家計簿アプリでクレジットカードを簡単管理! 3つの人気家計簿アプリを比較

主婦の方なら家計簿を付けているという方も多いことでしょう。

しかし正直、家計費を自分で計算して記入し、レシートも管理するとなる結構な重労働です。

とは言え、少しでも家計費を抑えたいなら付けない訳にも行きませんし、おっくうな為記入するのを後回しにしてしまうと、記入しなければならないことが貯まり、余計に家計簿を付けるのが嫌になってしまいます。

焦って記入をすると計算を間違えてイチからやり直しになってしまったり、もうてんてこ舞いです。

そこで毎日忙しくしている中で家計簿を付けなくてはならい主婦方の為へおすすめの家計簿アプリがあります。それがマネーフォワード・Moneytree・zaimです。このアプリならスマホ上で簡単に家計簿が付けられます。

家計費を計算するには、口座振替日などを把握しておくのは重要なポイントですが、正直忘れてしまうことも多々あります。

忘れることにより計算が狂ってしまい、一度狂ってしまうと様々な箇所の計算し直しなどと言う結果になってしまうのです。

ですが、アプリを使えば、口座振替日を教えてくれるので忘れることはなくなりますし、計算においても自動的に合計金額を出してくれるので便利に利用できます。

また、家族で家計簿を共有することができるアプリもあるので、家族全体で家計費を得にして行くことも可能です。

家計簿アプリを利用すれば、今までの家計簿を記入する際の苦労が緩和されます。

家計簿アプリの利便性とは

家計簿アプリを利用するのに向いているのは、家計簿を付けたいが長続きしないと言った方におすすめで、きちんと続けて家計簿を付けて行くと、家計費の削減に繋がってくるのです。

家計簿アプリは、アプリの画面上から収入や支出を入力でき、自分で計算しなくても入力するだけで自動的に計算してくれるので、時短にもなります。

アプリによっては入力する手間も省く為に、レシートの写真を取れば計算が済むものもあり、アプリ利用することで家計簿に費やしていた時間を他の時間に費やすこともできるようになるのです。

自分の時間が増えるのは、時間がいくらあっても足りない主婦には大きなメリットでしょう。

また、クレジットカードやポイントカードを登録すると獲得ポイントや口座残高を知らせてくれるアプリもあります。

家計簿アプリは主婦の味方のアプリなのです。

金融機関対応が多いマネーフォワード

マネーフォワードは金融機関対応が多いのが魅力の家計簿アプリで、多くの銀行口座やクレジットカードと連携できます。

対応可能の銀行にはゆうちょ銀行・住信SBIネット銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・蜜ビスUFJ銀行とたくさんあり、クレジットカードではアメックス・三井住友VISAカード・楽天カードにも対応しているので便利です。

そして、マネーフォワードの財布機能を利用すれば、口座から金額を引き落とすとすぐに反映されるので、残高をいつでも確認することができます。

また、予算をどのように割り振るかは家計簿を付けていく上で悩みどこですが、マネーフォワードなら、予算管理機能に月収や家族状況などを入力することで、自分と似た状況の方の予算を確認することもできる為、参考とすると予算管理がうまくでき、貯金できる金額も増えることでしょう。

入力がおっくうならレシートを読み込むリーダーもあるので、どんどん利用してみてください。

マネーフォワードを利用すれば、賢く家計簿を付けて行くことができるでしょう。

口座振替日を事前に通知してくれるMoneytree

Moneytreeは口座振替日を事前に知らせてくれる家計簿アプリで、ついうっかり口座振替日を忘れてしまいがちな方には最適です。

通知してくれる内容はクレジットカードの支払日・大口の入出金・残高低下・マイル有効期限・ポイント有効期限と様々で、すべて無料にて通知してくれます。

また、銀行口座なら法人の口座も登録でき、クレジットカード・ポイントカードの登録も、もちろん可能です。

そして、現在登録できるカードや口座はNanaco・ANAカード・Tポイントカード・三菱UFJ銀行・PONTA・JCBカードと他のカードもあるので、利用前には自分が登録したいカード・口座が対応しているか確認しておきましょう。

※レシートのリーダー読み込みも可能です。

家族と家計簿の共有ができるzaim

zaimは、家族で家計簿の共有ができるのがメリットの家計簿アプリとなっています。

家族で共有することで、生活を共にしている全員が家庭の財政状況を理解できるので、無駄な買い物を防止することもできますし、残高がない時の金銭的な要求も減ることでしょう。

そして、zaimも写真よるレシート金額の自動入力が可能アプリとなり、カードの読み取りもできる為、口座やクレジットカードの設定はよりスムーズとなります。

さらに、zaimは異なる端末からログインすることもでき、スマートファンだけでなくパソコンからの操作も可能です。

zaimなら、街の特売情報や給付金の情報も手に入るので、損が無い家計簿を付けて行くことができるでしょう。

マネーフォワード・Moneytree・zaimの特色を比較

比較表 特色
マネーフォワード 登録できる金融機関が多いので、Moneytree・zaimに登録できなかった場合は、マネーフォワードに登録できるかのチェックをするのがおすすめ。
Moneytree 通知機能が魅力で、支払い・大口の入出金・残高低下・マイル有効期限など、つい忘れてしまいがちな情報を教えてくれる。
zaim 家族と家計簿を共有るのが特色で、銀行カードやクレジットカードも自動的に写真から読みとり、特売情報や給付金の情報も入るのが特長。

家計簿アプリは一見どのアプリも同じように見えてしまいますが、詳しく見て行くと特色が異なってきて、カードの読み取りが可能なのはzaimのみです。

しかし、登録できる銀行やカードが多いのはマネーフォワードとなり、通知機能を求めるならMoneytreeが合っています。

利用の際は特色をよく比較してから、ニーズに合った家計簿アプリを利用してください。

自分に最適のアプリを使って家計簿を便利に付けよう

家計簿アプリを利用する際で大事なのは、まず初めに自分登録したい口座やカードが対応しているアプリを選ぶことです。

よく、家計簿アプリなら何でも登録できると思い込んでしまい、いざ使ってみたら、対応していなかったと言う結果となってしまうことがあるので、予めホームページ等で確認してください。

家計簿はおっくうと言える為、最初の出だしで間違え興をそがれてしまうと、付けること自体が嫌になってしまいます。

また、家計簿アプリにもそれぞれの特色があるので、どの家計簿アプリをインストールするかを決めるのは、特色を見てからがおすすめです。

例えば、マネーフォワードは、登録できる金融機関が多く、SBI住信ネット銀行も登録可能となっています。

Moneytreeは、家計に響いてきそうな重要な内容の通知を無料で行ってくれ、口座振替日や多額の引落が合った際にも連絡が来るので安心です。

zaimに関しては、家族中で家計簿の管理ができ、特売日などの情報が入るのも主婦にとっては魅力的でしょう。

そして、zaimではカードの読み取りも行っているので、3つの中では一番簡単に登録設定作業等ができる家計簿アプリです。

基本的な機能はどの家計簿アプリも変わりませんが、家計簿アプリは自分のニーズに合ったもの選ぶことが、無駄のない生活を送ることに繋がってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ