もしかしてスキミング? 見覚えのないクレジットカードの利用明細があったら慌てずに対応しよう

スキミングとは何か

「カードの利用明細に、覚えのない利用記録がある!」そんなヒヤッとする事態は、他人事ではなく、すぐ身近にある出来事です。

カードを紛失していたり、盗難していたときには、カードを不正利用されていることに気付きやすいですが、カードが手元にあるときには、明細が届くまで気が付かない可能性が高いのが不正利用です。

カードが手元にある状況での不正利用には、
・情報漏洩
・フィッシング詐欺
・スキミング
が原因であることが多く、特にスキミングについては、銀行のATMにスキミングの機械や隠しカメラが設置されるという事件が有名になりました。

スキミングというのは「他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に盗み、その複製を作り、使用する」という犯罪行為です。

スキミングは「スキマー」と呼ばれる装置を使用して情報を盗まれるのですが、その方法は多岐に渡ります。

クレジットカードは接触型カードに分類され、スキミングの手口は「設置型」と「携帯型」に分けられます。

設置型スキマー

設置型スキマーは、カード加盟店のレジにあるクレジットカードの処理をする端末「CAT(信用照会端末)」に細工を仕掛けられており、CATにカードを通すことで、スキマーにカード情報が蓄積され、スキマーを回収後に偽造カードを作られてしまう手口です。

設置型スキマーには、機械を回収する仕掛けタイプと無線で情報を回収する無線式のタイプがあり、無線式の場合、お店の人も気付くことなく利用されているなど、巧妙に仕掛けられている場合があります。

携帯型スキマー

携帯型はタバコサイズや手の中に収まってしまうほどの小型のスキマーを利用する手口で、温泉施設やジム、ゴルフ場などの貴重品ロッカーからカードを抜き取り、スキマーに通して情報を盗んだ後、カードを戻しておくため、何かおかしいなと思っても、その場で被害がわかるということはありません。

またクレジットカードではありませんが、電子マネーなどは、直接スキマーに通さずに、かざすだけで情報を盗み出すという手口もあり、満員電車やエレベーターなど、人がすぐ傍にいることに違和感を覚えない場所での犯行が多くなります。

スキミングの事例と対策

海外旅行先でのスキミング被害は増加しており、防犯の対策も進んではいますが、スキミングの巧妙化も進んでいるのが現状です。

海外などでは、店員や警察官などになりすまして、犯人が目の前でスキマーに通してカード情報を盗み取るということもあり、犯罪が行われているということに気付くことすら難しいですが、ホテルやある程度のレストランなど信用できそうな店以外でクレジットカードを使わないなどの自衛が必要です。

海外ではクレジットカードを利用してATMで現地通貨を引き出すということもあると思いますが、人目の少ない場所に設置されているATMはスキマーが設置されている可能性が高いので、人通りの多い場所のATMを選んだほうが、被害に遭う可能性は少ないでしょう。

国内でも、キャッシュカードの事例ですが、2013年にセブン銀行がATMに仕掛けられたスキミングの注意喚起をしたことで、広く知られるところとなりました。

カードの挿入口にスキミングの機械を設置し、隠しカメラで暗証番号を盗み撮るという手口ですが、カードの挿入口も隠しカメラも一見してまったく気付かないほど巧妙に仕掛けられているというニュースに、初めて不安を抱いた方も多いでしょう。

国内でもゴルフ場や温浴施設でロッカーの暗証番号を盗み見られたり、盗撮されたりして、離れた隙にロッカーを開けて情報を盗み取られるという携帯型のスキミングの被害報告や、一部の悪質なエステ・マッサージ店で、脱衣かごに貴重品を入れている間にスキミングされていたという被害の報告があります。

海外旅行ではもちろん、ますます巧妙化しているスキミングの手口が国内でも広まる可能性はあり、しっかりと自衛をしつつ、被害に遭ったことがわかったらすみやかにカード会社に報告をするようにしましょう。

対策(ICチップ内蔵型カードへの変更など)

カードが手元にあるだけに気付きにくいスキミングへの防止策として、どのようなことができるのかを確認していきましょう。

海外でクレジットカードを利用する際は、クレジットカードから目を離さないことを心がけ、暗証番号を入力するときは手元でボタンを隠して盗み見られないようにしましょう。

現在ヨーロッパでは一部の国を除きスキミングの被害が減少してきているという報告がありますが、その防止に一役買っているのが「ICチップ内蔵型カード」です。

ICチップとは、複雑な処理や大量のデータの記録を行ったりできる集積回路の小片のことで、それが搭載されたカードのことをICチップ内蔵型カードといいます。

電子マネーで「ICカード」という名称を聞いたことがある方は多いでしょうが、近年ではキャッシュカードやクレジットカードでも防犯のためにICチップを内蔵させている銀行やカード会社が増加しており、2020年までに国内で発行されているカードをすべてICチップ内蔵型カードに切り替えることになっています。

従来の磁気ストライプカードは、ビデオテープなどのように、情報が磁気ストライプの中に直接転写される仕組みで、読み取り機も広く普及していますが、不正に情報を読み取られやすいという性質があります。

現在は磁気ストライプとICチップが併用されているカードが多いですが、ICチップ内蔵型カードが普及するにつれて、店舗でもICチップを利用しての決済の機械が導入されていくでしょう。

現在使っているカードにICチップが内蔵されていないという方は、カード会社にICチップ内蔵型に交換してもらえるかどうかを問い合わせてみましょう。

再発行として手数料がかかる可能性もありますが、今すぐじゃなくていいという方は、更新を待つというのも一つの手です。

三井住友VISAクラシックカード・JCB一般カード・アメックス・グリーンの場合、不正利用発覚したときの対応

不正利用が発覚した際、各カード会社がどのような対応をしてくれるのかというのを国内で人気の高いカード会社を例に、確認しておきましょう。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカードでは、業界最高水準の不正使用検知システムで、常時不審なカードの取引がないかをチェックしており、不正利用が疑われた場合には、取引を保留にされることがあります。

店頭での利用の場合、
・店頭で会員と電話を行い、簡単な質問の応答
・セキュリティコードを確認・入力する
・カードの利用内容・渡航確認をする

以上のことで、本人確認ができたあと、利用を再開することができ、不正利用の危険性があった場合は、カードの交換となる場合があります。

それでもクレジットカードや三井住友カードiDが不正利用されてしまった場合、特別なケースを除いて、カードの紛失・盗難をカード会社に連絡した日から60日前にさかのぼって不正利用されてしまった金額を補償してくれます。

問い合わせは年中無休24時間対応しており、海外で盗難や紛失にあった場合は、一時的に使える緊急カードを発行してもらえます。

さらに、三井住友VISAクラシックカードでは、年会費は同じで写真入りICカードを選ぶことができるため、盗難・紛失が不安な方は手続きをしましょう。

JCB一般カード

JCBにも不正使用検知システムがあり、不審なカード利用があった場合、取引を保留にして、
・電話やメールにて本人確認
・店頭にいる場合は、店舗との電話で、いくつかの質問に応答

などで、本人による利用かどうかを確認し、本人であることが確認されれば、すぐにカードの利用が再開できるようになり、不正利用だった場合は新しいカードへの交換となります。

それでもクレジットカードが不正利用されてしまった場合、
カード利用明細の送付(サイトでの明細確認やEメールでの通知を含む)から60日以内に、JCB所定の書類をご提出のうえ、調査に協力をすることで、調査によって第三者による不正利用と発覚した支払いについて補償してくれます。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード)

対応が親身でトラブル時の対応の早さも人気の一つであるアメリカン・エキスプレスでも、不正使用を探知するシステムを導入し、不正使用が警告されると、すぐに新しく安全なカード番号を再発行してくれるなどの対応策を取ってくれます。

また不正利用されてしまった場合には、重大な過失がある場合を除き、不正利用された金額を補償してくれます。

海外はもちろん国内でも、使っていて安心できるクレジットカードというのは、重要なメリットです。

防犯対策や怪しげな店では利用しないということに気をつけ、特に海外旅行などに出かける前には、いざというときにどこに連絡をしたらいいのか・どのような補償があるのかということを確認しておくことで、旅行を120%堪能してしまいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ