一体化型カード SalutcaはVISAとJCBどちらが審査に有利? 審査に不安な方が選ぶクレジットカードとは


百十四銀行発行のSalutcaはキャッシュ・クレジット・ETCの機能が1つに

百十四銀行が発行しているSalutcaはキャッシュ・クレジット・ETCが一体となったカードです。年会費は1,350円でカード発行初年度は年会費が無料となり、翌年からもショッピングをカードで支払った金額が年間で12万円以上になるかNTTドコモ、au、SoftBank、Y!mobileの電話料金か電気料金をカード払いすると年会費が無料となります。他にも百十四銀行のATMが365日24時間において手数料が無料になるサービスがあります。

SalutcaはVISAとJCBからブランドを選ぶことができ、VISAならばDCハッピープレゼント、JCBならOki Dokiポイントとなっており、どちらも還元率が1,000円につき1ポイント貯まる0.1%となっています。

VISAとJCBという2つのブランドそれぞれのポイントプログラム

SalutcaはブランドがVISAとJCBの2つから選べるようになっており、前者はDCハッピープレゼントで後者ならOki Dokiポイントでどちらも還元率は0.1%となっています。

<VISAを選んだ場合>

VISAのDCハッピープレゼントはPOINT名人.comを経由することで還元率が最大で25倍になり、貯まったポイントはキャッシュバックやポイント移行、ギフト券との交換ができます。1ポイント→4円のキャッシュバックを利用でき、Pontaポイント、楽天スーパーポイント、Tポイント、dポイント、auWalletも1ポイント→4ポイントで移行できます。JMBマイルにも1ポイント→2.5マイル換算で移行に対応しています。350ポイント→1,000円分のamazonギフト券に交換できる特典もあります。

<JCBを選んだ場合>

JCBのOki DokiポイントはOki Dokiランドを経由してのネットショッピングをするとポイント還元率が最大25倍に上昇します。Oki Dokiポイントはキャッシュバックサービスがあり、500ポイント以上と交換なら1ポイント→3円、1,000ポイント以上ならば4.5円の還元ができます。

ポイントはギフト券や他のポイントプログラムにマイルと交換もできます。200ポイント→スターバックスカードに1,000円チャージできます。dポイント、Tポイント、auWallet、楽天スーパーポイントには1ポイント→4ポイント換算でポイント移行できます。ANAマイル、ANAスカイコイン、JALマイル、デルタマイルには1ポイント→3マイルで移行できます。amazonに1ポイント3.5円で利用できるので様々な使い方ができます。

Salutcaのクレジット機能について

百十四銀行が発行しているSalutcaはVISAとJCBのブランドどちらでもクレジット機能は1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払いとなっています。

利用限度額はどちらも最大80万円となっており、分割払いは24回払いまで対応しており、年率は12.30%から15.0%、リボ払いは15.0%です。カードの利用状況はVISAブランドならばWebサービス、JCBならばMy JCBで確認することができます。

キャッシングはVISAもJCBも一括払いとリボ払いの利用に対応しています。

電子マネー機能はIruCaなどがあり、JCBブランドはQUICPayが使える

SalutcaはVISAならばIruCaとETC、JCBならばQUICPayとIruCaとETCが付帯されています。どちらのブランドでもIruCaは一体化での契約ができ、ことでん・ことでんバスや高松中央商店街、IruCa加盟店での使用ができてカード払いでIruCaポイントが100円ごとに1ポイント加算されます。JCBブランドのみで使えるQUICPayは提携店にてカードを提示するだけで支払いが完了されます。

Salutcaのまとめ


Salutcaは2つのブランドから選べるが審査基準が厳しいのでACマスターカードはおすすめ

VISAとJCBという2つのブランドから選ぶことができ、カードの利用方針に応じたカード選びが出来るのが百十四銀行のSalutcaの長所です。VISAはポイント還元率増加キャンペーンが充実しており、JCBは電子マネーのQUICPayが利用できます。

どちらかのブランドを選ぶとカード発行における審査を通るが難しくなるということはありませんので、安心して好きな方を選ぶことができますが、銀行系のクレジットカードになりますので審査の際の判断基準は多く設定されています。

「銀行系カードに申込みたいけど発行されるか不安…」というときは、ACマスターカードを検討しみてましょう。

安心してカード発行申請をしたいならばACマスターカード

消費者金融会社アコムが発行しているACマスターカードは年会費が無料でクレジット利用限度額がカードローンと合わせて最大800万円と高く設定されています。そして、ACマスターカードはカード発行申請の際にはアルバイトなども含めた職場の連絡先の記入しか年収に関する記述欄がないので、審査の際の基準事項が少なく設定されています。

つまり収入や雇用形態に不安がある方に向いているクレジットカードでもあるのです。

ACマスターカードのまとめ


Salutcaは2つのブランドで別の機能があるが審査基準が多く、審査基準が少なくてクレジット利用限度額が高いのがACマスターカード

百十四銀行が発行しているSalutcaはブランドをVISAとJCBから選べるようになっています。VISAはポイントプログラムの還元率倍増のキャンペーンが多く、JCBは電子マネーがIruCa、ETCに加えてQUICPayも使えるようになっています。

Salutcaはどちらのブランドもカード発行申請での審査の難易度は変わりませんが、銀行系のカードなので審査項目が多いです。

その点、ACマスターカードの審査項目は職業面ならばアルバイト先なども含めた職場の電話番号を記入するだけでよく、クレジット機能も利用限度額が高く設定されています。

Salutcaはポイント還元率を重視するならばVISA、電子マネーを重視するならばJCBのブランドを選び、安心してカード発行を申請したくて利用限度額も高いのが欲しいならばACマスターカードが適しています。

ACマスターカードはネット申込み後、最短即日発行できるのも特長です。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト