リクルートカードの普段使いで旅行や食事をグレードアップする技


リクルートカード
JCB

旅・食・美で使えるポイント高還元カードが誕生!

じゃらん、ホットペッパーなどで知られるリクルートから発行されたクレジットカード。媒体だけではなくネットからでもポイントの付与と利用が可能となっており、 ポイント還元率は1.2%と業界最高水準!

利用先すべてのポイントを共通ポイントして貯めたい、使いたいならこのカードが断然おすすめです!




リクルートカードの特徴

年会費

・永年無料


付帯保険サービス

・海外旅行保険/最高2000万円(利用付帯)

・国内旅行保険/最高1000万円(利用付帯)

・ショッピング保険 海外/最高200万円
            国内/最高200万円

ポイントプログラム

毎月のクレジットカード利用金額合計の1.2%(少数点第1位以下は切り捨て)

・美容室代1万円×年6回=6万円で獲得ポイント720P
・携帯電話代1万円×12か月=12万円で獲得ポイント1440P
・電気、ガス、水道料金2万円×12か月=24万円で獲得ポイント2880P


1.2パーセントというポイント率は、年会費が永年無料のクレジットカードの中ではかなりの高還元率となります。日常の買い物はもちろんのこと、携帯電話や公共料金の支払いにも利用することによって、たくさんのポイントが貯まります。



ポイント有効期限

・最終利用から1年後

ポイント利用方法

ポイントは「じゃらん」「ホットペッパー」「ポンパレモール」などのさまざまなサービスで、1ポイントにつき1円で利用することができます。


また、リクルートカードのポイントはPontaポイントへの交換も可能です。

リクルートポイント1ポイントにつき、Pontaポイント1ポイントに交換できます。

ポイント利用店

Pontaポイントはローソンやケンタッキーフライドチキン、レンタルCDショップのゲオなど、さまざまな店舗で利用することができるので、お得にお買い物を楽しむことができます。

ポイント利用店

リクルートポイントは、ホットペッパーの食事券に交換することも可能です。
しかもこの食事券は割引価格で利用できるようになっているため、安くお食事を楽しむことができます! さらに効率的にポイントを貯めたい場合には、ポンパレモールの利用もおすすめです。


ポンパレモールなら3パーセントのpontaポイントがつく上に、通常のポイントもつくので 合計4.2パーセントのポイントが貯まります。


つまり通常のクレジットカード利用の3倍以上のポイント率で、ポイントを貯めることが可能となっているのです。 ポンパレモールは店舗数が多く、扱う商品やサービスも広い範囲におよぶため、積極的に買い物に利用することでより多くのポイントを貯められます。


さらにポンパレモールでは展開しているさまざまな店舗で利用できるクーポンを日替わりで発行していたり、チケット共同購入サイトであるポンパレを利用することによってさまざまなサービスを 大幅な割引価格最大で80パーセントオフ)で購入することができるなど、お得に買い物ができるようになっています。

電子マネーにも対応

リクルートカードは電子マネーにも対応しています。
ただし対応しているサービスはクレジットカードのブランドによって異なるので、電子マネーとしての利用を考えている人には注意が必要です。

・VISAに対応している電子マネー…nanao,楽天Edy,モバイルSuica,SMART ICOCA

・JCBに対応している電子マネー…nanao,モバイルSuica

・国際ブランドJCBなら、モバイルSuica、nanaco、VISAはモバイルSuica、楽天Edy、ICOCAがポイント対象

こんなところが高評価

じゃらん、じゃらんnet、ホットペッパーなどリクルートグループをよく利用するには、ポイントが貯まりやすく、使いやすい1枚。
普段使いであってもポイントは貯まり、それを利用先のクーポン併用で使えるのは大きなメリット。


年会費が永年無料のカードでありながら、海外旅行では 最高2,000万円、国内旅行では最高1,000万円の旅行傷害保険が利用付帯で利用できます。さらにリクルートカードで90日以内に購入した商品であれば、破損や盗難にあった商品を保障してくれるショッピング保険を利用することもできます。


旅行に行く機会が多い人やカードで買い物をする機会が多い人でも、リクルートカードの利用がおすすめです。

貯めたポイントを食事券に交換できる !

リクルートポイントは商品券に換えることはできませんが、 「食事券」に換えることはできます !


しかもこのお食事券、利用したいお店ごとに選んで交換するわけですが、
定価よりもかなりお安い金額(ポイント)で購入することができます。


例えば、渋谷区に店舗を構える「渋谷菜園べじまる。」の600円の食事券を100円(割引率83%/100P購入)で購入できたり、洋食レストランの3000円食事券を1000円・1500円で購入できたりとお得度MAX !


食事券に換えなくても、10人以上のネット予約・来店で1500ポイントがもらえるお店もあるので要チェック !





リクルートカードのデメリット

・ポイント移行ができない

リクルートカードの知っ得ポイント!!
リクルートカードはカード自体の1.2%ポイント還元のほかに、
ポンパレモール、じゃらんnetなどのウェブサイト利用で、還元率が跳ね上がります !

<例>
・カード決済で1.2% + ポンパレモール利用で3.0% = 4.2%のポイント還元
・カード決済で1.2% + じゃらんnet利用で2.0% + オンライン事前決済1.0% = 4.2%のポイント還元


そしてなかには期間限定でポイント還元3%以上になっている店舗もあり !

キャンペーンも多く打ち出しているカードでもありますので、 入会・利用の際はキャンペーンを利用しておきましょう。




リクルートカードの特長



クレジットカード利用でポイントが貯まる!
リクルートカードを利用するたびにポイントが貯まります。

提携サービスはもちろん、実店舗のお買い物や公共料金の支払いにも利用することで、お得にポイントを貯めることができるクレジットカードです。

インターネットのショッピングや予約もお得!
PC・スマートフォン・ケータイから、対象サービスのネット予約・購入を行うとポイントが貯まります。
※ポイント条件はご利用サービス毎に異なります。

じゃらんやホットペッパー、ポンパレなどの利用でさらにポイントが上乗せされるリクルートカードでは、インターネットを通した予約やショッピングの利用でも効率よくポイントを貯めることができます。

電気・ガス・水道・電話などの毎月のお支払いや、日常の様々なショッピングのお支払いにもリクルートカードをご活用ください。
なお、以下のサービスをご利用いただくと最大5%※定常でポイントが貯まります。※リクルートプラスカードを利用(2%)+ポンパレモールでお買い物(3%)をされた場合

年会費が永年無料のカードでありながら、海外旅行では最高2,000万円、国内旅行では最高1,000万円の旅行傷害保険が利用付帯で利用できます。

さらにリクルートカードで90日以内に購入した商品であれば、破損や盗難にあった商品を保障してくれるショッピング保険を利用することもできます。

旅行に行く機会が多い人やカードで買い物をする機会が多い人でも、リクルートカードの利用がおすすめです。



リクルートカード


国際ブランド
電子マネー (VISA)(JCB)
入会資格 満18歳以上(高校生は除く)
利用可能枠 個別設定
発行期間 約2週間
支払方法 1回払い/2回払い/リボ払い
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
※VISAブランドのみ発行手数料1000円
家族カード 初年度 無料
2年目以降 無料
金利/手数料 分割払い -
リボルビング払い 公式サイト参照
キャッシング 公式サイト参照
ポイント
サービス
サービス名称 リクルートポイント
有効期限 1年
ポイント付与 100円=1.2ポイント
ポイントレート 1ポイント→1円相当
還元率の目安 1.2%
空港ラウンジ 対応状況 -
プライオリティ・パス -

海外旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障

2,000万円

傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 2,000万円
携行品損害
[自己負担額]
20万円
(1旅行中)
[ 3,000円 ]
救援者費用 100万円限度
家族特約 なし
家族特約の対象 -
国内旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障
1,000万円
入院費用(日額) 0円
通院費用(日額) 0円
手術費用 0円
家族特約 なし
家族特約の対象 -
ショッピング保険 年間保証額
[自己負担額]
最高200万円
[3,000円]
補償期間 90日間
補償対象 カードで購入した商品

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


決めたクレジットカードの申込みボタンから自分の基本情報を記入後、オプション・サービス登録などのなかからETCカードにチェックをつけて申込み。インターネット入会だと、入会特典がつくほか郵送よりも審査・カード到着が早くなるのでお勧めです。お急ぎであればセゾンインターナショナルのようなカウンター受取可能・即日発行対応のクレジットカードを選んでおきましょう。

申込んだクレジットカード会社にて審査。審査完了後、クレジットカードとETCカードが発行されます。

ETCカードが届いたら車についている車両情報がインプットされた車載器にETCカードを差し込みます。 ※引越で登録住所が変わった、車両のナンバープレートが変ったときなどは再度セットアップが必要となりますので、事前に確認しておきましょう。

ETCはクレジットカードのポイントにほかにETCマイレージというサービスがありますので、お得に使いこなすためにもETCマイレージサービスには登録しておきましょう。カードポイントとETCマイレージの両方をお得に貯めるなら、ライフカードやJCBEITなどのポイントが貯まりやすいカードを選んでおきましょう。

高速道路・有料道路に乗る前にETCカードを車載器へ挿入しておきます。これで乗り降りのときの停車がなくなります。

ETCカードを発行したクレジットカードから請求があります。

答え>ETCカードは、原則的にクレジットカード(親カード)に付帯して発行されるもので、ETC利用以外の使用はできません。

答え>申込んだクレジットカードの利用上限金額により異なります。
これで解決 やじるしクレジットカードの利用上限額を確認してみよう。

答え>申込んだクレジットカード会社により異なります。
これで解決 やじるし三井住友VISAカードは三井、三菱UFJ、みずほのいずれかの銀行口座をお持ちであれば、最短翌営業日発行と即日対応してもらえます。

ETCの決済システムは後払い方式になっておりますので、プリペイド方式のETCカードはございません。





クレジットカードの選び方