ドコモのd払い対応店舗を一覧で紹介! スマホ1つで簡単決済できるd払いの使い方やメリットも紹介

スマホに表示させたバーコードでらくらく決済

d払いとは、スマホの「d払いアプリ」に表示させたバーコード(またはQRコード)を店舗レジで読み取ることで決済できるドコモのサービスで、その決済した金額は月々のケータイ料金と合算して支払うかクレジットカードで支払うというものです。後払い型の電子マネーのようなものと考えてもいいでしょう。

楽天ペイ、LINE Payなどと同種のサービスであり、使用開始時に手間がほとんどかからず、おサイフケータイ機能のないスマホでも使えるため、導入のハードルはとても低いといえます。日本を除くアジアではすでにこの種のバーコードを使った決済方法が主流になりつつあり、今後、日本でも広がっていくと考えられます。

d払いは、ドコモの回線契約がなくても、無料で登録できる共通ID「dアカウント」を持っていれば誰でも利用可能で、d払いで決済することにより、共通ポイントの「dポイント」が貯まります。そして、その貯まったdポイントはお買い物に使えます。

d払いは実店舗のほかネットショッピングの代金の支払いにも使えるので、たとえば、ドコモの回線契約がある方なら、クレジットカードを持たなくても4ケタのパスワードだけで決済できます。

貯まるdポイントは、実店舗では購入金額200円につき1P、ネット店舗では100円につき1Pが貯まり、1Pは1円としてお買い物に使えます。

ポイント二重取りも可能

d払いアプリの使い方と特徴について次にまとめました。

d払いアプリの使い方と特徴

  • 「d払い加盟店」で使える
    d払いは「d払い加盟店」で使えます。このd払い加盟店はドコモの共通ポイント「dポイント」が貯まる「dポイント加盟店」とは別でが、両方を兼ねている店舗もあります。
  • d払いアプリでの支払い方
    d払い加盟店とdポイント加盟店の両方を兼ねている店舗レジでは、まず、「dポイントカード」か「モバイルdポイントカード」を提示します。その後、d払いアプリを起動してバーコード画面を表示させた状態のスマホを見せ、d払いで決済することを伝えます。
    これにより、dポイントカード提示によるdポイントと、d払いによるポイントの両方が貯まる“ポイント二重取り”となります。
    dポイント加盟店ではなく、d払いのみが使える店舗では、d払いアプリを起動してバーコード画面を表示させた状態のスマホを見せ、d払いで決済することを伝えるだけです。
  • 貯めたdポイントで支払う
    貯めたdポイントで支払いたいときは、d払いアプリの「dポイントで支払う」という部分にタッチして、そこの色が赤くなったら支払い可能です。
  • ネットショッピングではd払いアプリは不要
    ネットショッピングでd払いするときは、d払いに対応しているショッピングサイトで支払い方法に「d払い」を選択し、4ケタのパスワード(ネットワーク暗証番号またはspモード/iモードパスワード)を入力して購入手続きを進めます。
  • d払いで使えるクレジットカード
    d払いではVisaかマスターカードのカードブランドを使えます。ただし、海外で発行されたカードやプリペイドカードの一部は利用できないことがあります。
  • 毎月の利用限度額は最大10万円
    毎月の利用限度額は、1万円か3万円か5万円となりドコモ側が設定・変更します。所定の条件を満たすと10万円まで限度額が上がりますが、いずれにせよドコモ側による設定となります。
    この利用限度額の範囲内ならユーザー自身が1,000円単位で限度額を設定して使い過ぎを防ぐこともできます。
    なお、回線契約者あるいは利用者登録している方が未成年で、電話料金と合算して利用料金を支払っている場合、毎月の利用限度額は最大1万円となります。
  • d払い限定のポイントアップやキャッシュバックキャンペーンも
    d払い限定のポイントアップやキャッシュバックキャンペーンを上手に利用してdポイントを効率よく貯められます。たとえば、「毎週おトクなd曜日」では、毎週金曜日と土曜日にd払い対応サイトでお買い物することでポイントが最大8倍に。
    そのほか、ポイント山分け、ショップ限定のポイントアップやポイントプレゼントなどのキャンペーンが随時行われます。

d払いを使える店舗の一覧

今のところd払いを使える実店舗はそれほど多くありません。しかし今後、増えていくと考えられ、使い勝手もどんどん向上していくでしょう。d払いを使える実店舗の一覧は以下となります。

d払いを使える実店舗一覧(10月10日現在)
ローソン、 島屋(大阪店・京都店・新宿店)、 タワーレコード、 URBAN RESEARCH、 GATHERING TABLE PANTRY、 earth music&ecology、 E hyphen world gallery、 koe、 ツルハドラッグ、 くすりの福太郎、 ウォンツ、 ドラッグストアウェルネス、 レデイ薬局、 メガネスーパー、 UNITED ARROWS、 BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS、 H BEAUTY&YOUTH、 STEVEN ALAN、 6(ROKU)、 UNITED ARROWS green label relaxing、 ITALIAN RESTAURANT&BAR GOHAN、 三代目鳥メロ、 TGI フライデーズ、 TEXMEX FACTORY、 にくスタ、 ニッポンまぐろ漁業団、 bb.q OLIVE CHICKEN cafe、 ミライザカ、 和民、 坐・和民、 WANG’S GARDEN

なお、d払いを使えるネット店舗は以下となります。

d払いを使えるネット店舗(10月10日現在)
ショッピング アニメイト オンラインショップ、 R.O.U 公式オンラインショップ、 インターネット花キューピット、 ウルトラミックス本店、 ヴィクトリアエルブレスオンラインストア、 ヴィクトリアゴルフオンラインストア、 ヴィクトリアサーフ&スノー オンラインストア、 NTT-X Store、 絵本ナビ、 ABC Cooking MARKET、 大阪王将公式通販、 柿安オンラインショップ、 カルディコーヒーファーム公式オンラインショップ、 門崎熟成肉 格之進 オンラインストア、 Creema、 コスメランド オフィシャル店、 コンビショップ、 コンビミニ、 サッカーショップKAMO、 サンプル百貨店、 ショップジャパン、 スーパースポーツゼビオオンラインストア、 生活雑貨 本店、 ソニーストア、 高島屋オンラインストア、 第一園芸オンラインショップ、 DHCオンラインショップ、 豆腐の盛田屋、 ドクターシーラボ公式サイト、 ノジマオンライン、 ひかりTVショッピング、 フタバブックス、 ブランドショップAXES、 PLAZA ONLINE STORE、 PREMOA、 ペットゴー、 マザーガーデン&ペットパラダイスオンラインストア、 マツモトキヨシオンラインストア、 minne、 無印良品ネットストア、 メルカリ、 ラクマ(旧フリル)、 RADIPASSTORE、 ROCKET‐EXPRESS、 ロマンティックプリンセス、 ワタシプラスオンラインショップ
ファッション生活雑貨 アウトレット通販OUTLET PEAK、 H/Standard Official Site、 ADORE Official Site、 ANAPオンラインショップ、 アメリカンイーグルオンラインストア、 Alinoma(アリノマ)、 ENCHAINEMENT ONLINE、 URBAN RESEARCH ONLINE STORE、 イーストボーイ公式通販、 N. Natural Beauty Basic*、 ABC-MARTオンラインストア、 ONWARD CROSSET、 CALLAWAY APPAREL Official Site、 京都発インナーショップSHIROHATO、 神戸レタス、 Safari Lounge、 SANEI bd ONLINE、 下着・ランジェリーのエメフィール公式通販サイト、 SHIPS ONLINE SHOP、 シティーヒルオンラインストア、 集英社FLAG SHOP、 SHOPLIST.com by CROOZ、 Zio Bernardo Official Site、 Jack Bunny!! by PEARLY GATES ONLINE SHOP、 JILLSTUART Official Site、 JILL by JILLSTUART、 JINS、 G&S PREMIUM CLUB、 STRIPE CLUB、 ストライプデパートメント、 SPIC INTERNATIONAL ONLINE STORE、 St ANDREWS ONLINE SHOP、 タカシマヤファッションスクエア、 DIVINER、 TOKYOSTYLE Official Site、 TORNADO MART、 NATURAL BEAUTY BASIC、 nano・universe、 ニッセンオンライン、 ニューバランス公式オンラインストア、 new balance golf Official Site、 HIGH STREET、 BUYMA、 PEARLY GATES ONLINE SHOP、 HUMANWOMAN Official Site、 BEAMS公式オンラインショップ、 FASHIONWALKER、 ファッション通販サイトMAGASEEK、 Free's Mart、 BRANDELI、 BLUE TORNADO、 プニュズオンラインストア、 PROPORTION BODY DRESSING、 MASTER BUNNY EDITION ONLINE SHOP、 MASTERMIND TOKYO Official Site、 マンハッタン ポーテージ、 MUSE&Co.、 UNITED ARROWS LTD. ONLINE STORE、 UNiCASE、 夢展望、 ROSE BUD ONLINE STORE、 WORLD ONLINE STORE
音楽・映画・ゲーム WIZY、 松竹マルチプレックスシアターズ、 TOWER RECORDS ONLINE、 Neowing、 mu-moショップ、 ムビチケ、 GAMECITYオンラインショッピング
サービス WILLER TRAVEL、 ABC 体験レッスン&1dayレッスン予約サイト、 大宮アルディージャオンラインチケットサービス「アルチケ」、 大宮アルディージャ スタジアムオーダー、 Jリーグチケット、 ジェットスター、 TOLOT、 はがきデザインキット、 バニラエア、 ピザクック

dカード・dカードゴールドの併用でポイント三重取りも

d払いも可能なdポイントカード加盟店でd払いをすると、dポイントの“ポイント二重取り”となりますが、それをさらに“ポイント三重取り”にすることもできます。d払い利用料金の支払いをドコモのクレジットカード「dカード」に設定すると、dカード利用分のdポイントまで貯まる“ポイント三重取り”となるのです。

その内訳は、「dポイントカード提示によるポイント(還元率は店舗により異なる)+実店舗でのd払い利用ポイント(還元率0.5%)+dカード利用によるポイント(還元率1%)」となります。一方、ネットでのd払いでは、「ネット店舗でのd払い利用ポイント(還元率1%)+dカード利用によるポイント(還元率1%)」となります。

なお、dカードはd払い以外でも、ショッピング利用(クレジット支払い)100円(税込)ごとに1Pが付与されます。また、ドコモのケータイや「ドコモ光」の利用料金では1,000円(税別)ごとに10Pの付与となります。いずれもポイント還元率は1%です。

dカードは初年度年会費無料で作ることができ、2年目以降は年会費1,250円(税別)となりますが、前年度に1度でもショッピング利用があれば無料になるので実質年会費無料と考えていいでしょう。

ドコモのクレジットカードならではの特典として注目したいのは、ドコモで購入した携帯端末に保証期間1年間のケータイ補償(保証金額は最大1万円)が付帯することです。ドコモの通常のケータイ補償サービスとは内容が異なるので比較はできませんが、おトクなサービスであることは間違いありません。

dカードの概要

年会費 初年度年会費無料。2年目以降は年会費1,250円(税別)。
ただし前年度に1度でもショッピング利用があれば無料になる
入会条件 満18歳以上(高校生を除く)
カードブランド Visa、マスターカード
ポイント還元率 1%
付帯機能 電子マネーiD
付帯保険 最大1万円のdカードケータイ補償(保証期間1年間)、
年間最大100万円のお買い物あんしん保険、不正使用補償
追加可能カード 家族カード(初年度年会費無料、2年目以降は年会費400円・税別、ただし本会員が年会費無料時は無料に)、
ETCカード(初年度年会費無料、2年目以降は500円・税別、ただし年に1度でもETCカードの利用があれば無料に)

また、dポイントカードの上位カードには年会費1万円(税別)のdカードGOLDがあり、こちらはさらに充実したポイントサービスと特典がついてきます。

ショッピングでのポイント還元率は1%でdカードと同じですが、ドコモのケータイや「ドコモ光」の利用料金では1,000円(税別)ごとに100Pが付与されます。つまり、10%の超高還元となるのです。ただし、端末分割支払金や一部の通信料金・サービス料金・工事料などはポイント付与対象外となります。

この10%というのは非常に大きく、たとえば、ポイント付与対象となる料金が1万円を超える場合、1年間で年会費を超えるポイントが貯まることになります。逆に言えば、利用料金が少ないと年会費分の元は取れませんが、携帯とドコモ光の両方の料金を支払っているなら、毎月1万円を超えないケースのほうが少ないでしょう。

また、年間利用料金が100万円(税込)を超えると1万800円相当のクーポンが、200万円(税込)を超えると2万1,600円相当のクーポンがプレゼントされるので、ここでも元が取れることになります。もらえるクーポンは携帯端末の割引や各種ショッピング、旅行などに使えます。

そのことから、dカードGOLDは年間100万円以上クレジットカードを使う方には特におトクなカードだといえるでしょう。携帯電話料金やショッピングだけでなく、光熱費や家賃などもすべてクレジットカードで支払えばそれくらいには十分達するはずです。

また、dカードGOLDには、ゴールドカードならではの空港ラウンジ利用特典(国内28空港)のほか、海外最大1億円・国内最大5,000万円と金額の充実した旅行傷害保険も付帯しています。

dカードGOLDの概要

年会費 1万円(税別)
入会条件 満20歳以上(学生は除く)で安定した継続収入があること
カードブランド Visa、マスターカード
ポイント還元率 1%、ドコモのケータイ・「ドコモ光」の利用料金は10%
付帯機能・特典 電子マネーiD、国内28空港のラウンジ利用
付帯保険 海外最大1億円・国内最大5,000万円の旅行傷害保険、最大10万円のdカードケータイ補償(保証期間3年間)、
年間最大300万円のお買い物あんしん保険、不正使用補償
追加可能カード 家族カード(1枚目年会費無料、2年目以降は1枚あたり年会費1,000円・税別)、
ETCカード(初年度年会費無料、2年目以降は500円・税別、ただし年に1度でもETCカードの利用があれば無料に)

dカード・dカードGOLDの特典を享受しつつ、d払いと上手に組み合わせることで、dポイントはどんどん貯まっていきます。

d払いを使っていきたい、dポイントを貯めているという方はdカードシリーズを利用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ