ジェクサーの月会費支払いにはルミネカードやビックカメラSuicaカードがおすすめの理由

日々忙しい生活をしているとだんだん食生活や健康面が気になってきませんか。

朝ごはんはきちんと食べて仕事に行き、帰ってからは早く寝ると言う理想的な生活を送りたいと考えていても、なかなかできないでしょう。

しかし、どんな方でも休日は時間が取れますし、仕事が残業などなく定時に終わる方なら夜にも時間があります。

そこで、駅から近いということで人気の高いスポーツクラブ→ジェクサーに通えば仕事帰りや休日に利用することが可能な為、健康面を改善できるのです。

いつも仕事から帰ってきて、だらだらしている時間や休日何もしないで1日を過ごしているのであれば、ジェクサーに行って汗を流すのも良いでしょう。

また、ジェクサーは月会費と言う形でスポーツクラブ利用料金が発生し、指定されたクレジットカード→ビューカードのシリーズでないと料金支払うことができません。

何も言わないとジェクサーの方から「ジェクサービュー・スイカカード」を進められてしまいますが、ビューカードには様々な種類があり、ルミネへと頻繁に行く方やビックカメラの利用頻度が高い方にはおすすめのビューカードがあるのです。

せっかくカードを発行するのであれば、利用価値の高いクレジットカードを発行した方が良いでしょう。

自分にとって最適のビューカードを発行して、賢くジェクサーの月会費を支払ってください。

ジェクサーはJR東日本スポーツが運営するスポーツクラブで料金は月会費制

ジェクサーはJR東日本が運営するスポーツクラブとなっていて、その為、駅から近いところにスポーツクラブを構えていいます。

中は最新マシンからスパ・エステと各地に適したラインナップとなっているので、満足に利用できるでしょう。

では、ジェクサーの料金設定についてですが各地によって料金設定が違う為、自分の行きたいジェクサーの利用料金をチェックしておく必要があり、どこでも最大20,000円見ていれば利用できるようになっています。

支払い方法は月会費制となっていて、支払い方式もビューカードのみ対応となっているので注意が必要です。

しかし、何も調べずに直接ジェクサーに行ってしまうと、「ジェクサービュー・スイカカード」を紹介されてしまい、機能が良い他のビューカードの発行チャンスを逃してしまいます。

「ジェクサービュー・スイカカード」の年会費はジェクサー滞在期間中は無料でJREポイントが1,000円→1ポイントで貯まり便利に使っては行けますが、ルミネやビックカメラの利用頻度が高いのであれば他のビューカードを発行した方が良いと言えるのです。

なぜ他のビューカードを発行した方がいいのか? その理由を詳しく見て行きましょう。

ルミネの利用頻度が高いならジェクサーの月会費支払いにはルミネカードを使おう

ジェクサーを使うなら「ジェクサービュー・スイカ」を発行した方が滞在期間は年会費無料にもなるのでいいのではと考える方いますが、ジェクサーを利用予定の方でルミネの利用頻度が高いと言うのであれば断然ルミネカードの方がおすすめです。

なぜなら、「ジェクサービュー・スイカカード」にはルミネでの特典が一切ついていませんが、ルミネカードにはルミネで得に使える特典が付いています。

これはルミネ利用者に取っては是非とも発行すべきクレジットカードと言えるでしょう。

では、実際にはどんな特典が付帯しているのかと言うと、ルミネでこのカードを利用するとルミネ・NEWoManでの買い物がいつでも5%OFFになり、毎回ではありませんが10%OFFになることもあります。

この他にも1,000円→1ポイントの付与率でJREポイントが貯まり、ルミネカードにはSuicaも付帯しているので、クレジット機能からSuicaへのオートチャージ・定期利用などを行えば1,000円→15ポイントでポイントを倍にして獲得できるのです。

またJREの加盟店でルミネカードを使えば100円→1ポイントでポイントを獲得することもできる為、ルミネの利用者でジェクサーの利用を考えているのであればルミネカードは最適と言えます。

ルミネカード基本情報
年会費 年会費初年度無料、その後は953円(税別)発生します。
申込資格 日本国内に住んでいる電話連絡が可能な満18歳以上の方です。
カード国際ブランド VISA・JCB・マスターカード

ジェクサーの月会費支払いにはビックカメラSuicaカードも利用できる

ジェクサーを利用するのであればもう一つ利用をおすすめしたいカードあり、ビックカメラSuicaカードもビューカードの中では利用価値は高いでしょう。

ビックカメラSuicaカードの魅力は何といってもビックポイントとJREポイントがダブルで貯められると言った点で、クレジット機能でSuicaにチャージを行いそのSuicaでビックカメラの支払いをすると、ビックポイントをビックポイントカードと同じように貯められるのです。

またSuicaへのチャージを行ったことによってJREポイントを1,000円→15ポイントの付与利用で獲得することもできるので、ポイントをダブルで獲得できると言うことになります。

※ビックカメラsuicaカードに付帯しているSuicaは定期利用ができないので注意してください。

※オートチャージは利用できます。

チャージ額は最大20,000円以上が条件で、ビックポイントは10%の還元率で進呈される為、どちらのポイントもたくさん稼げるでしょう。

もちろんこの他にもJREポイントをカード利用額に基づき1,000円→1ポイントで獲得することもでき、JREの加盟店であれば100円→1ポイントでポイントを獲得できます。

年会費も年に一回でもカードを利用すれば無料で使って行けるので、ビックカメラのユーザーであるのであれば、ビックカメラSuicaカードを利用した方が上手にポイントを貯めることができるでしょう。

ビックカメラSuicaカード基本情報
年会費 初年度無料、その後は年に1回のクレジット機能利用で無料となります。(通常年会費477円(税別))
カード申込資格 日本国内に住んでいる電話連絡が可能な満18歳以上の方です。
カード国際ブランド VISA・JCB

ビックカメラSuicaカードでビックポイントとJREポイントをダブルで稼いでください。

ジェクサーを利用するからと言って「ジェクサービュー・スイカカード」の発行にこだわらず、自分の生活パターンにあったジェクサーの月会費を支払うことができるビューカードを発行しよう

ビューカードにはたくさんの種類があるので、ジェクサーを利用するからと言って「ジェクサービュー・カード」を発行する必要はありません。

ジェクサーの料金を支払う際には必ずビューカードシリーズのカードを利用する必要がありますが、ルミネ・ビックカメラのユーザーであるのであれば、「ジェクサービュー・スイカカード」を発行してしまうのはとても、もったいないことと言えるでしょう。

ルミネによく行くのであればルミネを毎回5%OFFで使えるビューカードシリーズのルミネカードがありますし、ビックカメラを利用するのであればビックポイントとJREポイントをダブルで貯めることができるビックカメラSuicaカードがあります。

さらにJREポイントはSuicaに1ポイント→1円の価値でチャージすることもできますし、ポイントと交換できる景品にも力を入れているのです。

ビックポイントに関しては1ポイント→1円の価値でビックカメラにて利用することができますし、ビックポイントはsuicaに1,500ポイント→Suica1,000円分としてチャージできます。

ジェクサーは駅の近くにあるシステム整ったスポーツクラブです。

健康面を気にしてスポーツクラブに通うのであればジェクサーはうってつけですし、支払い方法がビューカードのみと言うのであれば、自分にとって得に使えるビューカードを発行した方が良いでしょう。

自分の生活パターンをよく考えて、ルミネカード・ビックカメラsuicaカードどちらが自分に合っているのかを検討してから、ジェクサーに申し込みに行くことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ