オリコカードの解約を年会費引落しの前に済ませる方法。電話なしで解約する方法はある?

クレジットカードの解約株式会社オリエントコーポレーションの発行する「オリコカード」は、国内の信販系クレジットカードの中でも代表的な1枚です。

ショッピング利用時のポイント還元や、旅行傷害保険など、クレジットカードならではの基本的な特典が一通り付いています。

ただし、2年目以降の年会費が1,375円(税込)かかる一方で、通常時の還元率は0.5%と低めのため、クレジットカードに還元率の高さを求める方にとっては不満を感じる部分があるかもしれません。

こういった理由からオリコカードを使っていないにも関わらず、「解約方法が分からない」「手続きが面倒」などの理由でそのままにしていると、年会費が引き落とされてしまう不正利用があっても気付くことができない、などのトラブルが起こるリスクがあります

ここでは、手間のかからないオリコカードの解約方法や、解約手続き時の注意点、契約者本人以外がカードを解約する方法などをご紹介します。

オリコカードの解約方法は主に3つ

オリコカードの解約は、主に下記の3つのいずれかの方法で終わらせることが可能です。

  • 電話連絡を行う
  • 解約届を印刷し、記入のうえ返送する
  • 解約届を資料請求し、記入のうえ返送する

どの方法を選んでも解約できますが、かかる時間や手間がそれぞれ異なります。

電話連絡で解約手続きを行う

オリコテレホンサービスとオリコカードセンターは、自動音声ダイヤルです。

基本的には自動音声の指示に従って番号を入力するだけで手続きを進めることが可能なため、非常に簡単な方法です。ただし、通話料は契約者側が負担する必要があります

下記がそれぞれの連絡先です。解約にはカード番号や暗証番号の入力が必要ですので、必ずカードを手元に用意した上で電話をかけるようにしましょう。

オリコテレホンサービス

・0120-911-004(一般電話から)

・03-5877-5555(携帯電話・PHSから)

受付時間:24時間年中無休

オリコカードセンターは、自分の住んでいる地域によって問い合わせ先が異なるため注意が必要です。

オリコカードセンター

北海道
・011-261-6002

東北
・022-215-2655

関東・甲信越
・049-271-3330

東海・北陸
・052-735-3525

近畿
・06-6821-3860

中国・四国
・082-225-5360

九州・沖縄
・092-722-5477

受付時間:9:30〜17:30(年中無休)

解約の手順は下記の通りです。オリコテレホンサービスとオリコカードセンター、どちらに連絡した場合でも基本的には同じ手順で手続きを進めることができます。

  • STEP1
    サービス番号「80」を入力
  • STEP2
    カード番号16桁を入力する
  • STEP3
    暗証番号4桁を入力する
  • STEP4
    自動音声の案内に従う

解約手続きが完了したら、個人情報の流出などのトラブルを防ぐためにも手元のオリコカードはハサミやシュレッダーなどで断裁して処分しましょう

脱会(解約)届を印刷し、郵送する

オリコカード公式サイトからPDFファイルをダウンロードすることができます。

このPDFを印刷し、カード番号や氏名などの必要事項を記入の上、84円切手を貼って返送することで、解約手続きが完了します。

郵送に必要な発送料(切手代)84円契約者側が負担する必要があるため、注意が必要です。

解約届を記入する際には下記のような情報が必要になりますので、手元にオリコカードを用意した上で手続きを進めましょう。

  • カード名称
  • 氏名、生年月日、住所などの個人情報
  • 電話番号
  • カード番号
  • 脱会完了通知書の送付の希望有無

解約の処理が完了しても特にこちらに解約完了の連絡が来ることはありません

住宅ローンの審査時など、借入れ状況の確認のために解約証明書の提出が求められる場合があります。

もし「いつ解約が完了したのか知りたい」という場合には、「脱会完了通知書の送付希望」欄に〇をしましょう。

脱会(解約)届を資料請求し、郵送する

オリコカード公式サイトから脱会(解約)届を資料請求し、必要事項を記入の上、返送することで解約手続きが完了します。

資料請求の際には氏名、電話番号、住所、メールアドレスの入力が必要です。

届いた資料に記入する必要事項は、主にPDFをダウンロードした場合と同様です。また、資料請求の場合は返送のための発送料(切手代)を負担する必要はありません

一番手間のかからない解約方法は?手続きにかかる時間を比較

それぞれの解約方法で解約完了までにかかる時間と費用を比較しました。

解約方法 解約完了までの時間 解約手続き上で発生する費用
電話連絡 即時 通話料
解約届を印刷・返送 約1週間〜10日 返送時の切手代(84円)
解約届を資料請求・返送 約2週間〜20日 -

年会費請求の月が迫っているなど、急ぎで解約手続きを終わらせたい方や、記入などの作業が面倒な方には電話連絡がおすすめです。

オリコカードの年会費が請求されるタイミングはこちらから確認できます。

解約手続き時に手数料は発生するのか?

オリコカードを解約する際に解約手数料などの料金は発生しません。ただし、解約方法によっては通話料や切手代の負担が必要になります。

「解約届を資料請求する方法」は解約完了までに時間がかかりますが、手続き時に契約者側が負担しなければならない料金が発生しないというメリットもあります。

亡くなった親族や認知症の家族のカードを代理で解約する方法

認知症などの病気や死亡などの理由で契約者本人がオリコカードを解約できない場合、相続人が解約手続きを行う必要があります

契約者本人以外が代理で解約を行う際には、戸籍謄本などの証明書が必要であったり、限られた解約方法でしか手続きを進められなかったりすることがあるため、事前に問い合わせておくとよいでしょう。

特に、契約者本人が亡くなったからといって自動解約となるわけではありませんので、注意が必要です。

未払金が残っている場合は解約後に相続人に請求が来ることになりますが、限定承認相続放棄などの手続きを行うことによって債務負担を軽減することも可能です。

解約証明書の発行方法

解約手続きを終えた後、いつ解約処理が完了したか個別に連絡が来ることはありませんが、希望すれば退会完了の証明として「解約証明書」を発行してもらうことができます。

また、住宅ローンを組む際などにクレジットカードの解約証明書が求められる場合があります。

郵送の場合は解約届の「脱会完了通知書の送付希望」欄に〇をして返送する、電話の場合はオリコカードセンターに電話をかけ「脱会完了通知書を送付してほしい」と伝えることで、解約証明書を発行してもらうことが可能です。

オリコカードを解約する時の注意点

一度解約してしまうと、再度オリコカードを使いたくなった場合には、もう一度新規申し込みを行い審査を受ける必要が生じます

オリコカードを解約すると使えなくなってしまう付帯特典解約すべきタイミングなど、解約を検討されている方は手続きを進める前に一度確認しておくのがおすすめです。

付帯の特典やポイントも使えなくなる点に注意

オリコカードを解約すると、クレジットカードとしての機能だけでなく、これまで利用していた付帯の優待サービスやポイント、追加カードなども使えなくなります。

ポイントが残っていないか

オリコカードを解約すると、当然ですが貯まっていたポイントも全て失効してしまいます。

オリコカードで貯まるポイント(暮らスマイル)は、最低200スマイルから景品、または最低100スマイルから別のポイントに交換することが可能ですので、100スマイル以上貯まっている場合は交換を済ませてから解約を進めましょう。

200〜400ポイントでは、下記のような商品と交換できます。

  • クレハ オリジナルギフトセット(200スマイル)
  • ジップロック スクリューロック8個入りアソートボックス(300スマイル)
  • TOHOシネマズ 映画ご鑑賞券1枚(400スマイル)

1,000ポイント以上貯まっている場合、この他にも家電や図書カードなどをはじめとした様々な景品と交換が可能です。

他社のポイントに交換する際には、一度暮らスマイルをオリコポイントへ交換する必要があります。

暮らスマイルからオリコポイントへの交換は最低1スマイルから交換可能です。他社ポイントと交換する場合の交換レートは下記の通りです。

ポイント名 交換可能
最低スマイル
交換レート
(暮らスマイル
→オリコポイント
→交換後)
Amazonギフト券 100スマイル 100スマイル
→500ポイント
500円分
Tポイント 200スマイル 200スマイル
→1,000ポイント
1,000ポイント
楽天ポイント 200スマイル 200スマイル
→1,000ポイント
700ポイント
App store
&iTunes
ギフトカード
100スマイル 100スマイル
→500ポイント
500円分
ANAマイレージ
クラブ
200スマイル 200スマイル
→1,000ポイント
600マイル

この他にも20種類以上の他社ポイントとの交換が可能です。

もし別のオリコカード(オリコカード ザ ポイントなど)に切り替える場合でも、貯めたポイントを交換せずに引き継ぐことはできませんので注意が必要です。

追加カードやサービスなども利用できなくなる

オリコカードを解約すると、追加で発行したETCカード家族カードも同時に解約となりますQUICPay一体型のオリコカードを利用している場合、QUICPayも使えなくなってしまうため注意しましょう。

また、オリコカードには海外旅行傷害保険自動付帯するというメリットがあります。海外へ行く機会が多い方にとっては持っているだけで心強い付帯特典ですが、そうでない場合はあまり活用の機会が無い特典です。

キャンペーンにエントリーしていないか

入会キャンペーンなど、期間が定められたキャンペーンにエントリーしている場合、期間中に解約してしまうとポイント付与などのキャンペーン対象外となってしまいます。

支払い周りの注意点

オリコカードを解約する時に分割払いやリボ払いに設定している未払い金が残っている場合でも、解約時にまとめて請求されるということはありません

その点ではオリコカードは解約時に手間がかからないカードであると言えますが、解約するタイミングによっては「解約したのに年会費が引き落とされてしまった」ということも起こりかねませんので、注意が必要です。

オリコカードはいつまでに解約すれば年会費が請求されないのか

年会費が引き落とされる前にオリコカードを解約するには、年会費請求月の前月末日までに解約手続きを完了させる必要があります。

オリコカードの年会費請求月は、券面に記載されている有効期限月の翌月です。

つまり、「01/’26」と記載されている場合は1月が有効期限月となり、2月に年会費が請求されますので、1月末日までに解約手続きを終わらせることで年会費の引き落としを回避することができます。

自動引き落としのカードに登録していないか

公共料金携帯料金など毎月の支払いにオリコカードを登録している場合、解約前に引き落とし先を変更しておく必要があります

クレジット決済に設定している機種代金の分割が含まれている携帯料金や公共料金を延滞してしまうと、クレジットカードの延滞と同様に金融事故に繋がる可能性があります。

金融事故を起こしてしまうと、新たにクレジットカードを作るのが難しくなったり、ローンが組めなくなったりと生活に支障が出てしまいますので注意しましょう。

オリコカードを解約したいけどできない時のよくある事例

「オリコカードを解約したいのにできない」という場合によくある解約できない3つの原因をご紹介します。

紛失・盗難などの理由でカードが手元にない

紛失や盗難などの理由でカードが手元にない場合、解約の手続きを進めることはできません。

不正利用や個人情報流出を防ぐためにも、まずはオリコカードの紛失・盗難受付ダイヤルに連絡し、最寄りの警察署や交番に届け出ましょう。

何らかの理由でカード番号が不明、または誤っている場合

カードが破損しているなどの理由でカード番号が分からない場合や、カード番号や暗証番号の入力(記載)を誤ってしまった場合には、正しく解約処理を進めることができません。

カード番号を誤ることのないように、オリコカードを手元に用意して確認しながら解約手続きを進めるのがおすすめです。

家賃支払いのためにオリコカードを契約している

賃貸契約の際に家賃支払いを条件にオリコカードを作っている場合、解約することはできません。

どうしてもカードのみを解約したい際には、マンション・アパートの管理会社や不動産会社に相談してみましょう。

オリコカードが強制解約(自動解約)されてしまう原因

クレジットカードの使い方や契約者の信用情報に問題があると、解約するつもりがなかったのに勝手に解約されてしまうことがあります。

支払いを延滞(滞納)した

長期間の延滞滞納が複数回重なってしまうと、自動解約されてしまうケースがあります。

1度だけ、1日だけの滞納で解約になることはほとんどありませんが、1か月以上延滞してしまうと強制的に解約される場合があるため、注意が必要です。

オリコカードの利用規約に違反した

利用規約に違反することも、強制的にカード利用が止められてしまう原因の一つです。

具体的には、契約者本人以外へのカードの貸与、ショッピング枠の現金化、登録情報の虚偽の申告などが挙げられます。

虚偽の申告には、「引っ越した住所や変更した電話番号を申告していない」というものも含まれます。これらの情報に変更があった場合には、速やかにカード会社に変更の連絡を行うようにしましょう。

金融事故を起こした

オリコカードの支払いや申告に問題が無かった場合でも、他社のクレジットカードやローンで金融事故を起こしてしまった場合にも自動解約となることがあります。

クレジットカードの契約情報や延滞などの履歴は全て信用情報機関に記録され、会社間で共有されているため、他社のカードの支払いも延滞することのないよう注意が必要です。

オリコカードの解約方法は電話が手軽!ただしポイントや特典がなくなることに注意

オリコカードを解約する際、手続きの手軽さや解約完了までの時間の短さでは、電話連絡がもっともおすすめです

電話なしで解約をしたいという方には、オリコカードの公式サイトから解約届を印刷、または資料請求をしてカード情報を記入し、返送する方法で手続きを進めましょう。

使っていないクレジットカードを保持し続けることには不正利用などのトラブルに気付きにくい年会費が無駄に引き落とされてしまうなどのデメリットがありますので、解約手続きは手早く終えてしまうのがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ