遂にモバイルPASMOがサービスが開始!入金(チャージ)する時に一番相性がいいクレジットカードは?


モバイルPASMOとは?

モバイルPASMOは、スマホ一台で電車やバスなどに乗車できるアプリです。コンビニやショップでも対応している店舗があるため、お財布を持ち歩かなくとも移動やお買い物が楽しめます。

クレジットカードから入金(チャージ)できることもモバイルPASMOの大きな特徴となっており、紐付けるカードによってはお得に利用することもできます。

また、既に交通系電子マネーのアプリとしてモバイルSuicaが多くの人に使われていますが、どのような違いがあるのか、メリットやデメリットと合わせてご紹介いたします。

モバイルPASMOのメリット・デメリット

モバイルPASMOのメリット

定期券をいつでもどこでも購入可能

モバイルPASMOは、定期券をいつでもどこでも購入することができます。

特にバスの定期券は販売所が早くに閉まってしまうことが多いので、自分の好きなタイミングで購入できるようになったのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、モバイルSuicaはJR線を利用しなくては定期券が買えなかったため、東京メトロなどをメインに通勤している人も、スマホで定期券を利用できるようになりました。

年会費、発行手数料、再発行手数料が無料

便利なモバイルPASMOですが、年会費や発行手数料は無料で作成・利用することができます。もし紛失したとしても、再発行手数料も無料ですので安心です。

現金でもクレジットカードでも入金(チャージ)が可能

カードタイプのPASMOの場合、チャージする方法は大きく分けて『駅の券売機等で現金を使う』か『オートチャージ機能を使う』のどちらかでしたが、モバイルPASMOはクレジットカードを使っていつでもどこでもチャージをすることができます。

タクシーや電車での移動で利用金額が明らかに大きくなりそうな時や、大きな買い物にキャッシュレス決済であるモバイルPASMOを利用したい時など、残高不足になる前にチャージができるのは大きな利点と言えるでしょう。

利用明細や残高履歴をPDFでダウンロード可能

モバイルPASMOはスマホ上で残高履歴を表示できる他、会員メニューサイトでは利用明細書や残高履歴をPDFでダウンロードでき、プリンターで印刷することもできます。

モバイルPASMOのデメリット

iPhoneで使えない

現在、おサイフケータイ機能のついているAndroidでしか利用できないため、iPhone(iOS)ではモバイルPASMOを使うことができません。

モバイルSuicaと併用ができない機種がある

ほとんどの機種で併用ができず、既にモバイルSuicaをインストールしている人はデータの削除、退会をしなくてはモバイルPASMOを利用できない場合があるため、公式サイトにてご自身のスマホが対応しているかを確認する必要があります。



モバイルPASMOにおすすめのクレジットカード

モバイルPASMOはオートチャージに加えて、いつでもどこでもチャージをすることができますが、どのクレジットカードを利用するのが最もお得になるのでしょうか。

PASMOオートチャージが利用できるクレジットカードは以下の11種類のみとなります。

  • 小田急ポイントクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイントカード
  • 京成カード
  • 相鉄カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
  • TOKYU CARD
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 東武カード
  • 横浜交通hama-eco card
  • Shonan Card

この中でおすすめなのは、汎用性が高く、効率的にマイルが貯められる『ソラチカカード』です。(正式名称はANA To Me CARD PASMO JCB)


カードデザイン 特徴【陸マイラーにもおすすめ!】

ソラチカカード
年会費:2,200円(税込)(初年度無料
 特徴:3つのポイントが貯まる
①メトロポイントが1乗車につき平日5ポイント、休日15ポイント
入会時と継続時にANAマイルが1,000マイル獲得でき、ANA搭乗時に10%のボーナスマイルが付与
③クレジットカードの利用でOki Dokiポイントが1,000円=1ポイント

また、同じくTokyo Metro To Me CARDの1枚である『To Me CARD Prime』は、乗車ポイントが貯まりやすいため、東京メトロの利用が多い方におすすめです。


カードデザイン 特徴【乗車ポイントが貯まりやすい!】

To Me CARD Prime
年会費:2,200円(税込)(初年度無料
    年間50万以上のショッピング利用で次年度も無料
 特徴:実質年会費無料でポイントが貯まりやすい
メトロポイントが1乗車につき平日10ポイント、休日20ポイント
JCBを選んだ場合はOki Dokiポイントが貯まり、
NICOSを選んだ場合はわいわいプレゼントが貯まる
(どちらも1,000円で1ポイント)

東急線や東急グループをよく利用する方には、カードの提示で最大10%のポイント加算などのサービスがある『TOKYU CARD ClubQ JMB』がおすすめです。


カードデザイン 特徴【TOKYU POINTに絞って貯めたい方はコチラ】

TOKYU CARD ClubQ JMB
年会費:1,000円+税(初年度無料
 特徴:TOKYU POINTポイントが貯まりやすい
PASMO定期券購入で1.0%のポイント付与
東急グループ・提携企業はカードの提示だけでも最大10%のポイント付与
貯まったTOKYU POINTはPASMOに1ポイント=1円でチャージ可能!

便利なモバイルPASMOにはお得なクレジットカードで入金(チャージ)

モバイルPASMOは、モバイルSuicaでは定期券を発行できなかった方や、ソラチカカードを使ってマイルを貯めたい方から特に好評を博しています。

スマホ一台で移動から買い物まで済ませられる便利なサービスなので、適したクレジットカードを紐付けてお得に利用していきましょう!



To Me CARD Prime

年会費

2,200円(税込)※次年度条件付きで無料

還元率

0.5%

家族カード


JCB:440円(税込)
NICOS:1,100円(税込)

ETCカード

無料

初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 JCB:なし NICOS:最高2,000万円(利用付帯) -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 通常1週間程度 公式サイト参照

カードの詳細はこちら カードのお申込はこちら カードのお申込はこちら



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介