引っ越し費用はクレジットカード払い可能か? クレジットカード払いができる大手引っ越し会社9選!

そもそも引っ越し費用はクレジットカード払い可能か?

引っ越し費用は、単身の場合でも4から5万円ほどかかります。そのため、現金払い一括ではなくポイントが貯まる、分割したいといった理由からクレジットカード払いにしたいという方も多いのではないでしょうか。

実際のところ、全ての引っ越し業者が対応している訳ではありませんが、引っ越し費用のクレジットカード払いは可能です。手持ちがない方やまとまったお金を手元に持っておくことに懸念がある方には朗報でしょう。

クレジットカード払いにするメリット

引っ越し費用をクレジットカード払いにするメリットとは何でしょうか。

まず、手持ちがなくても費用の決済ができるというメリットがあります。引っ越しは、新たな住まいの契約にかかる敷金や礼金などの費用だけでなく、家具や家電、生活用品などの購入費用もかかります。

実際、想定していた金額よりも高くついてしまったという方は少なくありません。そんなとき、引っ越し費用をクレジットカード払いにできれば、支払いは翌月以降になりますから負担を分散させることができます。

現金払いの場合は基本的に一括で支払うことになりますが、クレジットカードは分割払いやリボ払いの選択ができますから無理なく返済できるのもメリットです。

さらに、契約しているクレジットカードによっては、利用金額に応じてポイントが付与されます。貯まったポイントは、キャッシュバックやマイルや商品券などとの交換できますから無駄がありません。

効率よくポイントを貯めたいという方にも、引っ越し費用のクレジットカード払いはおすすめなのです。

クレジットカード払いにするデメリット

引っ越し費用をクレジットカード払いにするデメリットとは何でしょうか。

それは、分割払いやリボ払いにした場合、支払い手数料がかかるため割高になってしまうことです。

無理のない範囲で返済できる反面、支払い回数が多いほど手数料の負担も大きくなります。実質の支払い金額を安く抑えたい場合は、クレジットカードの一括払いもしくは現金払いにするのが無難でしょう。

それから、引っ越し費用のクレジットカード払いは、引っ越し業者によって対応しているケースとそうでないケースがあります。ただ費用が安いからという理由だけで決めてしまうと、後でクレジットカード払いが利用できないことを知り、大変なことになるかもしれません。

引っ越し費用をクレジットカード払いにしたい方は、料金だけでなく“支払い方法”も事前に確認した上で契約することをおすすめします。

クレジットカード払いができる大手引っ越し会社9選!

クレジットカード払いができる大手引っ越し会社について確認していきましょう。

下記に挙げる9つの引っ越し会社では、クレジットカード払いが利用できます。会社によっては、クレジットカード払いにすることで引っ越し代金の割引特典を受けられるため、現金払いよりもお得です。

中には、指定のクレジットカードで引っ越し代金を決済すると割引率が高くなるケースもあります。できる限りお得に引っ越しを済ませたいという方は、先に割引率が高いクレジットカードを事前に申込んでおくといいでしょう。

ただし、サカイ引越センターのように一括払いしかできないケースもありますから、支払い回数についても事前に利用する引っ越し会社に確認してみてください。

引っ越し会社名 使えるクレジットカードのブランド その他
アート引越センター VISA,JCB,Master,アメリカンエキスプレスなど イオンカードでの決済で10?20%OFFの割引特典あり オリコカード、セディナカードでの決済で20%OFFの割引特典あり UFJニコスカードでの決済で25%の割引特典あり
日本通運 VISA,JCB,Master,アメリカンエキスプレスなど 見積もり時に要申告 セディナカードでの決済で20%OFFの割引
サカイ引越センター VISA,JCB,Masterなど 支払い方法は一括のみ 見積もり時に要申告 三井住友VISAカードでの決済で25%OFFの割引特典 イオンカードでの決済で10?20%OFFの割引特典 セディナカードでの決済で20%OFFの割引 UFJニコスカードでの決済で25%の割引特典あり
ヤマトホームコンビニエンス VISA,JCB,Master,アメリカンエキスプレスなど 事前の申告が必要 25%OFFの割引特典 単身引越し2,000円割引特典あり
ハート引越センター VISA,JCB,Masterなど 20%OFFの割引特典
アーク引越センター VISA,JCB,Master,アメリカンエキスプレス 支払い手数料がかかる
アリさんマークの引越社 VISA,JCB,Masterなど 一括またはリボ払いのみ 25%OFFの割引特典 セディナカードでの決済で20%OFFの割引 UFJニコスカードでの決済で25%の割引特典あり
ハトのマークの引越センター VISA,JCB,Masterなど プランによってはクレジットカードが使えないケースあり
松本引っ越しセンター VISA,JCB,Masterなど イオンカードの利用で10?20%の割引特典

基本的に、引っ越し代金をクレジットカード払いにする場合、事前に申告しておかなければなりません。支払い時に突然「クレジットカード払いでお願いします」と伝えても引っ越し会社が対応できない可能性もあるので注意しましょう。

クレジットカード払いの使い方や注意点

引っ越し費用をクレジットカード払いにするための使い方や注意点について確認していきましょう。

まず、クレジットカード決済をする場合は、見積もり時などの段階で申告しておく必要があります。中には事前の申告がなくても対応してくれる引っ越し会社はありますが、後になって困ることがないよう、先にクレジットカード払いを希望している旨を伝えておくことをおすすめします。

クレジットカード払いの申告をする際、持っているクレジットカードが使えるかどうか、支払い回数の選択ができるかどうかも確認してください。引っ越し会社の中には、特定のクレジットカードでしか決済できないケースもあります。

また、クレジットカードの種類に指定がない場合でも、支払い回数は一括またはリボ払いのみしか対応できないケースや支払い手数料がかかる引っ越し会社もあります。

支払い当日になってクレジットカード決済ができないといった事態を防ぐためにも、事前確認はしっかり行うようにしましょう。

ちなみに、引っ越し費用の支払いは“前払い”が基本です。中には後払いができる引っ越し会社もあるようですが、前払いの認識を持っておくといいかもしれません。引っ越し会社側で不要なトラブルを防ぐために前払いとしているケースが多いのです。

引っ越し費用はクレジットカード払いがお得!

引っ越し費用の支払いは、現金よりもクレジットカード払いの方がお得で便利です。その際、利用する引っ越し会社が提携しているクレジットカードで決済すると、20%前後の割引が受けられるため費用の節約にもつながります。

もし、引っ越し会社が提携しているクレジットカードを持っていない方は、引っ越しをする2?3ヶ月前に申込みを済ませておきましょう。

また、決済できないといったトラブルにならないよう、引っ越し代金の見積もりが提示された際にクレジットカード払いを希望している旨を伝えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ