ブラックリストの人でも持つことができるVISAカード

数年間クレジットカードの発行がされない、利用中に突然クレジットカードの解約はブラックリスト?

ブラックリストとは、クレジットカードやスマートフォンの端末代金など割賦販売の返済が遅延・滞納した場合や自己破産などをしてしまった場合に、信用情報期間にその内容が情報として記載された状態のことです。

ブラックリストとは一般的な呼び方で、正式には「事故情報」と言い、異動情報・延滞情報・ネガティブ情報と呼ばれることもあります。

支払いを遅延したらすぐにブラックリストに登録されることはありません。明確な基準は公表されてはいませんが、2ヶ月〜3ヶ月支払いが滞るとブラックリストに載ると言われています。

ブラックリストに載るデメリットとは何でしょうか。それは、数年間クレジットカードが持てないことです。既にクレジットカードを保有していた場合でも、ブラックリストに載ってしまったという理由でカードを止められてしまったり退会させられたりするケースも少なくありません。

新たにクレジットカードを申込んだとしても発行審査の段階で信用情報を確認されてしまうため、ほとんどの場合、カード発行は認められないでしょう。クレジットカードの発行だけでなく、カードローンなどの審査が通らない可能性も高まります。

クレジットカードやカードローンを利用するためには、支払いを延滞・滞納しないよう注意を払い、ブラックリストに載ることを避けなければならないのです。万が一、ブラックリストに載ってしまった場合は現金のみで様々な支払いを済ませなければなりません。

現金のみで支払いを済ませるのは不便なことも多い

クレジットカードが利用できず現金払いで支払いを済ませることになると、生活で不便に感じることが多いでしょう。

例えば、コンビニやスーパーでの買い物で小銭を探したり、ネットショッピングでクレジットカードが使えない場合はコンビニ払いや口座振込となるため支払い手続きが面倒になったりしますし、大型家電といった高額商品を分割で購入することもできません。

海外旅行に行った場合、ホテルでデポジットの支払いが必要なケースがあります。基本的に支払い方法はカード払いのみの受付となりますから、カードが手元になければなりません。いざというときの備えとして、最低一枚はクレジットカードが手元にあると安心ですが、審査に通らない以上しばらくの間はクレジットカードを持つことができません。一体どうすればいいのでしょうか。

そこでオススメなのがデビットカードです。

デビットカードとは?

デビットカードとは、銀行が発行しているカードのことでクレジットカードのように利用した金額が後日引き落とされるのではなく、利用したら即時口座から引き落としがされることが特徴です。

また、デビットカードのその他の特徴としては審査がクレジットカードほど厳しくないということです。

クレジットカードは支払いが後払いとなるのでクレジットカード会社は契約者がしっかりと支払いをする人か厳格に審査を行います。

しかし、デビットカードは口座から即時引き落としとなるため自分が支払える金額以上使うことができないため、クレジットカードよりも厳格に行う必要性は少なくなります。

実際にデビットカードの申込み可能な年齢が15〜16歳からというのはクレジットカードと比べても年齢が低いことがわかります。

デビットカードが一枚手元にあればコンビニやスーパーでの買い物で小銭を使う必要はありませんし、ネットショッピングの支払いもスムーズにできます。

その中でも三菱UFJデビットはVISAブランドのデビットカードを発行しているので、非常に使いやすく人気の高い一枚です。

三菱UFJデビットのサービス概要

三菱UFJデビットは、通常年会費1,080円がかかりますが、初年度は無料で利用することができます。2年目以降についても前年度の利用金額が10万円以上、または23歳以下であれば年会費はかかりません。

加入対象も中学生を除く満15歳以上の方で三菱UFJ銀行の口座を保有していれば誰でも契約可能ですから、ブラックリストに載っている方も安心して申込めます。

  VISA JCB
年会費
  • 初年度は年会費無料
    ※2年目以降は1,080円(税込)
  • 2年目以降も、下記のどれかに該当した場合は年会費は無料

    • 前年度の利用額が10万円以上
    • 年会費請求月の月末時点で23歳以下
加入対象
  • 中学生を除く満15歳以上の方
  • 三菱UFJ銀行の口座を保有している方
    ※三菱UFJ銀行の口座を持っていない場合は、新たに口座開設が必要
利用できる加盟店 VISA PLUS JCB cirrus
その他
  • ・国内外ショッピング保険:年間最大100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)
  • ・三菱UFJデビットを利用して購入した商品の破損・盗難不正利用補償:年間最大100万円
    ※不正利用に関する補償は、連絡した日から60日前までが対象
  • 国内外旅行保険:最大3,000万円
    ※旅行代金の支払いをJCBデビットにした場合のみ適用されます。
  • 海外ショッピング保険:年間最高100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)
  • 不正利用補償:年間最高500万円(1事故あたり)
    ※不正利用に関する補償は、連絡した日から60日前までが対象

ブランドは、VISAの他にJCBも選択することができます。ショッピング保険や不正利用時の補償についても付帯されていますから、クレジットカードのサービスに劣っていることはありません。三菱UFJデビットは、旅行に行く機会の多い方やカード決済をすることが多い方にもぴったりです。

三菱UFJデビットを持つメリット

VISAとJCBを選択したかによって三菱UFJデビットを持つメリットは異なります。

例えば、VISAは利用金額の0.2%がキャッシュバックされるというメリットがあり、JCBは利用金額1,000円につき1ポイントのOki Dokiポイントが付与されるというメリットがあります。

他にも、Garmin Payが利用できるJCBプラザやJCBプラザラウンジの利用ができるなどブランドごとに得られるメリットは異なります。国内利用がメインであればJCBでも問題ありませんが、海外に行く機会がある方は利用できる加盟店が圧倒的に多いVISAを選ぶのがいいでしょう。

VISA
  • 自動キャッシュバック(基本キャッシュバック率0.2%)
  • 入会後3ヶ月間は:+0.2%
  • 前年度の利用金額が20万円以上の場合は:+0.05%
  • 前年度の利用金額が30万円以上の場合は:+0.1%
  • 誕生月の場合は:+0.1%
  • Garmin Payの利用可能
JCB
  • 1,000円の利用につき1ポイントのOki Dokiポイント付与
  • JCBプラザやJCBプラザラウンジの利用可能

申込み方法

申込み方法は、ネットまたは三菱UFJ銀行の窓口から選ぶことができます。申込みの際、デビットカード利用分の引落し口座として三菱UFJ銀行の口座を用意する必要があります。三菱UFJ銀行の口座を持っていない方は、まず口座開設の手続きから進めてください。

すでに三菱UFJ銀行の口座を持っている方は、キャッシュカードの情報を含めた必要事項を入力すれば手続きは完了です。

ブラックリストの人でも持てる三菱UFJデビットを申込もう

三菱UFJデビットは、ブラックリストに載ってしまった人でも発行することができます。サービス内容もクレジットカードに引け劣らないほど充実しています。

クレジットカードの発行が厳しいという方は、ぜひ三菱UFJデビットを申込んでください。手元にカードが一枚あるだけで、いざというときも便利で安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ