VIASOカードの支払い方法の種類とは? 利用期間や締め日、それぞれの支払い方法と変更方法を把握しよう

VIASOカードのスペック紹介

VIASOカードは年会費が無料で家族カードの年会費も無料となっており、ETCカードにかかる金額も発行手数料の1,000円+税別のみとなっています。発行条件は高校生以上の18歳となっていてリーズナブルな設定ですので学生の方にも人気があります。

そんなVIASOカードはショッピングパートナー保険サービスにてカード払いで購入した商品は購入日から90日以内は破損や故障いった偶発的事故に年間最大100万円の補償がかかります。そしてNICOSネットセーフティサービスではインターネット上でのカード不正利用によって発生した損害を補償してもらえます。旅行費用をカード払いすると海外旅行傷害保険が最大2,000万円かかります。

このため、年会費無料のカードとしては補償関係が充実しているのがVIASOカードの持ち味です。そして今なら入会特典で入会3ヶ月以内のカード利用額が15万円を超えたら9,000円分相当のVIASOポイントをもらえますし、さらに「楽Pay」に登録すると1,000円分のVIASOポイントもゲットできます。

VIASOカードの支払い方法を紹介! お支払い回数変更サービスも

VIASOカードの支払い方法は1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・リボ払い・分割払い

VIASOカードの支払い方法は大きく分けると1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・リボ払い・分割払いの5種類になり締め日が5日の支払日27日というスケジュールとなっています。

1回払いと2回払い

1回払いと2回払いは手数料がかからない最もスタンダードな支払い方法となります。カード利用額を支払日の27日に全額返済する1回払いと、締め日後の27日と翌月27日の2回に分けて支払う形の2回払いとなっています。

ボーナス1回払い

ボーナス1回払いは支払い月をボーナスが入る夏季か冬季にできるサービスとなります。夏季のボーナスで支払うなら6月・7月・8月のいずれかの27日になりますし、冬季なら12月・1月のいずれかの27日になります。ボーナスが入る月を選んで1回払いとなりますので、今は支払う余裕がないが手数料を発生させたくない場合に有効です。

リボ払い

リボ払いは毎月一定の支払額を支払うという仕組みで、支払い額を抑えたい方に有効です。リボ払いは手数料がかかり、年率15.00%です。また、リボ払いには「楽Pay」という登録型リボ払いシステムがあります。

登録型リボ払い「楽Pay」は毎月の支払額をWeb会員サービス 「Net Branch」にログインして設定でき、設定金額を超えた分はリボ払いとして翌月に繰越できます。毎月の支払額の上限を決められるので、一定以上の支払いをしたくない方におすすめです。入会特典をゲットする条件にもなりますので、利用するつもりがない場合は高額支払額に設定しておくという手段も有効です。

分割払い

分割払いは支払額を希望する回数に分けて支払うというものです。VIASOカードの分割払いは3回から24回払いまで対応しています。分割払いの年率は12.25%から15.00%までとなっており、12回払いまではリボ払いより低い年率なのをチェックしておきましょう。

お支払い回数変更サービスもある

VIASOカードはカード利用額が膨らみすぎてしまった場合、後から分割払い・リボ払い・あといち(据え置き1回払い)に変更することができます。変更方法はWeb会員サービス 「Net Branch」にログインして設定することになるので、リボ払いや分割払いにしたいが店頭では周囲の目が気になってしまうという方でもプライバシーを守った利用ができます。

また、支払回数変更サービスではあといち(据置1回払い)という支払い先延ばしサービスもあり、1回払いの支払い月を最大5ヶ月先の支払日27日に繰越が可能です。ボーナス1回払いよりも柔軟な支払い月選択ができますし、1回払いの支払いが大きくなりすぎた時の対処方法として使えます。

お支払い回数変更サービスは支払い月の12日までならば1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・分割払いを分割払いとリボ払いに変更できて、1回払いをあといち(据置1回払い)に切り替えられます。変更した月の支払日27日にはすでに支払い請求が反映されます。

ところが、支払い月の15日以降は1回払いとボーナス1回払いのみを分割払いとリボ払いに変更できます。こちらですと請求月が翌月の支払日27日になります。

もしも支払回数変更サービスを利用してもVIASOカードの返済に困ったらば【VIASOカードの支払いが厳しいと感じたら返済方法を考えよう。クレジットだけではなくローンの利用もおすすめ】のコラムを参考にしましょう。

Viasoカードのまとめ

  • 年会費無料、家族会員年会費無料
  • ETCカード発行は1,000円+税別
  • 発行条件は高校生以外の18歳以上
  • 入会特典で入会3ヶ月以内のカード利用額が15万円で9,000円分相当のVIASOポイント、続けて「楽Pay」登録で1,000円分のVIASOポイントゲット
  • ショッピングパートナー保険サービスはカード払いで購入した商品が90日以内に破損や故障となれば年間最大100万円の補償
  • NICOSネットセーフティサービスによってカード不正利用の損害を補償
  • 海外旅行傷害保険が最大2,000万円
  • カード払いは1回払い、2回払い、ボーナス1回払い、リボ払い、分割払い
  • 利用期間6日から翌月5日、締め日が5日、支払日27日
  • 1回払い、2回払い、ボーナス1回払いの手数料無料
  • 分割払いは最大24回払いまで対応して年率12.25%から15.00%、リボ払い年率15.0%
  • お支払い回数変更サービスにて支払いを分割払いやリボ払いに変更できる
  • 1回払いを5ヶ月後に先延ばしできるあといち(据え置き1回払い)に変更可能
  • ポイントプログラムはVIASOポイントプログラム
  • 還元率0.5%
  • ETC対応の高速道路や一般有料道路の通行料金にETC、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話にYahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODNのプロバイダー料金の支払いで還元率2倍
  • VIASOeショップを経由してのネットショッピングをカード払いするとボーナスポイントが加算
  • 獲得ポイントが1,000ポイント以上ならば1ポイント→1円換算でカード入会月から1年後に自動キャッシュバック

VIASOカードは支払額をつねにチェックして12日を目安に繰越返済のあといち(据え置き1回払い)にするかを決めよう

年会費無料で家族カードの年会費も同じく無料のクレジットカードなのがVIASOカードです。VIASOポイントプログラムのポイント還元率は0.5%でETC払いや提携携帯電話料金やプロバイダー料金の支払いで還元率2倍になり、VIASOeショップ経由のネットショッピングをカード払いでボーナスポイントが加算されます。貯まったポイントは翌年に自動キャッシュバックされるサービスを利用できます。

VIASOカードの支払い方法は1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・分割払い・リボ払いができます。支払い方法は後から変更できるお支払回数変更サービスがあります。支払い変更サービスは支払い月12日までは1回払い・2回払い・ボーナス1回払い・分割払いを分割払いとリボ払いに変更可能ですし、1回払いをあといち(据置1回払い)に変更できます。1回払いをあといち(据え置き1回払い)に切り替えると支払い月を5ヶ月後に伸ばせますので、利用額を常に把握して支払い月12日を目安にしましょう。

VIASOカードの支払い方法としては基本は1回払い・2回払いにして、支払額が増えすぎた月は12日までにあといち(据え置き1回払い)を検討し、それから分割払いやリボ払いに切り替えましょう。支払額を常に一定にしたいのであれば、設定した金額以上の支払いは自動で翌月に繰り越される登録型リボ払い「楽Pay」を利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ