JCB一般法人カードの限度額と増枠審査難易度は?法人、個人事業主、問わず限度額の高いカードを比較

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj


JCB一般法人カードの限度額と増枠審査難易度について

法人カードは利用可能額が多く設けられていて、経費の支払いもまとめられ、書類提出もしやすくビジネスをしていく上でのメリットも多い為発行を考える方も多いことでしょう。

例えばJCB一般法人カードの利用可能枠は、10万円から100万円までとなっています。

増額審査難易度に関しては、申告内容や利用実績によって設定され、JCB法人カードを複数枚持っていた場合は各カードにそれぞれの利用可能額の設定があり、同一発行会社のカードで利用できる利用可能額の合計は、カード設定額の中で最も高い金額に設定されますので、自分の利用実績がかなり関わってくるといえるでしょう。

年会費はカードの使用者が1名の場合、初年度は無料になりますが、翌年以降は別途1,250円(税抜)かかります。追加使用者がいる場合は、1名ごとに1,250円(税抜)かかりますが、初年度は無料です。

保険は旅行傷害保険が海外・国内ともに最高3,000万円、ショッピングカード保険が海外のみで最高100万円までとなっています。

しかし、企業で使うとなると、もう少し利用可能額や保険の補償金額が欲しいというところでしょう。

そこで検討しておくべきなのが、ひとつランクを上げたJCBゴールド法人カードです。

JCB一般法人カードよりも、JCBゴールド法人カードがおすすめの3のポイント

ポイント1 JCB一般法人カードよりも利用可能額が高い

JCBゴールド法人カードは、利用可能額は50万円から250万円と、JCB一般法人カードよりも高めに設定されています。

ポイント2 旅行傷害保険がさらに充実

保険は旅行傷害保険が海外は最高1億円、国内は最高5,000万円となっていて、ショッピングカード保険は、海外に加えて国内も入り500万円までと上がります。

ポイント3 JCB一般法人カードよりも豪華なサービス

JCBゴールド法人カードを使うと、ゴールドサービスが受けられ、空港ラウンジサービスやゴルフエントリーサービスなどが付いてきます。

利用限度額が低いことによるデメリットと上限を開放する方法

限度額を上げる方法としてよく挙げられるのが、利用限度額ギリギリまで使用し、それをしっかりと返済し続けることで、返済能力が認められ上限を開放してもらえる、というものです。
しかしこの方法は言うまでもなくリスキーであり、ビジネスが少しでも上手くいかなかった際の危険が大きすぎます。

だからと言って低い限度額では、資金調達が滞りせっかくのビジネスチャンスを棒に振ってしまう可能性もあります。しかしそんな予防線の為に高い年会費を払うのもちょっと……と考えている方におすすめの一枚が、アメックス・ビジネス・カードです。

末永く使うなら限度額なしのアメックス・ビジネス・カード

アメックス・ビジネス・カードは、ビジネス経費の管理、削減に役立つ豊富な特典やサービスを兼ね揃えたカードです。

年会費は12,000円(税抜)ですが、支払っても惜しくないほどに、優れたカードとなっています。

アメックス・ビジネス・カードが優れている3つの点

1 <審査によって決まる利用可能額>

アメックス・ビジネス・カードの利用可能額は、カードを所有される方の信用に基づいて決まるため、限度がありません。

使用の際に限度額を超えてしまっても保証金(デポジット)を先払いで入れておくことで無制限に利用できます。

2 <ビジネスシーンでも役立つ豪華な特典や貯めやすいポイントシステム>

ポイント

100円→1ポイント貯まるように設定されています。

1000円で→1ポイントのカード会社なども多くあるので、ポイントは貯めやすく設定されています。

手荷物配達サービス(空港)

旅行の時に役立つ特典もあり、海外出張、旅行の出発時と帰国時に、自宅から空港までの区間を、カード会員一名につきスーツケース一個を無料で発送してくれます。

手荷物配達サービス(東京)

東京駅構内の宅配カウンターにて荷物を預け、東京23区内の宿泊ホテルまで当日無料発送してくれます。

空港ラウンジ

空港での出発前には、国内の28空港、海外2空港の空港ラウンジで、カード会員の方はもちろん同伴の方も無料で利用できます。(1名まで)

オーバーシーズ・アシスト

海外でも安心の日本語でサポートしてくれるオーバーシーズ・アシストがあり、現地でのレストラン予約から、緊急時の相談まで、24時間電話で対応してくれます。世界中ほとんどの国から繋がります。

3 <安心の保険サービス>

キャンセル・プロテクション

病気やケガによる入院で予定していた出張に行けなくなってしまった場合や、接待用に用意したコンサートに行けなくなってしまった時に、キャンセル費用などの損害を10万円まで補償してくれます。

リターン・プロテクション

アメックス・ビジネス・カードで購入した商品の返品を、購入した店舗が受け入れなかった時に、購入日から90日以内で払い戻しをしてくれます。

ショッピング・プロテクション

国内海外を問わず、アメックス・ビジネス・カードで購入した商品が、破損、盗難などの被害にあった場合、購入日から90日以内だと1名年間最高500万円まで補償してくれます。

国内航空機遅延費用

国内出張に限りますが、アメックス・ビジネス・カードで購入した航空便で、遅延や荷物の紛失があった場合は、その際にかかった費用を最高40,000円まで補償してくれます。

国内・海外旅行傷害保険の補償内容

パッケージツアーの国内旅行代金をカードで決算した場合、傷害死亡保険・傷害後遺障害保険が、最高5,000万円補償されます。

旅行代金をカード決算されなかった場合は、何も付帯されませんので注意しましょう。

紛失や盗難時のカードの無料発行

カードが紛失、盗難にあった時なども新しいカードが無料で発行されます。

 
カード
カード名
カード名
年会費 利用限度額 ポイント還元 付帯サービス
12,000円+税 制限なし メンバーシップリワード
マイル還元率0.5%~1.0%
旅行傷害保険補償(最高5,000万円)
ショッピング・プロテクション(最高500万円)
リターン・プロテクション
オーバーシーズ・アシスト
プライオリティ・パス
10,000円+税 50万円~250万円 Oki Dokiポイント
還元率0.5%
旅行障害保険(最高1億円)
ショッピングガード保険(最高500万円)
航空機遅延保険
1,250円+税 10万円~100万円 Oki Dokiポイント
還元率0.5%
旅行障害保険(最高3,000万円)
ショッピングガード保険(最高100万円)

事業主に選ばれている人気のビジネスカード

アメックス・ビジネス・カードはJCBゴールド法人カードに比べて年会費が2,000円高く設定されていますが、充実した付帯サービスを活用すれば元をとることは容易に可能です。
なによりも、決められた限度額がなく、柔軟に対応できる点でも優れていると言えます。

専業主がカードを選ぶ際、決め手となるポイントの一つに、利用可能額があります。

利用可能額は多いほうがビジネスをやっていくには安心ですが、ほとんどの法人カードは、100万円以内、300万円以内と決められていることがあります。

その点アメックス・ビジネス・カードは審査によって決まるので、会社が軌道に乗っているとき、業績のいい時を見て無制限に使うことができるうってつけのカードなります。

万が一利用可能額が小さくても、保証金(デポジット)を先入れしておくことで、限度額を上回ってしまっても問題なく使えるところも魅力的です。

サービスも充実していて、専業主向きの格式の高いサービス内容や特典が隅々まで考えられているので、ビジネスのいろんな場面で役立ってくれるカードがアメックス・ビジネス・カードなのです。

JCB一般法人カードやJCBゴールド法人カード比べると年会費は高めですが、支払ってでも持つ意味のあるカードスペックを持ったカードと言えるでしょう。

価値のある法人カードを探しているなら、アメックス・ビジネス・カードに注目しておきましょう。



アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

年会費

初年度無料
12,000円+消費税

還元率

1.0%

発行期間

約2週間

ETCカード

無料
※新規発行手数料850円+税

アメックスビジネスゴールドキャンペーン
新規入会で初年度年会費無料!
新規入会で初年度年会費が無料のキャンペーン中!
初期費用が気になる方でも気軽にアメックスのビジネスカードを利用することができます。

起業したばかりの個人事業主でも発行可能!
法人カードというと会社としてある程度実績がないと審査に通過しないという印象があるかもしれませんが、アメックスは独自の審査により判定をするため設立間もない企業や個人事業主でも審査に通ることが可能です。
経費の管理を簡潔に
ビジネスカードを使うメリットとして業務の中で生じたお金の動きをカードの履歴を利用することで経理関係の業務負担を減らせることにあります。

あらゆるビジネスシーンで役に立つサポート
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはポイントの貯まりやすい法人カードというだけではなく、様々なビジネスシーンで役に立つサポートが付帯されています。
コンシェルジュが会食や接待にふさわしいレストランを予算などに合わせて予約をしてくれる「ビジネス・ダイニング」や、中小企業経営者・個人事業主に向けの経営相談窓口「ビジネス・コンサルティング・サービス」など法人向けサービスが充実していることも特長と言えるでしょう。

経費でお得にポイント・マイルを貯める
業務上で発生する支払いを全てアメックスビジネスカードで決済をすることでポイントが大量に貯まります。
貯めたポイントはマイルや他のポイントへの交換も可能なので無駄になることはありません。
年会費 海外保険 国内保険
初年度年会費無料
12,000+税
最高5000万円 最高5000万円
電子マネー 発行期間 利用可能枠
電子マネー 約2週間 個別設定
カードの詳細ページを見る


クレジットカードの選び方

関連サイト