オートチャージでポイント二重取りができるclover SAPICAの魅力と便利な使い方

札幌に住むなら、SAPICAはお得

札幌圏に住むなら、交通系電子マネー「SAPICA」を利用している方も多いでしょう。

地下鉄・バス・市電での乗車券としてはもちろん、札幌ドームやセイコーマートなどSAPICAのロゴマークがあるお店や自動販売機で利用することができます。

SAPICAはただ便利なカードではなく、乗車やお買い物でSAPICAを使うことで、SAPICAポイントを貯めることができ、貯まったポイントは運賃の支払いや改札機を通る際に自動で運賃へ変わるお得な電子マネーとなっています。

SAPICAの発売額は大人・子どもともに2,000円で、デポジット(預かり金)500円が含まれています。

デポジットはカードを返却するときに返金してもらえますが、短期間しか使わない、試しに使ってみたい、いつまで使うかわからないという方は、デポジットなしで使えるクレジットカードの機能がついた【Clover SAPICA】が良いでしょう。

Clover SAPICAがどのようなカードで、どのように使うと賢く利用することができるのかを確認し、いつもの行動をお得なものへと変えてしまいましょう。

Clover SAPICAはどんなカード?

Clover SAPICAは、北海道の第二地方銀行である北洋銀行が発行しているクレジット機能付きICキャッシュカードです。

北洋銀行のキャッシュカード・クレジットカード・交通系電子マネーSAPICAが一体になっているカードであり、J-Debit加盟店ではデビットカードとして利用することもできます。

北海道内に居住地と勤務地があり、北洋銀行に普通預金または無利息型普通預金の口座を持っている、学生を除く18歳以上の安定した収入のある方であれば、申し込むことができます。

申し込みは北洋銀行の本店・支店の窓口での受け付けとなっているので、預金口座の届出印と本人確認書類(運転免許証・健康保険証・パスポートなど)を持参しましょう。

年会費は初年度無料、翌年度以降は2,700円(税込み)となりますが、NTTドコモ・au・ソフトバンク モバイル・ワイモバイル・北海道電力・北海道ガスの料金を毎月Clover SAPICAで支払うことで、翌年度以降も年会費無料で利用することができます。(口座振替は対象外となります)

カードブランドは日本発の国際ブランドであるJCBとなっています。

セキュリティ対策として、カード偽造を防止のために、カードにICチップを搭載しているため、より安全・安心して利用することができます。

またカードが紛失・盗難に遭った場合、不正利用された損害金額は60日前に遡って補償されます。

追加カードとして年会費無料のETCカードに申し込むこともできるので、Clover SAPICAを作るときに一緒に窓口で申し込みましょう。

また、Clover SAPICAのカードブランドがJCBであるため、JCBのサービスであるMyJCBを利用して、パソコンやスマートフォンアプリで、いつでも利用金額や可能利用額の確認・ポイント残高の確認・支払い方法の変更を行うことができます。

Clover SAPICAは、あらかじめ登録をしておくことで、クレジット機能から電子マネーへオートチャージをすることができます。

初期の設定では、SAPICAにチャージがされていないとき・残額が1,000円未満のときにClover SAPICAを利用すると、地下鉄では乗車時、バス・市電では降車時に、自動的に1,000円のチャージが行われます。

オートチャージが実行される条件は1,000〜5,000円、1,000円単位で設定することができ、オートチャージ額も1,000〜3,000円の間、1,000円単位で変更することができます。

clover SAPICAは、やっぱりポイントがお得!

乗車や電子マネーでのお買い物で貯まるSAPICAポイントは、もちろんClover SAPICAでも付与されます。

地下鉄・市電・バスに乗車すると、運賃の10%がSAPICAポイントとして貯まり、電子マネーの機能を利用してお買い物をすると、セイコーマートやサツドラなどで200円→1ポイントが貯まります。(一部、SAPICAが使えても、ポイントが付かない店があります)

SAPICAを利用してのバスや地下鉄・市電の乗車・SAPICA(電子マネー)でのお買い物ではSAPICAポイントが貯まりますが、SAPICAのオートチャージや毎月のクレジットカードの利用が1,000円→1ポイントでOkiDokiポイントが貯まります。

OkiDokiポイントはJCBのポイントプログラムで、貯めたポイントは景品やギフトカード、Amazonや百貨店で即時ポイントとしての利用、nanacoや楽天スーパーポイントなどの他社ポイントへの移行、JALやANAのマイルへの移行、JCBトラベルやカードの支払い金額への充当に使うことができます。

また、JCBが運営するポイントアップサイト「OkiDokiランド」を経由して、ネットショッピングを行うと、最大20倍のOkiDokiポイントが貯まります。

OkiDokiランドにはAmazonや楽天市場などの大手ネット通販をはじめとして、ユニクロなどのファッション、ビッグカメラなどの家電など、人気ネットショッピングサイトが揃っているので、いつも行っているネットショッピングをOkiDokiランドに経由して行うだけです。

OkiDokiランドはパソコンだけではなく、スマートフォンサイトでも利用することができますが、どうしても忘れてしまうという方は便利なツールバー「ここからランド」をインストールしておきましょう。

検索エンジンからやブラウザから直接行ったサイトがOkiDokiランドの出店サイトだった場合、ポップアップで知らせてくれる上、そのポップアップ内のボタンをクリックすることで、OkiDokiランドを経由せずにボーナスポイントを得ることができます。

オートチャージを設定しておき、クレジットカードでSAPICAへチャージが行われるとOkiDokiポイントが貯まり、その後SAPICAを利用して乗車すると、SAPICAポイントが貯まります。

いつも利用している乗車賃でポイントの二重取りができる、たいへんお得な仕組みとなっているので、Clover SAPICAに申し込む方はオートチャージの登録をしておきましょう。

もしClover SAPICAを利用しているが、オートチャージは利用していないという方は、圧倒的に損をしているので、地下鉄駅・バス営業所・ターミナルなどに備え付けてある「オートチャージサービス申込書」を手に入れましょう。

オートチャージサービス申込書を送付後、通常2週間以内に受付完了通知書が届きます。

通知書・申し込んだSAPICA・公的証明書(運転免許証など)を持って、地下鉄駅窓口・定期券発売所、バス営業所・ターミナル窓口で手続きをすると、設定完了後すぐにオートチャージを利用することができます。

少し手間が面倒ですが、確実にポイントを貯めることができます。

SAPICAポイントは乗車の度に自動利用となりますが、OkiDokiポイントの有効期限は獲得月より2年間となっていますので、使い損ねることがないように気をつけましょう。

Clover SAPICAは、北洋銀行でもお得!

Clover SAPICAは北洋銀行でのサービスもお得に利用することができます。

通常北洋銀行のATMの時間手数料でかかる108円が無料となります。

他の金融機関と共同で運営している入金・記帳の利用ができないATMなど一部のATMでは対象外となります。

対象は引き出し・振り込みですが、別途振込手数料は

現金振込:(北洋銀行宛て)3万円未満で108円、3万円以上で324円
(他行宛て)3万円未満で432円、3万円以上で648円

キャッシュカード振込:(北洋銀行宛て)3万円未満で108円、3万円以上で216円
(他行宛て)3万円未満で324円、3万円以上で486円

の他、取扱手数料として振り込み1回につき54円がかかりますので、その点には注意が必要です。

学生を除く満18歳以上で安定した収入のある方であれば、今まで使用していた北洋銀行のキャッシュカードから切り替えることもできるので、興味がある方はClover SAPICAがどのようなカードなのかを改めて確認し、日常生活を便利でお得なものへと変えてしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ