アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


クレジットカード名

アメックスゴールドはステータスの高さからアメックスグリーンよりは審査基準が高く設定されていますが、決して手の届かないカードではありません。
アメックスグリーンを上回るプラチナ級のサービスは年会費を安く感じてしまうほどです。


目次

本サイトからのお申込みで最大獲得!

アメックスゴールドに入会後、ご利用金額に応じて最大まで獲得することができます。

AbNXS[h Ly[oi[

カードご利用ボーナス獲得条件 獲得ポイント
合計

は入会特典を利用しないで貯めようと思うと、本来は相当な金額利用が必要となります。

そしてをマイルへ交換すると海外旅行の往復分をカバーすることができます。

アメックスは通常の還元率も100円=1ポイントと還元率も良いため、使えば使うほどお得になるクレジットカードと言えるでしょう。

ポイントボーナスの入会特典で申し込む

条件達成でユニバーサル・スタジオ・ジャパン「貸切ナイト」に招待


アメックスでは、条件達成でユニバーサル・スタジオ・ジャパン「貸切ナイト」に招待されるキャンペーンを実施中です。

2021年9月1日~2021年9月30日までに入会(申し込み状況によって、早めにキャンペーン終了となる可能性あり)のうえ、2021年10月31日までに15万円の利用で、もれなく合計4名様が貸切ナイト&スーパー・ニンテンドー・ワールドに招待されます。

イベント概要は下記のとおりです。

  • 招待日:2021年12月10日
  • パーク入場:14:00
  • 貸切ナイト:19:00~22:00
  • 申込方法:期間内に発券&条件の利用金額に達すると貸切ナイトに参加できます。

※貸切の時間については変更になる可能性があります。

USJの入会特典で申し込む

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの継続特典

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに新しく2つの継続特典が追加されます。どちらも2021年2月開始予定です(2021年1月6日時点)。

ザ・ホテル・コレクション・国内クーポン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用、継続するとゴールド・カード会員向けの旅行予約サイト「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上の予約の際に使える15,000円クーポンがプレゼントされます。

対象ホテル
ANAインターコンチネンタルホテル東京
ザ・キャピトルホテル東急
ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション
ザ・プリンス パークタワー東京
ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
ヒルトン東京
帝国ホテル東京 インペリアルフロア
東京ステーションホテル
ホテルインディゴ箱根強羅
ハイアット リージェンシー 京都
ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄

スターバックス特典

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを継続すると、スターバックス コーヒージャパン公式モバイルアプリ等で使えるスターバックス特典(3,000円)がプレゼントされます。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの特徴

31,900円(税込)

・家族カード
1人目:無料
2人目以降:13,200円(税込)

・ETCカード
無料
※新規発行手数料935円(税込)。


付帯保険サービス

・海外旅行保険
・海外旅行保険家族特約
・国内旅行保険
・国内旅行保険家族特約
・ショッピング補償
・キャンセルプロテクション
・リターンプロテクション
・海外渡航便遅延保険
・紛失、盗難補償

100円で1ポイント
・年間利用額によりボーナスポイントあり

メンバーシップ・リワード有効期限

・3年
※ただし1度でもポイント交換をすると有効期限が無期限に)

メンバーシップ・リワード利用方法

・景品交換
・旅行商品購入
・ポイント移行

主なポイント移行先

・ANAマイレージクラブ
・チャイナエアライン
・デルダ航空
・ヴァージンアトランティック航空
・タイ国際航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・ブリティッシュ・エアウェイズ
・スカンジナビア航空
・アリタリア-イタリア航空
・フィンランド航空
・ヒルトン・ワールドワイド
・スターウッドホテル&リゾート
・インターコンチネンタルホテルズグループ
・楽天スーパーポイント
・Yahoo!ポイント


・ポイント対象外


・電力会社、ガス、水道、税金などは200円=1ポイント付与
・NHK受信料、Edyチャージ、モバイルSuica、スマートICOCAはポイント対象外


・ポイントの交換先


カードの利用代金に充当
1ポイント=0.3円としてクレジットカードの利用代金に充てる


・旅行代金に充当


航空券、パッケージツアー、国内宿泊などの旅行代金を「アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン」または「日本旅行」の対象店舗を経由すると1ポイント=0.4円で利用


・商品券


3,000ポイント=1,000円分としてヨドバシカメラ、高島屋の商品券に交換


・他ポイント


3,000ポイント=1,000円分として楽天スーパーポイント、Tポイントへ移行


・マイル


ANA、デルタ航空、KLMなど15社のマイルに2,000ポイント=1,000マイルで交換 ※ただしANAマイレージについては年間参加費用として5,500円(税込)がかかる


通常のポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」ですが、


年間参加費用3,300円(税込)を支払うと「 メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することができます。


メンバーシップ・リワード・プラスでは、ポイントをマイルへ交換する時に本来は 2,000ポイント=1,000マイルになるところが


1,000ポイント=1,000マイル


になるなどポイントレートが 最大で2.5倍に上がります。


メンバーシップ・リワードとメンバーシップ・リワード・プラスの違い

メンバーシップ・リワード メンバーシップ・リワード・プラス
・有効期限 3年間
1度でも交換すると無期限
無期限
・マイル移行
2,000ポイント=1,000マイル
1,000ポイント
=1,000マイル
・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンラインの利用
(旅行代金) 1ポイント=0.4円分
1ポイント=1円分
・他ポイント移行
3,000ポイント=1,000円分
3,000ポイント
=1,500円分

その他サービス



国内外600か所以上の空港ラウンジを、本会員1名+同伴者1名まで1回27米ドルで利用することができるプライオリティ・パスのスタンダード会員に無料で登録することができます。


本来プライオリティ・パスのスタンダード会員は 年会費が米99ドル(日本円でおよそ11,000円)かかるため、空港ラウンジを利用する方にはお得な特典です。





成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港を利用する際に、


カード会員1名につきスーツケース1つまで無料配送できる「手荷物無料宅配サービス」


年4回まで指定の場所から空港間の送迎を定額料金で利用できる「エアポート送迎サービス」、空港内で荷物を運んでくれる「空港ポーターサービス」


中部国際空港での「空港クロークサービス」など旅行の際に活用できる特典が多いのも特長です。




世界中の殆どの国から24時間、365日利用可能で、現地情報を確認したり

万が一のトラブルの際に相談することができます。




航空券や新幹線、ホテルの手配などを旅行手配手数料1,320円(税込)で代行

(旅の手配などトラベル・カウンセラーが対応してくれます)
・海外旅行先での日本語サポート
手荷物無料宅配サービス
・無料ポーターサービス
・空港クロークサービス
・海外用レンタル携帯
・トラベラーズ・チェック
エアポート送迎サービス


国内外約200店舗のレストランで、アメリカン・エキスプレスの指定したコースメニューを2人以上で予約すると1人分が無料





世界中の有名レストラン400店舗以上で飲食代金20%などの優待が受けられるほか、ボトルワインサービスなども充実




海外旅行中に死亡・後遺障害などの損害が発生した際に、クレジットカードを持っているだけで
最大5,000万円が補償され、


さらに旅行代金をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払っておくと 最大1億円が補償されます。




あらかじめアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで旅行代金を決済しておくと、


国内旅行中の死亡・後遺障害に対して
最大5,000万円が補償されます。




急な出張などの事情で予約していた旅行をキャンセルしたり、予約済のコンサートなどに行けなくなってしまった場合に、


キャンセル料などの損害を 年間10万円まで補償してもらえます。




・トラベル・サービス・ロケーション
・ゴルフ・デスク
・ヨドバシカメラコンシェルジュ
・ダイニング・ア・ラ・カード
(食事代最高20%キャッシュバックサービス、もしくはポイント5倍)
・メンバーシップ・プレビュー
(新作映画情報、試写会イベント情報の案内)
・ゴールド・ワインクラブ

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに合っている人

海外旅行へ行く機会が多い方

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは、日常使いというよりは旅行や観劇などの娯楽で利用できる特典やサービスが付帯しており、海外旅行の保険内容や空港サービスなどが充実しています。

サービスを利用するほど年会費が気にならないくらいお得に使うことができるので 旅行の機会が多い方、海外への出張が多い方にはおすすめのクレジットカードです。

いずれプラチナカードを持ちたい方

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの更に上位カードとしてアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードがあり、

プラチナカードは申し込んだからと言って審査を受けられるものではなく、アメリカン・エキスプレス側から招待(インビテーション)されて初めて申し込むことができるクレジットカードです。

いずれプラチナカードを持ちたいと考えている方は期間の明示はなされていませんが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを滞納などのトラブルなく使い続けていることで、インビテーションの受け取りを目指すこともできます。

どのゴールドカードにしようかと迷っている方

アメックスカードは誰もが認めるステータスカードです。 あのとき申込んでおけばよかった… という後悔をしないためにも、

まずはアメックスゴールドに申込んでみてから考えてみるのも良い方法です。

良いものを見てから、周りを見るとどのゴールドカードの質がいいのかも分かります。

飛行機を利用する旅行、ビジネスのときには思い切って
あらゆるサービスを申込み、使い込んでみましょう。


なかには大げさすぎて恥ずかしいと言う方もいらっしゃいますが、使わなくてはその上質さに気付けないままです。


プライオリティ・パス(通常99米ドル)は 年会費無料ですが登録制なので、事前に登録をしておきましょう。

注意したいポイント

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは年会費が31,900円(税込)かかるので、


プライオリティ・パスや空港サービスなどを全く使わない方はお得を感じにくいことがあります。


アメリカン・エキスプレスの一般カードとゴールドカードには旅行保険のカバー額の違いやゴールド専用デスクが使えるかどうかなど


使えるサービスの違いがありますが、年会費が気になるという方、アメリカン・エキスプレスのカードが持ちたいという方は


年会費が13,200円(税込)のアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード)も検討してみましょう。

クレジットカード名



通常のポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」はポイントの換算レートがあまり高くはなく、


追加で申し込める年会登録料3,300円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」は


メンバーシップ・リワードと比較すると最大で2.5倍の換算レートになるプログラムです。


しかしポイント獲得の際には有効期限がなくなるという特典のみなので、


まずはメンバーシップ・リワードでポイントを貯めて1度交換しておきポイントの有効期限を無期限にしたうえで、


さらにポイントを貯めていきポイント交換の際に初めてメンバーシップ・リワード・プラスに登録してマイルなどに交換するという裏技もあります。


個人事業主・フリーランスの方はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードがお得

アメックスにはアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードという法人向けのクレジットカードもあります。


個人向けのアメックスと法人向けのアメックスの違いはビジネスを意識したサービスの豊富さにあります。

空港ラウンジやコンシェルジュサービスなどのアメックスを代表するサービスに加えてビジネスコンサルティングサービス、クラウド会計ソフトFreeeとの連携、最短即日融資が可能なローンサービスなど通常のアメックスにはない機能が多く含まれています。

フリーランスで活動をしている方は一人で全ての業務を行う必要があります。

しかし、事務作業などのビジネスに直結しにくい業務に関しては腰が重くなってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードなら会計処理などの面倒な作業もサポートしてくれるサービスが付与されていますので、自分が行いたい作業に集中して時間を使うことが可能です。

ただ会計処理を個人と法人で分けるというだけではなく、ビジネス全体を円滑に進めるためのツールとして考えるとフリーランスの方だからこそ必要性が高いと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは開業してすぐの方でも審査に通過することが可能です。

アメックスの法人カードは2種類あるので、審査に自信がある方はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードを、少し自信がないという方はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードに申し込むと良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの審査に関しては「開業したての個人事業主でも審査に通過してアメックスの法人カードを発行できる理由」で詳しく解説をしています。





国際ブランド
電子マネー
入会資格 1.年齢が25才以上の方
2.日本国内に定住所をお持ちの方
3.日本国内で定職、定収入をお持ちの方
4.他のクレジットやローン等のお支払いがある場合、延滞無くお支払いの方
利用可能枠 個別設定
発行期間 約3週間
支払方法 1回払い/ボーナス一括/
分割払い/リボ払い
年会費 初年度 31,900円(税込)
2年目以降 31,900円(税込)
ETCカード 無料
※新規発行手数料935円(税込)
家族カード 初年度 無料
2年目以降 13,200円(税込)
金利/手数料 分割払い -
リボルビング払い -
キャッシング -
ポイント
サービス
サービス名称 メンバーシップ・リワード
有効期限 無期限
ポイント付与 100円 = 1 ポイント
ポイントレート 10000ポイント
→ 5000円相当
還元率の目安 0.5%
空港ラウンジ 対応状況 -
プライオリティ・パス 無料付帯

海外旅行
傷害保険
付帯条件 条件付き自動付帯
死亡・
後遺障害保障
1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
4000万円 -
携行品損害
[自己負担額]
50万円
(1旅行中)
[ 3,000円 ]
救援者費用 400万円
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、
生計をともにする親族
国内旅行
傷害保険
付帯条件 利用付帯
死亡・
後遺障害保障
5000万円
入院費用(日額) 0円
通院費用(日額) 0円
手術費用 0円
家族特約 あり
家族特約の対象 配偶者、
生計をともにする親族
ショッピング保険 年間保証額
[自己負担額]
500万円[ 10,000円 ]
補償期間 90日間
補償対象 カードで購入した商品





クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト