JCB一般法人カードの限度額と増枠審査難易度は?法人、個人事業主、問わず限度額の高いカードを比較

JCB一般法人カードの限度額と増枠審査難易度について

法人カードは利用可能額が多く設けられていて、経費の支払いもまとめられ、書類提出もしやすくビジネスをしていく上でのメリットも多い為発行を考える方も多いことでしょう。

例えばJCB一般法人カードの利用可能枠は、10万円から100万円までとなっています。

増額審査難易度に関しては、申告内容や利用実績によって設定され、JCB法人カードを複数枚持っていた場合は各カードにそれぞれの利用可能額の設定があり、同一発行会社のカードで利用できる利用可能額の合計は、カード設定額の中で最も高い金額に設定されますので、自分の利用実績がかなり関わってくるといえるでしょう。

年会費はカードの使用者が1名の場合、初年度は無料になりますが、翌年以降は別途1,250円(税抜)かかります。追加使用者がいる場合は、1名ごとに1,250円(税抜)かかりますが、初年度は無料です。

保険は旅行傷害保険が海外・国内ともに最高3,000万円、ショッピングカード保険が海外のみで最高100万円までとなっています。

しかし、企業で使うとなると、もう少し利用可能額や保険の補償金額が欲しいというところでしょう。

そこで検討しておくべきなのが、ひとつランクを上げたJCBゴールド法人カードです。

JCB一般法人カードよりも、JCBゴールド法人カードがおすすめの3のポイント

ポイント1 JCB一般法人カードよりも利用可能額が高い

JCBゴールド法人カードは、利用可能額は50万円から250万円と、JCB一般法人カードよりも高めに設定されています。

ポイント2 旅行傷害保険がさらに充実

保険は旅行傷害保険が海外は最高1億円、国内は最高5,000万円となっていて、ショッピングカード保険は、海外に加えて国内も入り500万円までと上がります。

ポイント3 JCB一般法人カードよりも豪華なサービス

JCBゴールド法人カードを使うと、ゴールドサービスが受けられ、空港ラウンジサービスやゴルフエントリーサービスなどが付いてきます。

年会費は、カードの使用者が1名の場合、初年度は無料になりますが、翌年以降は別途10,000円(税抜)かかります。追加使用者がいる場合は、1名ごとに、3,000円(税抜)となりますが、こちらも初年度は無料です。

JCBゴールド法人カードは年会費が高めの設定になっている分、JCB一般法人カードよりも優れた特典や保険の補償額、利用可能額が設定されます。

しかし、年会費などを払うなら利用可能額などなしに、もっと多くの場面でカードを使いたいという方にはアメックス・ビジネス・ゴールドがおすすめです。

末永く使うなら限度額なしのアメックス・ビジネス・ゴールド

アメックス・ビジネス・ゴールドは、個人事業主向けに作られたカードで、ビジネス経費の管理、削減に役立つ豊富な特典やサービスを兼ね揃えたカードです。

年会費は31,000円(税抜)とかなり高めの設定ですが、支払っても惜しくないほどに、優れたカードとなっています。

アメックス・ビジネス・ゴールドが優れている3つの点

1 <審査によって決まる利用可能額>

アメックス・ビジネス・ゴールドの利用可能額は、カードを所有される方の信用に基づいて決まるため、限度がありません。

使用の際に限度額を超えてしまっても保証金を先払いで入れておくことで無制限に利用できます。

2 <ビジネスシーンでも役立つ豪華な特典や貯めやすいポイントシステム>

ポイント

100円→1ポイント貯まるように設定されています。

1000円で→1ポイントのカード会社なども多くあるので、ポイントは貯めやすく設定されています。

ミーティング・スクエア

ミーティング・スクエアと称す、帝国ホテル本館5階にアメリカン・エキスプレスのビジネス・カード会員限定のビジネスラウンジ(同伴1名様無料)があり、利用ごとに料金が発生しない、月会費性(20,000円(税抜))のシステムをとっています。

取引先との商談、外出時などの利用がおすすめです。

ビジネス・ダイニング

ビジネス・ダイニングというぐるなびが行っているサービスもあり、エリア、予算、人数のどの希望に合わせ会食や接待にふさわしいレストランをコンセルジュが提案をし、予約までしてくれます。

手荷物配達サービス(空港)

旅行の時に役立つ特典もあり、海外出張、旅行の出発時と帰国時に、自宅から空港までの区間を、カード会員一名につきスーツケース一個を無料で発送してくれます。

手荷物配達サービス(東京)

東京駅構内の宅配カウンターにて荷物を預け、東京23区内の宿泊ホテルまで当日無料発送してくれます。

送迎サービス

海外出張時、帰国時に、MKグループの車両をカード会員の方ならチャーターでき、利用可能地域内の指定の場所と空港との間の送迎を定額料金にて利用できます。

空港ラウンジ

空港での出発前には、国内の28空港、海外2空港の空港ラウンジで、カード会員の方はもちろん同伴の方も無料で利用できます。(1名まで)

オーバーシーズ・アシスト

海外でも安心の日本語でサポートしてくれるオーバーシーズ・アシストがあり、現地でのレストラン予約から、緊急時の相談まで、24時間電話で対応してくれます。世界中ほとんどの国から繋がります。

ビジネスカード会員限定イベント

自分自身の見聞や人脈を広げる場として設けられているビジネスカード会員限定のイベントです。

ゴールド・ワインクラブ

入手困難な希少価値の高いワインの紹介をしています。

京都観光ラウンジ

重要文化財、国指定名勝の北庭、由緒ある小間の茶室などを、京都の数ある寺院の中でも有名な圓徳院にて、古都、京都ならではの伝統美術を見ることができます。

コットンクラブ

一流のジャズ、ソウルなどのアーティストが出演する、東京・丸の内のエンターテインメントクラブ「COTTON CLUB(コットンクラブ)」で、カード会員限定の特典が受けられます。

新国立劇場

高い水準の本格オペラやバレエ、現代舞踊、演劇を見ることのできる新国立劇場での特典が受けられます。

チケット・アクセス?

チケットについての専門サイトのイープラスとの提携で、厳選したエンターテイメントを一般販売に先駆けての案内、チケットの購入ができます。

3 <安心の保険サービス>

キャンセル・プロテクション

病気やケガによる入院で予定していた出張に行けなくなってしまった場合や、接待用に用意したコンサートに行けなくなってしまった時に、キャンセル費用などの損害を10万円まで補償してくれます。

オンライン・プロテクション

インターネットでの不正使用による損害を全額補償してくれます。

リターン・プロテクション

ビジネス・ゴールド・カードで購入した商品の返品を、購入した店舗が受け入れなかった時に、購入日から90日以内で払い戻しをしてくれます。

ショッピング・プロテクション

国内海外を問わず、ビジネス・ゴールド・カードで購入した商品が、破損、盗難などの被害にあった場合、購入日から90日以内だと1名年間最高500万円まで補償してくれます。

国内航空機遅延費用

国内出張に限りますが、ビジネス・ゴールド・カードで購入した航空便で、遅延や荷物の紛失があった場合は、その際にかかった費用を最高40,000円まで補償してくれます。

国内・海外旅行傷害保険の補償内容

パッケージツアーの国内旅行代金をカードで決算した場合、傷害死亡保険・傷害後遺障害保険が、最高5,000万円補償されます。

旅行代金をカード決算されなかった場合は、何も付帯されませんので注意しましょう。

パッケージツアーの海外旅行代金をカードで決算した場合は傷害死亡・障害後遺症保険金が最高1億、傷害治療費用保険金・疾病治療費用保険金が最高300万円、賠償責任保険金が最高4、000万円、携行品損害保険金が1旅行中最高50万円、救援者費用保険金が保険期間中なら最高400万円補償されます。

パッケージツアーの海外旅行代金をカード決算されなかった場合は、傷害死亡・障害後遺症保険金が最高5,000万円、傷害治療費用保険金・疾病治療費用保険金が最高200万円、賠償責任保険金が最高4、000万円、携行品損害保険金が1旅行中最高50万円、救援者費用保険金が保険期間中なら最高300万円補償されます。

紛失や盗難時のカードの無料発行

カードが紛失、盗難にあった時なども新しいカードが無料で発行されます。

他のカード会社よりも充実した内容になっているのが特長で、審査によって利用可能額が決まるので、利用可額がはっきりと設定されてないメイン法人カードを探している方におすすめしたいカードです

事業主に選ばれている人気のビジネスカード

専業主がカードを選ぶ際、決め手となるポイントの一つに、利用可能額があります。

利用可能額は多いほうがビジネスをやっていくには安心ですが、ほとんどの法人カードは、100万円以内、300万円以内と決められていることがあります。

その点アメックス・ビジネス・ゴールドは審査によって決まるので、会社が軌道に乗っているとき、業績のいい時を見て無制限に使うことができるうってつけのカードなります。

万が一利用可能額が小さくても、保証金を先入れしておくことで、限度額を上回ってしまっても問題なく使えるところも魅力的です。

サービスも充実していて、専業主向きの格式の高いサービス内容や特典が隅々まで考えられているので、ビジネスのいろんな場面で役立ってくれるカードがアメックス・ビジネス・ゴールドなのです。

JCB一般法人カードやJCBゴールド法人カード比べると年会費は高めですが、支払ってでも持つ意味のあるカードスペックを持ったカードと言えるでしょう。

価値のある法人カードを探しているなら、アメックス・ビジネス・ゴールドに注目しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ