dカードのキャッシングの申し込み方法と使い方。利用する時の注意点や返済シミュレーション


ドコモのdカードのキャッシングリボを申し込む前にチェックしたい金利など利用条件

ドコモのdカードで利用できるキャッシングリボは、事前に決めたキャッシングリボ利用枠の範囲内での利用が基本となり、24時間いつでも1万円から現金の借り入れができます。給料日の前の飲み会や結婚式、急用で現金が必要になったときも最寄のコンビニATM・銀行ATMから現金の借り入れができ便利な使い方ができます。

キャッシングリボはdカードの入会申し込み時に希望した方が利用できるもので、借り入れ金額の返済は毎月一定額がカード利用料金の支払い口座から引き落としになるか、コンビニや提携金融機関のATMから返済できます。dカードのキャッシングリボを利用するときは、事前に金利手数料をチェックしておくようにしましょう。

dカードのキャッシングリボの金利手数料や利用枠はどれくらい?

dカードのキャッシングリボの金利手数料は実質年率18.0%で、毎月1万円以上1万円単位、返済は毎月元金定額返済と、ボーナス月元金増額返済併用が利用できます。利用枠は収入やクレジットカードの利用状況により個人差があり、5万円から最大90万円までの間で設定できます。dカードGOLDでは金利手数料は実質年率15.0%、利用枠最大100万円までと少し優遇された内容で利用できます。

金利手数料はお金を1年間借りっぱなしにしたとき、18.0%の金利がかかるという意味なので、借り入れた月の翌月から返済した場合は18.0%より少ない金利手数料を支払うことになります。

dカードのキャッシングリボに申し込むにはどうしたらいい? 申し込み方法とその後の使い方・返済方法について

キャッシングリボを利用するにはあらかじめ申し込みが必要で、dカードの申し込みの時点でキャッシング利用を希望する必要があります。審査を通過してdカードの利用枠の中にキャッシング枠が確保されていればキャッシングリボを使用できる状態です。

実際にキャッシングリボを使用するには、利用枠の設定が必要でdカード公式サイトから新規設定・増額の設定をすることができます。公式サイト内の指示に従って操作していきましょう。

dカードの申し込み時点でキャッシング枠を希望しなかった方は、改めてキャッシング枠の申し込みを行う必要があります。別途審査が必要になり、カードの使用状況に問題がなければ審査の通過とキャッシング枠の設定ができるようになります。

dカードのキャッシングリボで実際に現金を借り入れてみよう

キャッシングリボは、最寄のコンビニATMや銀行ATMで借り入れるほかに、dカードセンター(0120-300-360 午前10:00~午後8:00 年中無休)への電話による振り込み依頼も利用できます。急いで現金を用意したいときは、その場で現金を準備できる各ATMで借り入れがおすすめです。振り込みは申し込みから3営業日以内の振り込みなので、現金の準備に余裕があるときや借り入れ金額が大きいときの利用に向いています。

ATMでの操作はATMにカードを挿入後、「お借入」→「キャッシング(リボ/ローン)」→「金額指定後に現金をお受取り」の手順で利用できます。

dカードのキャッシングリボは繰上返済可能!臨時返済方法を紹介

dカードのキャッシングリボは、通常の毎月の返済のほかに希望する金額を追加して返済する臨時返済ができます。毎月の返済を一時的に増額する方法と、振り込みやATMから繰り上げ返済する方法があり、毎月の返済を一時的に増額する場合はWEBまたはdカードセンターへの申し込みを行います。

振り込みで臨時返済する場合は振り込み手数料が別途かかるものの、通常の金融機関から振り込む方法と、インターネットバンキングで振り込む方法を利用できます。インターネットバンキングの利用なら、インターネットにつながるスマホやパソコンから24時間いつでも返済できて便利です。金融機関の窓口に行かなくてもよく、誰にも会わずに返済できることもメリットでしょう。

ATMでの臨時返済は、コンビニや提携金融機関のATMからいつでも返済することができます。各ATMにカードを挿入後、「クレジットカードのお取引」→「お預け入れを選択」→「暗証番号を入力」→「お預け入れを選択」→「ご利用サービスを選択」→「ご返済金額をご入金ください」の手順で繰上返済できます。余裕がある月や、臨時収入が入ったときにもすぐ臨時返済できます。

ATMから返済するときは、返済額に応じたATM手数料が発生します。返済額が1万円以下の場合100円+消費税、1万円以上の場合200円+消費税がかかるので、臨時返済するときはなるべく回数を少なめに、ある程度まとまった金額を返済すると手数料を節約できます。

少しでも低い金利で借り入れるならACマスターカードのカードローンがおすすめ! 即日発行も可能

どうしても急いで現金が必要なとき、すぐに準備できるのはクレジットカードのキャッシング機能のほかにカードローンがあります。カードローンが利用できるのはアコムのACマスターカードが代表的で、ACマスターカードはクレジット機能とカードローンの両方が利用できる、少し特殊なクレジットカードです。

ACマスターカードのカードローンは、実質年率3.0%から18.0%、1万円から最大800万円まで借り入れることができます。18歳(高校生を除く)~72歳で安定収入と返済能力がある方なら誰でも申し込むことができ、自動契約機のむじんくんコーナーの利用なら、ACマスターカードを最短即日発行することもできます。

ショッピング利用分はすべてリボ払いになるリボ払い専用カードで、クレジット利用料金から0.25%のキャッシュバックを受けられます。QRコードを利用したスマホ決済サービスは、Origami pay、PayPay、楽天Pay、Amazon payの4種類を登録できるので、コンビニやスーパーでの買い物もスムーズなキャッシュレス決済が可能です。

ACマスターカードは審査に不安がある方でも、カードの申し込み前におおよそ審査通過の見込みを把握することができます。3秒診断は、ACマスターカードの申し込み前、カードローンの申し込み前に、簡単な質問に答えるだけで借り入れ可能かどうかを診断するツールで、審査の通過を保証するものではありませんが参考にできるものです。

過去に支払いが遅れた経験がある方や、クレジットカードの利用停止などの経験がある方でも、3秒診断で借り入れ可能な金額が表示されるなら審査通過に期待が持てるでしょう。

キャッシングとカードローンの違いって? 同じお金を借りる行為でも金利が違う

クレジットカードのキャッシングと、アコムで利用できるカードローンは同じお金を借り入れる行為でも具体的にはどんな違いがあるのでしょうか。

クレジットカードに付帯するキャッシング機能は、もともとは短期間で借りる小口融資のことを指す意味があります。多くても50万円くらいまでの融資が中心で、一括返済することが基本だったものです。現在では幅広いクレジットカードにキャッシング機能が付帯して、一括返済やリボ払いが選択できますが、金利手数料はやや高い傾向です。

また海外では、クレジットカードのキャッシング枠の範囲で現地通貨を引き出すことができます。海外で急に現金で現地通貨が必要になったときにも頼れることが魅力です。

カードローンは現金を借りることに特化したローン専用の意味があり、キャッシングよりも低い金利手数料で借り入れることができます。借り入れ限度額もキャッシングよりも大きく、ACマスターカードの最高限度額は800万円と高額な借り入れにも対応できることが特徴的です。

現金を借りることに特化した性質から、比較的長期的な借り入れにも対応可能で、借り入れ金額の使い道も自由度が高い傾向です。カードローンによっては、一定金額以上の借り入れで30日間金利手数料が無料になるキャンペーンも実施するなど、現金の借り入れやすさと金利の低さにはこだわりを持ったカードローンが多いです。近年ではキャッシングと同じように、海外での利用にも対応しているカードが増えています。

dカードのキャッシングとACマスターカードのカードローンの返済シミュレーションで比較!

dカードのキャッシングとACマスターカードのカードローンで、100万円借り入れた場合の返済金額をシミュレーションしてみました。dカードは実質年率18.0%、ACマスターカードは15.0%、毎月1回払いにした場合、3.0%の金利の差が46,598円になり、返済額総額では、ACマスターカードの方が安く返済できることがわかります。返済回数はdカードの返済シミュレーションで表示される51回と揃えています。

また、dカードのキャッシングは毎月元金定額返済方式、ACマスターカードは定率リボルビング方式と、返済方式が異なるため正式な比較をすることは難しいものの、同じ100万円を51回で返済する場合カードローンの方が返済総額が安く済む結果となっています。

また、高額な借り入れができることや、長期的な返済にも対応できるのはカードローンであり、高額な借り入れをするほど低い実質年利が適用されます。そのためクレジットカードを持っている方でも、現金の借り入れが必要なったときはカードローンの方が低い金利で利用できます。

dカードのキャッシングとACマスターカードのカードローンの返済シミュレーション比較

項目 dカードのキャッシング ACマスターカードのカードローン
借り入れ金額 100万円 100万円
実質年率 18.0% 15.0%
支払い回数
51回 51回
支払い総額
1,397,456 円 1,350,858円
返済方式
毎月元金定額返済方式 定率リボルビング方式
実質年率の変化
カードのグレードにより変化するため、借り入れ金額は関係無し 借り入れ金額により変化。3.0%~18.0%

dカードの基本情報

・入会条件・・・満18歳以上の方(高校生を除く)

・国際ブランド・・・VISA・MasterCard

・年会費・・・1,250円+消費税、初年度年会費無料、2年目以降は年1回以上のショッピング利用実績で年会費無料(携帯電話利用料金支払いやiD利用も含む)

・付帯保険・・・dカードケータイ補償:購入後1年間最大1万円、買い物あんしん保険:年間100万円まで、紛失・盗難補償、

・追加可能カード・・・iD、家族カード、ETCカード

・ポイント・・・dポイント 1.0%還元

ACマスターカードの基本情報

・入会条件・・・18歳(高校生を除く)~72歳の安定収入と返済能力のある方

・国際ブランド・・・MasterCard

・年会費・・・無料

・付帯保険・・・なし

・追加可能カード・・・なし

・ポイント・・・なし、カード利用料金の0.25%を自動キャッシュバック

キャッシングよりもカードローンの方が金利は低い! いざというときはカードローンがおすすめ

キャッシング機能は、入会申し込み時の選択によりクレジットカードに付けられる機能です。実際のキャッシング機能はショッピング枠の限度額よりも低めの設定がほとんどで、カードの利用限度額が100万円あるとしても1~3割程度のキャッシング枠の設定のカードも珍しくありません。いざ現金が必要になったとき、国内でも海外でも頼れるキャッシングですが、金利は決して低くありません。

現金が必要になったときは、現金の借り入れが目的のカードローンを利用する方が金利も低く済み、100万円借りる場合では金利が3.0%も低くなるケースもあります。金利手数料の安さと返済方法の自由度、利用限度額の大きさを考えると現金が必要なときはカードローンの方が使いやすいでしょう。

クレジットカードとカードローンでは、どうしてもカードローンは消費者金融系というグレーな印象という見方をしてしまいやすいです。しかし、計画的な使い方をしていればマイナスの影響はほぼ無く、現金が必要なときに頼れる心強い味方になるでしょう。さまざまな事情で現金が必要になったときは、金利の高いキャッシング機能を利用するよりも、低い金利で利用できるカードローンの利用をおすすめします。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介