
※なお、お取引期間中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

Q:主婦やアルバイトでも申し込めるの?

パートやアルバイトでも定期的収入があれば申込可能です。
また、主婦の方でも専業主婦ではなく、定期的な収入がございましたら、申し込み可能です。

アイフルの申し込み基準では、キャッシングについて、定期的な収入を受けていれば、仕事の属性に関わらず、利用が可能になっています。つまり、ライフカードでも同様の基準でカード発行を望む事が可能だという事です。

ブランドが信販系イメージの消費者金融系クレジットカード



このライフカード以外に消費者金融系のクレジットカードがもう1枚あります。

それがACマスターカードです。
ACマスターカードの発行元であるアコムはアイフル同様に消費者金融では大手の企業で、ACマスターカードはカード発行のされやすさで人気の高いクレジットカードとなっています。

ライフカードはACマスターカードと比較するとポイント制度など、クレジットカードとしての機能は高く便利でありますが、ACマスターカードの方が審査に通りやすさでは上となります。

ライフカードは元々信販系のクレジットカードということもあり、カードフェイスから消費者金融系のイメージは連想されませんが、ACマスターカードも利用者のことを配慮しているため、カードフェイスからアコムが発行しているクレジットカードということがわかりにくくなっています。

クレジットカードとしての機能を持ったカードは欲しいけど「与信にあまり自信がなくて審査が不安」「カードの見た目もある程度気にしたい」という方はACマスターカードを申し込んでクレヒス作ってから他のクレジットカードに申し込むことをおすすめします。

  アコムACマスターカード
ACマスターカード
ライフカード
ライフカード
申込資格 20歳以〜69歳までで安定した収入のある人(アルバイト・パートOK) 満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する人(アルバイト・パートOK)
年会費 無料 無料
特長 スピード審査・審査に通過しやすい 誕生日月は獲得ポイントが5倍
審査時間 カード発行まで最短30分 カード発行まで4日が目安

まずは
これ!


ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ