無職中でアコムマスターカードに申込むときの対策


申し込みができない無職の概念とは一体どんなもの?

クレジットカードを申し込む場合に気になることと言えば、就業状況といった勤め先、年数などです。



アコムマスターカードであれば、アルバイトやパート、派遣に従事する方であれば、申し込みが可能であるという事は今ではよく知られた事実として取り扱われていますが、無職というケースに当たる方はどうなるのか?という事については、やはり悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

しかし現実的には、生活の収入源を他人に依存しているのでもない限り、全く収入がないという方は非常に少ないのではないでしょうか。
生活面を考えても、現実には何らかの収入を得ている方がほとんどだと言えるでしょう。

ではその様な収益はどこまでが無職ではない扱いとなり、どこまでが完全に無職の扱いを受けるのでしょうか。

今回はその様な個々のケースについて、無職中だと言われる方々の申し込みについての考え方、また対応策について紹介していきましょう。

特にクレジットカードの審査では何かと話題が多く、最も入会しやすいと言われるアコムマスターカードについて、検証していきましょう。

アコムマスターカードの書かれていない申込条件を把握しよう

では実際にアコムマスターカードの申し込みが可能な範囲は、どの程度のものなのでしょうか。
具体的な事例を紹介して、 それが一般的に無職中と言われる身分に当たるのかどうかを検証していきましょう。

まずは、アコムマスターカードに申し込みが可能な方を、具体的な事例で紹介していきます。下記のケース毎の事例一覧を参照してみましょう。

アコムマスターカードの申し込み条件に見合う事例一覧

アコムマスターカード
アコムマスターカード
具体的な申込者の事例 申し込みの可否
本業は今失職中だが、ネットなどで毎月収入が額の大きさは不安定でも継続的にある方 いずれも申し込み可能
具体的な本業は持っておらず、毎月FXなどの投資で収入を得ている方
(最低限生活するだけの収益は得られている状況)
脱サラで、現在個人事業主で仕事をしており、そちらの収入で生計を立てようとしているが、まだ完全ではない
現在内職をしており、そちらの収入はあるが、社員としての契約でもなく、期間従業員の様な扱い

この申し込みの可否一覧を確認して驚いた方もいるかもしれませんが、一覧表で示した状況下にある方は、いずれも申し込み可能な方であり、正確には無職中とはなりません。

つまり何らかの収入、例えば副収入であっても収入を得ている状態であれば、申し込みが可能なのです。生活はなんとかそれで生計をたてているが、不安定で収入がかける場合もあるという様な状況であれば、審査結果は確実とは言えませんが申し込みは可能な対象となるという事だと考えて良いでしょう。

要は、ほとんどの方が、実際に無職中という扱いになる事はあまりなく、申し込みについては可能な範囲と見なして良い訳です。しかし全く申し込み本人に収入がなく、経済的になんらメリットを与える事なく、他人に依存した生活をしている方は本当に無職中となりますので、申し込みは難しいと言えます。

アコムマスターカードの審査基準は加入のしやすい条件とは

アコムマスターカードにおいて、具体的な申し込み可能なケースを紹介してきましたが、実際にアコムマスターカードの公式ページでの申込者の判定事例はどうなっているのか、公式サイトのQ&Aを参考に確認していきましょう。

お申込み・ご契約について


アコムマスターカードの実際の申し込み可否の事例

質問 申込み基準などありますか?
答え 20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有するお客さまが対象となっております。

申し込み可能例


質問 就職が内定の段階でも申し込みは可能ですか?
答え 就職が内定の段階でも、現在アルバイトなどで安定した収入があるお客様でしたらお申し込みが可能です。その場合、就職後に再審査のうえ増額することも可能ですので、ご遠慮なくご相談ください。

状況により申し込みの可否が分かれる場合


質問 主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも申し込みは可能ですか?
答え お申し込みいただけます。本人のお勤めにより安定した収入があることが条件となります。ご本人のお勤め先がない専業主婦の場合はご契約致しかねます。

質問 年金受給者でも契約は可能ですか?
答え 年収が年金受給のみでのご契約は致しかねます。年金受給以外に安定した収入と返済能力を有するお客さまでしたら審査のうえ契約が可能です。

公式Q&Aでは実際に申し込みの可否事例を掲載していますが、この判定基準には明確な共通点があります。

アコムマスターカードの実際の申し込み可否の事例

Q&Aの判定事例 判定結果 判定可否の理由
就職が内定の段階で厳密には収入をまだ得ていない
(アルバイトはしている)
申し込み可能 就業の状態は関係なく、アルバイトで収入を得ている
主婦、学生、パート、派遣社員である 申し込み可能 本人に収入があれば属性は関係ない
主婦でも専業主婦の場合 申し込み不可能 本人に収入がなく、収入を配偶者でも他人に依存している
年金受給者で他に収入なし。
年金のみで生計を立てている
申し込み不可能 本人に収入がなく、収入を年金に依存している
年金受給者であるが、それ以外に収入もあり生計を立てている 申し込み可能 本人に収入が年金以外にある

このQ&A判定事例を見ると上で述べた通り、あるひとつの共通点が分かります。
つまり利用者に収入があればその身分、内容に関わらず申し込みは可能ですが、本人に収入がなければ、他人からの収入で生活が出来ていても、相手に経済的なメリットがなければ、それは収入として認められないという事です。

この事からも分かる様に、いかにアコムマスターカードが入会しやすいクレジットカードであるかが分かります。
実際に申し込みを検討している方で、アコムマスターカードの条件に見合うという方であれば、迷わず申し込みをしてみる事をお勧めします。



クレジットカード以外の選択肢もあり

今回は、審査に不安な方が最も通りやすいクレジットカードとしてアコムマスターカードを紹介してきましたが、クレジットカード以外にもローン契約をするという選択肢もあります。

ローン契約というと審査完了まで時間がかかってしまい、実際に使えるまでの期間が空いてしまう印象があるかもしれませんが、中にはスピード審査で即日融資が可能な商品もあります。

そんな急ぎで契約したいと考えている人におすすめなローンがプロミスとモビットです。

プロミスは最短30分で審査が完了し、モビットは10秒簡易審査やネット申し込みをした直後にコールセンターへ連絡することで即日融資が可能となります。

また、審査難易度に関してもクレジットカードと比較して極端に厳しくなるということはなく、プロミスやモビットはアルバイトやパートの方でも申し込みをすることができます。

アコムマスターカードはその名の通りアコム系列のクレジットカードのため、もし過去にアコムで金融事故や延滞などをした記憶がある方は個人情報センターによりますがブラックリストの登録抹消に最低1年以上はかかるので、その期間はクレジットカードやカードローンを作らず十分に時間をおいてから再度挑戦するようにしましょう。

アコムマスターカードと楽天カードの基本スペック比較

  アコムマスターカード
アコムマスターカード
プロミス
プロミス
モビット
モビット
必要資格 無料 20歳〜69歳 年齢満20歳〜69歳の安定した収入のある方
審査 なし 最短30分 最短30分で審査完了
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
金利 なし 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0%
限度額 最高300万円 最高500万円 最高800万円

クレジットカード以外の選択肢もあり

アコムマスターカードは年会費が無料で審査に通りやすいクレジットカードのため、初めてクレジットカードに申し込む方や他のクレジットカードの審査に落ちてしまった方などに人気があります。

また、カードの利用限度額の高さや審査完了後にむじんくん経由ですぐにカードを受け取ることができることも魅力の一つでしょう。 メインカードとしてはもちろん、いざという時のサブカードとしてもアコムマスターカードは非常におすすめなクレジットカードの一枚と言えます。

ACマスターカードは券面からはアコム発行とは分からないので、普通のクレジットカードとしてご利用できます。アコムだからと言って借入れを行う必要はありません。

受取明細、ご利用明細が自宅に届かないからプライバシーも安心。アルバイト・パート、主婦の方もOK ※一定の収入があれば、審査の上利用可能(専業主婦を除く)。

初年度
年会費
年会費 ETC
専用カード
発行
無料 無料 - 30分以内
ショッピング
手数料
利用可能枠 海外旅行
保険
国内旅行
保険
14.60% 10万円〜300万円 - -



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ