沖縄県のモノレールやバスで使える「OKICA」 の買い方・使い方までを詳しく解説

沖縄県ではSuica・ICOCAは使えない?!「OKICA」とは?

沖縄県では、主要交通手段であるモノレール「ゆいレール」やバスは現在のところSuicaやICOCAなど本土の交通系ICカードとの相互利用ができません。

(ただし現在、国土交通省が沖縄でのSuica利用の導入検討 ※沖縄タイムスプラス報道参考http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/97254)

沖縄市内は、車の渋滞が多く特にモノレールの「ゆいレール」は便利な交通手段ですが、「ゆいレール」とバスで、唯一使えるICカードが「OKICA」です。

平成26年10月に「ゆいレール」への導入でスタートした「OKICA」は、平成27年4月には沖縄本島のバス事業者4社での利用が開始となり、平成27年8月にはバス定期も導入されました。

「OKICA」は、チャージをしておけば「ゆいレール」・バスでICリーダーにタッチするだけで支払いが完了するので、「ゆいレール」の乗越も改札自動精算できますし、バスの昇降口で小銭がなくて焦ることがないのでとても便利です。

さらにポイントが貯まりますので、貯まったポイントでまた「ゆいレール」とバスに乗ることができます。

「OKICA」には無記名OKICAと記名OKICAがあります。

無記名OKICAは、定期券機能を付けることが出来ず、紛失時再発行ができません。

記名OKICAは、連絡先・生年月日等を登録し、記名人のみが利用できます。身分証明書があれば窓口でお得なOKICA(小児・学生・障がい者)があります。定期券機能を付けることができ、紛失時手数料(再発行手数料540円・デポジット500円)がかかりますが再発行ができます。

手続きが少し煩雑になりますが、記名OKICAの方が紛失時安心です。

しかし、OKICAには本土交通系ICカードのようにクレジット機能が付いたもにがないので、オートチャージやクレジットチャージ等はできません。

解約の際にデポジットの500円は返却されますが払戻手数料が200円かかります。

OKICAの4つの購入方法

OKICAは「ゆいレール」の券売機・窓口もしくはバスの営業所窓口・販売所窓口、無記名であれば沖縄ファミリーマートで購入できます。

ゆいレールの券売機で購入

無記名OKICA、記名OKICA、定期券機能付OKICA全て券売機で購入できます。

学生、65歳以上、小児、障がい者の割引を受ける方は割引運賃で乗車できるので窓口のみ申込可能です。公的証明書が必要になります。

ゆいレールのOKICAの取扱場所は、那覇空港駅・赤嶺駅・小禄駅・奥武山駅・壺川駅・旭橋駅・県庁前駅・美栄橋駅・牧志駅・安里駅・おもろまち駅・古島駅・市立病院前駅・儀保駅・首里駅です。

  1. 「ICカード」にタッチ
  2. 「ICカードを買う」にタッチ
  3. 「無記名」か「記名」を選択してタッチ
  4. 記名の場合、必要事項を入力
  5. 希望のチャージ金額を選び、現金を投入
  6. カードが発券されます

ゆいレール窓口で購入

割引OKICA購入の場合、窓口で証明書を持参して購入します。

  1. 申込書に必要事項を記入して、デポジット500円とチャージ金額を窓口に提出
  2. カードが発行されます

バスの営業所窓口・販売所窓口で購入

「那覇バス」OKICA取扱場所は、那覇仮販売所・新川営業所石嶺営業所・具志営業所・糸満営業所・西原営業所・空港事務所・本社

「琉球バス交通」OKICA取扱場所は、那覇仮販売所・具志川営業所・名護営業所・読谷営業所・糸満営業所・百名営業所・宜野湾営業所・本社・宜次営業所

「沖縄バス」OKICA取扱場所は、旭橋駅前販売所・読谷出張所・糸満出張所・屋慶名出張所・名護出張所・愛知販売所・金武販売所・宜次簡易郵便局・百名郵便局

「東陽バス」OKICA取扱場所は、仮説券売所・馬天営業所・泡瀬営業所

OKICAの購入(記名・無記名)・定期券の購入・チャージのみの取扱(払戻・再発行は行なっていません)は、那覇バスの那覇市観光案内所・平良販売所、沖縄バスの首里販売所となります。

バスの場合、窓口のみの販売ですので申込書に必要事項を記載の上、デポジット500円とチャージ金額を窓口に提出して、OKICAを受け取ります。

沖縄ファミリーマートで購入

無記名OKICAのみの取扱です。紛失時補償されませんので心配な方は、記名OKICAを購入しましょう。

ファミリーマートでは無記名OKICAで、払戻もできませんが、可愛い花笠マハエ のフィギュアのOKICAがあり、土台部分をICリーダーにタッチして使います。

販売価格は、デポジットなしで(デポジットの払戻ができないため)2,000円(税込)です。販売場所は、沖縄ファミリーマート レグザリウボウ店、おもろまち2丁目店、那覇空港ターミナル店です。数に限りがあるので在庫がないことがあります。

OKICAのポイント制度

ポイントは、利用月(1日〜末日)の翌月6日に付与されます。

付与されたポイントは10ポイント→10円として、券売機または窓口で還元手続きをする必要があり、1年間ポイント還元を行わない場合、失効となります。

種類とポイント付与率

種類 ポイント付与のモノレール1ヶ月利用額下限 ポイント付与率
一般OKICA(無記名・記名) 3,000円以上 7%
65歳以上OKICA 3,000円以上 12%
65歳以上免許返納OKICA 3,000以上 12%
学生OKICA 3,000以上 14%
小児OKICA 1,500以上 7%
障がい者OKICA 1,500円以上 7%

学生の方は、中学生以上で購入時学生証もしくは在学証明書が必要で、年に1度4月末に学生証確認による更新が必要です。

小児は、12歳未満で購入時保険証等の年齢を証明するものが必要です。

障がい者の方は、購入時障がい者手帳による証明が必要で、誕生月に手帳確認による更新が必要です。

免許返納OKICAは65歳以上から申込でき、購入時運転経歴証明書が必要で、誕生月に運転経歴証明書による更新が必要です。

旅行者の方にとって1日乗車券とOKICAどちらがお得?

旅行者の方にとって、お金的にお得かどうかで言えば、損になります。ポイントは翌月6日に付与され、1年で失効してしまうので1年に何度か来る方でないとポイント還元を受けることができません。

OKICAを解約するときも、デポジット500円は返却されますが払戻手数料が200円かかりますので損をします。

ゆいレール1日・2日乗車券

種類 1日乗車券 2日乗車券
大人 800円 1,400円
小児・65歳以上免許返納者・障がい者の方 400円 700円

ゆいレール・バス(沖縄市内の那覇バスのみ)共通1日乗車券

種類 1日乗車券
大人 1,000円
小児 500円

沖縄バス(沖縄市内)

種類 1日乗車券
大人 660円
小児 330円

那覇空港から県庁前(国際通り近く)まで片道260円、首里城まで片道300円なので往復1,120円とゆいレール1日券が800円なので沖縄市内を回るのであれば元が取れるでしょう。

沖縄市外へレンタカーではなくバス等使って観光するのであればOKICAを持っていれば、観光客の方でも便利です。

バスであれば5,000円や10,000円の両替ができなかったり、昇降口で両替をしたり小銭を出すのに手間取ったりしなくてもいいので便利です。

沖縄在住の方であれば、運賃割引適用される方はいちいち証明書を見せる手間が省けますし、ポイントが最低でも7%と高還元率で貯まるのでお得です。ポイントは還元手続きをしないと使えないですし、1年で失効してしまうので、還元の手続きを忘れずに行いましょう。

旅行者の方で、例えば市内は電車で市外はレンタカーを借りる方でゆいレールしか乗らない方は1日乗車券の方がお得です。ただ、ファミリーマートの一部店舗で購入できるフィギュア付きのOKICAは可愛くて魅力的です。またバスで市外に行く方は、面倒であればOKICAを検討してもいいでしょう。

沖縄に住まれる方は、定期券は当然OKICAになるでしょうし、時々の利用でもOKICAの方が便利ですから、OKICAを利用しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ