三井住友VISAカードを永久に年会費無料で使う方法

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


三井住友VISAカードは2年目以降も年会費無料にする方法がある
三井住友VISAカードはWebからの入会で初年度無料となりますが、2年目以降は年会費が必要なカードです。

せっかく無料で使えたのに年会費がかかるようになると継続して利用するのを迷ってしまうかもしれませんよね?

しかし三井住友VISAカードはちょっとした設定を変えるだけで2年目以降も年会費無料にできるお得なクレジットカードです。



三井住友VISAカードの年会費を2年目以降も無料にする方法

三井住友VISAカードは銀行系のクレジットカードとしてステータス性も高く、サービスが充実しているため日本で非常に人気のあるクレジットカードです。

サービスが充実しているクレジットカードは年会費が必要になるケースが多く、三井住友VISAカードもその一つです。

しかし、三井住友VISAカードには年会費を無料または割引する方法が存在します。

2年目以降の年会費を割引する方法

三井住友VISAカードの年会費を下げる方法は2つあります。


三井住友VISAカード 三井住友VISAカードの年会費を下げる方法
方法①

マイ・ペイすリボに登録をする

方法②

カードご利用代金WEB明細書サービスに登録する


……たったこれだけが条件です!!

そして上記2つのサービスに登録している組み合わせで割引の金額が決まります。


マイ・ペイすリボに登録 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
無料
750円+税
無料

マイ・ペイすリボに登録をすることで年会費が無料になり、カード利用代金のWEB明細証明書サービスに登録するだけだと年会費が半額になります。

よくある「年間50万円以上の利用」といった高いハードルではなく、指定のサービスに登録をするだけなので誰でも年会費を無料にすることが可能です。


信頼と安定のVISAカード
三井住友VISAカード



マイ・ペイすリボって支払いをリボ払いにする機能?

年会費を無料にするにはマイ・ペイすリボの登録が必須ですが、このサービスは支払いを自動でリボ払いにするというサービスになります。


三井住友VISAカード公式サイトより

「え?リボ払いなんて怖いから登録したくない」と思う方も多いかもしれませんが、マイ・ペイすリボはリボ払いに登録をしつつも、月の支払い金額の設定を変更することで通常のカード決済と同様に実質一括払いにすることが可能です。

もしリボ払いを回避する方法があっても、そもそもリボ払いの登録はしたくない…と考えている方はWEB明細書のサービスに登録をするだけで年会費が割引されます。

WEB明細書のサービスへの登録だけでも年会費はかなりお得になりますので、リボ払いが気になる方はこちらの方法での運用も検討しましょう。



リボ払いってお得なの?
リボ払いは手数料がかかるので一般的にはマイナスのイメージがありますが、上手く利用することで普段の生活に負担を与えることなく支払いをすることが可能です。

急に高額の出費をしなくてはいけなくなった時でも月々に支払う金額は一定となるため、「この金額まではギリギリ毎月払える」という金額に設定をしておくことで発生する手数料も最小限に抑えつつ日常生活をするにあたって必要な金額を常に確保することができます。





入会キャンペーンを利用してもっとお得に三井住友VISAカードを使おう!

三井住友VISAカードは現在入会キャンペーンを実施中です。

特典内容は利用金額の20%を還元するというもので、最大8,000円分まで還元可能です。

また、Apple PayにiDを新規登録することで2,000分の利用がタダになるなど複数のキャンペーンが実施されています。

適用条件はVpassアプリへのログインだけなので誰でも簡単に8,000円分お得にすることが可能です。

ステータスもある三井住友VISAカードをお得に手に入れるこの機会をお見逃し無く!

三井住友VISAカードは2019年6月1日~2019年8月31日までセブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドなどでポイントが10倍貯まりますので(通常は5倍)、iDをコンビニや飲食店で上手く使うことで、ポイントも貯まりつつ上記のキャンペーンで更にお得にすることが可能です。






ただ、リボ払いはしたくない場合はマイ・ペイすリボの返済額を全額返済に設定すると、普通のカードと同様の1回払いとなるので安心を。

また自分で毎月の上限額を決めて設定することもできるので 不便さはありません。

ここで、「マイ・ペイすリボ」のリボ払い回避方法をみていきましょう。

支払金額の設定を変更して手数料回避

マイ・ペイすリボでの毎月の支払額をカードの限度額にすることで、手数料を回避することができます。

①「リボ払い&キャッシング」コーナーから「マイペイすリボ」の「お支払い金額変更」ボタンをタップ。

全額返済設定



②マイ・ペイすリボのお支払いコースを変更するために「増額を申し込む」ボタンをタップ。

全額返済設定



これから実質的に毎月一括払いにする

①「リボ払い&キャッシング」コーナーから「マイペイすリボ」の「お支払いコース変更」ボタンをタップ。



全額返済設定



②次の画面で赤い矢印の箇所(現金定額コースの欄)を自分のカード限度額の金額に変更して、「確認する」をタップする。



全額返済設定



これで、マイ・ペイすリボの返済額を全額返済に設定の完了です。




他の三井住友VISAカードも割引可能

最初にご紹介したカードは三井住友VISAカードの中でも最もスタンダードな「三井住友VISAクラシックカード」というものですが、サービス登録による割引は他のカードも対象になっています。

三井住友VISAゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード
マイ・ペイすリボに登録 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
5,000円+税
9,000円+税
4,000円+税
基本年会費:10,000円+税


三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAアミティエカード
マイ・ペイすリボに登録 カードご利用代金
WEB明細書サービスに登録
割引後年会費
無料
750円+税
無料
基本年会費:1,250円+税


三井住友VISAゴールドカードは元々の年会費が10,000円+税なので無料にになることはありませんが、最大で6割ほどの割引/がされます。

ゴールドカードを数千円で所有することができるのは非常にお得なので、ゴールドカードの申込みを検討しているけど年会費が気になっていた方は三井住友VISAゴールドカードも選択肢の一つに入れるのもいいでしょう。

三井住友VISAアミティエカードは年会費が三井住友VISAクラシックカードと同等なので割引金額も同じ設定となっています。

このカードは女性向けのデザインとなっており、携帯電話の支払いに利用するとポイントが2倍になるというメリットもあります。



ゴールドカードとしての存在感
三井住友VISAゴールドカード


女性向けのカードデザイン
三井住友VISAアミティエカード



まずは
このカード!


年会費

1,250円+税

還元率

0.5%

発行期間

最短3営業日

ETCカード

500円+税(実質無料も可能)

  • 年会費無料
  • ETCカード
  • ポイント
  • 即日発行
  • 海外保険付き
  • マイル
  • 公共料金
  • キャッシュバック

ご利用金額の20%プレゼント(最大8,000円)
三井住友VISAカードは今なら入会特典でご利用金額の20%プレゼント(最大8,000円)
銀行系クレジットカードとしてステータス性も高いため、将来ゴールドカードやプラチナカードが欲しいという方にもおすすめです。
Apple PayにiDを登録して2,000円分がタダに!
Apple Payに三井住友VISAカードを新規登録すると2,000円分のご利用がタダになります。 ETC利用率
安心と信頼のカード
サービス登録と利用で年会費が無料になる嬉しい1枚。落ち着いたデザインが人気のカード。
ステータス性が高い
三井住友VISAカードは入会の敷居は厳しくないものの、銀行系クレジットカードということもありステータス性も高く、将来にゴールドカードを持ちたいと考えているかたにもピッタリのクレジットカードです
ETCカードは実質無料
ETCカードは年会費500円+税ですが、初年度は年会費が無料でETCの利用が1回でもあれば次年度も年会費が無料になります。
初年度年会費 海外保険 国内保険
無料 最高2000万円 -
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 電子マネー 最短3営業日 10-80万円
  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj




クレジットカードの選び方