ビックカメラSuicaカードの支払い方法を理解して賢く利用しよう!支払い方法は利用1件につき1回限り変更可能

ビックカメラSuicaカードの支払い方法の特長と基本情報

ビックカメラSuicaカードは、家電量販店のビックカメラとSuica、viewカードが1つになったクレジットカードで、普段からビックカメラでの買物が多い方や、通勤・通学でSuicaを利用する方にはぴったりなカードです。ビックカメラでの買物で有利なカードだけに、現金一括払いでは高いと感じるような高額家電を買うときにも、支払い方法を自分で決めて使うことができる1枚です。

ビックカメラSuicaカードの支払い方法とは?

ビックカメラSuicaカードの支払い方法は、一般的な一括払いのほか、分割払いなどいくつかの種類があります。

  • 1回払い
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い
  • ボーナス併用払い
  • リボルビング払い(繰り上げ返済可能)

これらの支払い方法の中でリボルビング払いは、利用金額を毎月定額で支払う支払い方法で、通常は切りの良い金額を設定します。ビックカメラSuicaカードでのリボルビング払いの設定金額は5,000円、10,000円、20,000円、30,000円の4種類から選べて、カード入会時にリボ払いを選択すると最初は5,000円のコースで設定されます。この支払いコースはライフスタイルに合わせて変更することができ、余裕のあるときは繰り上げ返済することもできます。

ビックカメラSuicaカードの基本情報

  • 年会費・・・初年度無料、2年目以降:477円+消費税
  • 年会費無料条件・・・2年目以降、年間カード利用実績がビューカードで確認できた場合無料
  • 入会資格・・・日本国内在住で高校生を除く満18歳以上の方、電話連絡の取れる方
  • 追加可能カード・・・ETCカード
  • 付帯機能・・・Suica・JREポイント
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高500万円(自動付帯)、国内旅行傷害保険:最高1,000万円(利用付帯)、紛失・盗難保険
  • 国際ブランド・・・VISA・JCB
  • ポイント・・・ビックポイント、JREポイント

ビックカメラSuicaカードの支払い方法は変更できる?

ビックカメラSuicaカードで買い物をするとき、一括払いで支払える金額なら1回払いで決済します。一括払いなら手数料もかからず、翌々月の4日に自動振替になって支払いが完了するため、シンプルで管理しやすいからです。ですが何らかの事情で支払い方法を変更したい場合には、インターネットサービスのVIEW’s  NETから支払い方法を変更することができます。

ビックカメラSuicaカードでは、ショッピングでのカード利用額限定で1回限り、支払い方法を変更することができます。支払い方法を変更できる期間は、カード利用日から翌月の14日までの間で、利用日が4月1日だった場合は、5月14日までの間に支払い方法を変更できることになります。ショッピングでの利用に限定されているので、キャッシングの場合は変更できないので注意が必要です。

手続きをするには、VIEW’s  NETへの会員登録が必要です。VIEW’s  NETは、VIEWカード会員専用サイトで、登録は無料、カードの利用明細やポイントの確認、登録情報やカード情報の変更、支払い方法の変更、キャンペーンやお得な情報を受け取ることができるサイトです。

支払い方法の変更をするには、このVIEW’s  NETからの操作以外の方法はなく、電話やメールでの変更はできないので、ビックカメラSuicaカードへの入会と同時に会員登録しておく方が安心できます。ビックカメラSuicaカードでの支払いは、余裕を持った支払い方法の選択がおすすめです。後から支払い方法を変更できるとはいえ、計画的かつ余裕を持って使う方が良いでしょう。

リボ払いを繰り上げ返済したいときの手順と後から支払い方法を変更する手順を紹介

ビックカメラSuicaカードのリボルビング払いは、公式ホームページにもあるように、自分の都合に合わせて繰り上げ返済ができます。繰り上げ返済は、駅のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」から操作でき、1,000円単位で支払うことができます。繰り上げ返済をすることで設定金額よりも多く支払うことができ、場合によっては支払い予定期間を短くすることができます。

ビックカメラSuicaカードの支払い日は、毎月4日に口座自動振替となっており、支払い内容が金融機関への自動振替データに反映されるのは毎月10日ごろです。繰り上げ返済をするなら、この10日ごろからこのデータを作成する25日ごろまでの間がベストで、設定しているリボルビング払いのコース金額よりも多く支払う方が、繰り上げ返済の恩恵を受けることにつながります。

リボルビング払い5,000円のコースを選択している方が、15日に繰り上げ返済を3,000円した場合は、翌月の4日には5,000円-3,000円=2,000円が請求され自動振替になります。いくらか多く支払ってはいるものの手数料がかかることは変わりありません。

同じ条件で繰り上げ返済を5,000円以上でした場合は、翌月4日の口座自動振替はなくなり、その分の手数料を節約することができます。また、金融機関へのデータが作成される25日ごろから、翌月10日ごろまでの間は、繰り上げ返済ができません。VIEW ALTTE(ビューアルッテ)上でも操作ができない状態になるので、繰り上げ返済を予定している方は、毎月10日ごろから25日ごろまでに済ませるようにしましょう。

VIEW ALTTE(ビューアルッテ)の操作手順

1.返済を選択。

2.リボカード返済を選択。

3.指定金額ご返済を選択し、画面に従い入金します。

VIEW ALTTE(ビューアルッテ)は駅の中のATMなので、通勤・通学途中でも手続きができます。仕事帰りに繰り上げ返済することもできて便利です。余裕のあるときにリボルビング払い設定金額よりも多く入金する方が、手数料の節約や支払い回数を減らすことにつながります。

リボルビング払いは毎月定額で支払える、無理のない支払い方が魅力ですが、手数料が大きくなることがデメリットです。手数料を1回分でも節約できれば、トータルの支払い金額を減らすことになり、残金をすべて繰り上げ返済することができれば、支払う予定分の手数料も節約することができます。

また、ビックカメラSuicaカードは、クレジットカードの中でも家電系と鉄道系のコラボカードで知られ、【ビックカメラSuicaの審査は学生も通過可能でポイントも2重取りできるお得なクレジットカード(https://card-lab.com/column/article/article949.html)】として話題になっています。通勤や通学でSuica圏を利用する人にも、家電量販店はビックカメラがお気に入りの方にも、おすすめできる1枚です。

ビックカメラSuicaカードの支払い変更は慎重かつ賢く利用しよう!

ビックカメラSuicaカードの支払いは、ショッピング1回分の利用に対して1回変更できます。でもいくら支払い方法を変更できるといっても、変更するときは慎重によく考えて着手するようにしてください。ビックカメラSuicaカードの支払い方法は、一般的なクレジットカードと同じ程度の種類があります。一括払いをしたいけれども少し心配な方や、大きい金額の買い物をするときは、無理をしないで分割払いやリボ払いにする方が安心できます。

分割払いにするときに何回にしようか回数で迷うようなら、手っ取り早くリボ払いにした方が良いでしょう。リボルビング払いなら後からまとまった金額で繰り上げ返済することもでき、月々の返済額も一定額と支払いやすさも備えています。ビックカメラSuicaカードは、ポイントの2重取りができることや、還元率以外にも、支払い方法をうまく変更できる使い勝手の良いカードです。無理のない使い方で、賢く利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ