ラクマの購入代金をクレジットカードなしで支払う方法とは? 簡単登録できるPaidyでの支払方法を紹介

「Paidy」(ペイディー)とは

事前登録不要・クレジットカード不要でメールアドレスと電話番号があれば、誰でも利用することができる決済システムです。該当月の支払いを一か月分まとめて翌月支払います。口座振替の設定をすれば、手数料なしで買い物ができます。

フリマアプリの支払いは、何を使っていますか?

2014年からフリマアプリの利用者数はどんどんと増加を辿り、個人売買はオークションよりもフリマアプリという方の多い時代になってきました。

アプリで「簡単に・不要なものを売ることができる」ことで人気の出たフリマアプリは、10〜20代の女性・10代男性に特に利用者が多く、最近ではやりとりの活発さから素早く売れるということや、匿名性などでも注目を集めています。

数々のフリマアプリが出てくる中、楽天グループはオークションのサービスを終了し、日本発のフリマアプリ「フリル」と、後発ながら使いやすさと求め続けて利用者数を増やしてきた「ラクマ」を統合した新生【ラクマ】が、2018年2月に誕生させました。

出品にはお金がかからず、販売手数料が3.5%と比較的安いことで人気を集めているラクマでは、購入時の支払いを多数の方法から選ぶことができます。

  • コンビニ支払い
  • 郵便局/銀行ATM
  • クレジットカード
  • 楽天ペイ
  • d払い
  • Paidy
  • 楽天スーパーポイントや売上金

アプリからの購入では、

  • LINE Pay
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

を選択することもできます。

ただし、コンビニ・銀行ATM・携帯キャリア払いを選択した場合は、1件100円の決済手数料がかかるため、手数料を支払いたくない場合は、楽天ペイ・クレジットカード・Paidyで支払う必要があります。

楽天ペイも決済先はクレジットカードとなるため、クレジットカードを持っていない方や、学生の場合、Paidyを選ぶことで手数料無料でラクマを利用することができます。

「Paidyって聞いたことがないけど、どんなシステムなの?」という不安な方は、利用方法などを詳しく確認し、支払いを楽にすることができるPaidyの利用を検討してみましょう!

ラクマの支払いには、「Paidy」が便利!

【Paidy】は、事前登録不要・クレジットカード不要な決済システムのことで、メールアドレスと電話番号があれば、誰でも利用することできます。

2017年にはPaidyの決済に対応するWebサイトは70万以上、利用者数は100万人を突破したことが発表されました。

Paidyはクレジットカードを登録する必要がないため、カードの情報流出などを心配する必要はなく、買い物をするときにはSMSによる認証が行われるため、なりすましの購入を疑う必要もありません。

ただしSMSの認証確認が必要であるため、SMSを受信できる環境と、スマートフォン・パソコン・タブレット(一部未対応機種があります)が必要となります。

SMSはスマートフォンだけではなく、携帯電話でも受け取ることができるので、固定電話以外のどちらかを持っていれば問題はないでしょう。

Paidyを利用するとMyPaidyというページで利用残高や利用明細などを確認することができます。

決済を行った月であれば、1回15,000円以上のお買い物に対して分割払いを選択することもできるため、少し使いすぎてしまった・高いものがほしいけど一括で支払えないという方は、MyPaidyにて、早めに分割払いに変更する手続きを行いましょう。(ラクマでは分割払いを選択することはできません)

Paidyを利用して商品を購入すると、都度払いではなく、ひと月ぶんの請求が翌月に届き、まとめて支払う後払いになっています。

支払いは毎月1度で、毎月1日から3日の間に、メールとSMSに請求案内が届き、10日までにコンビニ支払い・銀行振り込み・Pay-easyで支払うようになっており、口座振替の引き落とし日は毎月12日(金融機関休業日の場合は、翌営業日)となります。

利用料金は無料ですが、コンビニでは350円(税込み)、銀行では、金融機関によって決まっている振込手数料がかかります。

手数料のかからない口座振替は、MyPaidyから申し込むことができ、インターネット上の手続きのみで完了させることができ、申し込み用紙や印鑑などの準備するものや、郵送の手間は必要ありません。

本人名義の口座だけではなく、家族名義の口座を登録することもでき、口座振替をやめたくなった場合も、MyPaidyから簡単に変更することができます。

月末までに登録した口座は、原則翌月から引き落としが可能で(みずほ銀行では20日までの申し込みで翌月から引き落としが可能となります)。

使い方をもう一度確認しよう

ラクマのお買い物をPaidyで支払いたいとき、どのような手順になるのか、支払いまでの流れを確認しておきましょう。

ポイント01
ラクマで欲しい商品を探し、購入をします。
ポイント02
支払い方法で「Paidy」を選ぶと、メールアドレスと電話番号を入力する画面に移ります。
ポイント03
SMSに送信された4桁のPINコードを入力することで、本人確認ができ、支払い手続きが終了です。
ポイント04
Paidyは翌月払いなので、商品が届き、商品を確認してから受け取り通知を行います。受け取り通知後は、出品者の評価を投稿しましょう。
ポイント05
翌月1〜3日にSMSとメールに来た内容を元に、10日までに支払いを行います。口座振替の手続きを行っている場合は、メールを確認し、12日に請求金額が振替されているかを確認しましょう。

コンビニ払いの場合

コンビニに設置されている端末(Loppi、Famiポートなど、セブンイレブンでは支払いができません)で、メールに記載された番号を入力し、発行された申込券または受付票をレジに持っていき、支払いを行います。

銀行振り込み

MyPaidyで振り込み先を確認し、金融機関かインターネット、ATM(お手持ちの振り込む口座で選べる方法)から振り込み手続きを行います。

Pay-easy

支払いにPay-easyを選択肢、収納番号を確認して、Pay-easyのマークのあるATMまたはインターネットバンキングで振り込み手続きを行います。

以上で商品の購入から、支払い手続きまでが完了します。

もし10日までに支払いができなかった場合や忘れてしまった場合・お金が足りずに口座振替ができなかった場合は、Paidyのカスタマーサポートへ連絡をし、遅延手数料の有無などを確認し、コンビニ支払いまたは銀行振り込みをすることになります。

お手持ちの銀行口座のサービスで振込手数料が無料となるものがあれば、Paidyも無料で使うことができますが、コンビニ支払いを選択すると手数料が350円かかってしまいます。

しかし、商品を購入するたびに支払い手続きを行うという手間も、毎回かかる支払手数料も、Paidyにまとめてしまえば、月に1度の手間と手数料で済ませることができます。

Paidyを利用できるサイトは?

Paidyを利用することのできるWebショッピングサイトは、ラクマはもちろん、海外ファッション通販サイト「BUYMA」、ファッション通販サイト「SHOP LIST」、格安航空券やツアーの申し込みができるトラベルサイト「エアトリ」、クラウドファンディング「CAMPFIRE」、オタクのためのフリマサイト「オタマート」など幅広いジャンルが揃っています。

多数の導入サイトの中で、SHOP LIST.comでは「Paidyプラス」を利用することができます。

「Paidyプラス」は、利用から支払いまでの期間が3ヶ月と長くなるサービスのことで、利用するには氏名・生年月日・住所の入力が必要となります。

例えば「今すぐに欲しい服があるけれど、アルバイトやボーナスでお金を貯めて支払いをしたい」「予約商品でも、品物が届いてから支払いをしたい」という方に便利なサービスと言えますが、支払い忘れや、他のサイトでの利用した金額との計算には気をつけましょう。

MyPaidyで利用明細を確認しながら、使いすぎに気をつけて賢くPaidyを利用することで、フリマも通販でのお買い物も、もっと便利でお得な楽しいものへと変えてしまいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ