年収500万円の方におすすめのクレジットカード!高ステータスなカードから最適なクレジットカードを見つけよう



年収500万円の方におすすめのクレジットカードのタイトル

年収が500万円近く、あるいは500万円以上になりますと車やマイホームの購入など、人生の中でも大きな買い物をする機会が増えると考えられます。

勤めている会社の勤続年数も長くなるため、ステータス性を意識し始める、あるいは既に重視している方も多いでしょう。

今回は年収500万円の方におすすめなクレジットカードの中でも、ゴールドカードプラチナカードといったカードをメインにしてご紹介します。

高ステータスな分、クレジットカードの審査も厳しい傾向がありますので、審査に通過するポイントも合わせてご確認下さい。

この記事でわかること

・年収500万円の方におすすめなゴールドカード
・年収500万円の方におすすめなプラチナカード
・高ステータスなカードの審査に通過するためには

カードフェイス 年会費 国際ブランド ポイント還元率
5,500円(税込)
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
VISA
Mastercard
カード利用金額200円(税込)利用で1ポイント(1円相当)
31,900円(税込) AmericanExpress 利用代金100円につき1ポイント
JCBプラチナ
JCBプラチナ
27,500円(税込) JCB 毎月の利用合計金額
1,000円(税込)ごとに1ポイント
33,000円(税込) VISA 利用金額100円(税込)ごとに
1ポイント

年収500万円の方におすすめなゴールドカード

年収500万円の方におすすめなゴールドカード

ゴールドクラスのクレジットカードは、一般クラスのクレジットカードに比べて上限額が高いことが多く、年収500万円の方にとっては日々の生活でマストとなる可能性もあるでしょう。

そこで、数あるゴールドカードの中でも人気を誇る三井住友カード ゴールド(NL)アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードについてご紹介します。

三井住友カード ゴールド(NL)


三井住友カード ゴールド(NL)


年会費 5,500円(税込)
年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料
申込資格 満20歳以上で、本人に安定継続収入のある方
国際ブランド VISA Mastercard
ポイント還元率 カード利用金額200円(税込)利用で1ポイント(1円相当)

三井住友カード ゴールド(NL)は年会費が5,500円(税込)なため、年会費を抑えてゴールドカードを持ちたい方におすすめなクレジットカードです。

セブン‐イレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで三井住友カード ゴールド(NL)を利用すると +2%、さらにVisaのタッチ決済またはMastercardコンタクトレスを使っての支払うと+2.5%加算されますので、通常のポイントと合わせて合計最大5%還元できます。

※一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元にならない場合があります。
※一部Visaのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。

ナンバーレスで安心安全に買い物ができる

三井住友カード ゴールド(NL)の特徴は、カード券面にカード番号等が印字されていないため、外出先でも安心して利用でき、カード番号の確認やカードの利用制限、ポイント管理をVpassアプリから行えます。

さらに、三井住友カード ゴールド(NL)のカードデザインは「ゴールド(通常)」と「グリーン」の2種類が用意されており、自身の好みに合わせて選べます。

条件を満たすと年会費が永年無料!

三井住友カード ゴールド(NL)は、年間100万円の利用で翌年以降の年会費を永年無料にすることができます。


永年無料の条件

【ご利用対象期間の考え方】
初年度・・・カード加入日から11ヵ月後末日まで
翌年度以降・・・カード加入月の1日から11ヵ月後末日まで

三井住友カード公式HPより引用

初年度に条件を達成できなかった場合も翌年度にもう一度挑戦できますので、計画的に三井住友カード ゴールド(NL)を利用すると良いでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


年会費 31,900円(税込)
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド AmericanExpress
ポイント還元率 利用代金100円につき1ポイント

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは高いステータス性を持つクレジットカードとして印象が深く、ゴールドカードになりますとよりサービスや特典がとても充実しています。

また、継続特典として、「ザ・ホテル・コレクション」の国内対象ホテルで2泊以上を予約した際に利用できる15,000円クーポンや、スターバックスの公式モバイルアプリ等で使えるスターバックス特典(3,000円分)がプレゼントされます。

ワンランク上のサービスを受けてみたいと考えている方におすすめのゴールドカードです。

トラベル面をサポートしてくれる特典が豊富!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、旅行する際に利用できる付帯サービスがたくさん用意されていることも魅力の1つです。

例えば、海外旅行で成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港を利用する場合、カード会員1名につきスーツケース1個まで配送される手荷物無料宅配サービスや、キャンセル費用などを年間最高10万円まで補償するキャンセル・プロテクション等があります。

もちろん、海外旅行傷害保険は利用付帯で最高1億円までですので、万が一の場合に対応できるようなカードです。

年収500万円の方におすすめなプラチナカード

年収500万円の方におすすめなプラチナカード

プラチナカードは一般的にクレジットカードの最上級ランクに該当しており、言わずもがな高ステータスなクレジットカードが多数あります。

今回は特に有名なプラチナカード、JCBプラチナ三井住友カードプラチナプリファードついてご紹介します。

JCBプラチナ


JCBプラチナ


年会費 27,500円(税込)
申込資格 25歳以上で、本人に安定継続収入のある方
※学生の方は申し込み不可
国際ブランド JCB
ポイント還元率 毎月の利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント

JCBプラチナは日本のクレジットカード会社であるジェーシービーから発行されているプラチナカードです。

プラチナカードらしく、プラチナ・コンシェルジュデスクグルメ・ベネフィットプライオリティ・パスといったサービスが用意されています。

また、JCBプラチナは招待制ではなく申し込み制なため、ゴールドカードから実績を積まないと申し込めない、ということはありません

プラチナ・コンシェルジュデスクでサポートが受けられる

プラチナ・コンシェルジュデスクは24時間、365日利用でき、国内外のホテルの予約、航空券の手配といった旅行関連のサポートだけでなく、エンターテインメントの案内等も可能な限り受け付けています。

JCBプラチナを持つだけで秘書が1人いるようなサポートが受けれるでしょう。

三井住友カードプラチナプリファード


三井住友カードプラチナプリファード


年会費 33,000円(税込)
申込資格 原則として満20歳以上、ご本人に安定継続収入のある方 
国際ブランド VISA
ポイント還元率 利用金額100円(税込)ごとに1ポイント

三井住友カードプラチナプリファードはポイント還元に特化したプラチナカードであり、ポイントを重視して貯めたい方におすすめです。

カードのデザインはブラックとプラチナホワイトの2種類、カードの表にはカード番号の記載がなく、非接触で支払いができるVisaのタッチ決済が搭載されています。

新規入会&利用特典でポイントがもらえる!

三井住友カードプラチナプリファードの通常ポイント還元率は1%ですが、新規入会&利用特典として入会月の3ヵ月後末までに40万円以上を利用すると+40,000ポイントがプレゼントされます。

さらに継続特典として毎年、前年100万円の利用で+10,000ポイント、最大40,000ポイントが獲得できます。

高ステータスなクレジットカードの審査に通過するポイントとは

クレジットカードの審査に通過するポイントのタイトル

年収が500万円あるとクレジットカードの審査に通過する可能性は高いと考えられますが、油断は禁物です。

なぜなら、ステータス性が高いクレジットカードに申し込むことはすなわち、審査もその分厳しくなってしまう傾向があり、一般的なランクでは重視されていなかった項目も見られることとなるでしょう。

ですのでクレジットカードの審査に通過する確率を上げるために、以下の3点に注意して申し込むことがおすすめです。

申し込み条件を改めてチェック

ゴールドカード、プラチナカードでは申し込み条件で年齢といったハードルを用意していることが多く、条件を達成していなければ申し込んでも通過することは困難です。

再度申し込みたいクレジットカードのホームページにて、申し込み条件が当てはまっているかを確認しましょう。

ランクが一つ下のカードで利用実績を積む

ステータス性が高いクレジットカードですと、一つ下のランクに一般カード、またはゴールドカードが用意されている場合が多いでしょう。

最近は高ステータスなカードでも申し込み制であることが多いですが、確実に審査に通過したい!と考えている方はランクが一つ下のカードで利用実績を積んでおくとより安心です。

多重申し込みは避ける

短期間あるいは同時期に複数のカードへ申し込みますと、申し込んでいるクレジットカード会社から「もしかしてお金に困っているのか」と疑われてしまう可能性が高いです。

一気に複数のクレジットカードを申し込むのではなく、様々なクレジットカードを比較して、自分にあった1枚を申し込むようにしましょう。

年収500万円なら様々なクレジットカードにチャレンジできる!

コラムのまとめのタイトル

今回はゴールドカード、プラチナカードをメインに紹介しましたが、クレジットカードは様々なランク、様々な種類がありますので、自身の生活の中で特に重視したいものにあわせて選ぶことがおすすめです。

年会費が無料なものから高額なものまで、特典やサービスが趣味やビジネスで利用できるカードを見つけて比較することが大切といえます。

ですが、どんなクレジットカードでも入会キャンペーン等に惑わされてすぐに申し込むのではなく、審査に通過できるよう、申し込み資格や記入項目について確実に確認を行いましょう。

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

監修ファイナンシャルプランナー紹介


ページの先頭へ