バイクでETCを使う方法は?カード・車載器の取り付け方

バイクでETCを利用するには、ETCカードとバイク用の車載器が必要です。ETCカードがあれば、マイレージサービスによるポイント利用ができ、高速道路をお得に利用することができます。ここでは、バイクでETCを使うのに必要な準備や、車とは異なる通過方法についてお伝えします。

バイクでETCを使うのに必要な準備

バイクでETCを利用するには、ETCカードの他にバイク専用の車載器を用意する必要があります。 使用時の準備や手順について、以下で詳しくご紹介します。

1.ETCカードを作成しよう

ETCカードの作成方法は四輪車(自動車)と同様です。すでに四輪車のETCカードを持っていれば、それを使うこともできますが、事前に登録情報をバイク用に更新(セットアップ)する必要があります。

その都度セットアップすることで1枚のETCカードを使い回す人もいれば、車とバイクで異なるETCカードを作り、お得に使い分ける人もいます。 もしこれからバイク用に新たなETCカードを作成するのであれば、クレジットカードに付帯する形で即日発行できるものやガソリンカードに付帯するタイプのものがおすすめです。クレジット機能がついたカードをあまり持ち歩きたくないという人には、有料道路の支払い以外には利用できない「ETC専用カード」が良いでしょう。

2.ETCカードに個体情報を登録(セットアップ)

ETCカードを利用しているのがどの車両なのかを特定するために、バイクの個体情報を登録する必要があります。
セットアップ専門店に必要事項(ナンバー、車種、車検証の住所・氏名、連絡先など)を記入して提出し、セットアップを依頼するのが一般的な方法です。申込書の形式は店舗によって差があるため、記入漏れのないように注意しましょう。

3.二輪車専用の車載器を取り付けよう

ETCカード自体は四輪車と共有することが可能ですが、車載器については必ず二輪車専用のものを用意しなければなりません。四輪車用のETC車載器を二輪車に搭載すると、振動・水濡れ・ほこりなどへの耐性が低いことから作動不良が発生する危険性があるためです。
また、二輪車に四輪車用の車載器を搭載することは「車両情報とセットアップ情報が異なったままETCカードを使用している」とみなされ、ETCシステム利用規程違反となります。

ETC車載器の種類と費用目安

バイクのETCカード車載器には「アンテナ一体型(2ピースタイプ)」と「アンテナ分離型(3ピースタイプ)」の2通りがあります。


主なメーカーはMITSUBA、日本無線などで、3〜4万円代が相場です。アンテナ一体型よりアンテナ分離型の方が若干高額な傾向にあります。 ハンドル付近に取り付けるタイプのアンテナ一体型には「コンパクトでETCカードの抜き差しが簡単」というメリット、「ハンドル回りがすっきりしない」「バイクから離れる際の管理が面倒」というデメリットがあります。
一方、シート下に取り付けるタイプのアンテナ分離型のメリットは「ハンドル回りがすっきりする」「盗難の危険性が低い」という点、デメリットは「カードの抜き差しが面倒」という点です。
アンテナ一体型をシート下に取り付けることもできないわけではありませんが、バイクや乗る人の個体差、車載器やカードの向きなどによっては正しく読み取りが行われない場合もあるため、一概におすすめはできません。
以上のようなことから、自分で簡単に車体への取り付けができる四輪車とは違って、バイクの場合は車載器の取り付けも専門店に依頼するのがベターであると言えます。

カードを車載器にセットする際の注意点

車載器の取り付けが無事終わったら、カードをセットします。
カードをセットする際に注意しなければならないのは、次のような点です。

・ETCカードの向き・表裏を間違えないこと
・ETCカードをセットした後、きちんとカバーを閉めること
・ETCカードの有効期限が切れていないか確認してからセットすること

近年はETCカードが未挿入だったり正しくセットされていなかったりする状態で走行していると、音声や信号でその旨を知らせてくれる「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」というシステムが導入されている料金所も増えていますが、未設置の料金所などでは思わぬ事故につながる可能性もあります。
ETCカードのセットは注意を払いながら行うようにしましょう。

料金所の通過方法

カードを正しくセットした状態で料金所を通過すると、自動的に有料道路の利用料金の支払いが行われます。
料金所通過の際には、以下のようなポイントに注意が必要です。

・二輪車用誘導線の内側を通過すること
・20km/h以下に減速して通過すること
・車間距離をきちんと確保すること
・並走、群走は避けること
・追い抜きはしないこと
・バック走行はしないこと
・二輪車ETC推奨レーンやスマートインターチェンジ (※1)を活用すること
・もし開閉バーが開かなかったとしても停車せず、開閉バーを避けて通過すること (※2)

※1:ETCカード搭載車両のみが通過できるインターチェンジ。
※2:通過したのが入口だった場合、「一般」または「ETC/一般」レーンへ入り、入り口料金所名と通り抜けを行った旨を申告することが必要。同様に出口だった場合は、駐停車可能な場所へ駐車をし、利用した料金所を管理している高速道路会社のお客様センターまで走行状況を連絡することが必要。


ETCカードをスムーズかつ安全に利用するためにも、以上のことを守って料金所を通過しましょう。

バイクでのETC利用まとめ

バイクでETCカードを利用するには、取り付け時・セットアップ時・料金所通過時などにおいてそれぞれ四輪車とは異なる注意点が存在することがわかりました。
四輪車と同じETCカードを使いたい場合などには少々面倒な手続きなども発生しますが、行うべき過程を省いたりいい加減に済ませてしまったりすると利用規約違反が課せられてしまいます。
事前に必要な知識を身に付け、正しく便利に利用するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCカードを研究しよう


ETCカードの基礎知識TOP



クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ