利用可能枠が大きいみずほ銀行クレジットカードの種類と特長


キャッシュカードとクレジットカードが一体の「みずほマイレージクラブカード」

みずほ銀行は、第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行をもとに2002年に誕生した、日本全国に支店網をもつ、日本の3大メガバンクのひとつです。

みずほ銀行は独自サービスの「みずほマイレージクラブ」を展開しており、入会すると、取引状況に応じてみずほ銀行ATM・イオン銀行ATMの時間外手数料が無料、早朝も休日もすべて無料で利用できるようになります。

加えて、「コンビ二ATM (イーネット・ローソン・セブン銀行) の利用手数料・時間外手数料 (108円または216円) が月4回まで無料」「みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM・みずほダイレクト利用時のみずほ銀行本支店宛の振込手数料が無料。他行宛の振込手数料も最大月4回まで無料」という特典もあります。

普通預金の金利は年1%にもならないのに、時間外にATMを1回利用しただけで100円以上の手数料をとられることに不満の方も多いでしょう。そうした方には特に、「みずほマイレージクラブ」への入会をおすすめします。

「みずほマイレージクラブ」では、「みずほマイレージクラブカード」を発行しています。

入会費・年会費無料 (ゴールドを除く) のキャッシュカードとクレジットカードが一体になった便利なカードです。

カードのタイプは6種類あります。

  特徴 国際カード
ブランド
利用可能枠
みずほマイレージクラブカード 
みずほマイレージ
クラブカードセゾン
アメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック
いわゆる一般カード。
海外旅行傷害保険サービス(最高1000万円)がある。
AMERICAN EXPRESS
最高80万円
みずほマイレージクラブカード/ANA
みずほマイレージ
クラブカード/ANA
ANAマイレージクラブ、電子マネー楽天Edyの機能が搭載されている。
家族カードが発行できる。
Master Card
最高80万円
みずほマイレージクラブカードセゾンSuica
みずほマイレージ
クラブカード
セゾンSuica
Suicaが一体となっている。
VISA
最高80万円
UC MasterCard
UC MasterCard
家族カードが発行できる。
Master Card
最高80万円
セゾンVisa/JCB
セゾンVisa/JCB
年会費有料。
VISA

JCB
最高80万円
UC MasterCard(ゴールド)
UC MasterCard
(ゴールド)
海外・国内保険への自動加入(無料)、ショッピング補償保険、ラウンジサービスなど。
Master Card
最高300万円

このうち、「みずほマイレージクラブカード セゾンアメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック」と「みずほマイレージクラブカードセゾンSuica」「セゾンVisa/JCB」では、毎月5日、20日に西友・リヴィン・サニーで5%割引を受けることができます。

ただし、「みずほマイレージクラブ」では、ゴールド以外ではクレジットカード機能のみのカードを発行することはできません。

みずほマイレージクラブ」カードなら、利用限度額はなんと80万円

「みずほマイレージクラブ」のポイントは期限をもたない永久不滅ポイントですが、1000円につき1ポイントとポイント還元率が低いのが難点です。
ポイントやマイルを貯めるためにクレジットカードを利用したい、という方にはやや不向きかもしれません。 その一方で、このカードの強みは、その利用可能枠の広さです。どんなクレジットカードでも、利用可能枠はカードの種類や利用状況、保持者の経済状況によって左右されます。しかし、一般カードでも最高80万円までの限度額を設けているカードはそうそうありません。

なぜこのカードの利用可能枠が広いかというと、それは銀行のキャッシュカードに付属したクレジットカードだからです。
銀行口座を通じてすでに取引があるので、カードの利用限度額も他のカードに比べて大きくなるのです。

大手銀行が運営するから信頼感がある ! 銀行カードローンのメリット

このカードのメリットは、カードローンを利用するときにもっとも発揮されます。 どうしてもお金が必要だけど、手元に現金がない…そんなとき、クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用したことがある方もいるでしょう。銀行カードローンであれば、大手銀行が運営しているので信頼性があり、限度額も大きいのでおすすめです。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外であることも強みです。総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みで、多重債務者を減らすことを目的に2010年から施行されました。 この法律の対象になるのは貸金業者(消費者金融・クレジットのキャッシング・信販のキャッシングなど)のみです。そのため、銀行カードローンは対象に含まれず、総量規制によって借入ができなくなった人でも利用することができます。
また、 銀行カードローンは金利が低いことも強みです。
みずほ銀行のカードローンであれば、金利は年2.0〜14.0%。
一般的なクレジットカードが年上限18.0%あることを考えると、圧倒的に有利であることがわかります。

銀行系カードには、他のカードにはない強みがある

このように、銀行系のクレジットカードには、その他のクレジットカードにはない強みがあります。とくに、クレジットカードを利用した借り入れをするのであれば、絶対的に銀行カードローンがお得であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。
カードローンを利用しない、という方であっても、「みずほマイレージクラブ」に入会して取引実績があれば、ATM手数料無料などの優遇を受けることができます。会社の給与振り込み口座にみずほ銀行が指定されているなどで口座をお持ちであれば、ぜひこのサービスを利用することをおすすめします。

3大メガバンクのひとつであるみずほ銀行が提供している「みずほマイレージクラブ」。
同サービスでは、キャッシュカードとクレジットカードが一体になった便利なカード「みずほマイレージクラブカード」を発行しています。このカードの強みは、一般カードでも80万円までという利用可能枠の広さ。また、銀行系のカードローンは年利が低いので、借入れをするときにもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ