クレジットなしのみずほマイレージクラブカードとは? 加入方法や付帯特典を解説

ATMで時間外にお金を下ろそうとすると手数料が発生してしまい、損をした経験はありませんか。

給料日にはすぐ銀行に向かって必要な分の現金を下ろさなくてはいけないのに、長蛇の列に巻き込まれて結局時間外になってしまい、払わなくて良かったはずの手数料を支払ってしまったことがある方もたくさんいることでしょう。

長蛇の列に巻きこまれないようにする為に給料日以外の日に銀行へ行こうと考えても、支払い期限が迫っているものなどがあり、振込作業を間に合わせなくてはいけないので給料日に行くしかなく、思い通りにいかないことはあります。

できればATMの手数料を支払いたくないものです。

そこでおすすめなのが「みずほマイレージクラブ/THE POINT」です。

この「みずほマイレージクラブ/THE POINT」を発行すれば、ATMの時間外料金などがいつでも無料になります。

その他にも振込手数料が無料と銀行利用時のデメリットを改善してくれるのです。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」はクレジットカードとキャッシュカードが別で発行される為注意が必要ですが、発行すれば確実にみずほ銀行を得に利用できるようになっています。

では、どのように便利で得なのか? 「みずほマイレージクラブ/THE POINT」について詳しく見て行きましょう。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」のキャッシュカードの方について「うれしい特典」にも注目

みずほマイレージクラブ/THE POINT」に申込むとクレジットカードとキャッシュカードが別々に発行され、キャッシュカードであるみずほマイレージクラブカードを持っていれば銀行利用時のデメリットを改善してくれるカードとなっています。

利用するにはみずほ銀行の口座が必要となりますが、従来のキャッシュカードよりも使いやすく便利に工夫されているのです。

※手続きはみずほ銀行で出来ます。

ではどんな銀行でのデメリットが改善されるのかと言うと、「ATMの時間外手数料が無料」・「コンビニATMの手数料無料」・「振込手数料無料」・「新規・切替・カード再発行時の手数料無料」と、うれしい特典が揃っています。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」を発行すればキャッシュ機能が得に使えるようになるのです。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」はクレジットカードを利用するとマイルに変わるオリコポイントが貯まる

では、「みずほマイレージクラブ/THE POINT」のクレジットカードの方についてですが、クレジットカードではオリコポイントが貯まるようになっていて、100円→1ポイントでポイントを獲得できます。

さらにネットショッピングサイト→オリコモールを利用するとポイント付与率が0.5%アップするので、ネットショッピングを良くする方にとっては必見です。

またポストペイ式の電子マネーであるiD・QUICPayも搭載されているので、この2つの機能でもポイント換算率はそのままでポイントを獲得することができます。

貯めたオリコポイントはANAマイル・JALマイルどちらにも移行可能で、ANAなら1,000ポイント→600マイル・JALなら1,000ポイント→500マイルの換算レートで交換可能です。

その他にもTポイント・dポイント・Pontaポイント・楽天スーパーポイント・すかいらーくご優待券・EdyギフトID・nanacoギフトなど様々なポイントやギフトに1,00ポイント→1,000ポイントとそのまま移行可能なので、ポイントを有効的に使うのが得意だと言う方には「みずほマイレージクラブ/THE POINT」は最適でしょう。

中にはポイントをそのままの価値で移行できないポイント移行先もありますが、ほとんどオリコポイントは1,000ポイント→1,000ポイントと変わらずに移行できるので、使い勝手はとても良いです。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」はポイントに特化しています。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」の基本情報! カードは計2枚になるので注意しよう

みずほマイレージクラブ/THE POINT」を発行するにあたってよく勘違いしてしまうのが、キャッシュカードとクレジットカードはバラバラに申込んで使いたい方だけ発行できると間違えて把握してしまう方がいることです。

また、キャッシュカードとクレジット機能が一体型になったものだと思い込んでしまう方もいますが、どちらも違いますので注意してください。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」は申込んだら、必ずみずほマイレージクラブカード(クレジットカード機能なしのキャッシュカード)とオリコポイントを貯めることができるクレジットカードの2枚が発行されます。

用途はみずほマイレージクラブカードの方は銀行で現金を下ろしたりする時に使うキャッシュカードで、もう一枚の方がクレジットカードとなるので、間違えて使ってしまわないようにしましょう。

それでは、年会費など「みずほマイレージクラブ/THE POINT」の基本情報も気なる点ですので、確認して行きます。

<クレジットカード見本>



画像元https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/mmc/index.html

<キャッシュカード見本>



画像元https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/account/card/card.html

<年会費>

年会費は無料です。

<申込資格>

申込資格は、原則として18歳以上の方で、みずほ銀行に普通預金口座を持っている方となっています。

<カード国際ブランド>

カードは国際ブランドのマスターカード・VISAです。

<支払日>

支払日は、毎月末日締めの翌月27日払いとなります。

<支払い方法>

支払い方法は1回・2回・ボーナス一括払い・分割払い・リボ払いです。

<オリコポイント>

オリコポイントが基本100円→1ポイントで貯まりますが、入会6ヶ月以内は2倍で付与されます。

申込はみずほ銀行の店頭・みずほ銀行「かんたん口座開設アプリ」からできますが、みずほ銀行の口座は必ず必要となるので、手続きをスムーズに運びたいのであれば予め口座の開設をしておくことをおすすめします。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」に申込み、無料でATMを利用し、貯まったオリコポイントをマイルに交換して行きましょう。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」に申込んでATM・マイルどちらも賢く利用しよう

みずほマイレージクラブ/THE POINT」はクレジットカードとキャッシュカードが同時に発行されますが、キャッシュカードである→みずほマイレージクラブカードに関しては従来のみずほ銀行のキャッシュカードを使うよりも、ATMがコンビニ・みずほ銀行問わずいつでも無料になり、振込手数料も発生しません。

さらに新規でカードを発行する時やカードの更新時、またなんらかの理由でカードが紛失壊れてしまった時などでも発行手数料は一切発生しないキャッシュカードなのです。

クレジットカードの方に関しても、みずほマイレージクラブカードと銘打っているだけのことはあり、ANAマイル・JALマイルどちらにも貯めたオリコポイントを移行することが可能となっています。

Tポイント・dポイントにも移行が可能で、クレジットカードの方にはポストペイ式の電子マネーであるiD・QUICPayも付帯している為、電子マネーでもポイントも貯められるのです。

オリコポイントの換算率は基本100円→1ポイントですが、入会してから6ヶ月間は2倍になるので期間を確認しておきましょう。

「みずほマイレージクラブ/THE POINT」を発行したらATMを無料で使い、オリコポイントを貯めてマイルに移行するなどをして、フルにキャッシュカード・クレジットカードの便利な機能を使ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ