イオンカードのデメリットを補完する高還元サブカード


5%割引が魅力のイオンカードとは

イオンクレジットサービス株式会社の発行する「イオンカード」は、スーパーマーケット系のクレジットカードの中でも代表的な一枚です。 買い物に利用するごとにポイント(ときめきポイント)が貯まるのはもちろん、持っているだけでもイオン系列店での買い物で割引を受けられる点が大きなメリットとなっています。

たとえば毎月20日・30日の「お客さま感謝デー」には、全国のイオンやビブレ、マックスバリュ、イオンスーパーセンターなどのイオン系列店の店頭レジでイオンカードを提示するだけで、 買い物の代金が5%割引になります。また5の付く日の「お客さまわくわくデー」に、イオン系列店での買い物にイオンカードを使うと、通常は200円で1ポイント貯まるときめきポイントが2倍になるという特典もあります。

さらにイオンカードには、電子マネーWAONが一体化したものもあり、 チャージしたWAONで200円買い物するごとに1WAONポイントを貯めることができます。このようにイオンカードは、イオン系列店をよく利用する方には非常にメリットの多いクレジットカードです。

イオンカードにはさまざまなラインナップがありますが、中でも「お客さま感謝デー」や「お客さまわくわくデー」などの割引サービスを受けられるイオンカードには以下のようなものがあります。

イオンカード

もっともシンプルなイオンカードです。電子マネーWAONが付いたタイプ(WAON一体型)と、イオンカードとWAONカードを別々に持つことができるタイプ(分離型)から、好きなほうを選ぶことができます。
また55歳以上の方限定の「G.Gマーク」付きのイオンカードもあり、こちらは毎月15日の「G.G感謝デー」にイオンカードで支払いすると、 代金が5%割引になります。

イオンカードセレクト

通常のイオンカードに、イオン銀行のキャッシング機能や、電子マネーWAONが付いたクレジットカードです。申し込む際にはイオン銀行の口座を開設しなくてはいけませんが、給与振り込みや公共料金の支払い口座に設定すると、 毎月5〜10WAONポイントが付与されるなどのメリットがあります。

イオンデビットカード

買い物での支払いに利用すると、その場でイオン銀行の口座から代金が自動的に引き落としされるカードです。イオン系列店のほか、国内・海外のVISAカードが使えるお店や、イオンマークのある加盟店で使用することができます。
代金は即時に口座から引き落とされるため、既にイオン銀行の口座を開設しており、また買い物の代金分の残高があることが条件となります。

ベネッセ・イオンカード

WAON一体型のイオンカードです。ベネッセコーポレーションとの提携カードのため、ベネッセ商品をカード払いで購入すると、ときめきポイントと共に「ベネッセポイント」がダブルで貯まります。
また 「こどもちゃれんじ」や「進研ゼミ」の支払い手数料が無料になるなど、子どものいる方には何かとお得な一枚です。

銀行提携のイオンカード

「荘銀イオンカード」「とりぎんイオンカード」「福銀イオンカード」「三重銀イオンカード」の4種類があります。いずれも提携銀行のキャッシュカード機能が付いているイオンカードです。

高速道路の利用に便利なイオンカード

「イオン首都高カード」や「イオンTHRU WAYカード(WAON一体型)」「イオン E-NEXCO pass カード(WAON一体型)」「イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)」など、高速道路のサービスが充実したイオンカードです。
たとえばETC機能の付いた「イオン首都高カード」は、日曜日に首都高をETC利用で通行すると、 通行料金が5%割引になります。

電車のICカードが付いたイオンカード

「イオンSuicaカード」や「イオンKitacaカード」など、電車で使える電子マネー機能の付いたイオンカードです。貯まったときめきポイントは、SuicaやKitacaのポイントに交換することができます。

イオンゴールドカード

ワンランク上のイオンカードです。既にイオンカードを持っている方で、利用実績など一定の条件を満たした方だけが招待され所有できる、インビテーションカードになります。
通常のイオンカードの特典に加え、最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が自動付帯されるほか、イオン各店にある「イオンラウンジ」や、羽田空港にある「エアポートラウンジ」を無料で利用できるなどの特典が付いています。

上記のほかにもさまざまなタイプのイオンカードがありますが、 中でも人気を二分しているのは「イオンカード」と「イオンカードセレクト」の2枚です。特に他の提携先のサービスを必要としない方は、この2枚のどちらかに申し込むことをおすすめします。

イオン銀行のキャッシングカードと一体化した「イオンカードセレクト」は、電子マネーWAONのポイントを効率的に貯められるほか、イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)の映画チケットの支払いに利用すると500円の割引が受けられるなど(通常のイオンカードでは300円割引)、よりお得な一枚となっています。


カードの詳細はこちら



会員特典がいっぱいだから選ばれている

イオンカードには、イオン系列店での買い物の割引をはじめとして、さまざまな特典が付いています。

イオンカードの割引特典

お客さま感謝デー
イオンカードの特典の中の目玉となるサービスです。毎月20日・30日のお客さま感謝デーに、イオン系列各店でのレジでイオンカードを提示、もしくはWAONで支払いするだけで、 代金が5%割引になります(カード払いにする必要はありません)。
カウンセリング化粧品が、常に10%オフ !
イオン直営の化粧品売り場にあるカウンセリング化粧品は、イオンカードを提示するだけで 常に10%割引で購入できます。さらにお客さま感謝デーには5%オフも加わり、15%割引となるため大変お得です。
G.G感謝デー
55歳以上の方を対象とした「G.Gマーク」付きのイオンカード限定のサービスです。毎月15日は「G.G感謝デー」として、イオン系列店での買い物にイオンカードを使用すると、 代金が5%割引になります。もしくはWAON一体型カードの場合、WAONでの支払いによっても同じく5%割引を受けられます。

イオンカードのポイント特典

お客さまわくわくデー
毎月5の付く日(5日・15日・25日)は、お客さまわくわくデーとして、普段よりもお得にポイントを貯めることができます。通常、イオンカードを使って買い物をすると200円で1ポイントのときめきポイントが貯まりますが、お客さまわくわくデーには 200円=2ポイントを貯めることができます。
Wポイントデー
毎月10日の「Wポイントデー」には、イオン系列店での買い物にイオンカードを使うと、 200円ごとにときめきポイントが2ポイント貯まります。
リボときめき5倍デー
毎月5日・15日・25日に、イオン系列店での買い物をイオンカードでリボ払いにすると、 200円ごとにときめきポイント5ポイントが付与されます。

施設の優待特典

イオンカードの優待施設に指定されている、全国各地のホテルや旅館、レジャー施設、飲食店、カーショップ、美容室などでイオンカードを提示もしくは決済すると、代金の割引を受けることができます。たとえば東京では「渋谷東急イン」や「東京グランドホテル」、「カラオケビッグエコー」などが優待施設です。
適用となる条件は施設によって異なりますが、 イオンカードを提示するだけで10%割引を受けられる施設もあります。

旅行やレジャーの特典

トラベルサポート
世界14ヵ国25ヵ所に設置されている「イオンワールドデスク」を無料で利用することができます。デスクでは各国・各都市に関する情報を問い合わせできるほか、飛行機やレンタカーの予約などもしてもらえますので、海外旅行時にはとても便利です(サービス内容によっては有料になるものもあります)。
映画鑑賞割引
イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ)の映画チケットの購入にイオンカードを利用すると、一般料金が会員の方と同伴の方(大人)1名まで 300円割引になります。「イオンカードセレクト」の場合は500円の割引となります。

安心のサービス

ショッピングセーフティ保険
イオンカードで決済した5,000円以上の商品が、事故や過失などで破損した際、購入日から180日間であれば商品の補償を受けることができます。
カード盗難保障
紛失や盗難によって、第三者にイオンカードを不正利用された場合、損害額を補償してもらうことができます。

デメリットはポイントの還元率

イオンカードには、店頭レジで提示するだけで買い物代金が5%割引になる「お客さま感謝デー」をはじめとする、数々のお得な特典が付いています。しかし一方で、ポイント還元率については高いとはいえません。

イオンカードで貯められるポイントには、クレジットカードで貯められる「 ときめきポイント」と、WAONカードで貯められる「WAONポイント」の2種類があります。


ときめきポイントが貯まりにくい理由とは ?

ときめきポイントは、通常イオンカードで200円買い物するごとに1ポイントが付与されます。1ポイントは1円分の価値がありますので、ときめきポイントの還元率は「0.5%」です。

貯まったときめきポイントは1,000ポイントから、カタログに掲載されている商品のほか、JALのマイルやドコモポイント、ベネッセポイントなどに交換が可能です。また電子マネーWAONへ、 1,000ポイント=1,000WAONとして交換もできます。

よりお得にポイントを貯められる機会としては、毎月5の付く日の「お客さまわくわくデー」(ポイント2倍)や、毎月10日の「ときめきWポイントデー」(ポイント2倍)、毎月5の付く日の「リボときめき5倍デー」(リボ払いに限りポイント5倍)などがあります。
またネットショップでお得にときめきポイントを貯めたい場合は、「ときめきポイントTOWN」というショッピングサイトを経由して買い物をするという方法もあります。

ただし基本的には、イオン系列店での買い物が多い人でなければ、なかなかポイントが貯まりにくいクレジットカードです。また200円で1ポイントが貯まるイオンカードでは、 200円未満の端数は切り捨てられてしまう点にも注意しましょう。つまり500円買い物した場合、付与されるときめきポイントは2ポイントですので(100円は切り捨て)、還元率は0.4%となってしまうのです。

ちなみにランクの高い「イオンゴールドカード」でも、ポイント付与の仕組みは変わりません。つまり「お客さまわくわくデー」など一部のチャンスを除いて、イオンカードは基本的に「還元率0.5%」の壁を越えられないクレジットカードなのです。

イオンカード最大のメリットは、カード提示だけで5%の割引を受けられる「お客さま感謝デー」にあると考えたほうがいいかもしれません。

WAONポイントをお得に貯めるには、口座手続きが必要 !

電子マネーWAON機能の付いたイオンカードでは、WAONで200円買い物するごとに1WAONポイントが付与されます。ですからこちらも、ポイント還元率は0.5%です(200円未満の端数が切り捨てられる点も、ときめきポイントと同じです)。
買い物で付与されたWAONポイントは、WAONに交換(ポイントチャージ)した後、次回の買い物に使うことができます。

WAONポイントをお得に貯められるイオンカードは

WAON一体型の「イオンカードセレクト」です。イオンカードセレクトでは、WAONを使っての買い物以外にも、WAONポイントを貯める方法がいくつかあります。

WAONオートチャージ200円ごとに1WAONポイントが貯まる !
WAONをチャージするためには、イオン各店にある「WAONステーション」や、オンラインの「WAONネットステーション」を通して手動でチャージするほかに、オートチャージという方法があります。これは WAON残高が、設定した金額未満になると、登録してあるクレジットカードから自動的にチャージされるシステムです。利用するためには、事前に「オートチャージ申請」をする必要があります。

オートチャージは、WAON一体型のイオンカードであればどれでも利用が可能ですが、これによって WAONポイントが付くのはイオンカードセレクトのみになります。普通のイオンカードではどんなにチャージしてもWAONポイントは付かないのに対し、イオンカードセレクトでは、200円のオートチャージごとに1WAONポイントが自動的に付与されるのです。
付与されたWAONポイントは、翌月の17日以降にWAONステーションで受け取ることができます。
イオン銀行で公共料金を支払うと、1件につき毎月5WAONポイントが貯まる !
イオンカードセレクトは、イオン銀行のキャッシングカードと一体化したクレジットカードですので、イオン銀行口座の活用によってもWAONポイントを貯めることができます。

公共料金(電気・固定電話・携帯電話・NHKのみ)の支払い口座としてイオン銀行の口座を指定すると、 1件につき毎月5WAONポイントが付与されます。
イオン銀行を給与の振込口座にすると、毎月10WAONポイントが貯まる !
給与の振込にイオン銀行の口座を設定すると、 毎月10ポイントが付与されます。ただし入金方法が「給与」扱いになっている場合のみ適用されますので、事前に勤務先への確認が必要です。
付与されたポイントは公共料金の際と同様、翌月の17日以降にWAONステーションにて受け取ることができます。

このようにイオンカードセレクトでは、よりお得にWAONポイントを貯めることができるのですが、イオンカードセレクトを作るためにはイオン銀行の口座を開設しなくてはなりません。さらにクレジットカードの引き落とし口座として設定するのはもちろん、WAONポイントをお得に貯めたい場合は、公共料金や給与の振込先口座としても指定する必要があります。

つまりイオンカードセレクトでWAONポイントを効率的に貯めようとすれば、銀行口座を自由に設定することはできなくなり、また各支払いの口座を変更する手間もかかってしまう点がデメリットです。

ポイントアップもあり、年会費無料で持てるポイントカード

貯めたポイントをもっと上手に使っていきたいと考えるならば、ポイント還元率の高くないイオンカードは、イオン系列店での割引を受けるためのクレジットカードとして持っておき、実際の買い物にはポイント付与に力を入れたサブカードを使うことが良い方法です。たとえばイオンカードと同様「年会費無料」で、イオンカードよりポイント還元率が高いクレジットカードとしては、オリコの「オリコカードザポイント」がおすすめの1枚です。

オリコカードザポイントの特長

どこで使っても、100円のカードショッピングにつき1オリコポイントが貯まる !
オリコカードザポイントでは、100円の買い物ごとに1オリコポイントが付与されます。1オリコポイントは1円分の価値を持ちますので、 ポイント還元率は常に1.0%です。
イオンカードの0.5%と比べると、2倍の還元率
になります。

また100円単位でポイントが付与されるため、端数の切り捨てが少ない点もメリットです。たとえば イオンカードで500円の買い物をすると、ときめきポイントは2ポイントしか貯まりませんが、オリコカードザポイントなら5オリコポイントが貯まりますので、その差は歴然です。
入会後6ヶ月間は、ポイント還元率が2倍に !
オリコカードザポイントでは、入会後半年間は「 100円のカード利用につき2オリコポイント」が貯まります。つまり還元率は2.0%と、数あるクレジットカードの中でも非常に高い数値となります。
オリコモール経由のネットショッピングで、0.5%分の特別加算 !
ネットショッピングをする際は、オリコモールを経由してショップにアクセスすると、通常のオリコポイント獲得分に加え、さらに0.5%分のオリコポイントが加算されます。 たとえば1,000円の買い物をした場合、通常10オリコポイント貯まるところ、15オリコポイントを獲得することが可能です。

オリコカードザポイントは店舗に関わりなく同じポイント還元率となっているため、もちろんイオン各店でも利用してポイントを貯めることができます。イオン系列店での買い物が多い方で、より効率的にポイントを貯めたい場合は、「お客さま感謝デー」にはイオンカードを提示して5%割引で買い物をし、普段の買い物にはオリコカードザポイントを利用してお得にポイントを貯める、という方法をとることをおすすめします。

ちなみに「お客さま感謝デー」の日も、イオンカードさえ提示すれば、支払いにオリコカードザポイントを使用しても変わらず5%の割引を受けることが可能です。

「イオンカードは作ったけれど、『お客さま感謝デー』以外の日にはほとんど活用していない」という方は、オリコカードザポイントをメインカードに切り替えて使っていきましょう。オリコカードザポイントなら、イオンカードのように1,000ポイントからではなく500ポイントから交換ができますので、貯めたポイントの使い道の幅も広がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ

クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード
ページの先頭へ