クレジットカードで入れるゴルフ保険を比較! 月々の支払いも手ごろな価格でクラブの損害も補償対象

ゴルフ保険について学んでおこう

ゴルフ保険は、例えば、ゴルフをプレー中に、ゴルフ用品の盗難・ケガ・他人をケガさせてしまう等が起こったときに補償してくれる保険です。スポーツはケガやトラブルと隣り合わせのため、ゴルフをするのであれば加入していた方が安心でしょう。

しかしゴルフ保険は加入しようとすると、保険料が年間3,000円〜9,000円程度かかるのが一般的です。でも実はクレジットカードを持っていることでお得に保険を追加できるものもあります。

ゴルフ保険に加入できるクレジットカードとは?

クレジットカードに追加できるゴルフ保険として、三井住友VISAカード会員のポケット保険(ゴルフコース)とJCB CARDのJCBトッピング(ゴルフプラン)があります。

三井住友住友VISAカードのポケット保険(ゴルフコース)

三井住友VISAカードを保有していれば加入できるポケット保険(ゴルフコース)は、ゴルフ以外の場合でも補償されます。月々540円〜1,490円から加入できますので気軽に加入することができます。

補償は最短翌日から適用されるため、時々しかゴルフをしない方でも加入しやすいでしょう。

また本人・夫婦・家族と複数で割安に加入できるため家族でゴルフをプレーする方にはお得に保険が加入できます。

加入年齢は、満20歳以上で補償が開始される日の年齢が満65歳以下の方に限られています。

補償内容 Sサイズ Mサイズ Lサイズ
月額保険料 本人:540円
夫婦:770円
家族:1,250円
本人:1,010円
夫婦:1,460円
家族:2,400円
本人:1,490円
夫婦:2,160円
家族:3,560円
傷害死亡・後遺障害 100万円 100万円 100万円
傷害入院(日額) 500円 1,500円 2,500円
傷害通院(日額) 250円 750円 1,250円
手術保険金 入院中5,000円
外来2,500円
入院中15,000円
外来 7,500円
入院中 25,000円
外来 12,500円
携行品損害
(免責額5,000円または損害額10%の高い方の金額)
10万円 10万円 10万円
個人賠償責任 1億円 1億円 1億円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円(本人のみ) 30万円(本人のみ) 50万円(本人のみ)

Sサイズ加入の本人がケガをした場合、補償として入院1日につき500円、通院250円とケガの補償としては低くなっていますが、一方で他人に損害を与えた場合に補償される個人賠償責任の補償は、賠償責任の額から訴訟費用まで補償され、ゴルフ以外にも適用され1億円までの補償となっているため、ゴルフはもちろんゴルフ以外でも予期しない他人への損害に備えることができます。

ホールインワンやアルバトロスを達成した場合に祝賀会やゴルフ場への植樹費用の負担を補償してくれるホールインワン・アルバトロス費用補償は、キャディ、公式競技の競技委員など客観的な第三者が不在の場合や海外のプレー、ゴルフ指導が職業の方、本人経営のゴルフ場でのプレーには支払われないことに注意しましょう。

ポケット保険(ゴルフコース)に加入できる三井住友VISAとは?

三井住友VISAからクレジットカードは多くの種類が発行されていますが、スタンダードなカードは三井住友VISAクラシックカードです。

入会資格 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 1,350円(税込)
初年度無料
前年度に1回以上のクレジット利用で翌年度年会費無料
家族カード年会費 432円
初年度1人目無料
ETC年会費・発行手数料 初年度無料
540円(税込)前年度に1回以上のETC利用で年会費無料
三井住友銀行ATM
手数料優遇
クレジットカード利用で
三井住友銀行のATM手数料無料(無制限)
コンビニATM手数料無料(月3回まで)
ポイント 1,000円→1ポイント(還元率0.1%)
海外傷害保険 最高2,000万円(航空券などカード決済の支払い条件あり)
ショッピング補償 最高100万円
海外での利用
国内でのリボ払い・分割払い
国際ブランド VISA、マスターカード

JCB CARDのJCBトッピング(ゴルフプラン)

加入年齢は、満20歳以上〜69歳以下に方に限られています。申込は24時間年中いつでもインターネットからできます。また、申込から翌日AM0:00より補償が開始されます。

月額保険料 370円
傷害死亡・後遺障害 100万円
(ゴルフ・テニス・アイススケート・雪上滑走スポーツ、
魚釣り中限定)
入院日額 1,000円
(ゴルフ・テニス・アイススケート・雪上滑走スポーツ、
魚釣り中限定)
手術保険金 入院中10,000円、外来5,000円
個人賠償責任 1,000万円
携行品損害 10万円(免責額3,000円)
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円

JCBトッピング(ゴルフプラン)に加入できるJCB CARDとは?

JCBまたはJCBグループがカード発行しているクレジットカードで国際ブランドがJCBであるカードやデビットカードは含みません。券面の番号が「345」、「355」から始まるカードもしくは裏面にJCBの問い合わせ先の記載があるカードが対象です。

保有していない場合におすすめのカードはJCB一般カードになります。

入会資格 18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入がある方または学生(高校生除く)
年会費 1,350円(税込)
オンライン入会で初年度無料
My Jチェックの登録・年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用で翌年の年会費無料
家族カード年会費 432円(税込)
本会員のカードが年会費無料の場合、家族カード年会費も無料
ETC年会費・発行手数料 無料
ポイント 1,000→1ポイント(還元率0.1%)
JCBオリジナルショッピングパートナー店でポイント倍(例)スターバックス10倍、セブンイレブン3倍
インターネットショッピングでポイント最大20倍
海外利用でポイント2倍
傷害保険 海外 最高3,000万円
国内 最高3,000万円
My Jチェック登録の上、ホテルや交通機関の支払いをJCB CARDで支払う必要あり
国内・海外航空機遅延保険 乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)
出航遅延費用等保険勤務(食事代)
寄託手荷物遅延費用保険金(衣類購入等)
寄託手荷物紛失費用保険金(衣類購入等)
ショッピングガード保険 海外のみ最高100万円
国際ブランド JCB

三井住友VISAカードのポケット保険(ゴルフコース)かJCB CARDのJCBトッピング(ゴルフプラン)どちらが自分に適している?

三井住友VISAカードは他のプレーヤーへの損害の補償が厚い、補償範囲が広い、家族での加入が割安

月額保険料はJCB CARDに比べると高いですが、他人へケガをさせたなどの損害を補償してくれる個人賠償責任補償が1億円まであり充実しています。他人への損害に対して不安がある場合は三井住友VISAカードが安心です。さらに訴訟費用まで補償してくれ、ゴルフ以外でも補償されますのでこのポケット保険で日常での他人への損害責任費用を補償できます。家族で加入すると2人分でもとても割安になるため家族でゴルフをされている方にはとてもお得になります。

月々の安さで選ぶならJCB CARD

月額保険料は、JCB CARDのJCBトッピング(ゴルフプラン)は月額保険料が370円と安く加入できます。補償の面でも、自身がケガをした場合、入院日額1,000円と入院中手術した場合、1万円支払われます。一方、三井住友VISAカードのポケット保険(ゴルフコース)はSサイズの月額540円と安いですがケガの補償が日額500円でJCB CARDの日額と同様の1,000円以上支払われるようにするとMサイズの月額保険料が1,010円になってしまいます。

クレジットカードで加入できるゴルフ保険は安心で便利

他人への損害賠償に対する個人賠償責任の充実性やゴルフ以外でも補償があると便利、家族で割安に加入したいのであれば三井住友VISAカードのポケット保険(ゴルフコース)がおすすめです。

月々の安さや自身のケガの補償の手厚さで選ぶならJCB CARDのJCBトッピング(ゴルフプラン)です。

クレジットカードを保有していればいつでも加入でき即日補償がつくので便利な保険です。対象のカードを保有していない場合は新規に申し込んで持っておきたいところです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ