ミニストップで電子マネーを使うならWAONがお得!年会費無料でポイントの二重取りができるカードを作ろう

イオングループのコンビニ ミニストップで使える電子マネーは豊富なラインナップ

ミニストップはイオングループのコンビニで、支払い方法は現金、クレジットカードの他に、種類豊富な電子マネーに対応しています。イオンで使えるWAON、Apple Pay、交通系電子マネー(PiTaPaは対象外)、楽天Edy、iD、QUICPay、Google Payに対応しており、普段使いする電子マネーのほとんどが使えます。電子マネーの中でも注目すべきはWAONで、お得に貯まるキャンペーンが多いです。

WAONはローソンでも使えますが、ミニストップで使う方がWAONポイントが貯まりやすく、ミニストップで使える電子マネーの中で最もおすすめで、イオンで使うときと同じように使うことができます。ミニストップのヘビーユーザーの間でもWAONが1番お得な電子マネーとして知られています。

手軽にWAONを使うならWAONカードが便利

ミニストップでWAONをすぐに使いたい、そんなときはWAONカードが便利です。電子マネーを使うとき、通常はアプリをスマホにダウンロードするなどの手間がかかりますが、WAONカードならミニストップの店頭でいつでも申し込み、すぐに受け取ることができます。発行手数料は税込300円、年会費は無料で使え、ミニストップで申し込み後にチャージすればすぐに使えます。

WAONカードはクレジット機能の付帯はなく、個人情報の登録や本人確認などの必要がありません。チャージ上限は50,000円、1回のチャージ上限は49,000円、1,000円以上からチャージできます。WAONを使ってもらえるWAONポイントは、200円→1Pで付与されます。WAONポイントはWAONにチャージするか、1P→1円として支払いに充当することができます。

モバイルWAONも便利!

WAONはカードタイプのほかにアプリのモバイルWAONでも利用でき、他の電子マネーのようにスマホから使うことができます。スマホをかざすだけで支払いが完了し、ポイント管理・残高の確認もスマホ1つでチェックできます。クレジットチャージを利用すればオートチャージはもちろん、いつでもどこでもチャージでき、モバイルWAONマークのある店舗で利用できて便利です。

WAONは数ある電子マネーの中でも、イオングループのミニストップでの利用がお得です。電子マネーWAONでの支払いで対象商品を購入すると、ボーナスポイントがもらえるなど、さまざまなキャンペーンが豊富にあるからです。ミニストップでWAON使いがお得になる使い方を紹介します。

ミニストップでのWAON使いがオトクな理由はポイント2倍+ボーナスポイント

ボーナスポイント対象商品でオトク!

ミニストップには、毎月変わるボーナスポイント対象商品があり、期間中に対象商品を電子マネーWAONで購入するか、WAONポイントカードを提示すると、通常のWAONポイントに加えてボーナスポイントがもらえます。商品ごとにボーナスポイント数が異なり、10〜30ボーナスポイントがもらえます。WAONのボーナスポイント対象商品を購入できるのは、イオングループの中でもミニストップだけです。

対象商品はフジパンのスナックサンドや、冷凍食品各種、乳製品各種、デリカ商品各種が対象となっています。1週間程度で対象商品は細かく入れ替わり、デリカ商品の惣菜類は幅広いラインナップが魅力です。手軽に食べられるパンや冷凍商品を始め、野菜たっぷりの惣菜類、ヨーグルトや豆乳、プロテインまでボーナスポイント付きで購入できることは、健康にも良くうれしさ2倍になります。

毎月5日・15日・25日はミニストップへGo! ポイント2倍でオトク

毎月5日・15日・25日は、「お客さまわくわくデー」です。イオンでは毎月5の付く日をお客さまわくわくデーとしており、WAONを利用するとWAON POINTを2倍で付与しています。この客さまわくわくデーは、全国のイオンやマックスバリュなどのイオングループで実施しているため、ミニストップでもWAON POINTが2倍でもらえます。200円→2ポイントとなるので還元率が1%になってオトクです。

普段の買い物も、5の付く日を狙ってまとめ買いをするか、金額の大きな商品は5の付く日にWAONで購入する、会社の休憩時間に飲むドリンク類はまとめてミニストップでWAON払いにするなど、少し工夫すればWAON POINTも貯まりやすくなります。

オートチャージならWAONポイント二重取り!

イオンカードセレクトとイオン銀行キャッシュ+デビットカード、一部のJALカードは、WAONのオートチャージ機能が付いています。オートチャージ機能を使うと、通常のWAON利用で200円→1P、オートチャージ利用で200円→1P、合計で200円あたり2ポイントもらえ、WAON POINTの二重取りができます。WAON払いが多い方は、イオンカードセレクトでオートチャージを利用したWAON POINTの二重取りを狙いましょう!

WAONのオートチャージ機能は、クレジットカードからオートチャージされるのではなく、イオン銀行普通預金口座からオートチャージとなります。そのため、イオン銀行の口座に常に残高が必要となり、オートチャージの設定額も、残高と相談しておかなければなりません。ですが、通常200円→1Pの0.5%還元のWAON POINTを1%還元で貯めるには、最もおすすめできる方法です。

ミニストップでWAON払いするときも、オートチャージしてあれば支払う時間を短縮させることができます。貯まったポイントは1P→1円で使えるので、じっくり貯めて使うのも良い方法ですよ。

WAONを使うならイオンカードセレクトがおすすめ!

ディズニー&ミニオンズデザインも選べるイオンカードセレクトでWAON POINTを貯める方法

イオンカードセレクトは、従来のベーシックなデザインの他に、ディズニーデザインと、ミニオンズデザインを選べます。どのカードデザインでも、電子マネーはWAONが使えて、WAON POINTも貯まります。ただ、ディズニーデザインは国際ブランドがJCB、ミニオンズデザインはMastercardのみで、VISA・Mastercard・JCBから選べるのはベーシックデザインとなります。

イオンカードセレクトでWAON POINTをたくさん貯めるには、電子マネーWAONをたくさん使うことが基本です。実際にはほかにもWAON POINTを貯める方法があり、普段からちょっとした工夫をすることでコツコツ貯めることができます。

1.イオンカードセレクトのオートチャージ機能を使ってポイントを2倍貯める

イオンカードセレクトのオートチャージ機能を使い、WAON POINTを二重取りで貯められます。ディズニーデザイン・ミニオンズデザインでも貯められます。

2.イオン銀行の利用で毎月10ポイント〜もらえる!

イオンカードセレクトはイオン銀行が指定支払い銀行です。イオン銀行の口座を給与口座に指定すると、毎月10ポイントがもらえます。そのほか、電気代やガス代などの公共料金の支払い1件につき5ポイント、投資信託購入時手数料の50%分のポイント、NISA口座での投資信託購入時手数料がWAON POINTでもらえるなど、イオン銀行の利用でもWAON POINTがもらえます。

3.指定の公共料金支払いで1〜2%還元でWAON POINTが貯まる

公共料金のうち、北海道エア・ウォーター株式会社、東北エア・ウォーター株式会社、水島ガス株式会社、九電みらいエナジーの4社を利用すると、利用額100円→1Pまたは2Pがもらえます。通常0.5%還元のWAON POINTを最大4倍で貯められる方法です。電気・水道・ガス会社も、対応地域なら切り替えを検討しましょう。毎月ポイントが4倍で貯まるので、効率的に増やせる方法です。

4.イオンの店頭で実施中のキャンペーンを活用する

イオンの店頭では定期キャンペーンのほかに、期間限定のキャンペーンも実施しています。WAONでオトクになるキャンペーンをフル活用すれば、WAON POINTが2〜5倍で貯められます。店頭で実施するキャンペーンは、イオンの公式ホームページからもチェックできます。

その他の方法でWAON POINTを貯める・増やす方法

1.電子マネーWAON会員(所有者情報登録)登録でボーナスポイント獲得

クレジット機能が無いWAONカードの方は、電子マネーWAON会員(所有者情報登録)登録することで、WAON決済額500円毎に1WAON POINTが付与されます。ネットステーションの全機能が使えるようになり、WAONカード紛失・盗難のときは残高を移行することもできるようになりますよ。

2.各種サービスを利用する

中古車の査定や、引っ越し、旅行などの利用でもWAON POINTが貯まります。モバイルWAONとタイアップするアプリ「ラッキータッチ」などを利用すると、1〜1,000ポイントが当たります。

3.リサイクルでもWAON POINTが貯まる

WAON POINTは日ごろのリサイクル活動でも貯められます。ペットボトル5本→1P、古紙1kg→1P、紙パック10枚(300g)→1Pで貯まり、ポイントの受け取りはWAONステーションまたは、イオン銀行ATMで行います。利用した日の翌月5日以降、10ポイント単位で受け取れます。この場合のWAON POINTには有効期限があり、ポイント付与日が4月1日〜9月30日の場合、翌年3月31日、10月1日〜翌年3月31日の場合、翌年9月30日となっています。

4.提携ポイントを移行する

WAON POINTは、イオンカードセレクトやイオン銀行の利用で貯まりますが、提携する他社のポイントを移行して増やすこともできます。例えば、同じイオンカードセレクトで貯まる、ときめきポイントは、1,000P→1,000Pで移行することができます。ときめきポイントも同じ0.5%還元で、日曜は5倍、特定日は10倍などキャンペーンが豊富で貯めやすく、WAON POINTへの移行は翌日に反映されてすぐに使えます。

また、その他の銀行・証券会社のポイント、公共系のサービス会社のポイント、インターネットのポイントサイトのポイントも移行できます。

Pontaポイントなどの共通ポイントに比べると、やや提携先が少ないですが、幅広いジャンルの提携先がありポイント移行しやすい傾向です。公共系のポイント提携が多いことや、インターネットのポイントサイトの交換レートがほぼ等価交換できる点はオトクで嬉しいメリットでしょう。

イオンカードセレクトの基本情報

  • 年会費・・・無料
  • 国際ブランド・・・VISA・Mastercard・JCB
  • 申し込み条件・・・18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
  • 付帯保険・・・カード盗難保障無料付帯
  • 追加可能カード・・・ETCカード、イオンiD、Apple Pay、家族カード
  • ポイント・・・ときめきポイント
  • 電子マネー・・・WAON

※支払い銀行はイオン銀行口座対応、ベーシックデザインからディズニーデザイン・ミニオンズデザインへの変更不可。ディズニーデザイン・ミニオンズデザインを希望する方は別途入会が必要。

電子マネーはWAON中心ならミニストップの買い物はWAONにしよう

普段の買い物はイオングループが多いなら、電子マネーはWAONが断然オトクになります。電子マネーはWAONが中心という方におすすめのコンビニはミニストップが1番オトクです。ミニストップは、ボーナスポイント対象商品のキャンペーンを始め、カードの提示だけでもWAON POINTがもらえることが大きなメリットです。nanacoの場合、カードの提示だけではポイントはもらえないので、WAONのオトクを実感できますね。

イオンカードセレクトを使えば、ミニストップのレジでいつでもチャージできるほか、オートチャージ機能を利用すれば、WAON POINTの二重取りもできるようになります。WAONのミニストップ使いは、イオングループならではのボーナスポイントも貯まるので、使わない手はないでしょう。

WAONのオートチャージ機能が付帯するクレジットカードは、イオンカードセレクトと一部のJALカードのみです。イオンカードセレクトは、ディズニーデザインやミニオンズデザインもあり、ファンなら持っておきたいカードです。また、直近の年間カードショッピング額が100万円以上なら、無料でゴールドカードを発行してもらえ、ミニストップでWAON払いするときも誇らしく使えます。

イオンカードセレクトのゴールドカードは、年会費無料・WAON POINTの還元率0.5%はそのままでも、電子マネーWAONとともに、ディズニーデザインのゴールドカードも持てるメリットがあります。イオンカードセレクトと電子マネーWAONは相性がとても良いので、ミニストップでの買い物は、イオンカードセレクトでオートチャージした電子マネーWAONで、オトクに使いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ