法人カードでタクシーチケットを利用するメリットとは?JCB法人カードでビジネスを円滑に!


法人カードでタクシーチケットを利用するメリット

タクシーチケット

タクシーチケットとは、タクシーの乗車料金を後日、一括で支払うことができるチケットのことです。支払いは、登録手続きをしたクレジットカードで設定されている銀行口座から引き落とされる仕組みとなっています。

タクシーチケットには、10,000円などの金券として使える"プリペイドタイプ"のものもありますが、後払いタイプが主流です。

自身が取引先へ向かうときに使うだけでなく、接待をするとき取引相手にタクシーチケットを渡すことで、後のビジネスが円滑に進むというメリットもあるためビジネスマン必須のサービスと言っても過言ではありません。

タクシーチケットの発行方法

タクシーチケットを発行してもらうにはどうすればいいのでしょうか。

基本的には、タクシーチケットを発行している会社に連絡して手続きを進めていきます。このとき、クレジットカードを持っていないとタクシーチケットの発行自体ができないので注意しましょう。

もし、クレジットカード会社が発行しているタクシーチケットを利用したい場合は、その会社のクレジットカードを申込む必要があります。個人契約でのクレジットカードでも問題はありませんが、接待費など会社の経費として計上する場合は法人契約のクレジットカードがおすすめです。

とはいえ、タクシーチケットを発行しているクレジットカード会社は複数あるため、どの会社の法人カードを申込めばいいのか悩むものです。一体どのクレジットカードを選べばいいのでしょうか。

法人カードを契約するならJCB法人カードがおすすめ

もし、タクシーチケットの利用で法人クレジットカードを契約するなら、JCB法人カードがおすすめです。

カードの詳細ページを見る

JCB法人カードは、全国のJCB提携タクシーで利用することができます。いくつかの都市に支店があるケースでも、各拠点・各部署のタクシーチケットで利用した支払い先をJCBに集約可能なため、入金作業の合理化、振込手数料の削減につながるのです。

ここがオススメ!
経理の事務処理が簡単になることも大きなメリットでしょう。また、会社の経費として計上したいものは全てJCB法人カードで支払いをすれば、ビジネス利用とプライベート利用のものが簡単に分けられるため便利です。

JCBタクシーチケットは1枚につき金額指定が1万円未満で、1度の乗車で3枚まで利用できますから、1度の乗車で合計3万円まで利用可能です。もし、本人以外が利用する場合は、チケットに本人の署名をすることで利用できます。

その場の状況に応じて柔軟に使えて、入金作業の合理化、手数料の削減につながるJCB法人カードは会社側にとって頼もしい存在です。

JCB法人カードの魅力は他にもあります。具体的にどんな魅力があるのでしょうか。具体的なサービス概要について確認していきましょう。

JCB法人カードのサービス概要

JCB法人カードは、一般法人カードの他にゴールド法人カードプラチナ法人カードの合計3種類があります。

どちらの法人カードを申込んでもタクシーチケットは利用できます。さらに、決済金額1,000円につき1ポイントのOki Dokiポイントが付与され、貯まったポイントはギフトカードやビールセット、マッサージ機器、amazonポイントなど従業員に喜ばれる商品との交換が可能です。

幅広い使い方があるため、まだ会社で法人カードを契約していないという方もJCB法人カードが1枚あれば安心です。企業の経営者だけでなく個人事業主の方も申込めます。

また、カードにかかる年会費は「経費」として計上できるため無駄がありません。その点もJCB法人カードならではの魅力でしょう。

  一般法人カード ゴールド法人カード プラチナ法人カード
年会費 1,250円(税抜)
  • オンライン入会の場合、初年度の年会費無料
  • 1名追加につき年会費+1,250円(税抜)
10,000円(税別)
  • オンライン入会の場合、初年度の年会費無料
  • 1名追加につき年会費+3,000円(税抜)
30,000円(税別)
1名追加につき年会費+6,000円(税抜)
加入対象 法人または個人事業主
カード使用者は18歳以上の方
法人または個人事業主
カード使用者は18歳以上の方
法人または個人事業主
カード使用者は18歳以上の方
利用枠 0万~100万円 50万~250万円 150万円~
保険 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合):国内海外共に最高3,000万円
ショッピングガード保険:海外最高100万円
  • 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合):国内は最高5,000万円、海外は最高1億円
  • ショッピングガード保険:国内海外共に最高500万円
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代):2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):4万円
  • 旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合):国内海外共に最高1億円
  • ショッピングガード保険:国内海外共に最高500万円
  • 国内・海外航空機遅延保険
  • 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代):2万円
  • 出航遅延費用等保険金(食事代):2万円
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入費等):2万円
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入費等):4万円
  • カーアクシデントケア制度: 5万円
ポイント Oki Dokiポイント1,000円につき1ポイント Oki Dokiポイント1,000円につき1ポイント Oki Dokiポイント1,000円につき1ポイント
追加カード ETCカード
年会費無料で複数枚発行可能
ETCカード
年会費無料で複数枚発行可能
ETCカード
年会費無料で複数枚発行可能

一般法人カードでも充実したサービス内容ですが、ゴールド・プラチナになると利用枠が高額になる、国内・海外航空機遅延保険が受けられるなどのメリットがあります。

ここがポイント!
仕事で国内外へ出張に行く機会が多いという方は、ぜひJCB法人カードのゴールドまたはプラチナを申込んでください。タクシーチケットが利用できるだけでなく、遠方へ出張に行くときも心強い存在になること間違いなしでしょう。

JCB法人カードが持つお得なサービス

JCB法人カードには、他にも使えるサービスがあります。

まず、スマートフォン・携帯から、好きなときに国内航空券の予約や変更ができる法人向け出張サービス」は、法人専用運賃での利用が可能なためとてもお得です。ちなみに予約は出発当日までできます。

航空券だけでなく、新幹線の予約もJCB法人カードがあれば便利でしょう。東京~博多間の新幹線をネット予約して、ICカードで乗車できる「エクスプレス予約」サービスが利用できます。(JR東海エクスプレス予約サービスは1,000円(税別)で利用できます)

宿泊に関してもお得なサービスが受けられます。JCB法人カードがあれば、じゃらんnetで提供している豊富な宿泊プランに加え、さらにお安い法人向け限定の特別プランの利用が可能です。

他には、給油専用エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードやスピードパスを付加発券することができます。

いざというきに使えるサービスが充実しているため、メインの法人クレジットカードとして持つのも良いでしょう。

JCB法人カード以外にタクシーチケットが発行可能なカードとは?

JCB法人カードではタクシーチケットが利用できましたが楽天カードやアメックスなどの他のカードでもタクシーチケットを発行することは可能なのでしょうか。

楽天カード

楽天カードからでもタクシーチケットが利用可能です。

カードの詳細ページを見る

楽天カードは楽天グループが発行している年会費無料のクレジットカードです。100円ごとの利用で1楽天ポイントが貯まるだけでなく楽天市場や楽天ブックスなど楽天グループのショッピングで多くのボーナスを獲得できるためお得に利用できる特徴があります。

また、国際ブランドはVISA、Mastercard、JCB、アメックスから選択が可能なため自分のライフスタイルにあったカードにできる魅力もあることから総合的に非常に利便性のよいカードです。

その他のカード

三井住友カード(旧クラシックカード)やUCカードからでもタクシーチケットは購入可能ですがアメックスやダイナースクラブカードではタクシーチケットを発行していないようです。

JCB法人カードでタクシーチケットお得に利用しビジネスを円滑に進めよう

ビジネスをより円滑なものにしてくれるタクシーチケットは、JCB法人カードを申込んで利用するのがおすすめです。

経費の計上が簡単になることはもちろん、振込手数料の削減につながりますから会社側にとってのメリットは大きいでしょう。

あなたも、ぜひこの機会にJCB法人カードを申込んではいかがでしょうか。

JCB法人カード新規入会キャンペーンで最大30,000円分プレゼント!

インターネット新規入会限定で最大30,000円分(JCBプラチナ法人カードの場合)が貰えるなどお得なキャンペーンが実施中です!

入会受付期間は2021年4月1日~9月30日までとなります。





最大30,000円キャッシュバック!

キャンペーン期間中に対象カードを新規で入会された方にもれなくJCBギフトカード(プラチナ:10,000円、ゴールド:6,000円、:一般:3,000円)がプレゼント!

更に入会翌月末までに10万円以上(税込)の利用で最大20,000円分のJCBギフトカード(プラチナ:20,000円、ゴールド:17,000円、:一般:17,000円)が貰えます!

つまり、JCBプラチナ法人カードなら最大30,000円分、JCBゴールド法人カードなら最大23,000円分、JCB一般法人カードなら最大20,000円分プレゼントされることになります!

使用者カードの申込みで最大9,000円分プレゼント

キャンペーン期間中に使用者カードを申し込むと1名につき3,000円分のJCBカードギフトカードをプレゼント!

3名分まで適用されるので最大9,000円分プレゼントされます。

キャンペーンは2021年4月1日~9月30日の間に申込みを行い、キャンペーンの参加登録が完了することで適用されます。

JCB×弥生API連携開始特別キャンペーン

人気会計ソフト弥生会計オンラインとJCBがコラボレーション!

JCB法人カード会員限定で「弥生会計オンライン(セルフプラン or ベーシックプラン)を初年度無料で利用することができます。(本来の料金:セルフプラン:26,000+税、ベーシックプラン:30,000円+税)

キャンペーンの参加方法はJCB法人カード入会後、会員専用Web Services「MyJCB」のお知らせ欄から本キャンペーンページの申込みに進むことができます。

入会キャンペーンへ申し込む


クレジットカードの選び方

おすすめのクレジットカード

キャンペーン中のおすすめクレジットカード一覧
おすすめのETCカード
Amazonにおすすめのクレジットカード
主婦におすすめのクレジットカード
おすすめの家族カード
弁護士におすすめのクレジットカード
公共料金におすすめのクレジットカード
個人事業主におすすめのクレジットカード
Apple Payにおすすめのクレジットカード
映画好きにおすすめのクレジットカード
保険料におすすめのクレジットカード
結婚式におすすめのクレジットカード
旅行におすすめのクレジットカード
海外留学におすすめのクレジットカード

関連サイト

ローン研究Lab
FX研究Lab
証券研究Lab
ゼニエモン

外部参考サイト

日本クレジットカード協会
日本クレジット協会
日本貸金業協会
JICC
CIC
全国銀行協会
VISA
JCB
MasterCard
American Express
Diners Club