【何が違う?】JCBの新しい法人カードJCB CARD Bizのメリットとデメリットを他の法人カードと比較


JCB CARD Bizは個人事業主向けの法人クレジットカード?
2020年2月17日(月)から募集が開始されるJCB CARD Bizは、個人事業主や法人代表者向けに作られています。この記事ではJCB CARD Bizの基本情報や特長、そもそも法人カードとは何か、どんなメリットがあるのかをご紹介いたします!

JCBの新しい法人カード JCB CARD Biz

JCB CARD Bizは2020年2月17日(月)から募集が開始される、個人事業主や法人代表者向けのクレジットカードです。

一般・ゴールド・プラチナの3種が発表されそれぞれの券面も公開されています。JCBはこれまでJCB法人カードというシリーズが出していましたが、JCB CARD Bizでは更に便利な機能が追加されていたり、法人の本人確認書類の提出が不要のため簡単に入会申込ができるようになっています。

JCB CARD Bizの基本情報


カードフェイス

JCB CARD Biz一般

JCB CARD Bizゴールド

JCB CARD Bizプラチナ
年会費 海外旅行
傷害保険
国内旅行
傷害保険
1,375円(税込) 最高3,000万円 最高3,000万円
11,000円(税込) 最高1億円 最高5,000万円
33,000円(税込) 最高1億円 最高1億円

支払い方法は使い方にあったものを選べる!

JCB CARD BizシリーズはApple PayやGoogle Payに設定できるため、スマホ決済での利用も可能です。さらにリボ払いや分割払いなどの支払い方法も選択できるので、使用方法や利用状況に合わせて柔軟に対応することができます。

他の法人カードとの比較

既に多くの法人カードが存在していますが、JCB CARD Bizはどのような特長があるのでしょうか。従来のJCB法人カード、そして人気の法人カードと基本情報を比較していきます。

JCB法人カードとの比較

一般カード

カードフェイス

JCB CARD Biz一般

JCB一般法人カード
年会費 社員カードの年会費 追加カード Apple Pay
Google Pay
決済口座 申込方法
1,375円(税込) なし ETCカード(1 枚のみ)・QUICPay 設定可能 【法人代表者】法人口座、個人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB
1,375円(税込) 1,375円(税込)/1人 ETCカード(複数枚)・QUICPay 設定不可 【法人】法人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB/紙申込書

ゴールドカード

カードフェイス

JCB CARD Bizゴールド

JCBゴールド法人カード
年会費 社員カードの年会費 追加カード Apple Pay
Google Pay
決済口座 申込方法
11,000円(税込) なし ETCカード(1 枚のみ)・QUICPay 設定可能 【法人代表者】法人口座、個人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB
11,000円(税込) 3,300円(税込)/1人 ETCカード(複数枚)・QUICPay 設定不可 【法人】法人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB/紙申込書

プラチナカード

カードフェイス

JCB CARD Bizプラチナ

JCBプラチナ法人カード
年会費 社員カードの年会費 追加カード Apple Pay
Google Pay
決済口座 申込方法
33,000円(税込) なし ETCカード(1 枚のみ)・QUICPay 設定可能 【法人代表者】法人口座、個人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB
33,000円(税込) 6,600円(税込)/1人 ETCカード(複数枚)・QUICPay 設定不可 【法人】法人口座
【個人事業主】屋号付き口座、個人口座
WEB/紙申込書

従来のJCB法人カードと大きく違う点として、【Apple Pay、Google Payに対応している】【申込方法がWEBのみ】【法人代表者の個人口座が設定できる】といったことが上げられます。

また、法人の本人確認書類の提出は不要となったため、入会の手続きを簡単にすることができるようになりました。

他の法人カードとの比較

JCB CARD Biz一般とオリコカード EX Gold for Bizの比較

カードフェイス

JCB CARD Biz一般

オリコカード EX Gold for Biz
年会費 付帯旅行保険
1,375円(税込) 最高3,000万円
2,000円(税別) 最高2,000万円

JCB CARD Bizゴールドとアメックスビジネスの比較

カードフェイス

JCB CARD Bizゴールド

アメックスビジネス
年会費 利用可能額 付帯旅行保険
11,000円(税込) - 最高1億円
13,200円(税込) 一律の限度額なし 最高5,000万円

JCB CARD Bizプラチナと三井住友プラチナforOwnersの比較

カードフェイス

JCB CARD Bizプラチナ

三井住友プラチナforOwners
年会費 付帯旅行保険
33,000円(税込) 最高1億円
55,000円(税込) 最高1億円

JCB CARD Bizシリーズは手ごろな年会費で持つことができ、付帯旅行保険も充実しているため海外出張を多く予定していても安心です。

法人カードを作るメリット

法人カードは個人のクレジットカードとは違い、ビジネスの支払いで使われることを想定しており利用可能額が高い傾向にあります。また、法人代表者や個人事業主にとって得する、役立つメリットがあるのです。

カード毎によって様々なサービスや利点がありますが、今回はほとんどの法人カードで言える特長をご紹介いたします。

経費精算が楽になる

会社で使う経費を法人カードにまとめることで、計上漏れや申告忘れを無くしつつ、精算や管理をまとめて行えます。また、会計ソフトなどに利用明細を流し込むことで、面倒な打ち込み等もなくすことができるのです。

キャッシュフローに余裕ができる

カードにもよりますがクレジットカードの引き落としは翌月以降の場合が多く、支払いサイクルを遅らせることができ、その間を使って資金調達などを行うこともできます。

ポイントが貯まる

多くのクレジットカードはポイントサービスを行なっています。法人カードでの決済は金額が大きくなる傾向があるため、その分のポイントを取得し活用することで経費削減にも繋がります。

付帯サービスを使える

一口に付帯サービスといっても様々な種類がありますが、特に旅行保険の有無は大きいでしょう。日本では考えられませんが海外では、短い入院や簡単な手術で100万円を超えることもあります。海外に赴く際は、付帯保険で高額な補償がついているクレジットカードを所持しておけば安心です。

法人カードの付帯サービスには、会計ソフトを割引にしたり、気軽にビジネスの相談ができたり、社員向けの福利厚生がついている場合もあるので、事業に合ったカードを選ぶことが重要です。

JCB CARD Bizを活用して効率よく業務を進めよう!

JCB CARD Bizは法人カードとして充実した旅行保険がありますが、特長はそれだけではありません。法人カードにも関わらずリボ払いや分割払い等の多彩な支払い方法が選択できたり、Apple PayやGoogle Payに対応し、スマホ決済でも使用することができます。

入会時は、いざ用意すると手間になってしまう法人の本人確認書類も不要なので、簡単に申込を行えます。

会計ソフトとのデータ連携や、ビジネスをサポートする法人専用サービスが付帯したJCB CARD Bizを活用することで、業務を効率的かつ円滑に進め計算ミスやストレスを減らすことができるでしょう。



Pick Upコラム

クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

関連サイト

外部参考サイト

監修ファイナンシャルプランナー紹介