後払い型電子マネーiDでキャッシュバックポイントを貯める方法


電子マネーiDとは

nanaco、WAON、Suica、PASOM、Edyなど国内には多くの電子マネーがあり、通勤路やよく利用するスーパーやコンビニといった店舗により、どの電子マネーにするのか悩まれている方もいるのではないでしょうか。

またその電子マネーの特長を知らずに作り、あとから入金(チャージ)が面倒、電子マネーのカードの厚みからかさばってしまう、レジで支払いをしようと思ったらお財布のなかになかった(忘れていた)などといったデメリットを使ってみて始めて知った方もいることでしょう。

カードタイプの電子マネー(プリペイド式電子マネー)は、1枚持っているだけで確かに便利なアイテムです。
使う店舗や使い方によってはポイントも貯まり、貯まったポイントを入金チャージとして利用できるお得さがあります。

でも、その反面、レジで毎回「1,000円チャージお願いします」といったように、残金を気にしながら入金チャージが必要なこと、かさばってしまうこと、カードだからこそ忘れてしまうという不便なところもあります。

そこでおすすめなのが、こういったデメリットを解消した【iD】という電子マネーです。

iDの特長

no.1 後払いの電子マネー(入金チャージ不要)
no.1 携帯やスマホに登録すると携帯もしくはスマホで支払いができる
     (かさばらない、忘れない)

iDは後払い型の電子マネーとなるため、入金チャージを気にせずにレジへ迎え、 いつも忘れずに持ち歩いている携帯やスマホで支払いもできるため、かさばりません。

そしてiDはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといったコンビニのほかにも、マクドナルドといった飲食店、ビックカメラで知られる家電量販店、タクシーやバスでも利用可能な電子マネーなのです。

コンビニ グルメ ショッピングセンター
家電 本・CD・DVD タクシー・バス

iDは“使える電子マネー”のひとつであり、持っていて損はありません。

iDの使い方とメリット

iDはレジに設置されているカードリーダーにかざすだけで使うことができます。
iD対応のクレジットカードがあれば、そのままカードを使うか、携帯、スマホをかざすかで支払いを完了させられます。

iDのメリット

iDは後払いの電子マネーとなるため、iD機能が搭載されたクレジットカードを持つことが必要となります。

「iD」と現金の違い

  後払い式電子マネー「iD」 現金
お支払い 後払い 現金払い
利便性 「iD」を持ち歩くのみ 金額により重く持ち歩きにくい
ポイント ポイントがたまる なし
紛失・盗難時 クレジットカード補償 自己責任

もし持っている携帯、スマホのキャリアがDOCOMOであれば、 クレジットカードなしでも電子マネーiDを使うことができますが、 上限は月1万円と制限されてしまいますので、注意しておきましょう。

通勤路でよくコンビニを利用する、スーパーや飲食店を利用していて、月にいくら使っているのかを知りたい、まとめて支払いたいなど上限を気にせずに使いたいときは、iDが搭載されたクレジットカードを1枚持っておきましょう。

搭載型のクレジットカードを選べばお得になる

iD対応のクレジットカードを持った場合、現金やプリペイド式電子マネーと比べてメリットが増えます。

  プリペイド式電子マネー iD(クレジットカード搭載型)
使い勝手 三角
残高を気にしなければいけない。
入金・チャージが必要
二重丸
入金・チャージ不要
支払い 二重丸
サイン・暗証番号不要
二重丸
サイン・暗証番号不要
セキュリティ バツ
紛失・盗難時は自己責任
二重丸
紛失・盗難時の補償有
ポイント
プログラム
○
100円、200円につき1Pなどで貯まる
二重丸
加盟店によってはポイントアップもある
会員特典 三角
対象商品購入でポイント何倍など
二重丸
旅行保険、会員優待割引などがある

iDはプリペイド式電子マネーとは違い、紛失・盗難時に補償があること、クレジットカードのポイントが貯まること、割引や優待などの会員特典があることなどメリットは多くあります。

電子マネー選びに悩んだときは、迷わずiDに決めましょう !


電子マネーiD機能つきの三井住友VISAカードがおすすめな理由

三井住友VISAカードはiD搭載の一体型も選べますが、クレジットカードとは別に専用カードを持つこともできます。

iD専用カード
iD専用カード 携帯やスマホでは決済したくない、 クレジットカードをむやみにお財布から出したくないという方は、この専用カードがおすすめです。
クレジットカード一体型
クレジットカード一体型 お財布にあるカードの枚数を増やしたくない方やスマートな会計をしたい方におすすめです。
携帯・スマホ型
携帯・スマホ型 携帯電話、スマートフォンに「iD」アプリをダウンロードしてクレジットカードを登録すれば使うことができます。常に持ち歩けるので、電子マネーを忘れがちな方やカードのかさばりが気になる方はこちらを利用しましょう。

三井住友VISAカードでiDを使うと、合計1,000円ごとに1Pのポイントが付与されます。
そのポイントは1P=5円としてiDバリューでiD利用金額に充てることもできる(キャッシュバック)ほか、通常のクレジットカードポイントとして賞品に交換することもできます。

つまり三井住友VISAカードのiDを選択すると、クレジットカード利用分と合算してポイントが貯まり、iDバリューとして使えるので無駄なくポイントが使えるということなのです。
電子マネーiD、おサイフケータイを考えているなら、三井住友VISAカードにしましょう!

初年度
年会費
年会費 ETCカード 電子マネー
無料 税抜1,250円+税
条件により無料
500円+税
(初年度無料)
年1回利用で無料
iDWAON
ポイント
有効期限
海外旅行
保険
国内旅行
保険
ショッピング
保険
2年 2000万円 - 100万円


全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ