アメックスとMarriott Bonvoyが2種類の新カードを発表。特典やSPGアメックスからの切替について徹底解説

トップ画像の説明

2022年2月8日(火)に、「アメリカン・エキスプレス&マリオット新提携カード 記者発表会」が行われました。

発表されたのは「Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」と「Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カード」。

こちらの2枚の新カードの発表をクレジットカード研究Labが取材しましたのでご紹介するとともに、SPGアメックスから切り替えたい方へ知っておいて欲しい情報もまとめて解説します。

この記事でわかること

・アメックス&マリオットの新カードの詳細
・SPGアメックスは終了するのか
・デザインや年会費の切り替えタイミング
・ランクダウンする方法

新カードの年会費

新カードの年会費

アメリカン・エキスプレスとMarriott Bonvoy®(マリオットボンヴォイ)が、以下の新提携カードを発表しました。

アメリカン・エキスプレスとマリオットの新カード Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードとMarriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード

いずれも2022年2月24日よりサービス開始されます。

一方で、長年多くのマリオットボンヴォイ会員から愛されてきたスターウッド プリファードゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード(通称、SPGアメックス)の一部サービスおよび新規受付は、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの切り替えと共に終了となります。

年会費は以下のように異なります。

本カードの年会費でみると、リニューアルカードはSPGアメックスよりハイ&ローカードと言えます。

また、新カードはいずれも家族カードの年会費が1枚目無料(※)です。
※2枚目以降の年会費は、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードが24,750円(税込)、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードが11,550円(税込)となっています。

ご家族も気軽にクレジットカードを持てて、日々の買い物や旅行で活用できるようになるのも、ユーザーの期待に応えた大きな魅力と言えるでしょう。

ここがGood!
家族カードの年会費が1枚目無料となったことにより、マリオットボンヴォイのポイントを本会員と一緒にご家族も貯めやすく、また上位会員資格の条件を共に目指す手助けになります。

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特徴

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの特徴
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード
年会費 49,500円(税込)
家族カード
年会費
1枚目無料/2枚目以降24,750円(税込)
還元率 Marriott Bonvoy参加ホテルでの利用
100円につき6ポイント
通常
ご利用代金100円につき3ポイント
マリオットボンヴォイ
会員資格
「ゴールドエリート」自動付与、年間合計400万円以上のカード利用で「プラチナエリート」付与

会員資格を上げるためのサポートがより強く

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードは、SPGアメックスと同じマリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」会員資格が自動付与されるカードです。

よりランクの高い会員資格を目指す方にとって、このゴールドエリートの資格は今までも魅力的でしたが、もうひとつ上のプラチナエリートに至れる人は「宿泊日数50泊」という通常の条件を達成しなければなりませんでした。

そんなユーザーの悩みに答えるように、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードには、以下の特典が用意されています。

  • 年間合計400万円以上のカード利用で、プラチナエリートの資格が取得
  • 入会またはカード継続のたびに、15泊分の利用実績を獲得

※プログラム期間中(カードの加入日から12月31日まで、以降毎年1年間(1月~12月))に400万円以上のMarriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードご利用金額達成。対象となるカード利用の合計が400万円に達してから約1ヶ月以内に有効となります。

ライフスタイルに合った道を選べて、上位ランクを確実に目指したい方には心強いカードとなってくれることでしょう。

$100プロパティクレジット利用で旅を充実

国内外のザ・リッツ・カールトンまたはセントレジスに2連泊以上のご宿泊を、$100プロパティクレジット付きご宿泊プランで予約すると、レストランやスパなどMarriott直営の館内施設で利用できる「$100プロパティクレジット」を獲得できます。

しかも、こちらのサービスは宿泊プランの予約毎に利用が可能。100米ドルは日本円に換算すると約11,000円もするので、繰り返し宿泊をする方にとって、簡単に年会費以上の価値を見いだせる非常にメリットのあるサービスとなります。

「スマートフォン・プロテクション」で3万円まで補償

アメックスの人気の補償である「スマートフォン・プロテクション」が付帯しているのも大きなポイントです。

スマートフォンが破損、火災、水漏れ、盗難の事故に合った場合に、修理代金を最大3万円まで補償
※補償対象となるスマートフォンは、アメックス規定の条件に合致している必要があります。

他にも、以下のような保険が付帯しています。

  • 購入後の商品の破損・盗難を補償「ショッピング・プロテクション®」
  • インターネットでのお支払いも安心「オンライン・プロテクション」
  • 海外旅行傷害保険:最大1億円
  • 国内旅行傷害保険:最大5,000万円

ここがポイント!
Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードはSPGアメックスよりもサポートが手厚く、上位会員資格が目指しやすいカード。

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カードの特徴
Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・カード
Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 23,100円(税込)
家族カード
年会費
1枚無料/2枚目以降11,550円(税込)
還元率 Marriott Bonvoy参加ホテルでの利用
100円につき4ポイント
通常
ご利用代金100円につき2ポイント
マリオットボンヴォイ
会員資格
「シルバーエリート」自動付与、年間合計100万円以上のカード利用で「ゴールドエリート」付与

年会費が安いのに会員資格特典がある

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードは年会費が23,100円(税込)とSPGアメックスの年会費より約1万円安く、家族カードも1枚目が無料ですので、年会費を抑えたい方にとって非常に魅力的なカードです

それでいながら、マリオットボンヴォイ「シルバーエリート」会員資格が自動付与されます。

さらに、年間合計100万円以上のカード利用をすることで、「ゴールドエリート」会員資格に上げることも可能ですし、毎年5泊分の宿泊実績が贈呈されるので、こちらから上位ランク資格を狙うことも可能です。

フレキシブルな「無料宿泊特典」

条件達成※1および翌年度以降も同カードを継続すると、無料宿泊特典1泊1室分(交換レート35,000ポイントまで)がプレゼントされます。

また、所持ポイント(最大15,000ポイント※2)と無料宿泊特典を合算すれば、交換レート50,000ポイントまでの無料宿泊に交換することも可能です。

※1 プログラム期間中(カードのご入会日/切替日から毎年1年間)にMarriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードを合計150万円以上ご利用
※2 無料宿泊特典への最大15,000ポイントの追加に関する詳細及び開始日は、Marriottからの案内をご確認ください。

尚、こちらの特典はMarriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードにも付帯しています。

カード名 無料宿泊特典1泊1室分(交換レート)
Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード 50,000ポイントまで
Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カード 35,000ポイントまで

上の表のように差はありますが、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードでも十分に宿泊できるだけのポイントがもらえます。足りないときはポイントで補えるということを覚えておきましょう。

旅行がより楽しくなる特典

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードには、さすがマリオットとの提携というところで、旅を充実させる特典が満載です。

例えば、以下のような特典があります。

  • ホテル滞在中、食事やスパなどの館内施設で使える「$100プロパティクレジット」
  • 「ショッピング・プロテクション」「オンライン・プロテクション」「旅行傷害保険」
  • 国内外29空港の空港ラウンジを、基本カード会員、同伴者1名も無料でご利用可能

『旅行く人の、毎日のパートナーとして。』そんなコンセプトが発表会でも掲げられていましたが、その言葉がピッタリと合う1枚となっています。

ここがポイント!
年会費がSPGアメックスより控えめでありながら、特典はかなり充実。
日常生活で活用するという手段を提供しつつ、ゴールドエリート会員資格を目指せます。

SPGアメックスからの切り替えについて

SPGアメックスからの切り替えについて

既にSPGアメックスを持っている方は、2022年2月24日以降、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに切り替わりますので、インビテーションがカード会社より届くかと思います。

カード記載の有効期限が残っている限り、お手持ちのSPGアメックスは引き続き使えます

むしろ、新しいデザインへの切替は有効期限が切れ次第順次行われますので、最大5年間かかることを念頭に入れておいてください。

一方で、お手持ちの券面(SPGアメックス)は変わらず引き続き使えるものの、年会費やサービス内容は2月24日から切り替わりますので注意が必要です。

年会費は2022年5月11日(水)以降から変わる

基本カード・家族カード2枚目の年会費の請求は、2022年5月11日(水)以降の請求分から変わります。

2022年2月24日までにSPGアメックスを急いで作った方が最初の年会費が安くなるわけではありませんので、間違いに気をつけましょう。

また、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの新サービスである、エリート達成に向けた宿泊実績15泊分付与のサービスに関しては、改定後の年会費を支払った後になります。

海外旅行傷害保険に関する変更は2022年8月1日(月)以降から

海外旅行傷害保険および適用条件の変更は、2022年8月1日(月)以降となります。

新規でカード作成するのではなく、SPGアメックスから切り替わる方は差に気をつけましょう。

ランクダウンしたい場合は?

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードになると年会費が上がることからも、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを選択したい方もいることでしょう。

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへの切り替えを希望する方は、2022年2月24日(木)以降、カード裏面記載のアメリカン・エキスプレスの電話番号へお問い合わせください。

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへのインビテーション

Marriott Bonvoy アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードへのインビテーション
  • Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードで実績を作る方は、最低限年間100万円以上のカード利用をひとつの目標とすると良い。
  • 現在SPGアメックスを持っているならば、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードを1年試してから、ランクダウンを検討するのが賢い。

年会費が上がることからも、SPGアメックスからランクダウンを望む方もいることでしょう。

また、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードを新規で作る方は、まずは実績を作ってから上のランクを狙いたい方もいるかと思います。

Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードはインビテーションが無くても申し込めるカードです。趣向に合ったカードを選択する形になります。

審査に関しては、公式で明示されている条件はありません。

ただ、あくまで推察ですが、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・カードのサービスのひとつであるマリオットボンヴォイ「ゴールドエリート」会員資格の条件が年間合計100万円以上のカード利用であることからも、自動付与されているMarriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードの場合は、この利用額を最低限越えられるような方が審査通過に値すると考えられます

インビテーションなく選択して申し込みできるとはいえ、一度ランクダウンしたら審査通過する確証はありません

もし現在SPGアメックスを持っているならば、Marriott Bonvoy®アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードに切り替えて、一度サービスを体感してみることをおすすめします。

社会情勢の混乱下のクレジットカード需要は新境地へ

社会情勢の混乱下のクレジットカード需要は新境地へ

今回発表となった2枚の新たなカードは、SPGアメックスからのリニューアルカードとしての登場でした。

2022年2月現在、世界情勢は混乱し不安が続く日々ですが、クレジットカードは日常生活での利用が増え、平均利用額は2年前と比べても増えています。

一方で、旅行の利用は減ってはいるのが実情です。ところがその分、人々の旅をすることへの潜在需要が大きく膨らんでいます

また、厳しい環境下ながら、旅のスタイルの多様化や、ホテルはワーケーションとして過ごすなどの新たな価値も再発見され始めています。

今までも頻繁に利用していた人はより一層、あまり利用していなかった人にはより楽しめるように。」そんな想いを込めて、革新的なサービスがアメックスとマリオットの提携からスタートします。

SPGアメックスを使っていた人だけでなく、旅行が好きな全ての人々にお得があるカード。クレジットカード研究Labも今回の発表会を通して、そうおすすめしたくなるようなサービスが待っていました。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介