ソニーカードの年会費1,350円が無料になる方法とは?WEBからの簡単な手続きで申込み完了

ソニーカードの年会費はWEBからの簡単手続きで無料になる

ソニーカードはソニー銀行と三井住友カードの提携カードで、年会費は入会初年度無料、翌年以降は税込1,350円のクレジットカードです。ソニーカードの年会費は、WEBから簡単な手続きを行うことで割引・または無料にすることができます。手続きは2つの方法があり、1つ目はカード利用料金のWEB明細書サービスを利用することです。

WEB明細書の利用は、ソニーカードの本会員かつ過去1年間に6回以上の請求がある方が対象で、三井住友カードのカード会員インターネットサービスのVpass(ブイパス)(https://www.smbc-card.com/mem/vps/index.jsp)から手続きできます。WEB明細書サービスの利用開始で、年会費の金額が500円+税割引になり、実質翌年の年会費を税込み810円にすることができます。

2つ目は、三井住友カードの自動リボ払いの「「マイ・ペイすリボ」」に登録することと、「マイ・ペイすリボ」の利用実績があることです。「マイ・ペイすリボ」は、カード決済時に一括払いで購入しても自動でリボ払いになる支払い方法で、年1回以上の利用実績で翌年の年会費を無料にすることができます。翌年の年会費を無料にすることにこだわるなら「マイ・ペイすリボ」の登録&利用実績の方が手っ取り早いでしょう。

ですが実際に「マイ・ペイすリボ」を利用してショッピングをする場合、紙の明細書が毎月送られてくるよりも、WEB明細書の方がいつでも好きなときに明細を確認できて便利です。WEB明細書サービスと合わせて利用する方が、日常生活の中ではスムーズな管理ができますね。

「マイ・ペイすリボ」の最低支払い額は5,000円から! ポイント2倍のメリットもある

年会費を無料にするために、「マイ・ペイすリボ」の登録・利用をする際、気になるのは最低支払い額やどの程度の金額を変更できるかです。普段からリボ払いを使用しない、利用したことがない方は、毎月の支払い額が少なすぎても多すぎても不安に思うかもしれません。「マイ・ペイすリボ」の場合、最低支払い額は5,000円、変更金額は5,000円以上の支払いが可能なら自由に設定でき、インターネットや電話で簡単に増減が可能です。

会員サービスのVpassから自分で金額を操作できるので、基本は最低支払い金額の5,000円を設定しておき、余裕があるときに上乗せ10,000円、20,000円と増やすことも良いでしょう。逆の考え方で、基本の支払い金額を10,000円以上に設定しておき、月ごとに増減させる方法も利用できます。大切なことは、確実に支払える金額に設定することで、遅延や延滞にならないように使うことです。

また、「マイ・ペイすリボ」を設定すると、ソニーカードでもらえるワールドプレゼントのポイントが2倍で付与されます。リボ払い手数料の請求がある月は2倍になるので、WEB明細からも確認しやすいでしょう。「マイ・ペイすリボ」は、このように自由度の高い支払い方法です。しかし、リボ払いを使いすぎてしまい、支払い期間や回数が多くなると、お金がないからリボ払いにしていると解釈されることがあります。

そのため、「マイ・ペイすリボ」の利用時は、1回のショッピング利用分が少ない支払い回数で完済できるよう、支払い額を調整して支払うことがおすすめです。1回50,000円のショッピング利用分を、月々5,000円×10回で支払うことが可能でも、支払い回数を少なくすることでカード会社の信用を獲得でき、リボ払い手数料も10回分支払わずに済みます。

ソニーカードの基本情報

  • 年会費・・・1,350円(税込)、初年度無料、家族会員:432円(税込)、初年度無料
  • 年会費優遇条件・・・1.WEB明細書サービスの利用で翌年の年会費が税込810円、2.「マイ・ペイすリボ」の登録・利用で翌年の年会費が無料、1+2で翌年の年会費が無料。
  • 追加可能カード・・・ETCカード、家族カード
  • 電子マネー・・・iD、Apple Pay
  • ポイント・・・ワールドプレゼントポイント(1,000円→1P)、ソニーポイントへ移行可能、有効期限2年
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高2,500万円、国内旅行傷害保険:最高2,000万円、お買物安心保険:年間100万円まで

ソニーカードの年会費が気になる場合は、年会費優遇条件をクリアすることがベストですが、初めから年会費無料のクレジットカードを使う方法もおすすめです。年会費無料でポイントもたくさん貯まるカードを紹介します。

自動キャッシュバックならVIASOカード! 年会費無料&ポイント有効期限も気にしなくてOK

年会費無料のクレジットカードで、ポイントが貯めやすいのがVIASOカードです。VIASOカードにはVIASOポイントが貯まり、通常は1,000円→5P、1P→1円として使うことができます。蓄積ポイントが1,000ポイント以上になるとオートキャッシュバックされることが特徴です。

本来はポイントの有効期限は入会日を基準にした1年間ですが、年間1,000ポイント以上貯めるなら、有効期限を気にしなくても良いでしょう。1,000ポイント貯まればオートキャッシュバックとなり、また次の利用分から新しい有効期限のポイントが貯まるからです。また入会申し込み後は最短で、翌営業日にカード発行されるので、すぐにでもクレジットカードが欲しい! という方にもぴったりの1枚です。

VIASOカードを使うときは、通常のショッピング利用だけではなく、ポイント優遇が魅力の特定加盟店での利用がおすすめです。特定加盟店を利用するとVIASOポイントが通常の2倍、1,000円→10Pで付与されるので、VIASOポイントを効率的に貯められます。特定加盟店には、ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金を始め、携帯電話・PHSの利用料金、インターネットプロバイダー各社の利用料金が対象となります。

携帯電話はもちろんのこと、自宅でもインターネット回線を通してインターネットをする方は、毎月定期的にポイントを貯められます。また高速道路や有料道路をよく利用する方も、VIASOポイントを貯めやすくなるでしょう。定期的にポイントを獲得できる方法なので、携帯電話利用料金の支払いはVIASOカードがベストです。

その他、VIASO eショップを経由して買い物をすると、通常ポイント+各ショップのポイント+VIASOボーナスポイントが貯まります。ショップごとに商品価格の0.5〜10%がポイント還元されます。普段の買い物の中で、消耗品や飲料、本やDVD、ちょっとした衣類や雑貨はVIASO eショップ経由で購入すると、よりVIASOポイントを貯めやすくなります。

通常1,000円で5ポイント貯まるカードなので、単純計算だと1年で20万円以上使わないのであれば損してしまいます。年会費無料なので持つハードルは高くはありませんが、利用料金には注意しましょう。例えば、ETCカードの利用料金はポイントが2倍つくので、高速料金を年間10万円利用する方はそれだけで1,000ポイント貯めることができます。

東京草津の往復にかかる高速料金が大体1万円のため、日帰りや一泊旅行に多く出かける方には良いでしょう。車をあまり使わない方なら、同様にポイントが2倍になる携帯電話利用料金やプロバイダー料金などをVIASOカードで支払うことで、年間1,000ポイントが見えてきます。

VIASOカードの基本情報

  • 年会費・・・無料、家族会員:無料
  • 申込資格・・・18歳以上で電話連絡可能な方。(高校生不可)家族会員:本会員の配偶者・親・子ども(高校生を除く)の方。
  • 追加可能カード・・・ETCカード、家族カード
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険サービス:最高2,000万円、ショッピングパートナー保険サービス:年間限度額100万円
  • ポイント・・・VIASOポイント(1,000円→5P)

VIASOカードは年会費無料のカードでありながら、海外旅行傷害保険やショッピングパートナー保険が付帯しており、家族カードも無料で発行することができます。利用明細についてはWEB明細書の利用を推奨しており、はがきや封書による利用代金請求書を希望する方には、一通あたり発行手数料90円+税で発送するという徹底ぶりです。

ETCカードは新規発行手数料が1,000円かかるものの、高速道路や有料道路がポイント優遇サービスの特定加盟店になっているので、追加カードの中でも人気があります。VIASOカードは、ポイントプログラムを使いこなすことや、他社ポイントとの交換などが面倒な方、たくさんポイントを貯めたいけれど現金として使いたい方に向いているカードです。

JCB CARD Wはいつでもポイント2倍以上! ポイントをたくさん貯めたい方におすすめ

JCB CARD Wは、WEB入会限定のクレジットカードで、年会費無料・18歳〜39歳以下の方を対象としています。JCB CARD Wの特徴として、入会条件が39歳以下の方に限定されていることと、ポイントが貯めやすいことが挙げられます。入会申込条件は39歳以下の方ですが、入会後に40歳以上になってもカードは使い続けられるので心配ありません。

JCB CARD Wは2種類のカードがあり、JCB CARD Wと、女性向けのカードであるJCB CARD W plus Lがあります。JCB CARD W plus Lは、基本機能は同じでも女性限定の特典を受けられるメリットがあります。女性向けの各種保険がリーズナブルな保険料で利用でき、女性の「キレイ」を応援するお得な情報やサービス提供が付帯しています。JCB オリジナルシリーズのカードの中でも、女性に特化している特典です。

また、JCB CARD Wで獲得できるOkiDokiポイントは、いつでも2倍以上で獲得できます。通常は1,000円→1Pで付与されるポイントですが、JCB CARD Wの場合は常に2倍、オリジナルシリーズ優待店でのショッピングやカード利用時は、ポーナスポイントが最大10倍でもらえます。店舗ごとにポイント還元率が異なりますが、ポイントの貯めやすさはJCBカードの中でもトップクラスでしょう。

JCBが運営するポイントアップサイトの「OkiDokiランド」を経由してネットショッピングをすると、OkiDokiポイントが最大20倍で貯まります。普段の買い物はもちろん、消耗品などの定期的に購入する商品をOkiDokiランド経由で購入すれば、普段の買い物と合わせて大きくポイント貯めることができます。大手通販会社各社を始め、旅行・家電・食材に至るまで、季節やイベントに合わせたショッピングを楽しめます。

また、貯めたポイントはギフトカードやAmazonで1P→3.5円として使えるほか、東京ディズニーリゾートのパークチケットと交換できます。もちろんマイルなどの他社ポイントとの交換もでき、豪華商品との交換以外にもOkiDokiポイントの使いみちが非常に幅広く用意されています。

JCB CARD Wの基本情報

  • 年会費・・・無料、家族会員:無料
  • 申込対象・・・18歳以上39歳以下、本人または配偶者に安定継続収入のある方。高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
  • 追加可能カード・・・ETCカード、家族カード、QUICPay
  • 付帯保険・・・海外旅行傷害保険:最高2,000万円、ショッピングガード保険:最高100万円
  • ポイント・・・OkiDokiポイント(1,000円→1P)
  • WEBサービス・・・MyJCB、MyJチェック
  • Apple Pay・・・設定可能
  • Google Pay・・・設定可能

JCB CARD Wは、年会費無料のカードの中でも特にポイントを貯めやすいカードです。国内外の旅行のときは付帯保険が若干頼りない部分もありますが、ポイント重視で普段使いするなら心強いものがあります。JCB CARD Wのポイント還元率は常に2倍以上なので、還元率だけで見ていけば一般カード以上の魅力を感じます。OkiDokiポイントをたくさん貯めたい、年会費無料のカードでポイントライフを楽しみたい方にはぴったりの1枚です。

クレジットカードは年会費無料でお得に使おう!ポイントがザクザク貯まるカードが使いやすい

クレジットカードには年会費がかかるカードと、永年年会費無料のカードがあります。どちらのカードも魅力ある特典やサービスが付帯していますが、年会費を気にしながらクレジットカードを使うよりも、初めから年会費無料のカードを使う方が、お得に楽しく使えるメリットがあります。クレジットカードのポイントを貯めるときも、還元率が高くなる使い方を探してカード払いをすれば、どこかワクワクして嬉しくなります。

年会費無料のクレジットカードは、旅行傷害保険などの付帯保険、その他のサービス面で多少頼りない部分があるかもしれませんが、最低でも買い物した商品に対する安心保険が年間100万円程度は付帯しています。国内での普段使い、ポイント重視のカード払いがメインなら、年会費無料のクレジットカードの方が使いやすく、たくさんのポイントを獲得できます。

年会費無料のクレジットカードは、ポイントが貯まりやすいキャンペーンも豊富にあります。キャンペーンも上手く利用しながらカード払いをしていくと、大きな還元率でポイントを獲得できたり、まとまった単位でポイントを貯められることも出てきます。ポイントをたくさん貯めるなら、年会費無料のクレジットカードをお得に使うことがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全コラム一覧

このコラムに関連するコンテンツ


クレジットカードの選び方

  • 年会費無料
  • ポイントが貯まる
  • 即日スピード発行
  • ゴールドカード
  • ETCカード
  • ショッピングリボ払い
  • 海外旅行保険付き
  • マイルが貯まる
  • ガソリン割引・ロードサービス
  • 公共料金支払いでお得
  • キャッシュバック
  • 学生専用カード

ページの先頭へ