ダイレックスクレジットポイントカード


ダイレックスクレジットポイントカード
JCB

ダイレックスクレジットポイントカードはダイレックス店舗で貯まるダイレックスポイント、ダイレックス店舗以外で貯まるダイレックスクレジットポイント、さらに貯まるラブリィポイントの3種類ポイントがあるので、ポイントが貯まりやすいカードを言えるでしょう。
国際ブランドも3つから選べるので、2枚目のクレジットカードとしても最適です。

ダイレックスクレジットポイントカードの基本スペック

まずは、ダイレックスクレジットポイントカードの基本スペックを確認しましょう。


年会費 無料
申し込み資格 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方
*未成年者が申込者の場合は、親権者の方の同意が必要
国際ブランド VISA、Mastercard、JCB
追加カード ETCカード
ポイント名 ダイレックスポイント、ダイレックスクレジットポイント、ラブリィポイント
ポイント還元率 0.5~2.0%
ポイント付与 100円=2point、200円=1point、200円=1point
ポイントレート 1point=1円
付帯保険 カード盗難保険、ネットあんしんサービス
スマホ決済 ApplePay、GooglePay

ダイレックスクレジットポイントカードは、年会費が無料のステータスランク「一般」に属するクレジットカードです。

そのため申し込み対象となる年齢は、クレジットカードとしては最も低い18歳以上となっています。

国際ブランドは3種類から選べるとあって、初めてクレジットカードを作ろうと考える方はもちろん、すでに別のクレジットカードをもっている方も選びやすい仕様です。

ダイレックスクレジットポイントカードの特典

続いては、ダイレックスクレジットポイントカードの特典について解説します。

特典1.ポイントの還元率が2.0%

1つ目の特典はポイントの還元率が2.0%という点です。

ダイレックスクレジットポイントカードには、以下の3つのポイントがあります。


  • ダイレックスポイント:ダイレックス店舗で貯まる
  • ダイレックスクレジットポイント:ダイレックス店舗以外で貯まる
  • ラブリィポイント:毎月のカード利用合計額で貯まる

この3つのポイントのうちダイレックス店舗で貯まる「ダイレックスポイント」は、100円の買い物で2ポイントが付与されます。

つまり、ポイントの還元率は2.0%というわけです。

例えば、ダイレックスの店舗で月に2,500円の買い物をすれば500ポイント貯まります。2.0%ずつポイントが貯まるなら、メインカードとして使うのも良いでしょう。

特典2. JACCSモールでの買い物でポイント還元がさらにアップする

2つ目の特典はJACCSモールでの買い物でポイント還元がさらにアップするという点です。

ダイレックスクレジットポイントカードの発行元であるジャックスは、「JACCSモール」というショッピングモールを展開しています。

そして、この「JACCSモール」でダイレックスクレジットポイントカードを使うと、ポイント還元率が最大12%にアップするのです。

利用できるサイトと各サイトのポイント還元率を表にしてみたので、ぜひ参考にしてみてください。


総合通販サイト Amazon 0.5%
楽天市場 0.5%
JALショッピング 2%
ヤフオク! 0.5%
dショッピング 1%
日本直販オンライン 4%
Yahoo!ショッピング 0.5%
ネットスーパー イトーヨーカドーネットスーパー 1%
楽天西友ネットスーパー 1%
雪印メグミルクダイレクト 5%
おうちでイオン イオンショップ 2%
ドラッグストア マツモトキヨシ 2%
爽快ドラッグ 2.5%
家電通販 ビックカメラ.com 1%
ヤマダ電機 WEB.COM 0.5%
ニコンダイレクト 4%
Apple公式サイト 0.5%
PC・周辺機器 NECダイレクト 6%
シマンテックストア 12%
VAIO STORE 3%
旅行予約サイト じゃらんnet 2.5%
楽天トラベル 0.5%
エアトリ 2%
Booking.com 3.5%
Yahoo!トラベル 1%

ダイレックスクレジットポイントカードの付帯保険

ここでは、ダイレックスクレジットポイントカードの付帯保険について確認していきましょう。


保険種類 保険内容 補償内容
海外旅行傷害保険 付帯条件
死亡・後遺障害保険
傷害治療費用
疾病治療費用
賠償責任
携行品損害
救援者費用
家族特約
家族特約の対象
国内旅行傷害保険 付帯条件
死亡・後遺障害保障
入院費用(日額)
通院費用(日額)
手術費用
家族特約
家族特約の対象
ショッピング保険 年間保証額(自己負担額)
補償期間
補償対象

上記の表の通り、ダイレックスクレジットポイントカードに付帯保険はありません。

一般的に、ハイステータスなクレジットカードには保険が付帯されています。しかし、一般ランクのカードだと保険の付帯がないのが通常です。

ダイレックスクレジットポイントカードもステータスランクは「一般」なので、旅行に関する保険が付帯されていないのは当然といえば当然でしょう。

ただし、「カード盗難保険」は付帯されています。万が一カードを落としたり盗難に遭ったりしても不正利用される心配がありません。

加えて、「ネットあんしんサービス」という保険も付帯されているので、ネットショッピングで身に覚えがない請求が来ても安心です。
届出日から90日間までさかのぼり、不正利用による損害を補償してくれます。

旅行の際のトラブルを補償する保険こそないものの、盗難や不正利用に関する保険は用意されているので、日常使いのカードとしては安心でしょう。

ダイレックスクレジットポイントカードのメリット

続いては、ダイレックスクレジットポイントカードのメリットをご紹介します。

メリット1.ダイレックスの店舗以外でもポイントが貯まる

1つ目のメリットはダイレックスの店舗以外でもポイントが貯まるという点です。

ダイレックスの店舗の店舗では、2.0%のポイントが貯まると解説しました。そして、ダイレックスの店舗以外でも0.5%のポイントが貯まるのです。500ポイント貯まると500円分のダイレックスの買い物券に交換できます。

店舗に限定されず、どこで使ってもポイントが貯まるのは嬉しいポイントでしょう。

メリット2.年会費もETCカードも無料で使える

2つ目のメリットは年会費もETCも無料で使えるという点です。

ダイレックスクレジットポイントカードは、年会費が無料なうえにETCカードも無料で発行できます。

特にETCカードは「絶対に使うとは限らない」という方もいれば、「使うのは年に数回」という方もいるでしょう。そこで年会費がかかるのは、発行するのに抵抗を感じるはずです。

しかし、ダイレックスクレジットポイントカードなら使用頻度などを気にする必要がありません。「使うか分からないけど一応作っておく」といった気軽な気持ちで発行できます。

メリット3.入会特典が手厚い

3つ目のメリットは入会特典が手厚いという点です。

ダイレックスクレジットポイントカードを新規発行すると、ダイレックスの店舗で使える買い物券が1,000円分もらえます。

カードの利用で1,000分のポイントを貯めようとすると、ダイレックスの店舗で5万円の買い物が必要なので、非常に魅力的な入会特典と言えるでしょう。

メリット4.国際ブランドが3つから選べる

4つ目のメリットは国際ブランドが3つから選べるという点です。

大抵のクレジットカードは国際ブランドが決まっています。そのため、魅力的なクレジットカードがあっても国際ブランドがすでに持っているものと同じだと、作るべきかためらうでしょう。

しかし、ダイレックスクレジットポイントカードはVISA・Mastercard・JCBの3つから選べるのです。

すでにVISAカードを持っているから、次はMastercardが欲しいと考えている方でも、ダイレックスクレジットポイントカードなら選択肢に入れられます。

ダイレックスクレジットポイントカードのデメリット

ここでは、ダイレックスクレジットポイントカードのデメリットを見ていきましょう。

デメリット1.家族カードがない

1つ目のデメリットは家族カードがないという点です。

多くのクレジットカードには家族カードというものがあります。本会員が持つ「親カード」と紐づけされて発行される「子カード」で、審査などもなく作れるのです。

ポイントなども親カードと同じように貯まるので、家族で使えば効率良くポイントが貯められるメリットがあります。

しかし、ダイレックスクレジットポイントカードには家族カードがありません。家族の方がダイレックスクレジットポイントカードを持ちたいと思った場合は、本会員として審査を受けて発行する必要があります。

とはいっても、審査や入会基準は厳しくないので、どうしても持ちたい方は申し込みをしてみてください。

デメリット2.付帯保険がない

2つ目のデメリットは付帯保険がないという点です。

ダイレックスクレジットポイントカードは一般ランクのクレジットカードなので、海外旅行などで役立つ保険の付帯がありません。

保険が付帯されているクレジットカードはゴールドやプラチナなどが一般的なので、ランクが「一般」のダイレックスクレジットポイントカードに付帯されていないのは当然といえば当然でしょう。

しかし、クレジットカードといえば保険と考えていた方にとっては、物足りなと感じるかもしれません。

ダイレックスクレジットポイントカードは、あくまでもクレジット決済がメインだと理解したうえで申し込みしてください。

向いている人の特徴

最後はダイレックスクレジットポイントカードに向いている人の特徴を解説します。

楽天市場やYahoo!ショッピングで頻繁に買い物する人

ダイレックスクレジットポイントカードに向いている人の特徴1つ目は、楽天市場やYahoo!ショッピングで頻繁に買い物です。会員専用サイトの「JACCSモール」を経由して楽天市場やYahoo!ショッピングなどを使うと高還元率のポイントがもらえます。

そして、楽天市場なら「楽天スーパーポイント」が、Yahoo!ショッピングなら「Tポイント」が貯まります。つまり、ポイントを二重取りできるというわけです。

楽天市場やYahoo!ショッピングで頻繁に買い物をするなら、高いポイントが付与されるダイレックスクレジットポイントカードを使ってみてください。

初めてクレジットカードを作る人

ダイレックスクレジットポイントカードに向いている人の特徴2つ目は、初めてクレジットカードを作る人です。

どのクレジットカードでも作る前に審査があります。そして、審査では今までのクレジットカードの利用実績なども含めて評価されます。

つまり、審査基準が厳しいクレジットカードだと、実績がない人は作れない可能性が高いのです。

その点、ダイレックスクレジットポイントカードなら審査基準が緩いため、初めてクレジットカードを作る方でも問題なく発行ができるはずです。

ゴールドやプラチナなどのハイステータスのクレジットカードを持ちたいと考えている方も、まずはダイレックスクレジットポイントカードで実績を作っておくと審査が通りやすくなります。

以上の方たちは、ダイレックスクレジットポイントカードに向いているので、ぜひ利用を検討してみてください。

基本スペック


国際ブランド JCB
電子マネー -
入会資格 年齢18歳以上(除く高校生)で電話連絡可能な方
利用可能枠 -
発行期間 -
支払方法 1回/ボーナス1回/ボーナス2回/分割/リボ払い
年会費 初年度 無料
2年目以降 無料
ETCカード 無料
家族カード 初年度 -
2年目以降 -
金利/手数料 分割払い 12.25%~15%
リボルビング払い 15%
キャッシング 18%
ポイント
サービス
サービス名称 ダイレックスポイント/ダイレックスクレジットポイント/ラブリィポイント
有効期限 -
ポイント付与 100円=2point/200円=1point/200円=1point
ポイントレート 1point=1円
還元率の目安 -
空港ラウンジ 対応状況 -
プライオリティ・パス -

海外・国内傷害保険、ショッピング保険


海外旅行
傷害保険
付帯条件 -
死亡・
後遺障害保障
-
傷害治療費用 -
疾病治療費用 -
賠償責任 -
携行品損害
[自己負担額]
-
救援者費用 -
家族特約 -
家族特約の対象 -
国内旅行
傷害保険
付帯条件 -
死亡・
後遺障害保障
-
入院費用(日額) -
通院費用(日額) -
手術費用 -
家族特約 -
家族特約の対象 -
ショッピング保険 年間保証額
[自己負担額]
-
補償期間 -
補償対象 -

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj




クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト