クレジットカードの名義変更をしたい時はどうしたらいい? しないとどうなる? 変更手順をわかりやすく紹介


結婚などで名義変更、面倒だけど、

結婚や婚姻生活の終了など、新しい生活を機に名字が変わるという方に必要なのが、「名義変更」に伴う諸々の手続きです。

役所の手続きや会社へ提出する書類など、するべきことが慌ただしくやってきますが、その中でも忘れてはならないのが、クレジットカードの名義変更です。

名義変更の申請をしてから新しいカードが届くまで数週間の時間がかかる場合があることや、新婚旅行など海外で使う場合、いつも使っているカードの名義変更が間に合わないということもあります。

そのようなときにどうしたらいいのか、カードの名義変更をせずに使っていると、どんなことが起きてしまうのかというのを確認しておくことで、無用なトラブルを避ける心づもりをしておきましょう。

しないとどんなトラブルが起こるのか

クレジットカードの会員規約には、「申請時の氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス、職業、勤務先などの届出事項に変更が生じた場合、すみやかに所定の方法で変更事項を届け出てください」というものがあります。

クレジットカードは信用情報による後払いであるため、個人情報の変更によって、名義変更された人が実在するのか・支払い能力の有無が継続されるのかということを確認する必要があるからです。

名前が変わってからすぐにカードを使用することができなくなるということはありませんが、一定の猶予期間であるため、変更届はすぐに提出・連絡する必要があります。変更をせずに旧姓のカードを使い続けると、どのようなことが起こるのでしょうか。

名義変更をせずに使い続けると……

規約違反のためカードの停止の措置をとられる可能性、カードの引き落とし口座とカードの名義が違うため、問い合わせや確認が来ることがあります。

パスポートとの名義が違うことで、海外旅行先のパスポートの提示が必要な地域やお店で、お買い物ができない可能性もあります。旧姓のパスポートで行く場合は旧姓のクレジットカードを使う必要があり、新姓のパスポートで向かう場合は、クレジットカードも新姓のものである必要がありますが、海外で旧姓を使用していると、身分証明にならない・ホテルなどで不正利用防止のために泊まれないということがあるので、注意しましょう。

また、新婚旅行の申し込み時(搭乗券など)の名義と、パスポートの名前が一致していないと、飛行機に搭乗することができません。旅行の申し込みを早めに行う方や、入籍・式後にすぐに新婚旅行へ出発するという方は気をつけましょう。

日本でも海外でも、レシートへのサインとカードの裏面の署名の一致を確認します。本人確認書類とカード情報が一致していることで、不正利用をされていたなど万が一のトラブルのときにも、きちんと補償を受けることができます。

居住場所を移る方は、名義変更とともに転居連絡をしないと、カードに関するお知らせの手紙や更新カードが届かない場合があります。

もし古い住所にカードが届いてしまった場合、知らない間になりすましでカードを不正利用されてしまったり、何かミスがあってカードが紛失してしまうなどのトラブルが発生することがあります。

カードの使用期限が迫っている場合は、特に早めに変更手続きをしておきましょう。

変更方法・カードの見直しと断捨離

名義変更を行うときは、同じく変更となる情報をまとめておくと、何度も変更届けを出すことになるなどの二度手間を省くことができます。

変更手続きも、インターネットで完結できる会社・電話にて変更に必要な書類を郵送してもらう必要がある会社など異なるので、余裕があるときに早めに調べておき、変更後すみやかに手続きができるようにしておきましょう。

氏名・住所・電話番号だけではなく、銀行口座や職業に関することなども必要となります。特に結婚を機に仕事を辞める・転職するときは、支払い能力に関する信用情報が変わるため、変更の届け出をしなくてはいけません。限度額の変更やキャッシング枠の減少などが起こることがありますが、その後のトラブルなどが起こる前に変えておいたほうがいいでしょう。

スムーズに手続きを行うために

  1. 区役所・市役所で入籍届けの提出
  2. そのまま、住民票や本籍などの変更後・住民票の発行
  3. (必要な場合)そのまま、マイナンバーカードや住民基本台帳カードなどの変更
  4. (必要な場合)そのまま、国民年金・国民健康保険の名義変更や扶養手続きなど

住民票を持参して、管轄の警察署で名義などの変更:その後の手続きの身分証明になりますので、住民票の変更・発行後、すぐに行いましょう

その後は、

  1. 社会保険の場合は、会社へ健康保険証・厚生年金の名義変更の連絡。扶養に入る場合は、世帯主の会社へ連絡をする
  2. (すぐに必要な場合)パスポートの名義変更や新規発行などの手続き
  3. 銀行口座の名義・住所・連絡先などの変更
  4. クレジットカードの名義・住所・連絡先などの変更
  5. 携帯電話や口座引き落としなどに登録している口座情報やクレジットカード情報の変更を届け出る

ということを一気に行ってしまいましょう。

細かく煩雑な作業が必要ですが、変更の必要な全てのカードや口座などを、先にまとめてリストアップしておくといいでしょう。一気に行ってしまうことで、後々の「これは変更したっけ?」という届け出忘れや、それに伴うトラブルなどを避けることができます。

不要なカードがある場合

リストアップをしている最中に、使っていないカードや、あまり使用頻度が高くないしサービスを利用しているわけではないカードが見つかったとき、思い切ってカードを断捨離してしまうことも検討してみるといいでしょう。

気付かない間に払っていた年会費を削減することもでき、旅行などですぐに新姓のクレジットカードが必要な場合、名義変更をするよりも数日で発行されるクレジットカードに申し込むなどのきっかけにもなります。

新生活をきっかけに、クレジットカードの使い方や自分にとって必要なサービスが備わっているかを確認することを検討してみましょう。

名義変更ではなく引き落とし口座を変えるときの注意も必要

名義変更以外にも、クレジットカードの登録情報の変更が必要な場合があります。

結婚や出産などをきっかけに仕事を辞めたので、引き落とし口座を配偶者の口座にしたいときなど、カード会員と名義の違う口座に変更したいというときには、使っているカードはそのようにできるカードなのかということをまず確認しましょう。

カード会社によっては他人名義の口座を登録できるカードもありますが、樂天カードなど基本的には本人名義の口座である必要があるというカード会社が多いため、使っているカード会社のサイトで確認をするか、問い合わせをしてみましょう。

もし自分名義以外の口座は登録できないカード会社であれば、支払い日までに都度お金を入れておくことで、カードはそれまでと同じように利用することができます。

それが面倒というときには、配偶者の使っているカードの家族カードを作り、それを利用することで、配偶者名義の口座から引き落とすことができ、またカードによっては家族カードで貯まるポイントを合算できるためにポイントを貯めやすくなるというメリットも発生します。

様々な人生の転換期に起こる面倒な作業という認識されることの多い名義変更ですが、お金やクレジットカードの使い方の見直しや、カードをより便利にお得に使える方法の模索をするきっかけにして、幸せな生活の一歩へと変えてしまいましょう。



クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club